映画情報どっとこむ ralph 東宝株式会社と ALPHABOAT 合同会社による、クリエイター発掘プロジェクト『GEMSTONE』は、様々なク リエイター(アニメーター、イラストレーター、作曲家、シンガー、役者、タレント等)の原石(=GEMSTONE) を発掘し、東宝と ALPHABOAT がさらなる活躍の場を提供するプロジェクトです。
GEMSTONE
第1弾企画は「ゴジラ」をテーマに全国から映像・イラスト作品を募集。第2弾企画では『With Japan!』をテーマにしたオリジナルキャラクター募集、第3弾企画では西尾維新の100冊目となる小説『ヴェールドマン仮説』のプロモーション映像募集、第4弾企画では『新宿』をテーマにしたショートアニメーション募集、第5弾企画では「株式会社闇」と提携し「ホラー」をテーマにした映像作品を募集し、数々のオーディションを開催して参りました。

第6弾のオーディションでは、コロナ禍にリモート演劇で話題となったオンライン劇団「劇団ノーミーツ」とコラ ボレーションし、140 秒以内の「リモートフィルム」を募集しました。審査員には、劇団ノーミーツ。2019 年に公開された『新聞記者』が日本アカデミー賞で最優秀賞 3 部門含む、 6部門受賞をはじめ、映画賞を多数受賞した映画監督・藤井道人。2011 年、第 7 回「東宝シンデレラ」オーデ ィションにてグランプリを受賞し、女優としてはもちろん、adieu としての音楽活動でも活躍する上白石萌歌。さ らに、『太陽は動かない』(2021 年春公開予定)、『OVER DRIVE』(2018)でプロデューサーを務めた ROBOT の古屋厚プロデューサー、『映像研には手を出すな!』(2020)などをプロデュースした東宝の上野裕平プロデュ ーサーが参画。

そしてこの度、1 月に最終審査会が開催され、5つの受賞作が決定いたしました。緊急事態宣言が発令される中、「リモート」をキーワードに新たなクリエイター達が創意工夫を凝らした興味深い作品が多数の応募が集まり、今後の活動が期待されるクリエイター達のコロナに屈しない魂を感じる作品ばかりです。なお、入賞特典は、賞金ならびに、グランプリ受賞者はオリジナル脚本による作品を東宝のプロデューサーと共に企画・ 制作いたします。

映画情報どっとこむ ralph

<最終審査の結果>
5部門:グランプリ/藤井道人賞/上白石萌歌賞/ROBOT賞/劇団ノーミーツ賞

  

《グランプリ》賞金20万円
作品名:viewers: 1 応募者名:小林洋介・針谷大吾
viewers_「リモートフィルムコンテスト」
【審査員講評】
広屋佑規 氏
「リモートという定義の中で“こう来るか!“と作品の世界観に驚かされました。リモートでありながら、あえて一人撮影、ロケに挑戦する試みも面白かったですし、そこにVFXを加えてその世界を表現するアイデアも力強かった。審査員満場一致での選出でした。」

《藤井道人賞》賞金3万円
作品名:NEGOTIATOR ネゴシエーター  応募者名:Miles Takeo Lobo
viewers_「リモートフィルムコンテスト」
【審査員講評】
藤井道人 氏
「一部屋という狭い世界観での物語ではあるものの、ルックからカット割り、音まで非常に高いクオリティで制作されていました。インドにお住いのようなので、いつか直接お会いできることを楽しみにしております。僕も頑張ります。」

《上白石萌歌賞》賞金3万円
作品名:The Same Rain  応募者名:鈴木士
The_Same_Rain_「リモートフィルムコンテスト」
【審査員講評】
上白石萌歌 氏
「リモートツールは距離を感じさせないようにするための手段だと思いますが、その距離を利用して作品をつくるという切り口に新しさを感じました。また、歌や音楽の力を感じて清々しくなりました。いつか音楽や映像作品でご一緒させて頂きたいです。」

《ROBOT賞》賞金3万円
作品名:生きてるから、 応募者名:上本真央
生きてるから、_「リモートフィルムコンテスト」
【審査員講評】
ROBOT 古屋厚氏
「リモートでの制作環境や短い尺の中に絞り込んだ登場人物とシチュエーションが秀逸でした。キーアイテムとなる小説や主人公の表情など敢えて表現を抑えたことで主人公の置かれた環境など視聴者によって多様な受け取り方ができ、広がりを持つ作品という点で選ばせて頂きました。」

《劇団ノーミーツ賞》賞金3万円
作品名:リモート除霊サービス【リモジョ】 応募者名:宗像璃比人
リモート除霊サービス_「リモートフィルムコンテスト」
【審査員講評】
林健太郎 氏
「このご時世になり、滅入ることも多くなった中、純粋に大笑いしました。これぞ、リモートならではのアイデア。これからもリモートに限らず、沢山の人に愛される作品を作り続けて下さい!」

映画情報どっとこむ ralph

【審査全体の講評コメント】

藤井道人 氏(映画監督)
「時代によって後押しされた自由さが、リモートフィルムにはあるんだなと再認識させて頂きました。日々刻刻と変わりゆく中で、自分自身がどのような作品を
前向きに撮ればいいか、分からなくなる時もある。ただ、そんな自分を鼓舞して、今までと変わらず丁寧に作品作りを続けたらと思っています。」

