「ドキュメンタリー」カテゴリーアーカイブ

ナオト・インティライミ imm sound上映決定!


4月13日より大ヒット上映中のナオト・インティライミ初のドキュメンタリー映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』。

この度、5月25日より次世代型音響システム“imm sound”設置の劇場、シネマサンシャイン平和島にて上映が決定いたしました。

最大23.1chのレイアウトも可能という超立体音響で、『旅歌ダイアリー』のあのライブシーンを体験しよう!

“imm sound”とはですが、

以前にもご紹介したメッチャ音が良いんです。

こまかく言うと
究極のリアリティを実現するために開発された次世代型音響システム。7年間にわたる開発期間を経てスペインで生まれ、後方から頭上をかすめて飛び去る ジェット機、見上げた木々から聞こえてくる小鳥のさえずり、静かに降り始めた雨の音など、体感したことのない立体感を味わうことができるんです。 そしてシネマサンシャイン平和島さんが、国内で初、このサウンドシステムを導入した驚きのテクノロジーです。

●imm soundシアター・シネマサンシャイン平和島
『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』特別上映

5月25日(土)より1週間限定公開
※作品の音響出力は5.1ch、映像は2Dです。
シネマサンシャイン平和島(www.cinemasunshine.co.jp/imm/

********************************************************************


『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』

監督・編集:石田雄介
       (「モテキ」第35回日本アカデミー賞優秀編集賞受賞)
出演:ナオト・インティライミ
主題歌: 「Catch the moment」&サウンドトラック by ナオト・インティライミ
配給:東宝映像事業部
コピーライト:©2013『ナオト・インティライミ冒険記』製作委員会
公式サイト:www.naoto-tabiuta.com
Twitterユーザー名:naoto_tabiuta

[作品概要]
“太陽”のように明るく、“お祭り”のように楽しいキャラクターと持ち前の音楽センスでデビュー以来、人気・実力ともにその勢いは止まることを知らないナオト・インティライミ。デビュー以前に28カ国515日間かけて世界一周した経験を持つ彼が、再び”音楽と出会い”を求めて旅に出た。過去訪れた国や初めて巡る国。世界の音楽と文化を体感し、その国の人々と歌い、笑う。様々な出逢いを通して、新たな楽曲が誕生する瞬間をカメラは追い続ける。仕込み、段取り、やらせ、いっさいナシ。ナオト・インティライミのすべてが詰まった本格音楽ドキュメンタリー映画が誕生した。監督は、『モテキ』(2011 年/大根仁監督)の編集を担当し、見事日本アカデミー賞優秀編集賞に輝いた注目の石田雄介、初監督作。

[ナオト・インティライミ プロフィール]
『インティ ライミ』とは南米インカの言葉で『太陽の祭り』を意味。世界一周28カ国一人旅の中では、パレスチナ アラファト議長の前で歌を披露するなど、世界各地でLIVEを行い、各国の音楽と文化を体感。帰国後、ソロ活動の他、コーラス&ギターとしてMr.Childrenのツアー・サポート・メンバーに抜擢。今最も話題の男性アーティストとして注目を集めている。 主題歌は本作のための書き下ろした「Catch the moment」。全編を彩るサウンドトラックも自ら担当している。


ナオト・インティライミ プレミア上映会レポート



ドキュメンタリー映画『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』が4月13日(土)より全国公開されますが。。。。

その公開に先立ち、本日4月3日(水)ファンクラブ会員を対象とした完成披露プレミア上映会が開催されました!

会場は、応募総数4000通から選ばれたナオトファンで埋め尽くされ、上映前にはナオト・インティライミと本作の監督を務めた石田雄介が登場、舞台挨拶を行いました。

本日のプレミア上映では本人きっての希望により、急遽ナオト・インティライミ本人も一緒に鑑賞するというナオトならではのサプライズもあり、特別な上映会となりました。

以下、舞台挨拶の模様をレポートです!

