映画情報どっとこむ ralph 岡田准一主演で、2019年6月21日(金)に全国公開された映画『ザ・ファブル』。‟今一番面白いマンガ”と称され、累計800万部の人気を誇る原作コミック「ザ・ファブル」(原作:南勝久 講談社「ヤンマガKC」刊)を映画化した本作は、世界基準アクション、ハッピーな笑い、そして超豪華キャスト共演が大きな反響を呼び、累計130万人以上を動員する笑撃の大ヒットを記録!そしてこの度、度肝を抜くアクション、キャスト、ハッピーな笑い、ストーリーすべてがバージョンアップした新シリーズ「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」が2021年2月5日(金)に全国公開!待望の本ポスターが到着しました!

この度、初解禁された本ポスターでは、伝説の殺し屋・ファブル/佐藤アキラ(岡田准一)が険しい表情を浮かべながらも、手には自身が大好きな芸人“ジャッカル富岡(宮川大輔)“のキャンディーを大事そうに持っているというギャップ炸裂な姿をはじめ、銃を持ちセクシーな笑顔でキメるファブルの相棒ヨウコ(木村文乃)、手榴弾を持ち不敵な笑みを浮かべる最狂の敵・宇津帆(堤真一)など、個性爆発なキャラクターたちを演じる超豪華キャストの姿が大集結!!!

またコピーには「最強の殺し屋、最大のミッション―― 誰も殺さず、希望を守れ。」と記されており、一体どんな展開を迎えるのか!?ますます本作への期待が高まるビジュアルとなっています!

映画情報どっとこむ ralph また、<メイキング映像>では、驚異の身体能力を存分に発揮して危険と隣り合わせのカーアクションに挑む岡田の姿を捉えており、迫力満点の撮影現場の様子がうかがえる。車のスピードや衝突の衝撃に撮影を見守るスタッフが終始圧倒されている中でも岡田は余裕な表情でカメラテストにのぞみ、アクションの難度を自ら高め次々に“攻めのアクション”をこなしていく。

主演としてだけではなく、ファイトコレオグラファーとしてアクションを自ら考え指導する岡田。監督やキャストたちを鼓舞しながら、アクション作りに関しても岡田が真ん中に立つことで、前作を凌駕する”世界基準超え”のアクションが実現している。前作からより一層気合の入った、まさに限界突破アクションの数々に、さらに本編への期待が高まる映像となっております!
映画情報どっとこむ ralph 前作をはるかに超える日本映画の限界突破アクション×笑い×衝撃ストーリー×超豪華キャスト!
アドレナリン全開の超大作エンターテインメント作品として期待がさらに高まります!

ザ・ファブル 殺さない殺し屋』2月5日(金)全国公開!

公式サイト:
https://the-fable-movie.jp/

公式Twitter:
@the_fable_movie  

公式Instagram:
fable_movie

【STORY】
最強の殺し屋が挑む究極ミッション!誰も殺さず、最狂の偽善者から、訳ありの少女を救出せよ。

どんな相手も6秒以内に仕留める――伝説の殺し屋“ファブル”(岡田准一)。
ある日、ボス(佐藤浩市)から「一年間、誰も殺すな。一般人として“普通”に生きろ」と命じられ、佐藤アキラという偽名で、相棒・ヨウコ(木村文乃)と共に一般人のフリをして暮らし始める。猫舌で変わり者のアキラは、今日もバイト先の社長(佐藤二朗)と同僚のミサキ(山本美月)と関わりながら<プロの普通>を極めるため奮闘中。
一方この街では、表向きは子供を守るNPO代表だが、裏では緻密な計画で若者を殺す最狂の男・宇津帆(堤真一)が暗躍。凄腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)と共に、かつて弟を殺した因縁の敵・ファブルへの復讐に燃えていた。
同じ頃アキラは、4年前のある事件で自分が救えなかった車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)と偶然再会し、これが後に大騒動へと発展する――!

***********************************

出演:岡田准一

木村文乃    平手友梨奈  安藤政信
黒瀬 純   好井まさお  橋本マナミ   宮川大輔
山本美月  佐藤二朗  井之脇海 / 安田 顕 / 佐藤浩市
堤 真一
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社「ヤンマガKC」刊)
監督:江口カン
アクション監督:横山誠  ファイトコレオグラファー:岡田准一
企画・製作:松竹×日本テレビ
配給:松竹株式会社
制作プロダクション:ギークサイト

©2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