「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」カテゴリーアーカイブ

ゆうばり映画祭 國村隼『KOKORO』武田梨奈『ドラゴンガールズ』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017、3月4日(土)夜の部イベント。

圧倒的な存在感を放つ俳優・國村隼が出演作『KOKORO』の舞台挨拶に登場!
さらに、國村隼の魅力に迫る特別プログラム「國村隼トーク企画『俳優・國村隼KOKOROの声』」も実施!

また、今年本映画祭の審査員としても参加している武田梨奈が、出演作『ドラゴンガールズ』の舞台挨拶に登場し、会場を盛り上げました。

映画情報どっとこむ ralph 『KOKORO』舞台挨拶
3月4日(土)19:30~ 
会場:合宿の宿ひまわり 体育館
個性派俳優として国内外から支持される俳優・國村隼が出演した、ベルギー、フランス、カナダ合作映画『KOKORO』が、ゆうばり映画祭でジャパン・プレミアを迎えた。上映時には國村と、監督のヴァンニャ・ダルカンタラがそろって舞台挨拶に登壇。観客のあたたかい拍手に迎えられて登場した國村は、「みなさんの“心”に届いたかな」とはにかみ、ダルカンタラ監督は「ベルギーから離れているけど、日本に来ると自分の家に帰ってきたような気がする」と優しい笑顔を見せた。本作は、日本を舞台に、傷心のフランス人女性と、國村演じる元警察官ダイスケをはじめとする人々との心温まる交流を描いたドラマ。國村の役はセリフがほとんどなく、飛び降り自殺をしに村の断崖を訪れる人々にそっと寄り添う重要なキャラクターだ。國村は「映画の中で彼(ダイスケ)が言っていることがすべてだろうと思った」とダルカンタラの脚本を信頼し、イメージを膨らませることで役作りに徹したことを明かした。また本作では、島根県の隠岐の島の赤壁が印象的なシーンで登場するが、これはダルカンタラ監督がダイナミックさと叙情感に惹かれて撮影を決めたのだという。高所恐怖症だという國村は、崖での撮影シーンで怖い思いをしながらも、数々の映画に出演してきた彼でも見たことがないほど見事なロケーションだったと語った。最後にダルカンタラ監督は、「この映画を撮れて、國村さんとも親しくなれて、友人のような気になっています。今日はみなさん来てくださってありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。


國村隼トーク企画「俳優・國村隼KOKOROの声」
3月4日(土)21:30~ 
会場:合宿の宿ひまわり 体育館
圧倒的な出演数を誇り、話題作への出演が相次ぐ國村隼の魅了に迫る特別プログラム「國村隼トーク企画『俳優・國村隼KOKOROの声』」が開催された。役作りや撮影秘話など、ここでしか聞けないエピソードが次々と飛び出し、会場を大いに盛り上げた。
今年のゆうばり映画祭には、出演する『KOKORO』と『哭声/コクソン』の2本で参加している國村。すでにこの2本だけでも、前者は人々に静かに寄り添うおだやかな男、後者は狂気に満ちた正体不明のよそ者と、まったく異なる演技で観客を魅了している。そんな幅広い役柄を演じ続ける國村だが、役作りのポイントは「イメージを違和感なく腑に落とすこと」だという。一番の目的は、脚本の世界観を具現化すること。自分の役以外も台本のすべてを読み込み、「國村隼として感じるのではなく、その役がどう感じるか」が大切だと語った。トークは幼少期や学生時代、劇団を経て映画デビューするまでじっくり語られ、有名作品出演時の裏話におよぶと、会場の盛り上がりは最高潮に!國村は、リドリー・スコット監督の『ブラック・レイン』(1989)、ジョン・ウー監督の『ハードボイルド 新・男たちの挽歌』(1992)、クエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル Vol.1』(2003)など、海外のビッグネームによる大作の製作秘話を次々に披露。『ブラック・レイン』の現場ではリドリー・スコットに「クニ」と呼ばれ、撮影時に何度も何度もテイクを重ねることでいろんな演技を引き出されたことや、『ハードボイルド 新・男たちの挽歌』ではジョン・ウーに「僕は君のここ(顔)が撮りたい」とずばり言われた話が語られた。そして『キル・ビル Vol.1』では、國村の顔を知らない北京のスタッフたちが、特殊メイクで出来た彼の“生首”で先に顔を認識し、いざ國村が現地を訪れた際に爆笑された話を繰り広げ、会場を大いに盛り上げた。
最後に「役者とは、演技とは」を問われると、國村は「基本的には、役者はエンターテイナーであるべき」と答え、「俳優の仕事というのは、作品としてお客さんに楽しんでもらうのが一番の使命で、やらねばならないこと。そういう意識を継続していけるのがプロの俳優」と真剣なまなざしで語った。本人の軽快かつ濃厚なトークや熱い思いを目の当たりにし、会場中があらためて俳優・國村隼の底知れぬ魅力を実感する機会となった。

