ビートルズのシェイ・スタジアムライブ日本最終上映決定!


映画情報どっとこむ ralph ザ・ビートルズの驚異的な初期のキャリアを描き、1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から21年ぶりのアップル公式作品として話題をとなった『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』。
10代から往年のファンまで幅広い観客が集まり、発生可能上映は満席が続出するなど大ヒットしました。

「もう一度スクリーンで観たい!」「観逃がしてしまった!」という多くの声にお応えし、この度アンコール上映が決定しました。

“シェイ・スタジアム”のライブ映像上映はこれで日本最終上映となります。

4月のポール・マッカートニー再来日を前に是非大画面とエアーを通した音響で!

映画情報どっとこむ ralph 『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years』アンコール上映
上映期間:
2月4日(土)~2月24日(金)
上映時間;
2月4日(土)~2月10日(金)
※2月11日(土)以降の上映時間は劇場までお問い合せください。
場所:角川シネマ有楽町
料金 通常料金
チケット販売
オンライン・劇場窓口にてご鑑賞日の4日前よりご購入いただけます。
詳しくは劇場ホームページをご覧ください。

www.kadokawa-cinema.jp/yurakucho

映画情報どっとこむ ralph 『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years』アンコール上映

原題『THE BEATLES:EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』

物語・・・
イギリス・リヴァプールのキャバーン・クラブで活動を始めたビートルズは、1961年から62年にかけてイギリスの音楽シーンに華々しく登場し、1963年の終わりにはヨーロッパ・ツアーを開始。そして翌1964年2月9日、アメリカの人気テレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」に出演したことで全世界的に人気を爆発させた。同年6月に入ると、バンドは初のワールド・ツアーをスタート。以後2年間は過酷なスケジュールをこなし続け、ツアー活動を停止した1966年8月の時点で、バンドは世界15ヶ国90都市で、166回のコンサートを行っていた。こうしたツアーに助長されて生まれた「ビートルマニア」と呼ばれる社会現象は、それまで世界が1度も目にしたことのなかったもので、文化のグローバル化が始まるきっかけとなった。

thebeatles-eightdaysaweek.jp

***********************************

出演:ザ・ビートルズ  
監督:ロン・ハワード
プロデューサー:ナイジェル・シンクレア、スコット・パスクッチ、ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード

エグゼクティブ・プロデューサー:ジェフ・ジョーンズ、ジョナサン・クライド、マイケル・ローゼンバーグ、ガイ・イースト、ニコラス・フェラル、マーク・モンロー、ポール・クラウダー

2016年/イギリス/英語/140分/カラー

配給:KADOKAWA
提供:KADOKAWA、テレビ東京、BSジャパン  
協力:ユニバーサル ミュージック合同会社 
後援:ブリティッシュ・カウンシル 
©Apple Corps Limited. All Rights Reserved. 
© Subafilms Ltd.
    
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