「BOYS AND MEN」タグアーカイブ

田村侑久登場!『キスできる餃子』接吻的餃子(中国タイトル)に上海っ子熱狂 


映画情報どっとこむ ralph 宇都宮を舞台にバツイチ子持ちの出戻りシングルマザーが、実家の餃子屋の再建に奮闘しながらも、イケメンゴルファーに恋をするラブコメディ『キスできる餃子』。主演は、足立梨花。相手役を務めるのは、「BOYS AND MEN」の田村侑久。

この度、餃子の故郷中国で開催されている、上海国際映画祭2018の<スペクトラム部門>正式出品作品として上映が行われました。

上映には本作を代表し、田村侑久(BOYS AND MEN)、秦建日子監督が参加し、上映後のティーチインを行いました!

日付:6月20日(水) 
場所:衡山電影院(SFC Shangying Cinema HengShan HALL 1 )
登場:田村侑久(BOYS AND MEN)秦建日子監督

映画情報どっとこむ ralph 現地の田村ファンと映画を観に来た観客が詰め掛けた会場は熱気に包まれていた。

上映中も非常に反応がよく何度も笑いが起こり、最後まで上海の人たちを飽きさせずに魅了。


そして上映後、田村侑久と秦監督を迎えてティーチインが開始。

田村さんの開口一番、

田村さん:この映画はみんなにハッピーになってもらうために作りました。みんなハッピーになりましたか?

という問いかけに拍手と歓声で答える観客という盛り上がりでスタートした。プロゴルファー役を演じるにあたっての役作りなどの撮影中の苦労話や主演の足立梨花さんと共演しての感想についてなどMCからの質問後、一般観客からの質問コーナーに。

Q.田村さんが一番好きな餃子はなんですか?

という質問に

田村さん:作ってくれた人の愛がつまった餃子ならそれでOK!

という答えにさらに会場は盛り上がった。

また、

Q.前日に食べたのは餃子じゃなくてワンタンでは!?
(※前日に田村が食事している写真をネットで見つけて)

という質問には

田村さん:あれは水餃子じゃないの!?

などと答え笑いをとった。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

田村さんと監督に花束が贈呈。その花束を田村さんは結婚式のブーケトスのように

田村さん:この花束を受け取って!
と会場に投げたい旨をMCに伝えるとMCは「それはどうゆう意味?笑」と聞くと

田村さん:もちろん結婚して幸せになるという意味。

と答えて花束を投げるとその花束は男性客がキャッチしたというオチまでつけて会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

映画情報どっとこむ ralph また、現地の有名ブロガー宫崎壮玄さんやZazaさんからもインタビューを受け、秦監督から「続編の構想は中国かも!?」という話に盛り上がり上海での「キスできる餃子」現象もご当地宇都宮にも負けない熱量で盛り上がった。


宫崎壮玄さんの記事
https://m.weibo.cn/status/4252780883446305?

#上海国際映画祭# 今日『キスできる餃子』の監督秦建日子さん、俳優の田村侑久さん、宇都宮餃子会事務局長鈴木さんが上海に来ました!@傲娇小辣椒_Zazaとみんなで上海の餃子と小龍包を試食。宇都宮餃子って知ってますか?日本の宇都宮にはみんみん、寿限無など沢山のオススメのお店があるみたいです。『キスできる餃子』はすごく元気をもらえる映画で、続編はもしかしたら中国で撮影するかもしれません。楽しみ。その時はぜひ出演させてください。

Zazaさんの記事
https://m.weibo.cn/status/4252786029519644?

