スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』がシネマ歌舞伎に


歌舞伎の舞台作品を、HD高性能カメラで撮影し、デジタル上映するシネマ歌舞伎。

その第19作目となる
『ヤマトタケル』の公開が9月28日(土)
に決定致しました。


哲学者 梅原猛が三代目市川猿之助(二代目猿翁)のために書き下ろし、神話のヤマトタケルの波瀾の半生を雄大なドラマに仕立てた本作は、昭和61年に初演され、“スーパー歌舞伎”という新ジャンルを築き上げた歴史的作品です。

昨年6月、新橋演舞場における、猿之助の二代目市川猿翁、亀治郎の四代目市川猿之助、香川照之の九代目市川中車 襲名、中車の子息 五代目市川團子の初舞台で上演され、日本中を席巻した『ヤマトタケル』がふたたび映像でよみがえります。


手に汗握る冒険、親子の確執、姫君たちとのロマンスが、早替りや、立ち廻り、宙乗りなど、舞台上で所狭しと繰り広げられるスペクタクルとともにドラマティックに描かれています。さらに、劇中で披露された四代目市川猿之助、九代目市川中車による襲名口上も収録。シネマ歌舞伎ならではのダイナミックかつ精緻な映像で余すところなく捉えた、エンターテインメント大作となっています。

天翔ける心 二代 市川猿翁 コメント

私は映画が大好きです。学生の頃には月に30本は観ておりました。そして歌舞伎では「三代猿之助四十八撰」に数えられる作品をはじめ多くを創り演じております。
2つのジャンルを掛け合わせてというシネマ歌舞伎でスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」上演の機会をいただきました。思い出深きスーパー歌舞伎第一作を映画化することによって全国の人々にご覧になって頂けるのは大変光栄でございます。
「ヤマトタケル」は梅原猛先生の原作で一九八六年に私の主演・演出で初演しました作品ですが江戸歌舞伎の演出法、演技法、音楽を駆使し現代の人の心に通じるテーマを打ち出しその後に続く“スーパー歌舞伎”(のジャンル)を確たるものにした澤瀉屋(だかはわかんむり)にとりまして大切な演目でございます。
 昨年6月に二代目市川猿翁、四代目市川猿之助、九代目市川中車襲名、五代目市川團子初舞台におきまして古典歌舞伎の演目と肩を並べて上演致しました舞台です。少しでも多くの方々にご覧いただけましたら幸いです。


四代 市川猿之助コメント

襲名公演の「ヤマトタケル」が映画として公開されることは
たいへん光栄なことです。
新たな猿之助の出発点の記録としてご覧いただければ幸いです。

シネマ歌舞伎は『ヤマトタケル』の公開は9月28日(土)
東劇・新宿ピカデリーほか全国公開です!
公式サイト : http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/

シネマ歌舞伎はとっても見やすいですし、金額的にも敷居が低いので是非観に行ってみて下さい。結構はまりますよ!

【物語】
日本創世の陰には、父と子の永きにわたる葛藤があった――

大和の国の皇子 小碓命は、双子の兄 大碓命の謀反をいさめようとして誤って殺してしまい、父帝の怒りを買い、大和に従わない熊襲の征伐にたった一人で向かわされる。小碓命は父の許しを得たい一心で、見事に熊襲兄弟を討ち果たし、ヤマトタケルと名乗ることとなる。

しかし、父帝の怒りは治まらず、新たな戦の命を下されたタケルには次々と試練が訪れる。

それでも、父とまだ見ぬ息子ワカタケルに会うために、タケルは故郷を目指すのだが……。

********************************************************************


シネマ歌舞伎『ヤマトタケル』

作 梅原 猛 /
監修 奈河彰輔/
脚本・演出 市川猿翁
[平成二十四年六月 新橋演舞場公演]

出演 小碓命(おうすのみこと)後にヤマトタケル/大碓命(おおうすのみこと):市川猿之助、帝(すめらみこと):市川中車、タケヒコ:市川右近、ワカタケル:市川團子、兄橘姫(えたちばなひめ)/みやず姫:市川笑也、弟橘姫:(おとたちばなひめ)市川春猿、老大臣:市川寿猿、ヘタルベ:市川弘太郎、帝の使者:市川月乃助、倭姫(やまとひめ):市川笑三郎、熊襲(くまそ)弟タケル:市川猿弥、尾張の国造(くにのみやつこ):坂東竹三郎、皇后(おおきさき)/姥神:市川門之助、熊襲(くまそ)兄タケル/山神:坂東彌十郎

©松竹株式会社
公開日 : 2013年9月28日
公開情報 : 2013年9月28日 東劇・新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト : http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

