「二階堂ふみ」タグアーカイブ

二階堂ふみの天使なアイドル姿解禁!『日々ロック』


2010年から週刊ヤングジャンプで連載中の榎屋克優氏の究極のロックコミックを『SR サイタマノラッパー』シリーズで映画界の話題をさらった入江悠監督が映画化!

爆音ロックエンターテイメントムービー映画

『日々ロック』

が11月22(土)より公開となります。

そして、本作のヒロイン・宇田川咲が超絶キュートなアイドルとして魅せる姿と、真反対の凶暴でロックな姿という振り幅の大きい役どころを二階堂ふみさんが見事に演じていることが明らかに!そして、その画像が解禁です!

レーザービームが彩る会場の中心で、テクノポップな音楽に合わせダンスや歌で観客を魅了するアイドルこそが二階堂ふみ演じる、宇田川咲。彼女自身が持つカリスマ性と斬新なスタイルこそ、世界的な評価を得ているデジタル系トップアイドルである理由であり、このシーンでは、若年層から圧倒的な支持を集めるアーティスト・DECO*27さんが楽曲を提供しています。熱気と高揚感に包まれたホール全体で、サイリウム片手に盛り上がる観客と共に撮影されたライブシーンは圧巻!

『日々ロック』二階堂アイドル
このライブシーンについて二階堂さんは「お客さんも一緒に乗っているっていう設定だったので、画面を通してやらされている感じが出ないように、本当に乗せなきゃいけないと思いました。自分がどこまで出来るんだろうって考えていたけど、楽しく、気持ちよく演じることができました。」と撮影時のエピソードを披露。今をときめく若手女優である二階堂さんのアイドル姿が拝めるとあって、鼻血噴射必須のシーンとなっております。

そんな超絶かわいいアイドルに隠されていたのは、ロック魂あふれる凶暴な一面です。

『日々ロック』二階堂ロック
ある日、主人公・日々沼拓郎(野村周平)たちが結成しているバンド“ザ・ロックンロールブラザーズ”のライブ中に一人の酔った女性が乱入!!なんと、その女性こそがアイドル・宇田川咲!ステージに上がると、いきなり演奏し始めたのは、RCセクションの「雨あがりの夜空に」。壇上で演奏していたザ・ロックンロールブラザーズを迫力のあるギター演奏とボーカルで蹴散らし、ステージを自分のものにしてしまう姿には、もはやアイドルの面影はなく、ロッカーそのもの。果たして<史上最低のロックバカ>と<超絶キュートな凶暴アイドル>のありえない出会いの先にある奇跡の結末とは!?

本作でアイドル姿だけでなく、ロックな姿と振り幅の大きい役どころを見事に演じ分けた二階堂ふみさん。今一番旬な若手演技派女優の彼女が熱演注目です。

『日々ロック』

11月22日(土)全国ロードショーです。

公式サイト:
公式Twitter:https://twitter.com/hibirock_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/hibirock.movie

********************************************************************


【ストーリー】 最悪な出会いが、二人の運命を変える!!

金なし風呂なし彼女なし。童貞ヘタレロッカー・日々沼拓郎(野村周平)。そんな拓郎が友人の草壁(前野朋哉)、依田(岡本啓佑)とともに結成した名前からして猛烈ダサいバンド“ザ・ロックンロールブラザーズ”は、知る人ぞ知るライブハウス「モンスターGOGO」に住み込みで働いていた。鬼より怖いオーナー・松本(竹中直人)に「家賃も払えねえゴミくずども!」と罵られつつ、ステージに立たせてもらうどん底な日々。拓郎は全裸でギターを抱え、魂を奮いたたせて歌うが、客は毎回数えるほどだった。

ある晩、いつものように全裸で空回り気味のライブをしていた三人の前に酔っぱらった女が乱入してきた。「お前、童貞だろ?生の女抱いてからロックしな!」。拓郎の頭をビール瓶でぶん殴り、強引にギターを奪った女は名曲の「雨あがりの夜空に」を熱唱し、観客の心を鷲づかみにしてしまう。松本の姪っ子だという彼女の名前は、宇田川咲(二階堂ふみ)。斬新なスタイルでカリスマ的な人気を誇るデジタル系トップアイドルだ。フロアは大混乱、咲と三人は血とゲロにまみれた大乱闘。だが迎えのリムジンに飛び乗る直前、彼女はこう言い残して去っていく。「おい、ロックンロールブラザーズ、お前らダセーけど、けっこー良かったぞ!」少しずつ距離を縮めていく咲と拓郎たちだったが・・・。

“史上最低のロックバカ”と“凶暴なアイドル”の運命は!?拓郎の叫び=『日々ロック』は本当に、世界を変えることができるのか!?

