藤山直美『団地』で上海国際映画祭 金爵賞最優秀女優賞受賞!

投稿日2016/06/20

映画情報どっとこむ ralph 6月11日~19日に開催されました第19回上海国際映画祭の授賞式が現地19日(日)【日本時間19日20時30分よりスタート】に行われ、コンペティション部門に日本から唯一ノミネートされた阪本順治監督最新作『団地』が、金爵賞最優秀女優賞(主演:藤山直美)を日本人女優として初めて受賞しました!

団地in第19回上海国際映画祭 本作は、実在した女性逃亡犯の内面を圧倒的リアリティーで再現した『顔』から16年ぶりに日本演劇界が誇る舞台女優藤山直美さんと阪本順治監督が再びタッグを組んだ最新作。

日本では6月4日より既に公開していて、藤山直美さん、岸部一徳さん、大楠道代さん、石橋蓮司さんのベテラン勢がさすがの快演!

特に映画の舞台となった大阪では立ち見が出るほどの大ヒット!な作品です。さらに斎藤工さんがなんと!な、役で怪演して話題です!

映画情報どっとこむ ralph 団地in第19回上海国際映画祭金爵賞最優秀女優賞
現地で賞を受け取った阪本監督と、今回残念ながら出席できなかった主演:藤山直美さんより、喜びの声が届きました。

阪本監督からのコメント

阪本監督:今日は本人が来れなかったんですが、僕が監督デビューしてから28年目、本作は映画人生の中で最も実験した作品です。藤山さんがいたからトライ
できた作品で、藤山さんに感謝します。また、上海国際映画祭に感謝します。

藤山直美さんからのコメント

藤山さん:この度は有難うございます。久しぶりの映画で、阪本監督の演出に従った結果、賞を頂いたわけですから、この賞は監督の手腕によるところが大きい
と思っています。阪本監督が喜んでくださるなら、私もとても嬉しく思います。そして共演者の皆様の存在も大きかったです。共演者の皆様にも心から
感謝申し上げます。




団地

有楽町スバル座、新宿シネマカリテ他全国大ヒット公開中!
『団地』初日舞台挨拶の模様

過去記事:
『団地』初日舞台挨拶の模様


公式サイト:
http://danchi-movie.com/

脚本・監督:阪本順治

出演:藤山直美 岸部一徳 大楠道代 石橋蓮司/ 斎藤工 冨浦智嗣 / 竹内都子 濱田マリ 原田麻由 滝裕可里 / 宅間孝行 小笠原弘晃 / 三浦誠己 麿赤兒
斎藤工、阪本順治監督としゃべくりナイト

過去記事:斎藤工、阪本順治監督
としゃべくりナイト


製作・配給:キノフィルムズ
©2016「団地」製作委員会
2016年/日本/カラー/103分/ビスタサイズ/5.1ch

配給:キノフィルムズ

映画情報どっとこむ ralph 因みに。。。第19回上海国際映画祭では

コンペティション部門審査員長にはエミール・クストリッツァ監督(『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』)、その他審査員には、アトム・エゴヤン監督(『スウィート ヒアアフター』『白い沈黙』)、ダニエル・ルケッティ監督(『我らの生活』)、アブデラマン・シサコ監督(『禁じられた歌声』)他が迎えられ、全14作品で最優秀作品賞<金爵賞>を争いました。

※上海国際映画祭とは・・・1993年にスタートし、毎年6月に行われ19回目を迎える。1994年より[国際映画製作者連盟] (FIAPF) 公認の長編映画祭となる。

<過去開催の日本勢の受賞歴>
第4回(1999年)山田洋次監督「学校Ⅲ」(The New Voyage)」監督賞
第6回(2003年)岩井俊二監督「リリイ・シュシュのすべて」審査員特別賞、最優秀音楽賞
第8回(2005年)三原光尋監督「村の写真集」最優秀作品賞(金爵賞)、最優秀男優賞(藤竜也)
第10回(2007年)山田洋次監督「武士の一分」最優秀音楽賞(冨田勲)
第15回(2012年)内田けんじ監督「鍵泥棒のメソッド」脚本賞

***********************************


関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。