映画情報どっとこむ ralph 『ドラゴンガールズ』舞台挨拶
3月4日(土)22:30~ 
会場:ゆうばりホテルシューパロ ライムライト
アジアを代表するアクション女優たちにインタビューを実施した意欲作『ドラゴンガールズ』の上映と舞台挨拶が行われ、本作へも出演している女優・武田梨奈がゲストとして登壇した。本作は、武田が2016年に本映画祭へ参加した際に撮影された映像を含むドキュメンタリー。武田は本映画祭の常連ともいえる存在だが、今年は出演作である本作が上映されたり、コンペティション部門の審査員を務めたりと、例年以上に“ゆうばり”への貢献度が高い。舞台挨拶では、本作に多数の女優たちが出演していることに驚きつつも、「この中に私を入れてくれたことが嬉しい」と笑顔でコメントした。舞台挨拶の後半は、会場の観客からの質問に答えるティーチイン形式に。「自身が演じた役から影響を受けることはあるか」という質問に対しては、「私は影響されやすく引きずるタイプ」と断言。「アクション映画撮影のときは、期間中はずっとアドレナリンが出ている影響でケガをしても痛さを感じることはない」とアクション女優らしい一面ものぞかせた。さらに「身体も張ったスタントなど、他の女優さんに出来ないようなことをしていきたい」と熱く語り、イベントの最後では「最近アクション作品をやっていないが、毎週アクションチームにも通っているし、海外にもどんどん飛び出していきたい」と今後の展望を語った。

***********************************



『哭声/コクソン』 ナ・ホンジン監督&國村隼@ゆうばり国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 『チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホンジン監督最新作で、2016年カンヌ国際映画祭で上映されるや観る人を震撼させ、韓国で観客動員数700万人に迫る大ヒットを記録した究極のサスペンス・スリラー『哭声/コクソン』 が、3月11日よりシネマート新宿ほかにて公開となります。

現在開催中の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」でクロージング作品として3月5日に上映され、本上映のために今年1月に続き来日したナ・ホンジン監督と國村隼が舞台挨拶に登場! 上映後に観客とのティーチインを行いました。


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017
クロージング上映『哭声/コクソン』

日時:3月5日(日)
場所:合宿の宿ひまわり 体育館
登壇:國村隼、ナ・ホンジン監督

映画情報どっとこむ ralph 上映前にはナ・ホンジン監督がひとりで登場。
本上映に合わせて昨晩夕張に到着したばかりだといい、

ナ・ホンジン監督:コンニチハ、ナ・ホンジンデス!

と日本語を交えて挨拶。國村が青龍映画賞で外国人俳優史上初となる男優助演賞を受賞したことについて、

國村さん:本当にうれしかったです。その演技はもらって当然だと思ってはいましたが、授賞式のために韓国まで足を運んでくださって受賞されなかったらどうしようかと心配したので、胸をなでおろしました。

と振り返り、上映後には國村さんも登場。この映画の脚本を読んだ上で出演を決めた理由について聞かれると、

國村さん:撮影自体は今まで経験したことのないくらいタフなものになるだろと予想はしていましたが、それでもやりたいと思いました。

と語った。國村に出演オファーをした監督は、

監督:國村さんのこれまでの映画を見て、編集されていないひとつのカットの中ですでに編集されているような多様な姿を見せているのが印象的でした。映画をご覧頂いたように、お客さんが“よそ者”という人物をどう捉えるかが重要で、その点で國村さんとこの映画が目指す目標が一致したのでお願いすることにしました。

と振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph 会場には大勢の観客が詰めかけ、ティーチインにも質問が途切れることなく飛び出した。映画のアイデアの根源を聞かれた監督は、

監督:実話を素材にした物語ではありません。これまで作られた他の作品を見てみても、加害者からの視点の方が多かったと思います。でも、自分は被害者の視点でこの物語を進めたかったんです。“なぜ、この人はこんな目に遭わなければならないのか”“なぜこんなことになってしまったのか?”その答えは、実際の出来事や作品をいくら探してもありませんでした。だから、悩み悩んでこのような話を思いついたんです。