原作:榎屋克優「日々ロック」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)
監督:入江悠(『SRサイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
音楽プロデューサー:いしわたり淳治
共同脚本:吹原幸太(劇団ポップンマッシュルームチキン野郎・主宰。「超絶☆絶叫ランド(TBS系)」、「ガッ活!(NHK)」)

出演:野村周平 二階堂ふみ 前野朋哉 落合モトキ 岡本啓佑 古舘佑太郎 喜多陽子 / 毬谷友子 蛭子能収 竹中直人

劇中曲提供:黒猫チェルシー、The SALOVERS、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、DECO*27、爆弾ジョニー、細身のシャイボーイ、ミサルカ、忘れらんねえよ(五十音順)

主題歌:「終わりなき午後の冒険者」爆弾ジョニー(Ki/oon Music)
制作・配給:松竹
©榎屋克優/集英社 ©2014「日々ロック」製作委員会


映画『日々ロック』蛭子さんまさかのバンドデビュー


2010年から週刊ヤングジャンプで連載中の榎屋克優氏の究極のロックコミックを『SR サイタマノラッパー』シリーズで映画界の話題をさらった入江悠監督が映画化!松竹配給にて爆音ロックエンターテイメントムービー

映画『日々ロック』

が11月22(土)より公開となります。

そして!
蛭子ス本作で蛭子能収さんがまさかの“バンドデビュー”している衝撃の画像が到着いたしました!

併せて、蛭子さんとロックバンドThe SALOVERSの参加が決定している「日々ロックフェス」がニコニコ生放送にて生中継することとなり、イベント当日、スペシャルゲストの参加が決定です!

蛭子さんがメンバーの一員となるのは、劇中で強烈な存在感を放つ超アングラ系バンド“犬レイプ”。ライブ中に犬を掲げ、バンドの“象徴”としてパフォーマンスをする象徴さん役を演じ、個性的なキャラへ更に磨きがかかった姿を披露しています。

犬レ○プ1
また犬レイプのメンバーにはThe SALOVERSのメンバー全員が出演しており、ボーカル・犬飼佑一郎役を古舘佑太郎(ボーカル)、その他のメンバーを藤井清也(ギター)、小林亮平(ベース)、藤川雄太(ドラムス)が演じています。犬レイプは主人公・日々沼拓郎(野村周平)たちのバンド”ザ・ロックンロールブラザーズ”と共にライブハウス・モンスターGOGOでライブ活動をしており、拓郎たちの良き理解者でもあります。

蛭子さんの抱っこしている犬はライブハウスという独特な撮影環境にもかかわらず、ほとんど吠える事もなく、まるで蛭子さんの腕の中で安心しきっているかのようだったそうです。蛭子さんが犬と一心同体のライブパフォーマンスを魅せる本作にご注目ください!

また、この度ニコニコ生放送にて生中継が決まった「日々ロックフェス」は、既にチケットが完売しているため、チケットを買い逃した人には絶好のチャンス!映画から飛び出し、犬レイプとして衝撃のバンドデビューを飾る蛭子さんやThe SALOVERS、入江監督など、豪華メンバー参加の「日々ロックフェス」にぜひ、ご注目ください!