イベント名:『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』
完成披露プレミア上映会
日程:4月3日(水)18:30 舞台挨拶
場所:バルト9(スクリーン9)
登壇者:ナオト・インティライミ、石田雄介監督
MC:ケン・マスイ

■今回の旅先はナオトさんが選んだ場所でもあったようですね。理由をお聞かせください。
ナオト:嬉しかったのがドキュメンタリーを撮りたいといって下さる方がいて、おまえが行きたいところに行き、やりたいことをやれと、それをたまたまカメラが撮ってるからというスタンスで旅をさせてもらったのが嬉しかったし、だからこそリアルが詰まった映画になったなと思っています。行ったことのないエチオピアと行きたかったカリブ海と選んで、世界一蹴の旅の中でもう一回行きたかったコロンビアを選びました。


■石田監督はその希望の国を聞いて、率直にどう思われましたか?
石田:最初に聞いて「土臭いとこいきたいんだよね、エチオピア」とか言われて、行くのやめようかな、と思った。ナオトの本は予め読んでいたので、読んだときはどんだけ盛って嘘を書いているんだろうな、あんなにおもしろいこと起こるわけないだろうと。その行動力を見せてもらおうじゃないかと思ったけど、初日ですみませんでした!と思いました。

■ナオトさんならではの旅の流儀は何ですか?
ナオト:現地のかたとどれだけのことができるのか、どれだけ馴染めるのか、自分の思っていることがどれだけちっぽけなのか、自分を再確認するためにも、いろんな刺激を浴びたい。また値引きの交渉術ですね。今まで本には書いてましたが、こうやって映像で皆さんにいかに値引きをするかお見せするのは初めてなので、ぜひそこも見ていただきたいですね。

■最後に監督へ伺いますが、本作で一番観てほしいところ、感じてほしいところをお聞かせ下さい。
石田:本当にこの映画で一番伝えたいことは、海外に行ったから感じただけでない、人間として根底の部分で大切なことをナオトというキャラクターを通して感じて欲しいと思っています。

■最後にメッセージをお願いします。
ナオト:じつは完成した映画をまだ見ていません。また映画館で観るのは初めてなので、今日今から一緒に観ようと思っています。一緒にHAVE A FLIGHT!

で、初日舞台挨拶チケット発売情報があります!
4月13日(土)バルト9
【取り扱い:チケットぴあ】http://t.pia.jp/cinema/
・プレリザーブ受付期間:4月3日(水)18:00~ 4月5日(金)15:00
・一般発売:4月6日(土)10:00~ 予定

********************************************************************


[作品概要]
“太陽”のように明るく、“お祭り”のように楽しいキャラクターと持ち前の音楽センスでデビュー以来、人気・実力ともにその勢いは止まることを知らないナオト・インティライミ。デビュー以前に28カ国515日間かけて世界一周した経験を持つ彼が、再び”音楽と出会い”を求めて旅に出た。過去訪れた国や初めて巡る国。世界の音楽と文化を体感し、その国の人々と歌い、笑う。様々な出逢いを通して、新たな楽曲が誕生する瞬間をカメラは追い続ける。仕込み、段取り、やらせ、いっさいナシ。ナオト・インティライミのすべてが詰まった本格音楽ドキュメンタリー映画が誕生した。監督は、『モテキ』(2011 年/大根仁監督)の編集を担当し、見事日本アカデミー賞優秀編集賞に輝いた注目の石田雄介、初監督作。



3つのパートが織りなす、“音楽の旅”
★2012年アフリカ、南米、そしてカリブ海へと、ナオト・インティライミが再び世界へ
自身初となるアフリカ・エチオピア。カリブ海を望む国々。再訪の南米コロンビア。各地で即興ライブ人、音楽、文化と触れあう彼の姿や貴重な過去映像とともに“旅と音楽の素晴らしさ”を観る者に刻み込む。