PFFスカラシップ 『HOMESICK』 明日から公開


廣原暁(ひろはら・さとる)監督
待望の最新作。

「HOMESICK ホームシック」

が、いよいよ明日8月10日(土)より、
オーディトリウム渋谷 他全国順次ロードショーです。


ストーリーですが。。。。

30歳。失業した。限りなく自由で、どこにも行くあてがない夏休み。

勤め先の社長が夜逃げして無職になった健二、30歳。母は何年も前から行方知れず、父は辺鄙な土地でペンションを経営、妹は海外放浪中。

ひとりで住んでいる実家の引き渡しが迫っているが、行くあてなどない。

やりたいこともなく、無為に過ぎていく日々。そんな時、夏休み中の小学生男子3人組が水鉄砲や水風船で家に奇襲をかけてきた! 健二はホースの水で応戦、闘いごっこの果てに3人組は健二を水魔人と名づけ、毎日のように家にやって来るようになる。

先行きの見えない社会で居場所を探す“さとり世代”の若者たち。

家族不在の家で展開する、新世代のホームドラマ

長引く不況の中、堅実で身の丈に合った暮らしを望む“さとり世代”と呼ばれる現代の若者たち。物質的豊かさを求めて疲弊した大人を見て育った彼らは、多くを求めず、浪費もせず、遠くに出かけるよりも自宅のまわりで楽しみを見つける名人。

本作の主人公もそんな若者のひとり。じきに再開発で取り壊される実家で出ていった家族を想いながら、そこに留まることしかできない主人公は、かつての自分のような子どもたちと真剣に遊ぶ中で、自らの進むべき道を見つめ直していきます。不確かな明日に向かってひたむきに生きるその姿は、世代を超えて共感してしまいます。

園子温監督などが通った登竜門PFFスカラシップ作品。是非、未来の巨匠の作品を劇場で確かめてみてください。

8月10日(土)より、オーディトリウム渋谷 他全国順次ロードショーです。

『オーディトリウム渋谷』のみですが「廣原 暁 監督特集」同時期開催です!!

「世界グッドモーニング!!」(09)、「返事はいらない」(11)、「あの星はいつ現はれるか」(オムニバス映画「紙風船」/11)、
「遠くはなれて」(短編/10)、「小さな想い出」(短編/13)  ※廣原のセレクト作品上映も有り。内容は決定次第発表。

********************************************************************


第22回PFFスカラシップ作品 『HOMESICK』

8月10日(土)より、オーディトリウム渋谷 他全国順次ロードショー
(C)PFFパートナーズ/東宝

公式サイト:www.homesick-movie.com

監督・脚本:廣原 暁
出演:郭 智博、金田悠希、舩﨑飛翼、本間 翔、奥田恵梨華
プロデューサー:天野真弓/撮影:下川 龍一/録音・整音:渡辺 一輝/美術:飯森則裕/音楽:トクマルシューゴ/編集:石井沙貴/助監督:飛田一樹/制作担当:和氣俊之
製作:PFFパートナーズ=ぴあ、TBS、ホリプロ/東宝 提携作品
配給・宣伝:マジックアワー

2012/日本/カラ―/デジタル/16:9/98分

廣原暁(ひろはら・さとる)監督
1986年5月16日生まれ、東京都出身。武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業。東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻監督領域修了。黒沢清、北野武に師事。2009年に制作した『世界グッドモーニング!!』が2009年、京都国際学生映画祭準グランプリを受賞。さらに、2010年、第29回バンクーバー国際映画祭ドラゴン&タイガー・ヤングシネマ・アワードにてグランプリ受賞を皮切りに、第61回ベルリン国際映画祭など、国内外の多数の映画祭にて上映される。

他作品に『あの星はいつ現はれるか』(オムニバス映画『紙風船』の第一話)(11)、東京藝大修了作品『返事はいらない』(11)など。本作『HOMESICK』で

第22回PFFスカラシップを獲得、劇場公開デビューを果たす。

PFFスカラシップとは、
PFF(ぴあフィルムフェスティバル)アワードを受賞した監督のみに挑戦権が与えられる奨学制度。受賞者が次回作の企画を提出し、毎年1名が選ばれます。そして2年間、制作から公開、メディア化まで学んでいく長編映画製作援助システムです。
未来を担う映画作家の育成プロジェクトとして、園子温、橋口亮輔、荻上直子、石井裕也らの商業長編監督デビュー作を製作しています!
http://pff.jp/jp/scholarship/


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐野元春「No Damage」試写してきた!


30年前中野サンプラザホールを皮切りに全国で上映され、それ以後、フィルムが行方不明になっていた佐野元春の長編ドキュメンタリー。

「No Damage」

このたび、その幻のフィルムが発掘され、デジタルリマスターし9月7日(土)全国ロードショーされることとなりました。

佐野元春27歳、80年代初期の若き情熱を映した奇跡のドキュメンタリーを試写してきました!

