「二階堂ふみ」タグアーカイブ

『ジヌよさらば~かむろば村へ』クランクアップ


松田龍平さんを主演に迎え、7年ぶりに松尾スズキさんが長編映画のメガホンを取った

『ジヌよさらば~かむろば村へ』

がこのほど、都内で無事クランクアップを迎えました。

ジヌよさらば~かむろば村へ~
ジヌよさらば~かむろば村へ~
原作は、人気漫画家いがらしみきおが小学館ビッグコミックにて2007年~2008年に連載していた人気コミック。

阿部サダヲ、松 たか子、二階堂ふみ、西田敏行ら日本を代表する俳優陣が顔を揃え、笑いとシリアスが絶妙にブレンドされた独特の世界感で、お金を一円も使わずに生きることを決意した主人公・武晴と、彼を支える村人たちとの奇妙な交流を描きます。

本作の舞台となるのは、病院も学校も警察も郵便局もなくなった限界集落‘かむろば村’。

松尾監督がロケ地に選んだのは、福島県河沼郡柳津町。

5月7日に柳津でクランクインし、約一か月に渡る滞在ロケにて撮影を敢行し、去る6月4日都内にてクランクアップとなりました。

現場は、常に新しい演出を加えてくる監督と、テンションの高い演技を魅せる俳優たち、そして全力でサポートするスタッフらにより、緊張感溢れながらも、絶え間ない笑いに包まれていたそうです。

そして!

クランクアップ時の松田龍平さん、阿部サダヲさん、松たか子さんからのコメントが入りました。

ジヌよさらば松田さんクランクアップ
最後花束を監督から贈呈された松田龍平さんは、

「メインロケ地の福島でアップしたかったなぁという気持ちもありますが、楽しかったです。『恋の門』以来、10年振りの松尾組でしたが、撮影が終わって、今振り返ってみると、10年前よりも客観的な視点を持って現場にいれたかな、という気がしています。」

と自身の成長も手ごたえとして掴んだ様子。撮影中は

「台本に書かれていない事が、演出として次々と松尾さんから出てくるので、どのシーンも刺激的で楽しく、それゆえ不安もありました。」「頑なにお金を使わない武晴を、周りの一風変わった人たちが、なんとかして助けようとする、いい話になっているのではないかと思います。僕自身、仕上がりが楽しみです。」
とクランクアップに際しての想いを締めくくりました。

ジヌよさらば阿部さんクランクアップ
また、かむろば村の村長与三郎を演じた阿部サダヲさんは

「撮影は朝早い日が多かったのですが、時間の流れが良くて、とてもいい過ごし方が出来ました。松尾さんとは、長編映画で組むのは初めてでしたが、映画でも舞台でも演出の仕方は変わらないので、安心して挑めました。あと、松尾さんが元気そうなので良かったです。」

ジヌよさらば松さんクランクアップ
与三郎の妻亜希子を演じた松たか子さんは
「撮影は町のあらゆるところを活用させて頂けて、集中して出来たので、とても幸運だったと思います。柳津の町に溶け込ませて頂いて、馴染ませて頂けたのが良かったです。松尾監督らしいアクセントのある演出や要望に、求めて下さることが嬉しくもあり、毎日『今日はどんなことを言われるのかな?』とワクワクドキドキしていました。」
と充実した撮影期間について語りました。

クランクアップ直後、松尾監督

「すごく濃いメンツに集まってもらい、今までにない演技をしてもらいました。完成を楽しみに待っていてください。」

と、自信を覗かせました。

すごく濃いメンツと言うのは、
スーパーあまので働くいそ子役に片桐はいり、温泉旅館の女将奈津役に中村優子、旅館の板前勝男役にオクイシュージ、田植えを教えるみょんつぁん役にモロ師岡、かむろば村・助役に村杉蝉之介、その妻に伊勢志摩、美人局をするチンピラ青木役に荒川良々、隣接する町の議員・青砥に皆川猿時などなどの豪華出演者達のこと。

