「学生」カテゴリーアーカイブ

青春ぎゅっと凝縮『野球部員、演劇の舞台に立つ!』予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 2018年2月24日(土)よりユーロスペースにて公開いたします映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』の予告編解禁。

今を生きる若者の不安、葛藤、希望など溢れんばかりの熱い思いをぎゅっと凝縮!した予告編です。

甲子園への道なかば――なぜ3人の野球部員は演劇部へ?
最後に明かされる衝撃の事実とはいったい…


構想10年、福岡八女を舞台に、竹島由美子の実話原作をもとに『野球部員、演劇の舞台に立つ!』がベテラン中山節夫監督のメガフォンで、完成いたしました。

主役の望月に若手俳優期待の星、渡辺佑太朗が高校生役を熱演いたしました。その他、若手のホープが勢揃し、加えて林遣都、宇梶剛士、宮崎美子らの芸達者が脇をがっちりと固め、清冽な青春のメッセージをスクリーンに映し出します。


物語・・・
福岡県南部の強豪八女北高校野球部では、常に熾烈なポジション争いが繰り広げられていた。春の選抜大会(甲子園)につながる予選で、まさかの敗退によりチームはギクシャクし始めていた。
そんな折、エースら中心選手は、監督から演劇部に行くよう命令される。反発する選手達。だが、そこには思いもよらぬ先輩たちの哀しい傷跡の記憶が・・・。
公式HP:
yakyubuin-vs-engekibuin.com

**********************************

渡辺佑太朗
舟津大地 川籠石駿平 山田慎覇 柴田杏花 佐々木萌詠 芋生悠 山田杏奈 鹿毛喜季 田中奈月
林遣都  宇梶剛士 宮崎美子
監督:中山節夫 原作:「野球部員、演劇の舞台に立つ!」竹島由美子(高文研刊)
音楽:小六禮次郎 / テーマ曲:「ユビノサキヘ」Good Coming
映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」を応援する会 / 映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」を支援する会 代表世話人:平田圭四郎 事務局長:平井靖文
後援:福岡県 福岡県教育委員会 八女市 JAふくおか八女 八女商工会議所 八女市商工会 八女市議会 八女市教育委員会 八女市PTA連合会 八女市社会福祉協議会
福岡県茶生産組合連合会 福岡県茶商工業協同組合 八女筑後医師会 八女筑後歯科医師会 JAグループ福岡 福岡県私学協会 FM八女 レワード株式会社
筑後七国(筑後市・柳川市・大川市・みやま市・広川町・大木町) 東京福岡県人会 中京福岡県人会 関西福岡県人会 京都福岡県人会 広島福岡県人会 やめん会(福岡市)
製作:鈴村髙正 鈴木一美 企画:鈴木一美 プロデューサー:鈴木一美 桑山和之 脚本:ハセベピロウィナー 鈴木一美 片島章三 山崎太基
撮影:岡雅一 照明:山川英明 関根謙一 録音:武進 美術:西尾共未 装飾:鈴村髙正 編集:小林由加子 記録:穂盛文子 助監督:片島章三 製作担当:島根淳
宣伝(アド):プランニングOM/オフィス63/木野武 宣伝(広報):太秦
製作:京映アーツ 
配給:パンドラ
助成:文化庁文化芸術振興費補助金
© 2017映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」製作配給委員会/京映アーツ/コチ・プラン・ピクチャーズ
2017年/日本/102分/アメリカンビスタサイズ/5.1ch/カラー
    


中条あやみ アカペラで力強い歌声披露の​特別映像到着!映画『覆面系ノイズ』


映画情報どっとこむ ralph 中条あやみ主演の映画『覆面系ノイズ』が、11月25日(土)に全国公開!

この度、中条あやみ、アカペラで力強い歌声披露する特別映像を解禁します!