と答え、“よそ者”を日本人にしたことについて、

監督:よそ者のモチーフは新約聖書から得ました。皆さんは主人公ジョングの立場から映画をご覧になったと思いますが、よそ者は聖書ではその反対側にある存在です。遠くエルサレムから噂になっているイエスという存在。イエスが近づいてきて実際に姿を現し、それを見守るユダヤ人の姿。それを日本人にした理由は、韓国人と似たような外見でありながら異質である国の人の存在が必要でした。韓国に中国人はたくさんいて脱北者も意外に多いので、それで日本人にしました。

と説明する。MCが、何かが起こった時によそ者のあいつのせいだと排除していく物語の進行が、社会の流れとリンクしていることについて尋ねると、

國村さん:僕もそう感じました。この役柄は、その存在すら疑ってもいいような存在です。韓国映画における日本人という捉え方ではとても掴めないキャラクターで、もっと人間の存在の根源の部分を問いかけます。人の世の中で一番恐ろしい“噂”だったり、確かなものでないものへの不安。そこから沸き起こる疑心暗鬼が生み出す悲劇だと考えれば、納得のいくストーリーだといえます。

と説明する。登場人物のひとり祈祷師イルグァンが象徴するものについて聞かれた

監督:このキャラクターは韓国の民族信仰(シャーマニズム)の象徴です。でも、彼のやってる行為は悪を葬ろうとするのか振り払おうとするのかは曖昧です。“よそ者”が果たす役割によって、イルグァンの役割の解釈も変わってくると思います。

と本作をひもとく上でのヒントを語ってくれた。

本作は谷城(コクソン)という韓国にある実際の町が物語の舞台になっているのですが、劇中激しい雨になったり晴れ間が見えたりといった印象的な気候の変化について聞かれると、

監督:コクソンを舞台に選んだのは、高いビルも山並みも見える、スカイラインも見えるという場所だったからです。それによって天気や時間の変化、そういうものが常に人物の後ろに現れるように設定しました。理由としては、この映画は神という存在に関する話でもありますが、自然を通して神という存在を表現したかったんです。

と説明した。本作の内容ゆえ、当初は地元のリアクションは冷ややかだったというが、韓国で劇場公開されると“聖地巡礼”として観光客が8倍に増えて町長に感謝されたことを明かすと場内は大きな笑いに包まれるなど、ふたりとも熱気ある観客に触れ饒舌に様々なエピソードを披露した。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男についての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングが娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像てきない結末へと走り出す。

公式サイト:
http://kokuson.com/ 
公式Twitter:
@kokuson_movie 

***********************************

監督:ナ・ホンジン
出演:クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、チョン・ウヒ
2016年/韓国/シネマスコープ/DCP5.1ch/156分 
©2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION


ゆうばり映画祭3日目。小林直己、石井杏奈、ユン・ソクホ、眞島秀和ら登壇


映画情報どっとこむ ralph ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017(会期:3月2日(木)~3月6日(月))が開催中です。
その3日目。

「冬のソナタ」ユン・ソクホ監督らが登壇した『心に吹く風』、小林直己、石井杏奈、錦織良成監督登壇の『たたら侍』舞台挨拶、さらに北海道から全国区へマルチな才能を発揮する鈴井貴之が登場するトークイベントなど、盛りだくさんの内容となりました。

映画情報どっとこむ ralph 『心に吹く風』舞台挨拶
3月4日(土)10:30~ 会場:合宿の宿ひまわり 体育館

ドラマ「冬のソナタ」で日本に一大ブームを巻き起こしたユン・ソクホ監督の、待望の映画初監督作品『心に吹く風』が、ゆうばり映画祭でジャパン・プレミア上映を迎えた。舞台挨拶には、ユン・ソクホをはじめ出演の眞島秀和、真田麻垂美、撮影監督の高間賢治が登壇。
ソクホ監督は、かつて日本中に巻き起こった“冬ソナ”ブームについて「一生忘れられない」と感慨深げに振り返り、今回日本映画で監督を務められたことを喜んだ。また、劇中での眞島の恰好が「冬のソナタ」の“ヨン様”ことペ・ヨンジュンに似ていることに触れられると、監督は「特に意識はしていないが、自分の好みは出ているかもしれない」と語り、“冬ソナ”ファンの観客を盛り上げた。眞島は本作への出演を喜びつつも、撮影現場では、リハーサルを行わずいきなり本番を迎えるソクホ監督の現場に、新鮮味を感じたと語った。本作が16年ぶりの映画復帰作となる真田は、役柄のイメージに寄せるために、監督の「絶対に痩せないで」というリクエストから10キロ太って撮影に挑んだことを告白。舞台上でのスレンダーな姿からは想像もつかない、渾身の役作りに会場からは驚きの声が上がった。また、本作の舞台となった北海道・富良野と美瑛は監督のこだわりで選ばれたことや、変わりやすい天気との戦いなど撮影秘話が語られ、作品を見たばかりの観客は終始盛り上がりを見せていた。