また、松尾監督自身もヤクザの多治見役として重要な役どころで出演しています。

『ジヌよさらば~かむろば村へ~』

は、これから編集作業に入り、来年2015年の春公開の予定です。

公式HP http://jinuyo-saraba.com/

********************************************************************


『ジヌよさらば~かむろば村へ~』

ストーリー
銀行勤務ながら金アレルギーになり、会社を辞め、東北地方のとある寒村にやってきた主人公(松田龍平)。

お金を一切使わない生活を目指してやってきたその村には、隠された過去を持つ異常に世話焼きな村長(阿部サダヲ)と美しいその妻(松たか子)、自ら“神様”を名乗り、皆からそう慕われている老人(西田敏行)など、想像をはるかに超える、濃い村人たちがいた。

お金に背を向け村人たちに向き合ううちに、主人公の暮らしは、思わぬ方向に走り出してゆく。

果たして人は、一銭も金を使わずに生きてなど、いけるのか?
経済が混迷する現代に放つ、衝撃のスラップスティックコメディ!

【作品概要】
監督・脚本:松尾スズキ
原作:いがらしみきお 『かむろば村へ』/小学館 ビッグコミックススペシャル刊
出演:松田龍平 阿部サダヲ 松たか子 / 二階堂ふみ / 西田敏行

企画製作:キノフィルムズ、グリオ 制作:シネグリーオ
配給:キノフィルムズ

(C) 2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむろば村へ~』製作委員会



誰にも、言えない 浅野x二階堂『私の男』



原作:桜庭一樹 × 主演:浅野忠信・二階堂ふみ× 監督:熊切和嘉

私の男
直木賞受賞のベストセラー小説、禁断の映画化!

映画『私の男』

は6月14日より新宿ピカデリーほか全国公開となります。
今回、場面写真と特報映像が送られてきましたのでご紹介。



誰にも、言えない 
浅野忠信と二階堂ふみが、禁断の純愛に挑む本作。

私の男1その刺激的なテーマと極限的な舞台設定から、映像化不可能と言われた桜庭一樹による45万部超のベストセラー小説「私の男」。

第138回直木賞を受賞した本作の映画化が、タイミングが違えば決して叶うことのなかった“運命”のキャストによって遂に実現!

本作は、熊切和嘉の集大成であり、禁断のラブストーリーにして、ある殺人事件を発端とするスリルと興奮に満ちた至高のサスペンス。

冬のオホーツク海、純白の流氷の上で起きた殺人事件。
暗い北の海から逃げるように出て行く父と娘は互いに深い喪失と、ふたりだけの濃厚な秘密を抱えていた…。

私の男2
理屈を超えた禁断の愛のかたち、オホーツク海の流氷が魅せる一大スペクタクル。

主演の二人のコメント

【淳悟 役/浅野忠信】 今までのキャリアを全てぶつけた
私の男:浅野忠信
【花 役/二階堂ふみ】 「運命の役」であり特別な作品
私の男:二階堂ふみ
禁断の純愛を描く美しく切ない衝撃作が激しく心を揺さぶる。


映画『私の男』

6月14日(土)新宿ピカデリーほか全国公開です!

公式HP: http://watashi-no-otoko.com/

過去記事:
『私の男』完成披露試写会(熊切和嘉監督と原作者の桜庭一樹さんが登壇しました。)

私の男4
********************************************************************


映画『私の男』

監督:熊切和嘉
原作:「私の男」(桜庭一樹/文春文庫刊)
出演:浅野忠信、二階堂ふみ、高良健吾、藤 竜也

(C)2014「私の男」製作委員会


『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』15年春公開決定


松尾スズキ×松田龍平

『恋の門』から10年。再び、あの黄金タッグが銀幕に帰ってくる。

映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』

2015年春全国公開決定しました!!