本作は登場人物それぞれが“伝えられない想い”を秘め、その想いを歌や音楽にのせて相手に届けるという、切なくもキュンとする片恋ストーリー。突然姿を消した幼馴染・モモ(小関)に想いを届けるため、歌い続けてるニノ(中条)。

ようやくモモと再会するも、喜ぶ間もなく拒絶され、その想いを伝えられずにいた。

今回解禁された映像は、モモへの想いが溢れたニノが、学校の屋上で注目の覆面バンド「in NO hurry to shout;(通称イノハリ)」の「ハイスクール」を熱唱するシーン。

本作のクランクインまでの数ヶ月間、ボイストレーニングを積んで撮影に挑んだ中条が、アカペラで力強く歌い上げる姿が必見の映像となっています。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
歌うことが大好きなニノ(中条あやみ)は高2の春に転校先の学校で、幼いころに出会った曲作りをする男の子・ユズ(志尊淳)に再会。ニノを想って曲を書き続けてきたユズは、思わぬ再会に戸惑いながらも気持ちを募らせる。一方ニノは幼いころに離れ離れになった幼馴染・モモ(小関裕太)に今でも思いを寄せていた・・・。いつかモモにこの歌声を届けたい!日々練習を重ねるニノはある日とあるオーディション会場でモモらしき人物に遭遇!せっかく再会できたのにモモに気持ちを伝えられないニノ。そんな時、辞めてしまったボーカルの代わりにユズの所属するバンドでボーカルを担当することに。それぞれの恋する気持ちが交差する中でニノが気づく本当に大切な人とは!?

映画『覆面系ノイズ

11月25日(土)に全国公開です。

fukumenkei-noise.jp

***********************************

出演:中条あやみ 志尊淳 小関裕太 真野恵里菜 磯村勇斗 杉野遥亮​

原作:福山リョウコ「覆面系ノイズ」(白泉社「花とゆめ」連載)
監督:三木康一郎
脚本:横田理恵 三木康一郎​
主題歌:in NO hurry to shout;「Close to me」(ソニー・ミュージックレコーズ)​
エンディングテーマ:MAN WITH A MISSION「Find You」(ソニー・ミュージックレコーズ)
配給:松竹​
©2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会
©福山リョウコ/白泉社・花とゆめ
       


須賀健太・小関裕太・山本涼介ら登壇の『ちょっとまて野球部!』完成披露イベント決定!


映画情報どっとこむ ralph 数々の映画・舞台・ドラマで大人気の注目若手俳優たちが集結!

野球マンガにして、熱血な野球シーンではなく、野球部の日常をほのぼのと描いた部活コメディ『ちょっとまて野球部!―県立神弦高校野球部の日常―』(「GOGOバンチ」連載中)が実写映画となって、2018年1月27日より全国ロードショーいたします。

本作の完成披露舞台挨拶付き上映会が決定いたしました。大堀役の須賀健太をはじめとしたメインキャスト6名がそろう、最初で最後の機会。超プレミアムなイベントとなってます。
『ちょっとまて野球部!』完成披露イベント概要
日時: 2018年1月10日(水)
劇場: ニッショーホール
登壇: 須賀健太、小関裕太、山本涼介、荒井敦史、塩野瑛久、柳喬之
宝来忠昭監督
MC:友池一彦
 (全て予定)
料金: 3,000円(税込)
※登壇者は、予告なく変更になる場合があります。

<チケット購入方法>
チケットぴあにて受付・発売
◆プレリザーブ: 11月11日(土)11:00より11月16日(木)11:00AMまで
※お一人様、3枚まで購入可能

◆一般発売:11月18日(土)10:00AMより発売開始
①電話予約 0570-02-9999 10:00より
②店頭直接購入は、チケットぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクスにて10:00より発売。
インターネットにて10:00より発売
④お一人様、3枚まで購入可能

映画情報どっとこむ ralph 『ちょっとまて野球部!』完成披露

公式サイト:
www.chottomate-movie.com

物語・・・
県立神弦高校野球部は強豪でも弱小でもない日本一平均的なチーム。3年生最後の夏が終わり、1年生の大堀・秋本・宮田ら残された部員たちの新たな日常がスタートする。授業をやりすごし、運動部最下級生お馴染みの雑用をこなしながら野球に励む3人。
ある日、テストの追試で赤点を取った大堀がピンチに!再追試に落ちると夏の合宿に参加できない!!野球部のキングオブバカ・大堀は無事に再追試をクリアし、合宿に行けるのか?!