★アルバム制作に密着
今年発売となる新曲・アルバム制作に密着。旅の過程で影響を受けたワールドミュージックを意識しながら、 “コンセプト・アルバム”とも呼べる濃密な楽曲に込められた彼の想いや葛藤を様々な表情とともに描きだす。

★過去のライブ映像収録
2012年7月のap bank fes12などの映像を収録。一瞬にして観客の心を一つにし、 熱狂させるナオト・インティライミのパワー溢れるライブを大スクリーンで楽しめる。


『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』
監督:石田雄介(「モテキ」第35回日本アカデミー賞優秀編集賞受賞)
出演:ナオト・インティライミ
配給:東宝映像事業部
上映時間:119分
主題歌:「Catch the moment」&サウンドトラック by ナオト・インティライミ
4月13日(土)全国ロードショー
公式サイト:www.naoto-tabiuta.com
©2013『ナオト・インティライミ冒険記』製作委員会

★フォトエッセイ『旅歌ダイアリー』 ナオト・インティライミ著
3月29日発売予定 幻冬舎刊 定価(本体1200円+税)
★NEWシングル『恋する季節』4月17日発売 キリン氷結CMソング


性に対するドキュメント『ビッチ』 舞台挨拶


3月29日(金)、沖縄国際映画祭シアター2にて『ビッチ』の上映と舞台挨拶が行われました。

『ビッチ』は現代日本に生きる女性が“性”に対してどう向き合っているのかを追ったドキュメンタリー映画で、プライベートでも芸でもあまり“性”の話をすることを好まない椿鬼奴さんをレポーターに据え、女性ディレクターと共に取材を進めていくという形式になっています。

熟年女性の性、BL、女性用性感マッサージなど、かなり際どい内容を取り上げた作品となっていました。

bich
上映後、主演の椿鬼奴さんとロバート・秋山竜次さん、祖父江里奈監督が登場すると満席の会場は大きな拍手に包まれました。

椿鬼奴さんは「抵抗あるテーマの映画だけど、いま日本がこういう状態だということを世界に知らせたい」と話しました。

映画を撮ったきっかけについて問われた祖父江監督は「個人的に、女性用AVの売上げやパートナー以外との性行為など、日本の女性の“性”は積極的になっていると思っていたのだが、それなのに女性が下ネタを言うと周りからバッシングを受けるのはどうしてだろう?と思っていた。普段はテレビの仕事をしているが、映画ではテレビでできないことを撮ってやろうと思ってこの作品ができた」と話していました。

そしてキャスティングについて、「鬼奴が“性”の話題が苦手だと知っていたからあえて選んだ。実際一般の女性は、“性”の話題について苦手意識を持っている人がほとんど。一般の目線でインタビューができる」と話し、鬼奴の反応については「最初はすごく嫌がっているのがわかったし、私も嫌われていると思っていた。でも映画の後半、瀬戸内寂聴さんに会えることになって、『何を聞こうか?』と楽屋で話したとき、『私はこのままでいいのかな?』と、今まで自分の性欲について考えようとしなかった鬼奴が一歩前進したのを見て『よっしゃぁ!!』と思った」と、映画を通して椿鬼奴の心境の変化を語ってくれました。

『ビッチ』椿鬼奴 椿鬼奴さんも撮影を通して変わったことは?と聞かれ、「男性芸人の下ネタも、言う事情があるんだろうって思えるようになった。

“性”のサービスをする男性側にもいろいろな考え方があるんだと分かったから、一方的に嫌だって決めつけちゃいけないと思った。映画の話が来たとき、ホントに嫌だったけれど今は感謝している」と、視界が広がったことを話し、「もし友達と映画を観てくれるなら、見終わった後『あたし映画のあの人に似てる』とか、話し合ってくれるといいな」と、映画と自分を重ねて話し合ってほしいと述べていました。