ジヌよさらば~かむろば村へ~
ジヌよさらば~かむろば村へ~
本作の監督、脚本をつとめるのは松尾スズキさん。
劇団「大人計画」の主宰で俳優、演出家、脚本家、映画監督、コラムニストと幅広く活躍しています。

『恋の門』(04)、『クワイエットルームにようこそ』(07)の長編作品で監督・脚本をつとめその手腕が高く評価されているほか、脚本で携わった『東京タワーオカンとボクと、時々、オトン』(07)で第31回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞しています。


そして!
主演をつとめるのは松田龍平さん。
『御法度』(99)で俳優デビューし数々の新人賞を受賞。以降多数の作品に出演し昨年に主演を務めた映画『舟を編む』(13)では、日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞、毎日映画コンクール・男優主演賞、ヨコハマ映画祭、報知映画賞、日刊スポーツ映画賞など、様々な映画賞で主演男優賞を総なめにしました。

また、阿部サダヲ、松 たか子、二階堂ふみ、西田敏行ら日本を代表する俳優陣が顔を揃え盤石の布陣で作品を創り上げます。

原作は、人気漫画家いがらしみきおが小学館ビッグコミックにて2007年~2008年に連載されていた人気コミック。

来月5月から撮影開始、来年2015年の春全国公開を予定しています。

監督と松田龍平さん、原作者のいがらしみきお先生からコメントが届いていますのでご紹介!


松尾スズキ監督のコメント

一銭も金をつかわず生きるという極端なテーマは、過去に発表されたにも関わらず、経済的に混迷する現在にピッタリだと思いました。龍平と「あまちゃん」で共演したり最近の仕事を見るに「のってるな!」と思い、10年前のコネの使いどころはここだとねじこんでみました。

阿部は自分が育てた俳優なのに、いつもスケジュールで捕まらず、やっと映像で仕事ができると喜んでいます。松さんは、『東京タワー』に出ていただき、その透明感に魅了されていました。二階堂さんとはドラマの時に知り合い「面白い子だなー」と思っていたらめきめきと頭角を現して来て、今が旬だと狙い撃ちしました。西田さんは昔から尊敬する俳優で、まさか受けてくださるとは、逆におっかなびっくりです。

今回は地方に行ったきりの撮影でまさに逃げ場がない。
腹をくくって映画監督に徹するよう、自分に催眠術をかけているところです。


松田龍平さん(主人公:高見武晴)のコメント

「恋の門」に続いて松尾スズキ監督の作品に出演出来ることを心より嬉しく思います。今回僕が演じる役はお金恐怖症の銀行員です。この現代社会でお金を使わずに生きていけるのか、という題材も楽しみです


原作 いがらしみきお先生のコメント

私の作品でははじめての実写映画が、こんなに豪華なスタッフとキャストで実現されるとは信じられない思いです。原作の「なにも売らない なにも買わない ただ生きて行く」というテーマが、敬愛する松尾スズキさんの手によって、どう変化し、化学反応するのかとても楽しみです。きっとこれからの日本の行く末の影と光を示してくれるものになるでしょう。
この映画の完成を見るまでは死ねないな、と思いました。

********************************************************************


映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』

ストーリー

銀行勤務ながら金アレルギーになり、会社を辞め、東北地方の
とある寒村にやってきた主人公(松田龍平)。お金を一切使わない生活を目指してやってきたその村には、
隠された過去を持つ異常に世話焼きな村長(阿部サダヲ)と美しいその妻(松たか子)、自ら“神様”を名乗り、皆からそう慕われている老人(西田敏行)など、想像をはるかに超える、濃い村人たちがいた。
お金に背を向け村人たちに向き合ううちに、主人公の暮らしは、思わぬ方向に走り出してゆく。
果たして人は、一銭も金を使わずに生きてなど、いけるのか?経済が混迷する現代に放つ、衝撃のスラップスティックコメディ!