映画『日々ロック』公開記念!!「日々ロックフェスティバル」生中継
【日時】 8月13日(水) 開場17:20/開演17:30
【出演】 爆弾ジョニー、忘れらんねえよ、The SALOVERS、細身のシャイボーイ、蛭子能収(犬レイプ)、入江悠監督、いしわたり淳治

※当日はスペシャルゲスト登壇が決定!!
特設ページURL⇒ http://live.nicovideo.jp/watch/lv185410435 

********************************************************************


映画『日々ロック』
11月22日(土) 全国ロードショー


【ストーリー】
最悪な出会いが、二人の運命を変える!!
勉強もスポーツもできない、彼女はもちろんいない、学校ではいじめられっ子・・・という究極のダメ男・日々沼拓郎。サエない高校生活を送っていた拓郎は、ある日、友人の誘いでバンドを結成することになる。バンドの名前は“ザ・ロックンロールブラザーズ”。ギター&ボーカルの拓郎は、ベースの草壁とドラムの依田とともに上京して、伝説のライブハウス“モンスターGOGO”で活動を始める。しかし観客は電線のカラス程度しか集まらず、鬼のように怖いライブハウスのオーナー・松本の計らいで、店の掃除などをさせられながら、住み込みで何とかライブに出させてもらう。ある日、ザ・ロックンロールブラザーズのライブ中に、1人の酔った女が客席から飛び出してきた!!彼女の名前は宇田川咲。斬新なスタイルで世界的な評価を得ているトップアイドルだ。彼女は拓郎のマイクを奪い、RCサクセションの「雨あがりの夜空に」を熱唱する。アイドルとは思えないその凄味を感じるギター演奏とボーカルに圧倒される拓郎たち。<日本一ヘタレなロッカー>と<世界基準のアイドル>のありえない出会いの先にある奇跡の結末とは!?

原作:榎屋克優「日々ロック」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)  
監督:入江悠(『SR サイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
音楽プロデューサー:いしわたり淳治  
共同脚本:吹原幸太(劇団ポップンマッシュルームチキン野郎・主宰。「超絶☆絶叫ランド(TBS系)」、「ガッ活!(NHK)」)
出演:野村周平 二階堂ふみ 前野朋哉 落合モトキ 岡本啓佑 古舘佑太郎 喜多陽子 / 毬谷友子 蛭子能収 竹中直人
劇中曲提供:黒猫チェルシー、The SALOVERS、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、DECO*27、爆弾ジョニー、細身のシャイボーイ、ミサルカ、忘れらんねえよ(五十音順) 
(※「滝」と「善充」の間は半角アケでお願いします)
制作・配給:松竹  
©榎屋克優/集英社 
©2014「日々ロック」製作委員会


『渇き。』10代の俳優集まる梅雨払いの舞台挨拶


「過激すぎてヤバイ!」日本映画

『渇き。』

15日。ヒロイン小松菜奈さんを筆頭に、10代の俳優が一同に集まった、大ヒット舞台挨拶がおこなわれました。

新人にして今までにない女優の登場と評価を得ている、小松菜奈、先日15歳になったばかりの期待の新人、清水尋也、セブンティーンのモデルとしても大人気の森川葵、そして、「仮面ライダー」などで子供からママ層にまで高い支持を得ている高杉真宙。彼ら10代の出演者たちが思った本作への思い、そしてこの季節にピッタリの浴衣で全員が登場する、必見の舞台挨拶となりました。

『渇き。』 梅雨払いの舞台挨拶
日時:7月15日(火) 18:30~
場所:TOHOシネマズ日本橋 スクリーン6
出席者:小松菜奈/清水尋也/高杉真宙/森川葵/(二階堂ふみ 電話で挨拶参加)
『渇き。』梅雨払いの舞台挨拶sub
MC:ご挨拶
小松さん:今日はお越し頂きありがとうございます。藤島加奈子役の小松菜奈です。宜しくお願いします。
清水さん:ボク役の清水尋也です。今日はみなさん楽しんで行ってください。宜しくお願いします。
森川さん:長野役の森川葵です。まさか「渇き。」の舞台挨拶に立てると思っていなかったので、とても嬉しいです。今日は楽しんで行ってください。
高杉さん:高杉真宙です。今日は短い間ですが宜しくお願いします。