***********************************

須賀健太 小関裕太 山本涼介
宮崎秋人 荒井敦史 塩野瑛久 柳喬之
尾関陸 田村升吾 西野太盛 磯崎亮太 ダーウィン/田中聡元 
田中日奈子 大隣望鈴 長田侑子 池原猛 庵原匠悟 
堀部圭亮 福士誠治

原作:ゆくえ高那「ちょっとまて野球部!-県立神弦高校野球部の日常-」(新潮社「GOGOバンチ」連載中) 
監督:宝来忠昭 
脚本:友池一彦 
音楽:フジモトヨシタカ
製作・配給・宣伝:日本出版販売 東映ビデオ
©2017ゆくえ高那・新潮社/「ちょっとまて野球部!」製作委員会
     


生田斗真、広瀬すず『先生! 、、、』大ヒット御礼で、観客にガーベラをプレゼント


映画情報どっとこむ ralph 河原和音先生が7年間に渡って連載した、累計発行部数600万部の大ヒットコミック「先生!」が実写映画化! 

無愛想だけど生徒想いの優しい教師・伊藤先生を生田斗真さん。高校二年生の響を広瀬すずさんが演じ、恋の喜びや切なさがいっぱいにつまったラブストーリー映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は大ヒット上映中!

その大ヒットを記念して、生田斗真さん、広瀬すずさんと三木監督が登場する感謝のイベントが行われました。

そして!なんと原作者の河原和音先生からお二人に感動必至の手紙を三木監督に代読。

その後、生田さんから広瀬さんへ花冠、そして広瀬さんから生田さんへブートニアをプレゼント。さらに、花言葉=感謝であるガーベラを会場に集まった方たちにプレゼント!!しかも、幸運な方は手渡しで!大変な盛り上がりを見せたイベントとなりました!

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』大ヒット御礼イベント 概要
日時:11月8日(水)
場所:新宿ピカデリースクリーン1
登壇:生田斗真、広瀬すず、三木孝浩監督

映画情報どっとこむ ralph 会場には平日にも関わらず多くの人がつめかけ、満席となった舞台挨拶。
生田さん、広瀬さん、三木監督らが登壇すると会場は一気に黄色い歓声と盛大な拍手で包まれる中、舞台挨拶はスタート。

本作公開から2週が経った今、

生田さん:僕の友人もたくさん観てくれたのですが、男でもグッとくるところがあるみたいで。本当に泣けたという声が多くて嬉しいですね、頑張って良かったなと思います。

と語ると、
広瀬さん:私の友達も観てくれた子が多かったのですが、みんな伊藤先生に恋していました。『あんな先生いたらいいね』って。クールなところにみんな惹かれていましたね。

とコメントし、笑顔を見せました。さらに
三木監督:公開して二日目に、お客さんとして劇場へ観に行ったときに、会場明るくなった瞬間、女性客の方の吐息が漏れていて。余韻に浸ってくれていたことがお客さんの反応から伝わったので、嬉しかったですね。

と振り返り、作品への想いが伝わったことに笑顔の3人。

映画情報どっとこむ ralph また、MCから『ここに注目して欲しい!』ポイントについて問われると、

生田さん:僕の“前腕筋”ですね!撮影中も女性スタッフの方たちが、シャツの袖の捲り方とかをすごくこだわっていて。女性は好きな方が多いみたいなので、筋肉が注目ポイントですね…って何話してるんだろうね(笑)

生田さんの予想外な“注目ポイント”に笑いが起き広瀬さんも爆笑!一方・・
広瀬さん:私は響と藤岡君(健太郎)が二人きりで弓道場で話すシーンがすごく好きで。藤岡君の優しい人柄や誠実さが伝わる切ないシーンがあるので、そこにも注目して観ていただけたら。