内容は自分の佐野元春イメージより骨のある感じのライブ&ドキュメンタリーでした。

30年前ですからね。当時僕は10代でLPレコードで聞いていたはずです。
5.1chになった音のライブ感はある意味新鮮でした。

その善し悪しは好みですね。

あえて難を言えば、途中に入るコメディーシケンスは、今の時代では僕はなかったほうが良かったなと。でも、それを含めて30年前の作品ですのでしょうがないんですけどね。

つまらないオトナにはなりたくない。。。

80年代。あの楽しかった日々にタイムスリップしませんか!

特に元春ファンは必見です!

MOTOHARU SANO ARCHIVES on MOVIE
佐野元春『Film No Damage』
2013年9月7日(土)全国ロードショーです。

前売券(チケットぴあ Pコード:464-940)
 一般 1,800円 学生・小人 1,300円
劇場窓口料金(当日券)
 一般 2,000円 学生・小人 1,500円
 
FaceBook:https://www.facebook.com/motoharusano2013Livespire

Livespire公式HP:Livespire

********************************************************************


MOTOHARU SANO ARCHIVES on MOVIE
佐野元春『Film No Damage』

[2013/日本/71分/カラー/5.1ch]

撮影・監督:井出情児
音響監修:坂元達也
製作・配給:ソニー”Livespire”(ソニーPCL株式会社)
企画:株式会社ソニー・ミュージックダイレクト

2013年9月7日(土)全国ロードショー!

Livespire公式HP:Livespire

佐野元春「No Damage」上映劇場

《北海道・東北》
ユナイテッド・シネマ札幌/MOVIX仙台
MOVIE ON やまがた/イオンシネマ福島
《関東》
角川シネマ新宿/TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
ヒューマントラストシネマ有楽町/イオンシネマ板橋
イオンシネマむさし村山/シネマシティ(立川)
横浜ブルク13/チネチッタ川崎
MOVIXさいたま/イオンシネマ春日部
T・ジョイ 蘇我/イオンシネマ市川妙典
シネプレックス水戸/TOHOシネマズ 宇都宮/MOVIX伊勢崎
《中部》
109シネマズ名古屋/イオンシネマ豊川
T・ジョイ 新潟万代/ユナイテッド・シネマ金沢
シネシティ ザート/TOHOシネマズ 浜松
《近畿》
TOHOシネマズ なんば/TOHOシネマズ 梅田
T・ジョイ 京都/TOHOシネマズ 西宮OS
《中国・四国・九州》
広島バルト11/シネフク大黒座/TOHOシネマズ 新居浜
T・ジョイ 博多/イオンシネマ熊本/鹿児島ミッテ10


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ディカプリオ最新作「ウルフ・オブ・ウォールストリート」公開日決定


レオナルド・ディカプリオ主演 、マーティン・スコセッシ監督最新作の『THE WOLF OF WALL STREET』(原題/全米11月15日公開)の邦題と初日が決定しました。

邦題は『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

初日は12月20日(金)新宿ピカデリー他全国ロードショーです。

ウォール街には金にまつわる豪快な逸話がいくつも転がっていますが、中でも特別スケールの大きな話<ウォール街のウルフ>と呼ばれた男の話です。

26歳で証券会社を設立、年収4900万ドル(49億円)を稼ぎ出し(もう少しで週給100万ドル(1億円)!)、誰も思いつかない大胆なアイディアと、一瞬にして人を虜にする話術で瞬く間に成功。常識を超えたありえない金遣いで世間を驚かせ、ダイナミックな成功と同じくらいセンセーショナルな破滅の道をたどった男、ジョーダン・ベルフォートの実話です。

破格の伝説の数々を打ち立てた男は、学歴もコネもないのにどうやってのし上がり、<ウォール街のウルフ>と呼ばれるようになったのか?誰が聞いても耳を疑う、あり得ない金遣いとは?そして、すべてを手に入れた男が、一夜にして頂点から転がり落ちたその理由とは???破天荒な人生を楽しく描く、驚愕のエンターテイメントが完成です!