監督・脚本:松尾スズキ
原作:いがらしみきお 『かむろば村へ』/小学館 ビッグコミックススペシャル刊
出演:松田龍平 阿部サダヲ 松たか子 / 二階堂ふみ / 西田敏行
企画製作:キノフィルムズ、グリオ 制作:シネグリーオ
配給:キノフィルムズ
(C) 2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば~かむろば村へ~』製作委員会


『私の男』完成披露試写会


理屈を超えた禁断の愛を描き、2008年に直木賞を受賞した桜庭一樹によるベストセラー小説

『私の男』

映像課不可能と言われてきた本作が人間の心の機微を美しい映像に乗せて深く丁寧に描き、国内外で高く評価される熊切和嘉監督の手により映画として、6月14日(土)より新宿ピカデリーほか全国公開されます。

そして、この度マスコミ向けの完成披露試写会にて、熊切和嘉監督と原作者の桜庭一樹さんが登壇し舞台挨拶を行いました。

『私の男』マスコミ向けの完成披露試写会 熊切和嘉監督と原作者の桜庭一樹
『私の男』マスコミ向けの完成披露試写会
熊切和嘉監督と原作者の桜庭一樹
丸1年かけて完成された本作について監督は「感慨深いです」。桜庭さんは「映画をきっかけに原作を読んでくれる方もいるのでとても嬉しく思います」と挨拶されました。

監督が原作と出会ったのは、2010年。『海炭市叙景』を撮り終わった後に原作を手に取り、「映画で人間を描く上で避けて通れない気がして、次に撮るならこれだと思った」と映画化の背景を語りました。

桜庭さんは、「元々映画が好きで、ぴあフィルムフェステイバルで受賞された同世代の方で、自分の思い入れの強い監督が撮ってくれると聞いて、とても嬉しく思いました」と喜びを口にした。

主人公、淳悟と花に扮するのは、浅野忠信さんと二階堂ふみさん。監督は二人のキャスティングについて

「浅野さんをイメージして原作を読んでいました。淳悟の底知れぬ空虚感は浅野さんしかできないと思いました。二階堂さんは別作品のオーディションで会った時に『花がいる』と思いました」と。

桜庭さんは「原作が発売された時も、淳悟のイメージとして浅野さんの名前があがっていた。特徴のないのが花。普通に見えて、どこか計り知れない難しい役を二階堂さんは演じてくれました」と、キャスティングにも大満足な様子でした。

私の男
撮影は、いつ流氷がくるかが分からないため、「毎日、流氷の情報を確認していました。奇跡的なタイミングで撮影ができました」と、本作の見どころの一つとなるシーンを振り返る監督。紋別の撮影現場には桜庭さんも訪問し、「流氷からカメラマンが落ちたんです。ベテランのスタッフさんが『カメラが先だ!』とおっしゃられて、その後に『カメラを先に上げた方がおまえを助けやすいんだ』と説明されていた」と笑い交えて、撮影時の秘話を語っておられました。

最後に、桜庭さんは「原作は主人公たちに感情移入できるように書きましたが、映画は俯瞰で二人を見ています。テーマが同じ中でアプローチの違いがあるのが面白い。原作も映画も両方楽しんでもらいたい」と本作をアピールし、熊切監督は「11本目の長編作品。今できることを全て追求しました。体感してください」と語られました。

映画『私の男』

6月14日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショーです!

