「阿部純子」タグアーカイブ

深田晃司監督×ディーン・フジオカ『海を駆ける』場面写真解禁!


映画情報どっとこむ ralph 第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を『淵に立つ』で受賞した、深田晃司監督の最新作『海を駆ける』。

自然は豊かに美しく、時に脅威となり人を飲み込み、また人間の生活は自然と共にあるという様を、国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情と、生と死の宿命を静かに見つめ、観るものの心を突き刺す美しき問題作。

この度、本作の場面写真を一気に解禁!

今回、解禁された場面写真は、少し焼けた肌に茶色のシャツを無造作に着るラウ(ディーン・フジオカ)、生まれも育ちもインドネシアの日系人タカシ(太賀)、タカシの従妹・サチコ(阿部純子)、タカシの母でアチェで仕事をしている貴子(鶴田真由)など、

穏やかなのにどこか不穏さが漂うラウ姿をはじめ、
インドネシアの2人乗りタクシーのベチャに乗り、楽しげなタカシとサチコの2ショットや、

ヒジャブをまとう貴子の姿など、
ムスリム文化の中で、彼らの宿命が一筋縄でいかないどこか不協和音を感じさせるカットが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph 『海を駆ける』

公式HP:umikake.jp


奇跡を起こす正体不明の主人公のラウを演じるのは、ディーン・フジオカ。
国籍や言葉も不明だが、常に優しく微笑んでいる不思議な存在のラウを、自然体でありながらミステリアスに演じています。
そして、成り行きでラウと一緒に暮らすことになる日本人の貴子役には、多くの映画やドラマ、CMなど幅広く活躍し、『ほとりの朔子』に続き深田組は2度目の参加となる鶴田真由。その貴子の息子・タカシ役には、『ほとりの朔子』(14年)で鶴田と共演し、『淵に立つ』で第38回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞受賞している太賀が挑みます。さらにタカシの従妹を、『二つ目の窓』で主演を好演し、新人賞やまた、本作の舞台であるインドネシアからは、今最も注目されている若手2人が抜擢。タカシの同級生クリス役に、話題の映画やTVシリーズへの出演も多く、国民的人気俳優アディパティ・ドルケン。

クリスの幼馴染イルマ役には、2014年の映画デビュー以来、今最も活躍が期待されている新進気鋭のセカール・サリが務めます。

本作は、約1ケ月間インドネシアのバンダ・アチェでオールロケを敢行。2004年スマトラ島沖大震災で津波による壊滅的な被害を受けつつも復興を遂げた姿は、日本との共通の記憶を思い出させ、アジアならではの“はかなさ”と情緒が漂うクオリティ・ピクチャーが誕生いたします。


物語・・・

インドネシア、バンダ・アチェの海岸で謎の男(ディーン・フジオカ)が倒れている。

日本からアチェに移住し、NPO法人で地震災害復興支援仕事をしながら息子タカシ(太賀)と暮らす貴子(鶴田真由)。
タカシの同級生のクリス(アディパティ・ドルケン)、その幼馴染でジャーナリスト志望のイルマ(セカール・サリ)が、貴子の家で取材をしている最中、その日本人らしき謎の男が発見されたとの連絡が入る。まもなく日本からやって来る親戚のサチコ(阿部純子)の出迎えをタカシに任せ、貴子は男の身元確認に向かう。記憶喪失ではないかと診断された男は、しばらく貴子の家で預かることになり、海で発見されたことから“ラウ”=インドネシア語で「海」と名付けられる。

ほかに確かな手掛かりはなく、貴子と共にイルマ、タカシやクリス、サチコも、ラウの身元捜しを手伝うことになる。

片言の日本語やインドネシア語は話せるようだが、いつもただ静かに微笑んでいるだけのラウ。しかしその周りでは少しずつ不可思議な奇跡と現象が起こり始めていた。果たしてラウは何者なのか…。
***********************************

キャスト:
出演:ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由

スタッフ:
脚本・監督:深田晃司
企画・制作:日活
配給    :日活 東京テアトル
(C)2018「海を駆ける」製作委員会


映画『孤狼の血』広島合同記者会見に役所広司、阿部純子、柚月裕子、白石和彌監督 登壇! 