今日はなんと「キスできる餃子」の主演タムタム、餃子会・鈴木さん、秦監督と一緒に上海名物の「小籠包」を食べながら、映画の見どころと宇都宮餃子の文化や背景について色々お話しをしてくれました。それで私は中国と日本の餃子は色んな違いがあると気配きました、でも両方とも餃子への愛は同じでした(笑)中国の俗语で言うと「美味しさは餃子を超えない、面白さは…….」ね!好きな餃子と共に美味しい映画



キスできる餃子

6月22日(金)全国ロードショー
6/15(金)栃木県先行ロードショー

***********************************


脚本・監督:秦建日子(『クハナ!』監督/「アンフェア」シリーズ原作)
出演:足立梨花 田村侑久(BOYS AND MEN)
佐野ひなこ 中島広稀 古川凛 大石吾朗 佐藤美希 勇翔(BOYS AND MEN)
浅野和之 麻生祐未
配給:ブロードメディア・スタジオ
制作:ホリプロ
©2018「キスできる餃子」製作委員会 
配給:ブロードメディア・スタジオ
豆しばコピーライト:DENTSU INC.
    


餃子だらけのチャラン・ポ・ランタンjuu-juu MV解禁 足立梨花 x ボイメン田村侑久 ラブコメ『キスできる餃子』


映画情報どっとこむ ralph 宇都宮を舞台にバツイチ子持ちの出戻りシングルマザーが、実家の餃子屋の再建に奮闘しながらも、イケメンゴルファーに恋をするラブコメディ足立梨花 x ボイメン田村侑久『キスできる餃子』。。
秦建日子監督が完全オリジナルで脚本も手掛けています!


そして!

餃子×LOVE!?映画業界初の新ジャンルムービーで話題の『キスできる餃子』の主題歌「juu-juu」を担当した、チャラン・ポ・ランタンの最新ミュージックビデオが解禁となりました!

ミュージックビデオは、映画の舞台にもなった、宇都宮で撮影が行われ、チャラン・ポ・ランタンとエキストラが無我夢中で、餃子を食べまくる衝撃的MVになりました!撮影に際して餃子&チャラン・ポ・ランタンファン総勢約100名が集まり撮影が行われ、撮影のテーマである“餃子”をひたすらに食べ続ける、という壮大な計画を叶えるべく、宇都宮の顔とも言える餃子店“宇都宮みんみん”を筆頭に、黄金に輝く、パリパリの餃子羽が特徴の“めんめん”若者によって復活した老舗名店“香蘭”の超有名3店舗がMV撮影に集結!撮影の為に、のべ300食の餃子を焼き上げました!そんな、宇都宮餃子全面バックアップ体制で仕上がった最新MVが焼き上がりました!!


映画情報どっとこむ ralph
チャラン・ポ・ランタンさんコメント

Q.撮影の感想は?

ももさん:楽しかったです!前日から餃子が食べられるんだ、ということでウキウキしてました。

小春さん:朝、撮影現場にきたら既に満席で(宇都宮のエキストラさんで)ビックリしました(笑)

Q.新曲「juu-juu」のについて

ももさん:恋するのもいいけど、焼き(妬き)過ぎないでね!という曲です。餃子を食べながらワイワイ聞ける曲です。映画『キスできる餃子』の中でもこの曲が流れますので、この応援ムービーと合わせて楽しんでいただければと思います。

小春さん:この映画に出会って無ければこの曲も映像もなかったので(宇都宮のみなさんと)こうして撮影できて嬉しかったです。


映画情報どっとこむ ralph キスできる餃子

6月22日(金)全国ロードショー
6/15(金)栃木県先行ロードショー

公式HP:kiss-gyo.jp

バツイチ子持ちのシングルマザーが地元の宇都宮に帰ってきた。実家の餃子屋の再建と子育てに奮闘するさなか、イケメンの新聞配達青年に出会ってしまう。しかし、彼の正体は今をときめくプロゴルファーだった…。果たして彼女の新たな恋は実るのか?そして餃子屋は再建できるのか…!?
***********************************

脚本・監督:秦建日子(『クハナ!』監督/「アンフェア」シリーズ原作)
出演:足立梨花 田村侑久(BOYS AND MEN)
佐野ひなこ 中島広稀 古川凛 大石吾朗 佐藤美希 勇翔(BOYS AND MEN)
浅野和之 麻生祐未
配給:ブロードメディア・スタジオ
制作:ホリプロ 
©2018「キスできる餃子」製作委員会


BOYS AND MEN 田中俊介『名もなき野良犬の輪舞』トークイベントで熱く語る!