と語りました。三木監督は、マニアックなポイントを紹介

三木監督:響の『へっ?』っていう表情をしている顔ですね。唐突に何かされたりしている時の顔なのですが、お客さんからは『その時の顔がめちゃくちゃ可愛くて好きです!』っていう感想が結構多くて。伊藤先生に関しては、目線を合わせる場面と、合わせない場面があるところに注目して欲しいですね。伊藤の目線から、感情を言葉にできない部分や、伊藤の心情が読み取れるかなと思います。

と、監督ならではといった細かいポイントについて熱弁。広瀬さんも同意見だと。

映画情報どっとこむ ralph 今回サプライズで原作者の河原和音先生から生田さん、広瀬さんに向ける手紙が贈られ、三木監督が代読。
生田に対しては「全シーン全カット、とにかくかっこよかったです!伊藤先生を演じたのが生田さんで本当に良かった!

と大絶賛!

広瀬に対しては、

「普通の女の子なので演じるのが難しかったのではないかと思います。でも、響の気持ちを泣きながら伝えてくれたので、私も泣きました。

と感謝のお手紙。これに対して

生田さん:この作品の一番のお客さんは河原先生だと思います。その河原先生に喜んでもらえたというのは一番嬉しいですね。

と語り、そして

広瀬さん:河原先生にこんな風に言っていただけて、なんだか救われました。響を演じられて幸せです。

と語ると、会場からは温かい拍手が沸き起こりました。

映画情報どっとこむ ralph そして、生田さんと広瀬さんが、感謝の気持ちを込め、互いに向けプレゼント交換。
生田さんが広瀬さんの頭に優しく花冠を乗せると満面の笑みの広瀬さん。

広瀬さんは生田さんの胸ポケットにブートニアを刺してあげると、会場からは黄色い歓声が!

生田さん:すごく似合ってる!天使だね!(笑)

と思わず笑みをこぼすと、広瀬さんは、白い衣装で来るように言われていたのに合点がいった様子。

最後に・・・

生田さん:僕自身、久しぶりのラブストーリーだったのですが、それが久しぶりの三木監督との作品で。さらにすずちゃんにとっては初めてのラブストーリーということで、僕にとっても良い経験をさせていただけた気がしています。一生懸命愛情込めて作った作品なので、この映画をずっと好きになり続けて欲しいなと思います。

広瀬さん:本当にこの作品に出合えてすごく嬉しいです。そして多くの方に、恋する喜びや苦しさなど、色々な感情に出会って、何か背中を押してもらえる作品になってくれたらいいなと思います。

とそれぞれメッセージを送りました。

さらにイベントの最後では、来場者全員に、生田、そして広瀬が感謝の気持ちを込めて、ガーベラを手渡しでプレゼントするというサプライズも!大歓声に包まれながら、会場を後にしました。
映画情報どっとこむ ralph 映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』大ヒット公開中!

公式HP:sensei-movie.jp 
公式Twitter:@sensei_movie 
#先生好きになってもいいですか

物語・・・
「先生!好きになっても、いい?」 17歳、初めての恋は“先生”!
高校2年生の響は、ちょっと不器用でまだ恋を知らない17歳。そんな響が生まれて初めて本当の恋をする。その相手は口ベタだけれど生徒思いな世界史の教師、伊藤だった。「好きになっても、いい?」「お前の気持ちにはこたえられない」初恋はあっさり玉砕。だけど……。「今は一番好きな人を、好きでいたい!」響の純粋過ぎる想いは、ゆっくりと伊藤の心を動かしていく。
今もなお根強い人気を誇る河原和音の同名の伝説的少女コミックを、『僕等がいた』、『ホットロード』で知られる恋愛映画の名手、三木孝浩監督が映画化。生田斗真×広瀬すずで贈る新しい純愛映画、誕生!
***********************************