映画情報どっとこむ ralph 2018年5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』。

この度、舞台となった広島にて 合同記者会見、また映画完成後全国初のイベントが行われました。

この日合同記者会見に登場したのは、主演を務めた役所広司さんと、「原作にないミステリアスな存在」を演じた実力派若手女優・阿部純子さん、原作者・柚月裕子先生、そして白石和彌監督の4名。

映画情報どっとこむ ralph 主演の役所さんは

役所さん:広島・呉のみなさまにお世話になり、やっと映画が完成しました。映画が完成して初めての会見を広島でできたこと本当に幸せに思っています。

と感謝の気持ちを語りま した。


質疑応答では映画への熱い感想が飛び交う中、白石監督に「何を目指して映画を作っていたのか」という質問が向けられました。

白石監督:東映のプロデューサーの方から、「仁義なき戦い」のような東映が過去作っていた、「エネルギーのある、勢いや力強さ」 を映画に取り戻したいというお話しをいただきました。とても監督冥利につきる思いでしたし、そのプロデューサーの方々の熱量に自分が感染してできた作品でした。ただ「仁義なき戦い」など過去の作品と同様の物を作り上げるのは難しいので、そ の中で何ができるのかを考えました。

と語った。

そんな監督の気持ちを受け止め、どのように役に取り組んだのかを聞かれ

役所さん:監督と初めてお会いした時に、「近年の日本映画は元気がないから元気な映画を作りたい」と言われ、脚本を読むとそのエ ネルギーを感じました。監督からテレビではできないような演出を指示されることもありましたが、シートベルトをしなくて いい、映画ならではでしかできないことも多く、とても男らしい映画ができたと思います。役づくりというところでいうと、 呉弁を撮影間近まで繰り返し練習し、言葉を体にしみこませて挑みましたが、大上に自分を近づけていくことができたので、 呉弁は大きな味方でした。呉のみなさんに恥じないように頑張ったのですが、みなさんどうでしょうか?(笑)

と笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph そして原作にないキャラクターを演じて

阿部さん:現場では監督や指導の方々に支えていただけて、私としてはこの作品に携われたことがまずとてもうれしく思いました。現場で呉弁を練習していたら、役所さんが私の台詞のイントネーションまで覚えてくださっていて、現場でフォローしてくださったんです。役所さんが演じる大上は頼りになる男性なのですが、今まさに ここに「大上がいる!」と感じました。

と本作へ参加した思い出を語りました。

原作者の柚月先生は、自身の小説が映像化された感想を聞かれると

柚月先生:映画は圧倒されるぐらいの熱量で、いい意味で驚きました。小説では活字でないと、なりたたないミステリー要素の部分があるので、どうやって表現するのかと思っていたのですが、 「このように演出するのか」というようにとても感動しました。キャストの方々はスクリーンの中とでは別人で、まさにプロ でとてもすごいことなのだと、実感いたしました。


また本作を広島でのオールロケで実施した決め手を聞かれた

白石監督:実際に現場に来てまさに昭和63年の時代のような空気感を感じられたところが大きいです。また「仁義なき戦い」は呉を舞台にしながら、呉での撮影がほとんどできてないので、何か一つでも「仁義なき戦い」のエネルギーをこの映画にもたらすには、オールロケでの撮影がひとつの方法なのではないかと思いました。

と語りました。 印象に残った撮影現場を聞かれ

阿部さん:撮影で使われた商店街がとても親しみやすく、ロケ現場と思えないぐらいでした。 あとは広島焼きがおいしかったのが印象に残っています(笑)

と話し、

役所さん:呉の街はとても画になる街で、映画にすると とても魅力的な場所だなと思っていました。撮影が休みの日はスーパーでお惣菜とか買ってました。(笑)

と広島での思い出を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

「本作に今の広島にはないエネルギー、パワーを感じた」という映画の感想と共に、昭和63年を生きていた広島の人に、 どのような思いを抱いて作品に臨んだのかと聞かれた登壇者たち。それぞれの想いを語りました。

白石監督:自分の撮る映画は「昭和っぽい」とよく言われるんですが、実際昭和の男の背中を見て育ってきた自分もいるので、大上の背中を「昭和の男」の象徴として描きました。

阿部さん:男性社会の中でどのように女性が強くしなやかに生きてきたのか考えるために、「仁義なき戦い」を見て勉強してい ました。真木よう子さんしかり、男性の中で「かっこよく、賢く生きる」女性はとても印象的でした。

役所さん:「昭和の男」を演じてほしいと監督に言われたのですが、この作品の登場人物たちはそれぞれ「必死に美しく生きて いる」のだと思います。そういったところが映画全体の熱になっているのではないかと思いました。こういったぎらぎらした ものも映画のいいところだと思います。

柚月先生:昭和は誰もが必死に「自分が信じるもの」に何かをかけて生き残ろうとした時代だと思います。ぜひ小説、映画から その雰囲気を感じていただき、みなさまの心に何か残すことがれきればと思います。


映画情報どっとこむ ralph そして合同記者会見が終わった後は、映画完成後全国初イベントとなる、「キックオフパーティー」が開催されました。
映画『孤狼の血』にちなんで作られたオリジナルカクテル、「ブラッディウルフ」で乾杯!乾杯の後は主演役所が映画に対する想いを語りました。

映画『孤狼の血
2018年 5月12日(土) ROADSHOW

物語・・・

舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾ととも に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化 し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月 12日、待望の映画化!