MC:浴衣を着ていかがですか?
小松さん:撮影では沢山着たんですけど、プライベートでは中学生の時の夏祭りに行ったときに以来です。その時ルンルン気分で行ったら土砂降りの雨で、ビショビショになってしまって、そのまま花火を観ました。
清水さん:小学校入ってから着ていなくて、9年ぶりぐらいに着たんですけど、今日が浴衣の思い出になったかと思います。
森川さん:最近、和の小物にハマっていて、浴衣も買ったんですけど、お祭りに行く予定が無くて「今年きれるのかな?」って思っていたら今日着れたので、「そっちは着なくていいかな?」と思っています。
高杉さん:普段着ることが無いんですけど、夏祭りと言ったら熊本の花火大会でスカウトをされたので、それが思い出です。それ以来夏祭り行っていないかもしれません。(清水さんに向かって)今度行こう!でもなんか照れますね(笑)。
清水さん:ガチじゃん!本気で照れてるじゃん!(会場笑)

MC:同世代の共演者の方と並ぶのは本日が初ですね。久しぶりにお会いになられてどうですか?小松さんと同年代の方が来ていることについては?
小松さん:地方の舞台挨拶にも一人で行って、10回ぐらい舞台挨拶したんですけど、今日は同世代の方たちが一緒に居て新鮮で、凄く嬉しいです。
森川さん:ずっと小松菜奈が一人で頑張っている姿を見ていたので「あぁ~頑張ってんな~」と思っていたら自分も立つことになったので、「よし!小松と頑張ってやるか!」という思いで今日は来ました。

MC:清水さんはこの中で一番小松さんとの撮影時間が長かったとの事で、撮影の合間何を話されていたんですか?
清水さん:正直、まったく覚えていません。しょうもない事を話していたんだなという感じです。喋っていないとダメなんです。楽しいことが好きなので。

MC:良く話しかけられていた清水さんに対して、小松さんは思っていたことがあるそうですが?
小松さん:凄く喋るので、たまに「ちょっとうるさいな」という時も正直あって(会場爆笑)、でも清水君の明るさで現場には毎日楽しく行くことが出来ました。

MC:森川さんからみて加奈子ってどういう子だと思いますか?また、その引き込まれていく演じられた長野の気持ちってどう思われますか?
森川さん: 私は小松菜奈に惹かれるっていうか、小松菜奈が持っているモノ全部凄いなって思います。加奈子と小松菜奈が被って、演じた長野が惹かれているのか、自分が惹かれているのか解らないまま演じました。

MC:小松さんと森川さんは共に雑誌のモデルもやられていて仲も良いそうですが、本作を見てのお互いの感想は?
小松さん:プライベートでも仲良くしていて、演技でお仕事をするの初めてだったので、「恥ずかしいねー」って話をしました。でも、撮影に入ると薬中っぽさが出ていて、魅力的だなと思いました。

MC:高杉さんは大人気テレビ番組「仮面ライダー鎧武(ガイム)」に仮面ライダー龍玄(リュウゲン)としてご出演されていますが、本作では悪役としてご出演されており、正義と悪を演じ分けるのって難しかったのではないでしょうか?また役作りでの思い出があればお願いします。
高杉さん:普段できないことが出来るというのが楽しいです。(ピアスなども実際に空けたの?)いえ、特殊メイクです。

MC:二階堂ふみさんとお電話が繋がっています。皆さんでお話しましょう。
二階堂さん:こんばんは二階堂です。熱いですねー(会場笑)。私も菜奈ちゃんの浴衣姿を拝みたかったな~と思っております。皆さん楽しんで行ってくださーい。

MC:二階堂さんの本作の感想は?
二階堂さん:個性的な人ばかりなので、凄いなーと思いながら観ました。現場はハードでしたが、割とカットされているシーンもあったので、監督にその点の話を聞いてみたいです!(会場爆笑)

MC:二階堂さんから、これからご覧になる皆さんへメッセージをお願いします。
二階堂さん:この映画に関しては、覚悟のいる作品だと思いますが、一つのエンターテイメントとして、この映画をきっかけにまた劇場へ足を運んでくれたら嬉しいと思います。ありがとうございました。