原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版)
主題歌:スピッツ「歌ウサギ」(ユニバーサルJ) 
監督:三木孝浩  脚本:岡田麿里
出演:生田斗真 広瀬すず 竜星涼 森川葵 健太郎 中村倫也 比嘉愛未 八木亜希子 森本レオ

製作:映画「先生!」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画  
©河原和音/集英社
©2017 映画「先生!」製作委員会 


映画「天然コケッコー」上映会開催に向けてMotionGalleryにてクラウドファンディング


映画情報どっとこむ ralph 11月26日に映画「天然コケッコー」のロケ地である旧後野小学校(島根県浜田市)での上映会開催の資金調達のために、クラウドファンディングサービス「MotionGallery」にて30万円を目指し、プロジェクトをスタートしました。
motion-galleryサイト

島根県浜田市が舞台の漫画「天然コケッコー(くらもちふさこ作)」を通じて、日本の田舎の魅力を再認識し、文化振興を中心とした地域の活性化を図る目的で企画。
2007年に映画化された際も、多くは浜田市で撮影が行われました。この作品を中心として、来年、青春をテーマとした映画祭を、映画館が無い浜田市で開催するため、地域や県内外からの関心を集めるべく、キックオフの位置付けで上映会を開催します。

上映会の会場は撮影が行われた小学校(旧後野小学校)の講堂を利用するため、会場設営に掛かる費用をクラウドファンディングで資金調達します。
一口1,000円から支援を受け付けており、上映会チケットや打ち上げ参加などのリターンを手に入れることができます。本プロジェクトは11月24日23時59分〆切であり、30万円を目標にしています。

全国の天コケファン、くらもちファン、青春映画が大好きな人たちを虜にするような映画祭の開催へ向けて、はじめの一歩となる今回の「天コケ上映会」を多くの方にご覧いただけるよう準備してまいります。

映画情報どっとこむ ralph 【上映会概要】
作品  :天然コケッコー(2007)
     ※35mmフィルム・200インチスクリーン
日程  :2017年11月26日(日)
会場  :旧後野小学校(島根県浜田市後野町779-2)
上映  :10:00~ 一般上映会 ※3才以下入場不可
     14:00~ ファミリー上映会 ※発声可能上映
定員  :各回 100名
チケット:11月6日よりクラウドファンディングで先行発売
     11月16日より一般発売開始(料金1,000円)
     ※一般発売の詳細は後日Dramatic CIMANEのFacebookページで案内
      
その他 :小学生以下入場無料


【特別ゲスト】
藤村聖子(女優)
※映画「天然コケッコー」にあっちゃん(山辺 篤子)役で出演
※上映後(各回とも)にトークセッション

【映画:天然コケッコー】
原作  :くらもちふさこ
監督  :山下敦弘
脚本  :渡辺あや
主演  :夏帆、岡田将生
製作年 :2007年
上映時間:121分

映画情報どっとこむ ralph 映画「天然コケッコー」公式ホームページ
http://tenkoke.asmik-ace.co.jp/

海、山、太陽 - 自然の光と音のなか、きらきらと今を生きるゆったりとした時の流れが、体の中に入りこみ、不思議な優しさと幸福感があふれる、あたたかな永遠の感動作

若草の萌える野のような、生き生きとした日本映画がまた一つ誕生した。カリスマ漫画家くらもちふさこの名作コミック「天然コケッコー」の映画化である。「天然コケッコー」は、ど田舎で暮らす少女の何気ない日常をリアルに描き、長い間ファンの胸に深く根ざし愛され続けてきた。そんな原作に挑むのは、鋭い感性と透徹した洞察力を持ち、『リンダ リンダ リンダ』『リアリズムの宿』などで日本中を爽やかな感動で包んだ気鋭・山下敦弘監督。自然豊かな街を舞台に、方言丸出しの少女が初恋を経験し、家族や友人や村人に見守られながら成長していく、今を切り取った、笑顔いっぱいの物語。ゆったりとした時の流れに、幸福感を味わい、涙したくなる、優しく温かな陽だまりのような感動作が完成した。

***********************************