アントレプレナー卒の僕としては気になるところ。

本作は、1980年代ー90年代のニューヨーク、ウォール・ストリートを舞台に、実在の株式ブローカージョーダン・ベルフォートが、20代で証券会社を設立し億万長者に登り詰めるも、証券詐欺の違法行為で逮捕されるまでの栄光と挫折の10年間を描いている。ベルフォート自身の回顧録「ザ・ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」(早川書房刊「ウォール街狂乱日記-「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生」)をもとに映画化。

監督はアカデミー賞受賞の巨匠マーティン・スコセッシ。主演はレオナルド・ディカプリオ。二人にとって5度目となるこの<映画界最強のタッグ>に、早くもアカデミー賞 最有力との呼び声が高いところ!さらには、ディカプリオにとっては悲願の初オスカー受賞がかかります。

このたび解禁された初の「特報」映像では、スーツを着た主人公(ディカプリオ)が、自分の証券会社の社員達の前に立つ自信に満ち溢れた姿や、クルーザーの上からドル札をばら撒いたり、100ドル札を丸めてゴミ箱に投げる常識を超えた金遣い、カメラ(こちら側)に向かって「合法だって?ノーだ」と話しかけるような驚愕のシーンが満載!ハリウッドのトップスター、ディカプリオが初めて演じる<欲にはキリがない>キャラクターに目が離せません。

公式サイト:www.wolfofwallstreet.jp

12月20日(金)新宿ピカデリー他全国ロードショー!

********************************************************************


『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
監督:マーティン・スコセッシ 全米公開:11月15日
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー、
マーゴット・ロビー、ジャン・デュジャルダン、ロブ・ライナー

公式サイト:www.wolfofwallstreet.jp

12月20日(金)新宿ピカデリー他全国ロードショー!


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ウォーム・ボディーズ』の監督 したコメに!



2013年9月13日(金)~16日(月・祝) 開催の「第6回したまちコメディ映画祭in台東」ですが。。。

全米初登場1位記録の大ヒット映画

『ウォーム・ボディーズ』

ジョナサン・レヴィン監督 初来日決定しました!!


特別招待作品として上映が決定している、全米初登場第1位の記録を皮切りに、全世界で大ヒットし、旋風を巻き起こしている『ウォーム・ボディーズ』。

映画祭では『ハング・オーバー』以来のハリウッド大ヒット作品として歓待を受ける中、その熱を受け、公開を待ちわびる日本のファンに向け、本作を手掛けた、新進気鋭の監督、ジョナサン・レヴィンが来ます!

世界52か国で公開し、各国で軒並み大ヒットを飛ばしている本作は、アイザック・マリオンの小説「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」(小学館文庫刊)の映画化。映画『50/50 フィフティ・フィフティ』の大ヒットで注目を集めるジョナサン・レヴィン監督が描く、人間に恋してしまったキュートなゾンビが彼女を守るために奮闘するロマンティック・ゾンビ・ラブコメディです。

ジョナサン・レヴィン監督
ニューヨーク市生まれ。ブラウン大学卒業後、著名な脚本家・監督のポール・シュレイダーの付き人として働く。

02年、ロサンゼルスに移り、監督として米国映画協会(AFI)コンサバトリーで学ぶ。在学中にホラー映画『マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生』で監督デビューし、06年度トロント国際映画祭でプレミア上映。

以後『The Wackness』(’08)でサンダンス映画祭及びロサンゼルス映画祭で観客賞を受賞。今後、監督予定作品に、ユニバーサル・ピクチャーズ『Little Girl Lost』などがある。

ひげは濃いけどイケメンです。

「したコメ」ではレッドカーペットの参加と、ティーチインを予定しているそうです!

【レッドカーペット】
◆日時:9月14日(土) 13:00~14:00
◆開催場所:オレンジ通り~浅草公会堂(予定)

【特別招待作品 『ウォーム・ボディーズ』】
◆日時:2013年9月14日(土)開場19:00/開演19:30(予定)
◆会場:浅草公会堂
◆チケット情報:【料金】前売 1,300円/当日 1,500円/自由席
◆公式HP:www.shitacome.jp

©2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


したコメに是非足をお運びください!

********************************************************************


『ウォーム・ボディーズ』

STORY:ゾンビ男子〝R″は、ある日、襲撃するはずのニンゲン女子〝ジュリー″に一目ぼれし、助けてしまう。最初は恐れをなし、拒絶していたジュリーも、次第に心を開き始める。出会ってはいけなかった、けれど、うっかり出会ってしまった二人の恋。彼らの恋は、ゾンビの死に絶えた“冷たい”ハートを打ち鳴らすことができるのか!? 終わりかけている世界に、もう一度“温かな”希望をよみがえらせることができるのか!??

作品HP:http://dead-but-cute.asmik-ace.co.jp/
日本公開:9月21日(土)よりシネクイント他 にて全国ロードショー

監督・脚本:ジョナサン・レヴィン
出演:ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、ジョン・マルコヴィッチ
(2013年/アメリカ/98分/アスミック・エース)

「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。「したコメ」は浅草、上野という東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただく、いとうせいこう総合プロデュースのコメディ映画祭です。


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