***********************************

キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子、中村獅童、竹野内豊、滝藤賢一、矢島健一、田口 トモロヲ、ピエール 瀧、石橋蓮司、江口洋介 ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊)
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会


ディーン・フジオカ x 深田晃司監督『海を駆ける』ティザービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph ディーン・フジオカ x 深田晃司監督で仕掛ける!人の絆。

深田監督は2011年東日本大震災後に大学研究チームの震災復興のリサーチに参加、2004年スマトラ島沖大震災で津波による壊滅的な被害を受けつつも復興を遂げた街バンダ・アチェを訪れた際に、本作のアイデアを想起したという。

自然は時に豊かに美しく、時に脅威となり人を飲み込み、また人間の生活は自然と共にあるという様を、インドネシアの美しい海、そして国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情を通して描き出します。

この度、本作のティザービジュアルが、遂に公式サイトおよび上映劇場の一部映画館にて解禁!

何かを見つめるディーン・フジオカには、ミステリアスな雰囲気を感じさせる一方、ヒゲ姿も披露!今までのさわやかな存在感に加えワイルドさを感じさせるビジュアルに仕上がっています。人間の存在や生き方を深く見つめてきた深田晃司監督と、ディーン・フジオカがどんなタッグを見せてくれるのか!!

深田晃司監督からのコメント
共に震災による津波の被害を受けた2つの国の地で、見聞きして刺激を受けたことを、魅力ある俳優たちと共に大切に掬い取って作り上げた作品です。

ディーン・フジオカさんからのコメント
日本とインドネシア、私にとって大切な国々が共同製作したこの映画には、私達の文化や価値観に、新しい化学反応を起こす可能性が満ち溢れています。

映画情報どっとこむ ralph また、このビジュアルを起用した、ムビチケが、12/23より数量限定にて発売となります。

奇跡を起こす正体不明の主人公のラウを演じるのは、俳優、ミュージシャン、報道番組のインフルエンサーなど幅広く活躍するディーン・フジオカ。国籍や言葉も不明だが、常に優しく微笑んでいる不思議な存在のラウを、自然体でありながらミステリアスに演じます。

そして、成り行きでラウと一緒に暮らすことになる日本人の貴子役には、多くの映画やドラマ、CMなど幅広く活躍し、『ほとりの朔子』に続き深田組は2度目の参加となる鶴田真由。

その貴子の息子・タカシ役には、『ほとりの朔子』(14年)で鶴田と共演し、『淵に立つ』で第38回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞受賞している太賀が挑みます。さらにタカシの従妹を、『二つ目の窓』で主演を好演し、新人賞や主演女優賞の受賞歴もある若手実力派女優・阿部純子が務めます。

また、本作の舞台であるインドネシアからは、今最も注目されている若手2人が抜擢。
タカシの同級生クリス役に、話題の映画やTVシリーズへの出演も多く、国民的人気俳優アディパティ・ドルケン。クリスの幼馴染イルマ役には、2014年の映画デビュー以来、今最も活躍が期待されている新進気鋭のセカール・サリが務めます。
インドネシアの地で息づく人々の、友情と運命の行方が、静かに胸を揺さぶります。

海を駆ける

2018年 5月 全国ロードショー
公式HP:umikake.jp

物語・・・
インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが正体は不明。その謎の男にラウ=インドネシア語で「海」)と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくーー 果たしてラウは何者なのか…

***********************************

出演:ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由

脚本・監督:深田晃司
企画・制作:日活
配給:日活 東京テアトル
(C)2018「海を駆ける」製作委員会
   


ディーン・フジオカからのメッセージ『海を駆ける』インドネシア国内向けに製作発表


映画情報どっとこむ ralph 11月2日から7日にかけてインドネシア・ジャカルタで開催されていた国際交流基金主催「日本映画祭2017」の会場で7日(火)16:30(ジャカルタ時間)日本・インドネシア・フランス共同製作作品『海を駆ける』がインドネシア国内向けに製作発表が行われました。

