英国ロイヤルバレエを映画館で! 『ウルフ・ワークス』に高田茜コメント

投稿日2017/03/30

映画情報どっとこむ ralph バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』と題し、TOHOシネマズ系列を中心とした全国の映画館で今年も順次上映となります。
そして3月31日(金)より、本シーズン7作目、ヴァージニア・ウルフの3つの小説『ダロウェイ夫人』、『オーランドー』、『波』、にインスパイアされた、気鋭の振付家ウェイン・マグレガーによるバレエ三部作『ウルフ・ワークス』が全国公開!!

そしてこの度、本作に出演している英国ロイヤル・バレエ団プリンシパル高田茜さんからコメント映像が到着!!

本シネマシーズンの魅力を語っています!


「アーティストの顔の表情を近くで堪能できる」!!
本作には、世界的ダンサー熊川哲也が所属していたことで日本でも広く知られている英国ロイヤル・バレエ団、その現役プリンシパル(主役ダンサー)を務めている世界的ダンサー高田茜さんが出演!2016年6月11日、26歳という若さで英国ロイヤル・バレエ団の最高位プリンシパルに昇格した高田さんは、現在も数多くの公演に出演しています。

本作の魅力を「マックス・リヒターの素晴らしい音楽と、ダンサー達の素晴らしい動きが融合して、本当に楽しめる作品になっています」と紹介すると、「ロイヤル・バレエのシネマシーズンでは、アーティストの顔の表情などを近くで堪能できると思うので、ぜひ映画館でバレエを楽しんでください!」と、日本での本作公開に向けて笑顔でメッセージを送りました!

また公式インタビューにおいても、「舞台ではなかなかみられない、ダンサーたちのクロースアップ映像やロンドンにいなくてもロイヤルバレエの作品をたくさんの方々に観て頂けるところに魅力があると思います。」と、コメント映像と同様に本作の魅力を語っていた高田さん。本作『ウルフ・ワークス』のマックス・リヒターの音楽については「私は特に1幕の音楽が好きで、聴くだけでその役の気持ちがすんなり理解できます。」とコメントしています。

映画情報どっとこむ ralph ◆3つの世界:ウルフ・ワークス(trailer):


このように、世界トップレベルの英国ロイヤル・バレエの公演を、映画館で気軽に楽しむことができる本シーズン。普段あまりバレエを観ることがない人も、この機会に映画館で本作を鑑賞してみてはいかがでしょうか?

ウルフ・ワークス

3月31日(金)より全国順次公開です。

***********************************

ロイヤル・バレエ『ウルフ・ワークス』
振付:ウェイン・マグレガー
音楽:マックス・リヒター  
指揮:クン・ケッセルス
出演:アレッサンドラ・フェリ/サラ・ラム/ナタリア・オシポワ/高田茜/スティーヴン・マックレー
(c)Tristram Kenton  (c)Andrej Uspenski 
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。