独立映画鍋講座vol.35 「インディペンデント映画の脚本ってなんだ?」開催決定!


映画情報どっとこむ ralph 土屋豊監督、深田晃司監督が理事!
独立映画鍋講座vol.35 「インディペンデント映画の脚本ってなんだ?」が9月6日(水)に開催されます。

今回は、日本映画界の第一線で脚本家として活躍している3人()をお招きし、参考作品3本を中心に「よい映画の脚本とはなにか?」をテーマとして、アプローチと方法論を伺い、船橋淳監督の司会で徹底討論していきます。
司会の船橋さんからコメントが届いています。

船橋さん:映画作家の舩橋淳です。僕が、長らく挑戦したいと思ってきた「映画の脚本」についてのシンポジウムを開催します。日米で映画を8本撮ってきましたが、毎度痛感するのが脚本の重要性です。かつて日本映画の黄金期には、脚本家の活躍の場が多々ありました。現在、インディペンデント映画の制作現場では、予算の制限、監督が脚本を書くことの習慣化など、さまざまな理由から脚本へのレスペクトが「ガタ落ち」していると危機感を持っています。僕自身は、作品を撮る度に脚本に充てるエネルギーと時間をもっと割くべきだと実感しています。映画の設計図は全てここにこそあり、と熱を込めて語る方々をお招きします。

映画情報どっとこむ ralph 【開催情報】
鍋講座 Vol. 35 「インディペンデント映画の脚本ってなんだ?」


日時:2017年9月6日(水) 18:30 OPEN/ 19:00 START
会場:下北沢アレイホール 東京都世田谷区北沢2-24-8 下北沢アレイビル 3F
料金:一般1,000円 独立映画鍋会員は無料
主催:特定非営利活動法人独立映画鍋/協力:下北沢アレイホール
*予約の必要はありませんので、直接会場にお越し下さい。混雑状況によっては、立ち見や入場をお断りする場合もございます事を予めご了承下さい。

司会:舩橋淳(映画作家)東京大学卒業後,ニューヨークで映画製作を学ぶ。処女作の16ミリ作品『echoes』(2001)アノネー国際映画祭で審査員特別賞・観客賞を受賞。『Big River』(2006)ベルリン、釜山等の映画祭でプレミア上映。アルツハイマー病に関するドキュメンタリーで米テリー賞を受賞(2005)。ドキュメンタリー「フタバから遠く離れて」(2012)ベルリン国際映画祭で上映、音楽担当の坂本龍一と登壇。劇映画『桜並木の満開の下に』(2013年)「フタバから遠く離れて 第二部」5作連続ベルリン国際映画祭正式招待。新作「LOVERS ON BORDERS」(映画史上初の葡日米共同制作)公開待機中。
司会:舩橋淳(映画作家)
ゲスト(脚本家):高橋泉、向井康介、髙橋洋

映画情報どっとこむ ralph 司会:プロファイル

司会:舩橋淳(映画作家)東京大学卒業後,ニューヨークで映画製作を学ぶ。処女作の16ミリ作品『echoes』(2001)アノネー国際映画祭で審査員特別賞・観客賞を受賞。『Big River』(2006)ベルリン、釜山等の映画祭でプレミア上映。アルツハイマー病に関するドキュメンタリーで米テリー賞を受賞(2005)。ドキュメンタリー「フタバから遠く離れて」(2012)ベルリン国際映画祭で上映、音楽担当の坂本龍一と登壇。劇映画『桜並木の満開の下に』(2013年)「フタバから遠く離れて 第二部」5作連続ベルリン国際映画祭正式招待。新作「LOVERS ON BORDERS」(映画史上初の葡日米共同制作)公開待機中。

ゲストプロファイル

1)高橋泉
1973年生まれ。社会の暗部を照らすサスペンスなど商業映画からインディペンデントまで横断的に活躍している。主な作品『ある朝スウプは』(03)『ソラニン』(09)『100回泣くこと』(13)『凶悪』(13/共同脚本)『フジコ』(15)『ミュージアム』(16/共同脚本)『わにとかげぎす』(17)、公開待機作に『トリガール!』(17)『坂道のアポロン』(18)

参考作品:
・髙橋泉「フジコ」(全6話、HULU/AMAZONビデオで視聴可能 特に第一話を見てください!)

2)向井康介
1977年生まれ。山下敦弘監督作品の脚本を多く手がけ、ユーモアと何気ない感情の機微を描き出す。多な作品『リンダリンダリンダ』(05)『俺たちに明日はないッス』(08)『色即ぜねれいしょん』(08)『マイ・バック・ページ』(11)『もらとりあむタマ子』(13)『ピースオブケイク』(15)『聖の青春』(16)『愚行録』(17)

参考作品:
・向井康介「もらとりあむタマ子」(DVD/AMAZONビデオ/TSUTAYA等で視聴可能)


3)髙橋洋
1959年生まれ。90年代Jホラーを牽引し、単に怖がらせるどころかある濃厚な世界観を構築してしまう。『離婚・恐婚・連婚』で90年に脚本家デビュー。『リング』『リング2』(98、99 )、『リング0 バースデイ』(00 )『女優霊』(95 )、『インフェルノ蹂躙』(97 )、『復讐 運命の訪問者』『蛇の道』(96、98 )、『発狂する唇』『血を吸う宇宙』(99、01 )、『おろち』(08 ) 『予兆 散歩する侵略者』(17)、
監督作『ソドムの市』(04)『狂気の海』(07)『恐怖』(09)『旧支配者のキャロル』(12 )監督最新作は来年春公開の『霊的ボリシェヴィキ』。

参考作品:
・髙橋洋「リング」(DVD/AMAZONビデオ/TSUTAYA等で視聴可能)

映画情報どっとこむ ralph 独立映画鍋は、年間を通して新メンバーを募集しています。
映画を作る人、上映する人、見る人まで、誰でもメンバーになれます。普段の自分の活動領域を越えた、横断的なネットワークに関わってみませんか。映画の多様性を作りだすことは、世界の多様性に触れられる場を提供することです。独立映画の製作と上映活動に携わる人々、それを取り巻く環境をサポートするシステムを、独立映画鍋で一緒に作りましょう。

代表理事は、映画の土屋豊監督、深田晃司監督です。
公式web
http://eiganabe.net/ 

***********************************

     






関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