今回、「日本映画祭2017」では『淵に立つ』の上映が決まり、これに合わせて招待を受けジャカルタへ渡航した深田晃司監督は、同作の舞台挨拶と共に、新作『海を駆ける』の製作発表記者会見も行いました。この『海を駆ける』は、今年8月5日から28日の約1ケ月間に渡り、全編インドネシア、バンダ・アチェで撮影が行われ、会見には、イルマ役として出演した女優セカール・サリが出席。

深田監督コメント
バンダ・アチェを知ったのは、2011年東日本大震災後の12月に京都大学とバンダ・アチェのシアクアラ大学が共同で震災と復興に関するシンポジウムに同行する機会を得ました。そこで、震災の傷跡と共に、復興した街を目の当たりにして、日本人とインドネシア人では死生観や復興への取り組み方が違うことが興味深く、カルチャーショックを受けました。また、バンダ・アチェには多くのトーチカが残されていて、日本とこの地は第二次世界大戦や、津波という共通する歴史体験を持っているということも知りました。そのような素地の場所に、日本の若者たちが降り立ったらどのような景色が見え、何を思うのだろうということを映画にしたいと思いました。
バンダ・アチェで撮影をするということは、何かと大変ではないかと色々な人から心配されましたが、これまでで一番快適な撮影となり、全く問題はありませんでした。日本から来たスタッフとキャストを迎え入れてくれた、インドネシアのスタッフと俳優たち、アチェの地元の皆様に感謝しております。

セカール・サリさんからのコメント
とても印象深い1ヶ月の撮影期間でした。アディパティさん、そして太賀さんと阿部さんとの共演は本当に楽しく、良い経験になりました。まだ彼らとの時間がとても大切に私の中に残っています。今回アチェ人の女性を演じたのですが、私はジャワ人なので、役者としてとてもいい経験をすることができました。台本を初めて読んだ時に、とても面白く、また深田監督の「淵に立つ」をジョグジャカルタの映画祭で拝見して感銘を受けていたので、台本をもらった時に、本当に是非参加したいと思いました。この作品はインドネシア語、アチェ語(アチェ地方の方言)、英語、日本語が使われていて、とても楽しい撮影でしたが、アチェ語はインドネシア語とは全く別の言葉でしたので、撮影前にだいぶ勉強をしました。これもとてもいい経験となりました。


映画情報どっとこむ ralph また、映画が公開される2018年がインドネシアと日本の国交60周年記念に当たることから記者会見には、在インドネシア日本国大使館広報文化センター長・公使:中村亮氏、国際交流基金ジャカルタ日本文化センター所長塚本倫久氏、本作への出資及びインドネシア国内での配給を行うカニンガ・ピクチャーズ(Kaninga Pictures)の代表:ウィラワティ氏(Mrs.Willawati)、プロデューサー:ジョヴァンニ・ラフマデヴァ氏(Mr.Giovanni Rahmadeva)が出席。

映画情報どっとこむ ralph 会見では、本作のインドネシア語タイトルが『Laut』(よみ:ラウ/意味:海/ディーン・フジオカが演じるキャラクター名)に決定し、インドネシアでは2018年の中頃に劇場公開されることが発表。また、ディーン・フジオカより英語でのビデオ・コメントが届き、披露されました。

ビデオ・レター:ディーン・フジオカさんからのメッセージ
(英語のため、以下日本語訳)
記者会見に参加できなくて残念ですが、この作品が公式にインドネシアで製作発表されることをとても嬉しく思っています。私にとってインドネシアはとても特別な国なので、とても嬉しいです。今回、この企画に才能あるキャスト、スタッフの皆さんと参加することができたことは、本当に特別な体験でした。バンダ・アチェには初めて行きました。撮影は全てその周辺で行われましたので、私は素晴らしい時を過ごすことができました。人々の活気を感じてとても刺激を受けました。インドネシアの皆さんに、来年この作品をお届けできることが本当に楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 日本・インドネシア・フランス共同製作作品『海を駆ける』

公式HP:umikake.jp

第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を『淵に立つ』で受賞した、深田晃司監督のオリジナル最新作。
深田監督は、2011年東日本大震災後に大学研究チームの震災復興のリサーチに参加して2004年にスマトラ島沖大震災で津波で壊滅的な被害を受けつつも復興をした町バンダ・アチェを訪れた際に本作のアイデアを想起したという。自然が時に豊かに美しく、時に脅威となり人を飲み込むという、人間の生活が自然と共にある様をインドネシアの美しい海と、国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情を通して描き出します。

