映画情報どっとこむ ralph フランスで40万人を動員した大ヒット裁判サスペンス『私は確信する』を2月12日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開いたします。ヒッチコック狂による“完全犯罪”か、それとも冤罪か。フランス全土の関心を集めた未解決事件を映画化。破格のスリルと臨場感に満ちた法廷バトル、250時間の電話記録の背後に浮かび上がる真実とは―。敏腕弁護士とシングルマザーが前代未聞の事件に挑む!
『私は確信する』『私は確信する』

映画体験に新たな閃き!脳科学者 中野信子さんによる脳科学で見る『私は確信する』特別映像が到着!

本作の公開に先駆け、「サイコパス」「人は、なぜ他人を許せないのか?」などの著書やテレビのコメンテーターでも活躍中の脳科学者 中野信子さんによる、脳科学的に映画を読み解く特別映像(2部構成)が到着!

パート1では、
陪審員制度の疑似体験や「誰かの運命」を握る緊張感など、裁判サスペンスならではの面白さについて語る。「陪審員制度を体感できる作りによって、自分の意見が誰かの運命を決める重さや心理的な負荷が画面から伝わる」「誰かの運命が、もしかしたら自分の振る舞いによって決まってしまうかもしれない。そのテンションのかかり方に、同じように緊張したり、ドキドキしたりする」また、映画のキーでもある“嘘”については「目撃証言ですら、脳の中で再構築されて、自分が見た顔ではない、よく見た顔が犯人だと証言してしまうことがある」と人間の記憶や言説の不確実性について語り、悪意を持って操作される可能性についても示唆する。

パート2では、
サイコパスの見分け方や映画の後半のキーワード「正義」ついて。「正義同士が争わされる。人間は自分のことを正義と思いたがる。仮にもし人間のそういう性質を利用する人がいたら恐ろしい結末が待っている。それは、サイコパスかもしれない」「正義と正義が異なるベクトルを向いているとき、そのふたつがカタストロフを巻き起こすのではないか…。強く感じる緊迫感も魅力」また、操作しようとしてくる人を見抜くことができるのか、情報に影響されないようにするにはなどのアドバイスも語られる。

脳科学から映画の背景や人物を読み解く、映画を見る前でも見た後でも、より深く映画を楽しむことができる特別映像です。

映画情報どっとこむ ralph

映画『私は確信する』

原題:Une intime conviction

2月12日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

きっと誰かが嘘をついている!刑事、ベビーシッター、愛人たちの食い違う証言。捻じれた裁判の行方は?
フランス南西部トゥールーズ。ある冬の日、38歳のスザンヌ・ヴィギエが、子供たちを残して忽然と姿を消した。夫である法学部教授のジャックに殺人容疑がかけられるが、明確な動機がなく、決め手となる証拠は見つからない。メディアのセンセーショナルな報道が過熱するなか、ジャックの殺人罪を問う裁判が始まる。無実を確信するシングルマザーのノラは、著名な弁護士デュポン=モレッティに弁護を懇願。250時間の通話記録を調べるうちに、新たな真実と疑惑に気付くが…。正義とは何か?真実を追い求める魂がぶつかり合う。
『私は確信する』

***********************************

監督:アントワーヌ・ランボー
出演:マリーナ・フォイス『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』、オリヴィエ・グルメ『息子のまなざし』、ローラン・リュカ『ハリー、見知らぬ友人』、フィリップ・ウシャン、インディア・ヘアほか 
110分/2018年/フランス語/フランス/日本語字幕:丸山垂穂
字幕監修:島岡まな(大阪大教授、フランス刑法専門)
配給・宣伝:セテラ・インターナショナル
宣伝協力:テレザ
©Delante Productions – Photo Séverine BRIGEOT
 
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