また、劇中で漫画家の東陽片岡さんと熟女トークで盛り上がった秋山竜次さんは「1時間半もおじさん同士のトークでカメラを回されてて、ホントにこれでいいのか心配だった」と撮影時を振り返り、映画を機に椿鬼奴さんが“性”に積極的な女性に変わってきたかとの問いに「いや、全く変わらないですね。でも、ずっと同期でやってきたから、これを機にいきなりエロくなられても困る。徐々にエロくなってくれればいいんじゃないですかね」答えると、椿鬼奴さんから「でも私、今日はパープルのアイシャドウ入れてきたんだよ」という返答に会場のあちこちから笑い声が聞こえてきました。

『ビッチ』ロバート・秋山竜次
祖父江監督は「女性はもちろん、男性も映画を観て、妻や彼女はこんなことを考えているんだと知って、危機感を持ってほしい」と意味深な言葉で挨拶を締めくくりました。

bich
舞台挨拶の後、椿鬼奴さんとロバート秋山さんの二人は報道陣に対して行われた会見に出席しました。映画について椿鬼奴が「上映会のとき会場に子どもがいて罪悪感を覚えた」と話したのに対し秋山は「普段、女性は“性”に対してあまり何も言わないけれど、悩みもあっていろいろな意見があることを知って嬉しかった」と、“性”に対して積極的・消極的な二人の温度差が分かるような発言をしていました。けれども「もし“性”に対して悩んでいる女性がいたら、映画を観て参考にしてほしいと思った。

中高年の“性”について雑誌で特集していることや女性用の性感マッサージ店があることなど、悩みを解決できる方法が分かると思うから」と、撮影前の椿鬼奴さんとは明らかに違う、“性”に対して前向きになった姿勢が受け取れました。

また、続編があるとしたら?との問いかけに、椿鬼奴さんは「まずは映画のノーカット版とか出してほしい。続編があるなら、今度は美輪明宏さんに会いたい」と話し、秋山さんは「今回はおじさん同士の対談だったから、次は宝くじ売り場の熟女と売り場の箱の中で対談したい」と、妄想ワールド全開で答えていました。

第5回沖縄国際映画祭は 3月30日(土)まで開催されています!


第5回沖縄国際映画祭ホームページ:http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら
現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール
http://oimf.jp/jp/live/

©2013沖縄国際映画祭 よしもとラフ&ピース

********************************************************************


『THE BOOM 島唄のものがたり』舞台挨拶 


「第5回沖縄国際映画祭」の5日目となる3月27日(水)、沖縄コンベンションセンター・シアター2にて、地域発信型映画『THE BOOM 島唄のものがたり』が上映されました。上映後には舞台あいさつが行われ、THE BOOMと真喜屋力監督が登壇しました。

THE BOOM島唄のものがたり
『THE BOOM 島唄のものがたり』は、THE BOOMの代名詞とも言える大ヒット曲で、世界各国でカバーされている「島唄」が、発表から20年経った今、この歌がどのように生まれ、どのように成長してきたのかをTHE BOOMのボーカル・宮沢和史さんをはじめ、多くの関係者のインタビューを通して解き明かすドキュメンタリー。

上映後の舞台あいさつに登壇した宮沢さんは「こんなにたくさんの方が来て下さって、感謝、感謝です。20年という節目の年に、『島唄』を映画にできたことを非常に嬉しく思っています」と感激した表情であいさつしました。また真喜屋監督は「20年前も撮らせて頂いたのですが、単なる思い出話ではなく100年200年先を見据えてこの映画を撮ることができて本当に嬉しかったです」と話しました。

島唄のものがたり 宮沢和史
映画のきっかけについて宮沢さんは「大和(本土)の人間が、沖縄の心である三線を使って、しかも戦争を知らない人間が戦争のことを歌う。発売前から批判を受けるのはわかっていた。ヒットするということは想像を絶するほど多くの方々が耳にするということ。沖縄を通り過ぎるのではなくて、ここに根を生やすくらいの覚悟で歌い続けていく。『島唄』が昔からある歌のように思われるのが嬉しいんです。昔から生えている木のような。だからこの20年を総括する映画を撮ろうと。僕たちが作るのではなく、沖縄の人たちが考える島唄の映画をと思って撮ることになったんです」と語りました。