ディーン・フジオカは、ラウと名付けられ、奇跡を起こす正体不明の男を演じます。NHK連続テレビ小説「あさが来た」、映画『結婚』で俳優の顔を持つ一方、ミュージシャン、報道番組のインフルエンサーなど幅広く活躍。日本とは違うロケーションの中、彼がどんな奇跡を見せてくれるのか、ぜひご期待ください。そして、成り行きでラウと一緒に暮らすことになる日本人の貴子役には、多くの映画やドラマ、CMなど幅広く活躍し、『ほとりの朔子』に続き深田組は2度目参加となる鶴田真由。その貴子の息子・タカシ役には、『ほとりの朔子』(14年)で鶴田と共演し、『淵に立つ』で第38回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞受賞している太賀が挑みます。そして、タカシの従妹を『二つ目の窓』で主演を好演し新人賞や主演女優賞歴のある若手実力派女優阿部純子が務めます。

***********************************

【キャスト】
出演:ディーン・フジオカ、太賀、阿部純子、アディパティ・ドルケン、セカール・サリ、鶴田真由


【スタッフ】
脚本・監督:深田晃司
企画・制作:日活
配給    :東京テアトル  
(C)2018「海を駆ける」製作委員会  


染谷将太がギター初挑戦してます!映画「ポンチョに夜明けの風はらませて」


映画情報どっとこむ ralph 高校卒業まであとわずか… 変われよ、俺!「あの頃」を忘れてしまった大人たちへ贈る、青春覚醒ロードムービー!

『全員大人!』

早見和真さんの同名小説を新鋭・廣原暁監督が大胆映画化した青春ロードムービー『ポンチョに夜明けの風はらませて』が、10/28(土)より新宿武蔵野館他にて全国公開となりました。(初日舞台挨拶の模様はこちら

過去記事:10/28ポンチョ初日舞台挨拶
ヤンキーに車をボコボコにされたり、凶悪グラビアアイドルのワガママに振り回されたりと、トラブル続きの旅を満喫(?)する3人組には、実はもう1人の仲間・中田が!

高校最後の旅から置いてけぼりにされつつも、又八との「卒業式乗っ取りライブ」の約束を果たすため、一人で真面目にギターの練習を続ける中田。

又八には電話に気づいてももらえないにも関わらず、ひたすら3人の帰りを信じて待つ、まさに捨てられた子犬のような中田の姿は胸を締め付けます。そんな“忘れられた男・中田”を演じるのは、現在開催中の第30回東京国際映画祭オープニングスペシャル上映作品、チェン・カイコー監督「空海-KU-KAI-」の主演を務めるなど、日本映画界でひときわ存在感を放つ若手俳優・染谷将太さん。
映画情報どっとこむ ralph 本作での出演シーンは少ないものの、観客にとって「忘れられない」キャラクター・中田を見事に演じています。

意外にもギターを弾いたことがなかったということで、「夜空はいつでも最高密度の青空だ」(2017年)のギター演奏を担当した音楽家、青木健の指導の下、本作のために3ヶ月の猛特訓!彼の演奏に「決して上手なわけではないけれど、演奏が不器用なことで、中田が一生懸命に練習してきたことが逆に伝わる」と廣原暁監督も絶賛しています。

「空海」後で超伸び坊主の染谷将太演じる中田。
狭い部室で電気もつけず、律儀にメトロノームを鳴らしながら、本作の主題歌である忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」を練習する中田。果たして中田は3人に思い出してもらえるのか? 卒業式乗っ取りライブはどうするのか!? 予想外の卒業式と、中田渾身のヘタウマ演奏をぜひ劇場でご覧ください!

物語・・・
将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、又八だけが進路を決められずにいた。“ありふれた日常から抜け出したい”と、ジャンボの父親の愛車セルシオを拝借して海に向かう3人。途中で凶暴なグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)も加わり、ハチャメチャな旅を続ける。一方、3人に置いてけぼりをくらった中田(染谷将太)は、又八と約束した卒業ライブに向けて1人、ギターの練習に明け暮れていた。

***********************************

出演:太賀 中村蒼 矢本悠馬 染谷将太 佐津川愛美 阿部純子 / 角田晃広(東京03) / 佐藤二朗 西田尚美

原作:早見和真 「ポンチョに夜明けの風はらませて」(祥伝社刊)
監督:廣原暁  
脚本:大浦光太 廣原暁
主題歌:忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC) 
配給・宣伝:ショウゲート 
©2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会