MC:皆さんの周りの反応は?
小松さん:友達も観に行ったんですけど、凄すぎてポップコーンと飲み物が食べれないし、飲めないって言ってました。私も初めて観たとき、しばらく立つことが出来ませんでした。
清水さん:つい最近15歳になった友達が観てくれて、「15歳早々、大丈夫!?」(会場笑)と思いました。結構重い内容なので。でも有り難いです。
森川さん:「夏になったら観に行くね」という連絡しか貰ってないです(会場笑)。早く観てもらうように急かします。
高杉さん:普段の僕と全く違うので、「真宙どこにいた?」というのが結構多くありました。僕を是非探してみてください。

MC:最後の挨拶
小松さん:良いも悪いも、沢山色々な意見があると思いますが、今日は何も考えず楽しんで行ってほしいです。ありがとうございました。
清水さん:この映画は普通の日本映画では見られないような、人間の残酷な部分や生々しい部分がリアルに表現されているし、血の描写も多いですが面白い作品になっているので、皆さん楽しんで帰ってください。今日はありがとうございました。
森川さん:私はこの映画を観たときに、終わってスッキリ爽快だと思ったので真逆の意見の方もいると思いますけど、私と同じように思う方もいると思いますが、もっと沢山の人に観て頂けたらなと、今日は楽しんで行っていただけたらなと思います。今日はありがとうございました。
高杉さん:僕もまだ1回しか観れてないですが、その時は観るだけでしたけど、次観るときはキャラクター達の事も考えながら観たいなと思います。目をそらさず、真っ直ぐキャラクターの生き様を観てほしいなと思います。今日はありがとうございました。

『渇き。』梅雨払いの舞台挨拶
『渇き。』

TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国大ヒット公開中!
公式サイト: http://kawaki.gaga.ne.jp

********************************************************************


ストーリー
元刑事のロクデナシ親父・藤島(役所広司)に離婚した元妻から連絡が入った。成績優秀なうえ、容姿端麗、学園のカリスマでもある女子高生の娘・加奈子(小松菜奈)が失踪したという。自分のせいで全てを失った男が、再び“家族”を取り戻すべく、姿を消した娘の行方を追うことに。娘の交友関係をたどって行く先々で、語られる「知らない加奈子像」に戸惑う藤島。

想像を超えて肥大し、踏み入れるほどに見失う娘の正体。

やがて藤島の激情は、果てしない暴走をはじめる―。

出演:
役所広司
小松菜奈
妻夫木聡 清水尋也 二階堂ふみ 橋本愛 / 國村隼 / 黒沢あすか 青木崇高 オダギリジョー/中谷美紀
監督:中島哲也
脚本:中島哲也 門間宣裕 唯野未歩子
原作:深町秋生 「果てしなき渇き」(宝島社刊)
企画:ギャガ/リクリ 製作:ギャガ/リクリ/GyaO!/TSUTAYA
制作プロダクション:リクリ
配給:ギャガ
(C)2014「渇き。」製作委員会/R15+


爆弾ジョニーLIVEで主題歌担当を発表『日々ロック』


爆音ロックエンターテイメントムービー映画
『日々ロック』

が11月22(土)より公開となります。

先日、黒猫チェルシーが楽曲提供に加わることが発表に続き、爆弾ジョニーが7月6日(日)SHIBUYA CLUB QUATTROでのワンマンライブにて、本作の主題歌を担当することを発表しました!

日々ロック×爆弾ジョニー
今春に上京したばかりにも関わらず、東京でエネルギッシュに活躍をしている、今もっとも目が離せない若手ロック・グループの爆弾ジョニー。
爆弾ジョニーのボーカル・りょーめーが原作と台本を読み込み、書き上げた主題歌「終わりなき午後の冒険者」は、劇中で拓郎がロックを鳴り響かせる勢いに劣らない、疾走感のあるメロディ。

主人公たちの目的地に辿り着けないもどかしさや迷い、彼らの熱い想いを感じさせる曲となっています!

楽曲情報 
主題歌:「終わりなき午後の冒険者」爆弾ジョニー
作詞・曲/編曲:爆弾ジョニー
Words produced by いしわたり淳冶
(Ki/oon Music)
※現在、リリース情報に関しては未定。

併せて、爆弾ジョニーよりコメントも届きました!