上白石萌歌 氏(女優)
「充実した時間であっという間でした。それぞれのプロフェッショナルの方々と色々な観点で議論が出来て非常にタメになりました。リモート環境で撮影をするというのは孤独な作業だと思います。その中で作品を届けようとするその底力に触れて、私自身も熱量を忘れずに初心に戻ろうと思いました。
いつ撮影が出来るか分からないですし、この環境下でエンタメという定義もどんどん変化していくと思いますが、自分ができること、お芝居をやっていきたいと思いました。」

古屋厚 氏(ROBOT プロデューサー)
「お一人で圧倒的熱量をもって作り上げた作品、リモートという環境でありながら大勢で作り上げた作品、両方を見られたことが非常にいい経験になりました。今回の応募者の中で映像をお仕事にされている方は少ないかもしれませんが、新しい切り口がどの作品にもあり、選考は非常に悩みました。各受賞した監督とは機会があれば是非お仕事をご一緒させて頂きたいです。」

広屋佑規 氏(劇団ノーミーツ 主宰)
「劇団ノーミーツも共催として参加させて頂き、どんなリモート作品が集まるのか楽しみにしていましたが、これだけ幅広い作品が揃ったこと自体が希望だと感じました。Zoom以外の手法を用いたリモートの可能性を追求する作品も印象的でしたし、コロナ禍といった限られた状況であっても、私達は新たな表現を見つけることができるのだと、改めて再認識しました。」

林健太郎 氏(劇団ノーミーツ 主宰 / 東宝 プロデューサー)
「リモート、140秒というかなりハードな制約に対して、逆手にとって楽しんでやろうという姿勢をどの作品からも感じ、一制作者として刺激を貰えました。この時代になってネガティブなニュースで溢れかえっている今、エンターテイメントが担うものの大きさは日に日に大きくなってきていると思う。だからこそ、制約や逆境にも負けない、目の前のひとりの心を動かす強い作品が生まれるべきだし、自分もつくりたいと思っています。」

上野裕平 氏(東宝 プロデューサー)
「緊急事態宣言になり不要不急と言われていたエンターテイメントですが、蓋を開けると多くの人に必要とされていることが分かり、勇気をもらいました。今回、前向きな作品が凄く多かったことが、まず嬉しかったです。こういう状況下でも頑張ろう、と思えるメッセージ性の強い作品も多かったです。自分自身も今後、グランプリ作品のように、こういう状況でも”その手があったか”と思える、膝を打つアイデアを探していきたいです。」

***********************************

【審査員プロフィール】

劇団ノーミーツ
「NO密で濃密なひとときを」をテーマに、稽古から上演まで一度も会わずに活動するフルリモート劇団。昨今の状況下で新たなエンタメの形を模索すべく、緊急事態宣言直後の2020年4月に結成。平均年齢27歳。演劇、映画、広告、イベント業界の若手クリエイターが結集し、これまでTwitterをはじめとするSNSに20作品の「140秒Zoom演劇」作品を投稿、累計再生数は3000万回を突破。発足から4ヶ月で長編リモート演劇3公演を上演し、有料チケット制で累計14,000人以上を動員。

藤井道人
1986年生まれ。
日本大学芸術学部映画学科卒業。
大学卒業後、2010年に映像集団「BABEL LABEL」を設立。
伊坂幸太郎原作『オー!ファーザー』(2014 年)でデビュー。
以降『青の帰り道』(18年)、『デイアンドナイト』(19年)など精力的に作品を発表。
2019年に公開された『新聞記者』は日本アカデミー賞で最優秀賞3部門含む、6部門受賞をはじめ、映画賞を多数受賞。

上白石萌歌
2000年2月28日生まれ、鹿児島県出身。2011年、第7回「東宝シンデレラ」オーディションにて当時最年少(10歳)でグランプリに選ばれる。2012年にはテレビドラマ「分身」で女優デビュー。2018年『羊と鋼の森』で第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。主な映画出演作品に『ハルチカ』(17)、『羊と鋼の森』(18)、声優を務めた『未来のミライ』(18)、『劇場版ポケットモンスター ココ』(20)。公開待機作に、主演映画『子供はわかってあげない』(2021年公開)がある。

ROBOT・古屋厚
1975年生まれ。
『BRAVE HEARTS 海猿』(2012)、「ダブルフェイス」など羽住監督作品でライン・プロデューサーを務め 、 2011 年ロボットに入社。 2016 年「暗殺教室 卒業編」 でプロデューサーとして現在に至る。
≪主な作品≫
『太陽は動かない』 (2021年春公開予定)
『OVER DRIVE』 (2018)
『暗殺教室 卒業編』 (2016)
『劇場版 MOZU』 (2015)
『映画 暗殺教室』 (2015)
『ジンクス!!!』 (2013)
『ダブルフェイス』 (WOWOW・2012)
『BRAVE HEARTS 海猿』 (2012)

東宝・上野裕平
1987年生まれ。
2010年東宝に入社。
:『DOCUMENTARY of AKB48』シリーズ『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』『映像研には手を出すな!』でプロデューサーを務めるほか、映画&舞台『あさひなぐ』、TVアニメ『からかい上手の高木さん2』、ドラマ『弱虫ペダル』など、ジャンルを問わず幅広い作品のプロデューサーを務める。

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