映画を観た感想を尋ねられたTHE BOOMのメンバー一同。ギターの小林孝至さんは「何回見てもぐっと来てしまい、気持ちが熱くなりました」と感慨深げ。ベースの山川浩正さんは「映画の中の藤木勇人さんの言葉のように、泡盛が100年寝かせられる平和な時代が続けばいいなと思います」と、歌にこめた平和への願いをコメント。ドラムの栃木孝夫さんは、「この映画がなければ、聞くことのなかった方々の話を聞くことができて、再認識できました」と話しました。

撮影の感想を聞かれた真喜屋監督は「できるだけ多くの方にいろんな話を聞きたいという思いがありました。島唄はある意味踏み絵のような存在で、大好きという人もいれば、批判的な立場の人もいる。沖縄っていう場所にもいろんな人がいていろんな考えがあるんだということを、この映画に納められたかなぁと思います」と、映画にこめた思いを語りました。

THE BOOM
撮影を通して感じた“沖縄”について宮沢さんは「沖縄民謡が好きで僕は沖縄に来た。先日、登川誠仁先生が亡くなられましたが、去年の始め頃から、沖縄民謡界の方々を記録してきました。そんなとき、三線のさおの部分が輸入に頼っていると聞いて、くるち(黒木)の木の再生に力を読谷村の村長をはじめみなさんが協力してくれた。そこで“くるちの杜project”というのが立ち上がった。これから旧暦の9月6日、新暦でいうと10月に歌会をやっていきます」現在活動中のプロジェクトへの思いを語りました。

さらに「スリムクラブがいうようには儲かってないですからね」と映画に出てきたスリムクラブ・真栄田賢さんの言葉を否定して会場を笑わせる宮沢さん。続けて「20年間この歌を歌い続けることができた。それは奇跡以外の何者でもないと思います。こんなに幸せなことだったんだと改めて思います。沖縄からいろいろなものを頂いた。これからは僕たちが何かを返して行きたい。歌会をやっておいしいお酒を飲みたい。本当に今日はありがとうございました」と、晴れ晴れとした表情で語り、割れんばかりの拍手の中、会場を後にしました。

第5回沖縄国際映画祭は3月23日(土)~3月30日(土)まで開催されてます!
是非是非。

現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール!
http://oimf.jp/jp/live/


第5回沖縄国際映画祭ホームページ:http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら

©2013沖縄国際映画祭 よしもとラフ&ピース

********************************************************************


ドッキリ『サラネアおせっかい』沖縄国際映画祭


3月26日(火)、第5回沖縄国際映画祭の開催されている沖縄コンベンションセンター・シアター1で、タイと日本の合作映画『サラネアおせっかい』が上映されました。

『サラネアおせっかい』はタイで15年も続いている、芸能人をドッキリにひっかける人気番組『サラネア』と吉本興業がタッグを組んで映画化したものです。

どっきりって映画になるんですね。。。。
確かにロンハーのドッキリ企画とかも見ちゃうしなー。
こういう視点も大事かも。

Saranair_Osekai3
第5回沖縄国際映画祭タイと日本の合作映画『サラネアおせっかい』

同番組のプロデュースを手がけるギアティサック氏が映画の監督も務めました。

映画の内容はタイの人気コメディアン・ウィリーとホイが製作会社のボスを上手く丸め込んで多額の製作費を引き出し、タイで大人気のタレントたちを日本でドッキリに仕掛けるというもの。次々とドッキリを仕掛けていくのですが、言葉や文化が違うから、ドッキリに巻き込まれていることが最後までわからず、ちょっと気の毒になるようなシーンもありました。