「初の映画主題歌を担当させてもらえて大変光栄です。“日々ロック”はだいぶ前から友人と読んでおり、映画化されそうだね〜とか話してました(笑)是非、映画館に足を運んで風を感じようぜ!バンドやろうぜ!そしてその足で12/4りょーめー21歳誕生日ワンマンライブ@ZEPP TOKYOにお越しください!」

映画『日々ロック』
は、11月22日(土) 全国ロードショー
公式サイト:http://hibirock.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/hibirock_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/hibirock.movie

********************************************************************


【ストーリー】
史上最低のロッカーが、最高の奇跡を起こす!!
勉強もスポーツもできない、彼女はもちろんいない、学校ではいじめられっ子・・・
という究極のダメ男・日々沼拓郎。サエない高校生活を送っていた拓郎は、ある日、友人の誘いで
バンドを結成することになる。バンドの名前は“ザ・ロックンロールブラザーズ”。
ギター&ボーカルの拓郎は、ベースの草壁とドラムの依田とともに上京して、伝説のライブハウス
“モンスターGOGO”で活動を始める。しかし観客は電線のカラス程度しか集まらず、鬼のように怖い
ライブハウスのオーナー・松本の計らいで、店の掃除などをさせられながら、住み込みで何とかライブに出させてもらう。ある日、ザ・ロックンロールブラザーズのライブ中に、1人の酔った女が客席から飛び出してきた!!彼女の名前は宇田川咲。斬新なスタイルで世界的な評価を得ているトップアイドルだ。彼女は拓郎のマイクを奪い、RCサクセションの「雨あがりの夜空に」を熱唱する。

アイドルとは思えないその凄味を感じるギター演奏とボーカルに圧倒される拓郎たち。<日本一ヘタレなロッカー>と<世界基準のアイドル>のありえない出会いの先にある奇跡の結末とは!?

原作:榎屋克優「日々ロック」
(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)  
監督:入江悠(『SR サイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
音楽プロデューサー:いしわたり淳治  
共同脚本:吹原幸太
(劇団ポップンマッシュルームチキン野郎・主宰。
「超絶☆絶叫ランド(TBS系)」、「ガッ活!(NHK)」)

出演:野村周平 二階堂ふみ 前野朋哉 落合モトキ 岡本啓佑 古舘佑太郎 喜多陽子 / 毬谷友子 蛭子能収 竹中直人

劇中曲提供:黒猫チェルシー、The SALOVERS、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、
DECO*27、爆弾ジョニー、細身のシャイボーイ、ミサルカ、忘れらんねえよ(五十音順)

制作・配給:松竹  
(C)2014「日々ロック」製作委員会 (C)榎屋克優/集英社


『日々ロック』ビジュアル解禁&コメント到着


爆音ロックエンターテイメントムービー

映画『日々ロック』

が11月22(土)より公開となります。
そして、本日ティザービジュアルが解禁となり、併せて日々沼拓郎を演じる野村周平さんと宇田川咲を演じる二階堂ふみさんよりコメントが到着しました!!

『日々ロック』ティザービジュアル
今回解禁となったティザービジュアルは“ロッカーなのにヘタレ”な日々沼拓郎(野村周平)と“アイドルなのに凶暴”な宇田川咲(二階堂ふみ)のそれぞれ2パターン。

拓郎は爆発するアフロヘアーに全裸とギターという衝撃的なビジュアルに対し、咲は世界基準のアイドルらしく鮮やかな輝きを放つ衣装に身を纏い、その瞳からはセクシーな雰囲気も感じさせます!!

日々沼拓郎役/野村周平のコメント

今回の撮影は僕の中では人生で一番過酷なものでした。
でも、その辛さがあったからこそ最後のシーンも気持ちが入りましたし、楽しい撮影になりました。殴られる、蹴られる、全裸で寒い中に放り出されることもあり・・・あとはラストシーンでものすごい雨と風に当たりながら演奏するシーンもありました。演奏については、去年の12月末からずっと先生とマンツーマンでやってきて、現場に入る前は不安でしたが、ザ・ロックンロールブラザーズの3人とも撮影を通して一体感も生まれてきて、撮影最後のサウンドチェックでは本当にすごいバンドになったと思いました。