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭特別招待作品として上映され、各国のジャーナリストから大絶賛された『名もなき野良犬の輪舞』の公開を記念し、5月14日(月)、新宿武蔵野館にて男性エンタテインメント集団ボイメンこと、BOYS AND MENのメンバーで、俳優としても活躍する田中俊介(たなか・しゅんすけ)さんをゲストに迎えトークイベントが行われました!

日付:5月14日(月)
場所:新宿武蔵野館
登壇:田中俊介 BOYS AND MEN(通称ボイメン)

【田中俊介】1990年1月28日生まれ。2010年に結成された東海エリア出身・在住の10人のメンバーで構成されたユニット“BOYS AND MEN”(通称ボイメン)のメンバー。トレードマークの学ランを身に纏い、歌・ダンス・芝居だけでなくミュージカルなどもこなすエンターテイメント集団。5月9日は、NEWシングル「進化理論」が発売。個人活動としては、昨年、映画『ダブルミンツ』(17)で主演を務めたほか、『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』(17)にも出演。まもなく5月26日より公開の『ゼニガタ』(18)も控え、俳優としても飛躍が期待される。さらに、映画好きを活かし『映画MANIA』(東海テレビ)にもレギュラー出演中。

映画情報どっとこむ ralph すでに公開後すぐにSNS上に多くの絶賛コメントが上がり、ソル・ギョングやイム・シワンら俳優陣が体現する男たちの哀しき運命や先の読めない展開にリピーターも続出している『名もなき野良犬の輪舞』。

田中さんは、なんと“1日1本映画生活”と、1日最低1本は映画を観ると決めているほどの映画好き!朝早く起きて仕事に行く前や移動中の新幹線の中など、とにかくずっと映画を観ているという。さらに、韓国映画も大好きで、中でもソル・ギョング氏の大ファンだと公言する田中さんは、まず映画の感想を聞かれ、開口一番

田中さん:いやぁ、さすがソル・ギョングだと!感銘をうけました。

と熱く即答。

田中さん:韓国ノワールは魅力的ですごく好きなのですが、本作は進化した今までにない韓国ノワールをみせてもらったという印象で、とにかく美しく、映像美へのこだわりも強く、色彩やカメラアングルが面白くて監督の遊び心も盛り込まれた作品でした。韓国(映画)どんどん進化していって日本ヤバいぞ、負けてられないぞと思えるくらい衝撃を受けました!


さらに田中さんは昨年公開された『ダブルミンツ』に主演したときには、役作りで15~16Kg体重を落したそうで、

田中さん:僕自身も作品に取り組む際に、上っ面な感じで取り組みたくないし、内面的なものも意識して自分の経験を引っ張り出して、それでどれだけ役に近づけるかということをやっていました。ソル・ギョングさんは、とにかく内側からの役作り、ビジュアルへのこだわりをどの作品でも徹底的にやられている。前作『殺人者の記憶法』のときなんてガリガリにやせていておじいちゃんみたいだったのに、本作ではスマートに演じられてさすがです!

と感嘆しきり。

映画情報どっとこむ ralph 一方、田中さんの同世代で、同じくアイドル出身の“演技ドル”であるイム・シワンの演技については
田中さん:ソル・ギョングさんと同等か、食ってるんじゃないかと思えるほどのお芝居をしている、同世代として悔しくもあり、いつか僕もこのような作品で、韓国の作品だったり、さらに大きな夢ですけど、ソル・ギョングさんと共演できたらいいなぁ、なんてうらやましさも混じってみていました。

と率直な思いを続けつつ

田中さん:イム・シワンさんの表情が頭から中盤終盤と変わっていくんです。上映前なので話せないですが、ラストの表情、すばらしいんですよ!なんとも言えない表情で…これでイム・シワンさんのファンにならない人がいたらおかしいくらい魅力的で、そこにもぜひ注目してもらいたいです!