********************************************************************


映画『私の男』

冬のオホーツク海、純白の流氷の上で起きた殺人事件。
暗い北の海から逃げるように出て行く父娘は互いに深い喪失と、ふたりだけの濃厚な秘密を抱えていた…。10歳で孤児となった少女・花は、遠縁にあたる淳悟に引き取られる。孤独だったふたりは、北海道紋別の田舎町で寄り添うように生活を送っていた…。理屈を超えた禁断の愛のかたち。
オホーツク海の流氷が魅せる一大スペクタクル。その刺激的なテーマと極限的な舞台設定から、映像化不可能と言われた桜庭一樹による40万部超のベストセラー小説『私の男』。第138回直木賞を受賞した本作の映画化が、タイミングが違えば決して実現することのなかった”運命”のキャストによって遂に実現。北海道の壮大な風景を舞台に、2014年、観客の心を激しく揺さぶる日本映画の至宝というべき最高の一本が誕生した。

監督:熊切和嘉
原作:「私の男」(桜庭一樹/文春文庫刊)
出演:浅野忠信、二階堂ふみ、高良健吾、藤 竜也 
(C)2014「私の男」製作委員会


『地獄でなぜ悪い』三連休出血プレゼント!


地獄でなぜ悪いメイン
9月28日から全国絶賛公開中の園子温監督最新作「地獄でなぜ悪い」大ヒット御礼企画!

新宿バルト9、広島バルト11にて10月12日(土)~10月14日(月)、 観賞者全員にもれなく『地獄でなぜ悪い』B2サイズポスターをプレゼントです。

これは公開と時を同じくして、「新宿バルトでなぜ悪い」と題して「地獄でなぜ悪い」新宿バルト9ジャックを実施いたしました支配人が退任し、新宿バルト9に新支配人が就任し、また、広島バルト11でも新支配人が就任いたしました。

『地獄でなぜ悪い』 B2サイズポスター
『地獄でなぜ悪い』
B2サイズポスター
と言うことで、大ヒット御礼・新支配人就任記念企画として来場者全員にもれなく『地獄でなぜ悪い』B2サイズポスターをプレゼント。

チラシ8種類のビジュアルが統合された本ポスターは非売品になっていて、この機会を逃さず手に入れていただきたい一品!です

10月12日(土)~10月14日(月)
新宿バルト9、広島バルト11にて「地獄でなぜ悪い」ご覧のお客様全員にB2ポスタープレゼント

『地獄でなぜ悪い』
新宿バルト9ほか全国でロードショー中です!

http://play-in-hell.com/
©2 0 1 2「地獄でなぜ悪い」製作委員会


********************************************************************


<作品概要>
ヤクザの組長・武藤(國村)は娘・ミツコ(二階堂)を主演に映画製作を決意する。映画の神様を信じるうだつのあがらない映画青年(長谷川)と、通りすがりのフツーの青年(星野)を監督に迎え、スタッフ&キャストは、オールヤクザ!娘を映画スターに!・・・それは武藤を守るため獄中にはいった武藤の妻しずえ(友近)の生涯の夢でもあった。対立する池上組とその組長で、過去の出会いからミツコに恋心を抱く池上(堤)までをも巻き込んで、事態はとんでもない方向に展開していく・・・。かくして、ホンモノのヤクザ抗争を舞台に、史上最も命がけな映画が電光石火のごとくクランクイン!!狂おしいほどまっすぐな想いが叶うなら、そこが地獄でもかまわないー 芸人デビューまでしてしまった(!!) いろんな意味で今、最も目が離せない監督・園子温の自身初となる超娯楽作品にして痛快無比のウルトラ・アクション活劇!

國村隼 / 長谷川博己 星野源 二階堂ふみ 友近 / 堤真一
監督・脚本・音楽:園子温
主題歌:「地獄でなぜ悪い」星野 源(スピードスターレコーズ)
製作:「地獄でなぜ悪い」製作委員会(キングレコード/ティ・ジョイ/ガンジス)
エグゼクティブ・プロデューサー:森山敦
プロデューサー:鈴木剛 松野拓行
企画・設計:ガンジス
製作プロダクション:ビターズ・エンド
宣伝:ティ・ジョイ/ヨアケ
配給:キングレコード/ティ・ジョイ
©2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会

9 月28 日(土)封切り!新宿バルト9他全国ロードショー!