『日々ロック』は青春もあり、音楽もあり、アクションもあり、ちょっと恋愛もあり、ギクシャクした男と女の関係もあり、いろんなことが詰まっている映画です。あとは音楽の力の強さに気づかせてくれる映画になっています。やっぱり音楽なしでは感動は作れないですし、人を変えられるのも音楽なんだなって思いました。僕も原作がすごく好きで、読者の皆さんの気持ちを裏切りたくないという思いで、死ぬ気で拓郎を演じたので、ぜひその姿を劇場に見に来ていただきたいです。


宇田川咲役/二階堂ふみのコメント

ギターもやって、ダンスもやって、アクションもやって、あっという間で本当に一瞬のことのように感じます。

入江さんとは2回目ということもありましたし、どのシーンも結構楽しく演じられたような気はします。撮影では色んな苦労がありましたが、やっぱり宇田川咲というカリスマ性のあるキャラクターを作るにあたって、ファッションに関しては3、4回衣装合わせをするほどこだわったので、そうしたところも見てもらえたら嬉しいです。ライブシーンの撮影は、お客さんも一緒に乗っているっていう設定だったので、画面を通してやらされている感じが出ないように、本当に乗せなきゃいけないと思いました。自分がどこまで出来るんだろうって考えていたけど、楽しく、気持ちよく演じることができました。『日々ロック』は現代のロックンロールな映画だと思いま。現場ではすごくバタバタで大変なこともありましたが、その分、凄くライブ感があるとてもロックな映画になったんじゃないかと思います。面白いキャストの方々と、力のあるストーリーをぜひ劇場で、大音量で見てください。

黒猫チェルシー また、次々と実力派アーティストの参加が決定し、話題が続く本作ですが、この度、ロックバンドの黒猫チェルシーが初めて映画の劇判(インストゥルメンタル)を担当することが発表となっています。

映画『日々ロック』
は、11月22日(土)全国ロードショーです。

公式サイト:http://hibirock.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/hibirock_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/hibirock.movie

********************************************************************


【ストーリー】
史上最低のロッカーが、最高の奇跡を起こす!!
勉強もスポーツもできない、彼女はもちろんいない、学校ではいじめられっ子・・・

『日々ロック』特別ビジュアルという究極のダメ男・日々沼拓郎。サエない高校生活を送っていた拓郎は、ある日、友人の誘いでバンドを結成することになる。バンドの名前は“ザ・ロックンロールブラザーズ”。

ギター&ボーカルの拓郎は、ベースの草壁とドラムの依田とともに上京して、伝説のライブハウス“モンスターGOGO”で活動を始める。しかし観客は電線のカラス程度しか集まらず、鬼のように怖いライブハウスのオーナー・松本の計らいで、店の掃除などをさせられながら、住み込みで何とかライブに出させてもらう。ある日、ザ・ロックンロールブラザーズのライブ中に、1人の酔った女が客席から飛び出してきた!!彼女の名前は宇田川咲。斬新なスタイルで世界的な評価を得ているトップアイドルだ。彼女は拓郎のマイクを奪い、RCサクセションの「雨あがりの夜空に」を熱唱する。

アイドルとは思えないその凄味を感じるギター演奏とボーカルに圧倒される拓郎たち。

<日本一ヘタレなロッカー>と<世界基準のアイドル>のありえない出会いの先にある奇跡の結末とは!?

原作:榎屋克優「日々ロック」
(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)  
監督:入江悠
(『SR サイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
音楽プロデューサー:いしわたり淳治  
共同脚本:吹原幸太(劇団ポップンマッシュルームチキン野郎・主宰。
「超絶☆絶叫ランド(TBS系)」、「ガッ活!(NHK)」)
出演:野村周平 二階堂ふみ 前野朋哉 落合モトキ 岡本啓佑 古舘佑太郎 
喜多陽子 / 毬谷友子 蛭子能収 竹中直人
劇中曲提供:黒猫チェルシー、The SALOVERS、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、DECO*27、爆弾ジョニー、細身のシャイボーイ、ミサルカ、忘れらんねえよ(五十音順)  
制作・配給:松竹  
(C)2014「日々ロック」製作委員会 (C)榎屋克優/集英社