と熱いトークが止まらない。また、劇中のソル・ギョング演じるジェホと、イム・シワン演じるヒョンスの関係性については

田中さん:共依存の部分があって、友情を超えた感情、いやそれ以上のものがあるんじゃないか。僕はこの作品すでに何回も観たのですが、一度目はそのスタイリッシュさに衝撃を受けて、2回目3回目と観ていくと、あぁこのときにこう考えていたんだってそういう視点で見ると楽しめるんです。ソル・ギョング目線でもイム・シワン目線でも。だから僕はこの作品は2回3回とみたほうが楽しめる作品だと思います。1回目はストーリーに集中してみて、2回目は監督のビジュアルへのこだわりも楽しめる。これまでの韓国ノワールってジトっとして灰色なイメージだけど、この作品では赤だったり原色が上手く使われていて、特に冒頭にでてくる、鮮やかな赤!さらに上からのアングル、いい表情のソル・ギョングとイム・シワン!いきなりいいシーンが出てきますからね。

と映画好きならではの細かい分析も飛び出した。

映画情報どっとこむ ralph 結成して8年目のボイメンのメンバーとは結成当初は若さゆえのぶつかり合いもあったというが、
田中さん:グループや夢への思いあってのぶつかりあいだったので、それがあったから生まれた友情や絆がある。家族のようなそれ以上のような繋がりがある。

という田中さん。

近年は、映画への出演も相次ぎ、『恋のクレイジーロード』(名古屋先行公開中)、『ゼニガタ』(5/26公開)出演、さらには少女時代のスヨンとダブル主演を日韓合作『デッドエンドの思い出』が来年公開と映画界でのさらなる活躍が期待される。

田中さん:そこから僕も韓国に、ソル・ギョングさんに近づきたいと思っています!韓国ノワールはどれだけ進化するんだと驚いた作品ですので、その衝撃をぜひ味わって楽しい映画体験をしてください!

と熱く語り、終始、田中さんの映画愛が感じられるイベントとなりました。


『名もなき野良犬の輪舞』

5/5(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開中

物語・・・
犯罪組織でナンバー1に成り上がるという野望を持つ受刑者のジェホ(ソル・ギョング)は、刑務所へ入所してきた野心的な新入りヒョンス(イム・シワン)と出会う。ジェホはこれまでの人生で一度も他人を信じたことはなかったが、ヒョンスが奇襲からジェホを救って以降、二人はお互いに信頼しあい、一緒に働くことを誓う。出所後、彼らはチームを組んで犯罪組織を乗っ取ろうとするが、次第にそれぞれの秘めた動機が現れ始める。彼らの信頼の下に潜む真実が姿を現すとき、二人の関係は哀しきものへと変わっていく。


***********************************

監督:ビョン・ソンヒョン『マイPSパートナー』
出演:ソル・ギョング『シルミド SILMIDO』 イム・シワン『弁護人』 チョン・ヘジン『王の運命―歴史を変えた八日間―』 キム・ヒウォン『アジョシ』 イ・ギョンヨン『ベルリンファイル』
ⓒ 2017 CJ E&M CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED


JR東日本グループ鉄道会館が映画『キスできる餃子』とコラボ「○○できる餃子フェア」開催発表!


映画情報どっとこむ ralph 宇都宮を舞台にバツイチ子持ちの出戻りシングルマザーが、実家の餃子屋の再建に奮闘しながらも、イケメンゴルファーに恋をするラブコメディ『キスできる餃子』。主演は、足立梨花。相手役を務めるのは、「BOYS AND MEN」の田村侑久。

監督は、小説家・劇作家・演出家・作詞家としてもマルチに活躍し、2016 年公開『クハナ!』につづき、本作が2作目の監督作品となる秦建日子。

そしてこの度!!!