ギアティサック・ウドマナーク監督・ルアンリット・マッキントッシュ
上映後の舞台挨拶には、監督かつ自身もプロデューサー役で出演したギアティサック・ウドマナーク監督、脚本とプロデューサーの片腕役で出演したルアンリット・マッキントッシュさん、タイ語が堪能で大使館の職員役で出演したペナルティのワッキーさんと、刑事役で出演したヒデさんの4人が登壇し、ギアティサック監督は「今回は吉本興業と、特にワッキーさん・ヒデさんと組ませていただいたことで良い映画ができた。日本とタイの文化の違いを、笑いを通して埋められたのかなと思います」と話し、「タイでは興行収入も良くて、大ヒットした映画なのだが、日本で理解されるかどうか心配だった。今日はこんなにたくさんの人が見に来てくれて嬉しい」と述べていました。

また、日本でこの映画を撮ろうと思ったきっかけについて「サラネアを外国でやろうという考えはずっとあったのだが、タイに近い国で、という思いがあった。また、映画の企画段階でペナルティに出会ったので、言葉や文化に親しい人がいてくれたほうが(撮影が)なじみやすいと思ったから」と語っていました。

その言葉を受けてワッキーさんは「日本の映画にもほとんど出たことがないのに、タイの映画に出させていただいてとてもありがたい。監督と出会ったとき、『今、こんな映画を企画してるから出てくださいね』って言われて、社交辞令だと思っていたから、実際に連絡が来たときはびっくりした」と話し、観客に対しても「会場のみんなが笑ってくれてよかった」と感謝の言葉を述べていました。

ヒデさんは「タイと沖縄は気候や人があたたかいことや、食べ物がおいしくて笑顔があふれているところが似ていますね」と前置きし、「ドッキリを仕掛けられたタイのバリブンさんも、とてもピュアな方で、だますのが心苦しかった。もともと『サラネア』という番組は、日本でいうとバラエティ番組が映画になっちゃった!という程国民的な番組。そんな国民的な作品に、吉本の芸人をたくさん使ってくださってありがたい」と話し、作品中のあちこちに出演している吉本芸人を探す、という映画の楽しみ方もあると述べました。そして、「ロケ地が日本なので分かりにくいかもしれないけれど、タイはほんとうに微笑み溢れる素晴らしい国。映画を見た人がタイに行ってくれると嬉しい」と締めくくりました。

今回が沖縄国際映画祭2回目の出場となるルアンリット・マッキントッシュさんは「この映画はホイさん(劇中のギアティサック監督の呼び名)の人生のような映画。

また、ほとんど台本がないので、ペナルティの二人が劇中でやりあうシーンは全てアドリブ」と、監督とペナルティ二人の即興コントを讃えていました。また、「監督は腕がいいので、次回作も期待してください。また映画祭に出たいので、私たちのことを覚えていてください。ぜひ来年お会いしましょう!」と挨拶を締めくくりました。

しかし、監督もルアンリットさんも普段から周りを笑わせていないと気が済まないという性格からか、監督は舞台挨拶の司会に「ケッコンシテクダサイ」や、観客に対してもギャグを披露するなどして笑いを誘い、ルアンリットさんは挨拶後のフォトセッション時に「これ、ドッキリじゃないよね?」などと話し、周囲を笑わせていました。

タイと日本の合作映画『サラネアおせっかい』
『サラネアおせっかい』は長編プログラム「Laugh部門」の出品作品。観客の投票とファン審査員によって選ばれる「Laugh部門 海人賞グランプリ」の発表は映画祭最終日のクロージングセレモニー内で行われます。

第5回沖縄国際映画祭は3月23日(土)~3月30日(土)まで開催されます!

第5回沖縄国際映画祭ホームページ:http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら
現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール
http://oimf.jp/jp/live/

©2013沖縄国際映画祭 よしもとラフ&ピース

********************************************************************