JR東日本グループの株式会社鉄道会館は、6月22日(金)に全国公開される宇都宮をテーマとした地方創生映画「キスできる餃子」と連携し、5月21日(月)から6月10日(日)の期間、運営する東京駅構内の商業施設「グランスタ」など8施設にて、「宇都宮餃子会」の監修による「○○できる餃子フェア」を開催します。

期間中は、東京駅の人気店29店舗から、「ブートジョロキア入り!激辛チャレンジできる餃子」などの「○○できる餃子」をテーマとした期間限定の餃子メニュー31種類が登場。東京駅で個性豊かなオリジナル餃子メニューをお楽しみいただけます。

また、本企画の実施を通して、4月1日(日)から6月30日(土)の期間にて開催中の大型観光キャンペーン「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーンと連動し、栃木県を代表する食文化の一つである餃子の新たな魅力を東京駅から発信します。

映画情報どっとこむ ralph
キスできる餃子

6月22日(金)全国ロードショー
6/15(金)栃木県先行ロードショー

公式HP:kiss-gyo.jp

物語・・・
バツイチ子持ちのシングルマザーが地元の宇都宮に帰ってきた。実家の餃子屋の再建と子育てに奮闘するさなか、イケメンの新聞配達青年に出会ってしまう。しかし、彼の正体は今をときめくプロゴルファーだった…。果たして彼女の新たな恋は実るのか?そして餃子屋は再建できるのか…!?
***********************************

脚本・監督:秦建日子(『クハナ!』監督/「アンフェア」シリーズ原作)
出演:足立梨花 田村侑久(BOYS AND MEN)
佐野ひなこ 中島広稀 古川凛 大石吾朗 佐藤美希 勇翔(BOYS AND MEN)
浅野和之 麻生祐未
配給:ブロードメディア・スタジオ
制作:ホリプロ
©2018「キスできる餃子」製作委員会


BOYS AND MEN 田中俊介 動画インタビュー到着!映画『ゼニガタ』


映画情報どっとこむ ralph 東海エリアを中心に、音楽・ダンス・舞台と幅広いジャンルを手掛け、全国で活躍中のボイメンこと「BOYS AND MEN」。

10名で構成されたグループの中で一際俳優として注目されるのが田中俊介さん。
ここ数年はオファーが引きも切らず、映画にドラマにと出演作が相次いでいる。田中さんはダークなボーイズラブを描いた衝撃作『ダブルミンツ』の同性愛者・市川光央役や『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』で「達磨一家」の構成員・雷太役など異色の難役からド派手なアクションまで多岐にわたるジャンルの様々な役柄に挑戦していますが・・・

今回、田中さんが大谷亮平初主演映画『ゼニガタ』でみせるのは・・・。

パンチ一発1万円で用心棒を請け負う元ボクサーで、客として大谷亮平扮する銭形富男が経営する居酒屋「銭形」を訪れ、闇金業を志願する剣持八雲役で出演。
本作では、試合中に誤って人を殺してしまった過去に負い目を感じている元ボクサー役。田中は、役柄について

田中さん:どうせ俺なんてと劣等感を抱えている男。僕自身が経験してきた失敗やマイナスな気持ちを引っ張りたい。何かしら抱えている登場人物が闘っている姿を観て貰いたいです!

と見所をアピール。

映画情報どっとこむ ralph そんな田中俊介さんが観られる映画『ゼニガタ』は5月26日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショーです

公式HP:
http://zenigata-movie.com/
本作は、表向きは居酒屋経営者、しかし裏では10日で3割の超暴利で金を貸しつけ苛烈な取り立てで債務者を追い込む闇金屋・銭形富男を主人公に、金と欲望に翻弄される人々の転落を描く物語。客はパンチ一発1万円で用心棒を請け負う元ボクサー、地方でくすぶるキャバクラ嬢や半グレ、ヤクザなど、銭の魔力に取り付かれたアウトローな連中たち。返せるあてのない借金を抱え、最後の手段として居酒屋「銭形」を訪れた人々の運命を描く“闇金”ピカレスク・ムービー。
***********************************

出演:大谷 亮平
小林 且弥 佐津川愛美 田中 俊介 玉城裕規
岩谷 健司 松浦 祐也 八木アリサ えんどぅ 土田 拓海 吉原 雅斗
安達 祐実 升 毅 渋川 清彦

監督:綾部真弥
脚本:永森裕二
配給:AMGエンタテインメント、スターキャット制作プロダクション:メディアンド

(C) 2018「ゼニガタ」製作委員会