ユン・ソクホ監督コメント
「こうして映画を通してみなさんとお会いできることを嬉しく思います。この映画で描いているのは、色々あっても生きることに価値がある、生きることは美しいということ。みなさんの印象に残ることができたら嬉しいです。」

映画情報どっとこむ ralph 『たたら侍』舞台挨拶
3月4日(土)13:30~ 会場:合宿の宿ひまわり 体育館

午後からは、EXILE HIROプロデュースの時代劇『たたら侍』ジャパン・プレミア上映が開催され、大歓声のなか出演の小林直己、石井杏奈、錦織監督が登場した。

小林と石井は初めての夕張来訪となったが、あたたかな歓迎ムードに「映画祭に参加できて嬉しい」と笑顔でコメント。本作は、戦国時代の奥出雲の村で伝統の継承を背負った青年が、さまざまな葛藤を経て真の武士へと成長していくさまを描いた時代劇。舞台となる島根県奥出雲の山中には、役者陣も大絶賛するほどクオリティの高い「村」のセットが実際に建てられ、ドラマだけでなくビジュアル面でも壮大なスケールを誇る一作となっている。本作が映画初出演となる小林は、本作への出演を喜ぶとともに、「普段はEXILEや三代目 J Soul Brothersの活動を通して、みなさんの支えになれればいいと思いやっているが、今度は映画を通してメッセージを込めた」と熱い思いを打ち明けた。錦織監督は小林について、「殺陣もうまく、セリフが少なくてもたたずまいからほぼ侍のようで、新ヒーローが誕生したと思った」と絶賛。一方で、小林が撮影中に、圧倒的自然を前に1時間山を見つめて立ち尽くす不思議な姿を目撃したエピソードも披露し、会場に笑いを巻き起こした。女優としても活動するなか時代劇初挑戦となる石井は、最初は不安を覚えたものの、本作でプロデューサーを務めるHIROが現場を見に来て感想をくれたことで気合が入ったと当時を振り返った。さらに本作では、華麗な巫女舞も披露。E-girlsとしてキレの良いダンスも披露してきた石井だが、巫女舞は勝手が違い苦労したと語るも、彼女が踊るシーンでは美しい朝日やスーパームーンに偶然遭遇していたことが明かされ、監督からも「(運を)持ってる」と称賛された。

また錦織監督は本作の製作にあたり、プロデューサーであるHIROから「本物を作ってくれ」とオーダーがあったことを告白。「若い人たちはこうした作品はなかなか見ないかもしれないが、本物を作れば気づいてくれる」と若い世代へも熱意を込めて作られた作品であることを語った。また小林は、撮影中に本作でプロデューサーを務めたHIROより、激励メッセージや「コンビニの差し入れ」があったことを告白。山の中での撮影により買い物が容易でなかったため、豊富に物資を差し入れてもらったと明かすと、スケールの大きすぎるサポートに会場からもどよめきが起こった。最後には、この映画で日本が持つ文化や精神の素晴らしさを再確認したという小林から、公開にあたって「日本が誇る素晴らしいものを伝えていきたい」と意気込みが語られ、惜しみない拍手が送られた。

映画情報どっとこむ ralph 北海道ロケトークスペシャル第3弾 鈴井貴之監督作品
『雪女』からみる旧産炭地の魅力

3月4日(土)11:00~ 会場:合宿の宿ひまわり 武道場

合宿の宿ひまわり 武道場では、伝説的バラエティー番組「水曜どうでしょう」をはじめ多岐にわたり才能を発揮する、北海道を代表するクリエイター・鈴井貴之氏が登場。監督を務めたドラマ「不便な便利屋2016 初雪」から生まれたショートフィルム『雪女』の上映、そして鈴木直道夕張市長も交えてのトークセッションが実施された。上映後、鈴井と鈴木市長が登壇すると、まずは開口一番、市長が「本当に(監督の出身地である)赤平愛で溢れていましたね」とコメント。鈴井は、かつて赤平も財政破綻になるという、夕張と似たような直面を迎えた際、実はいろんな地域活性の会議に参加していたことを告白した。「赤平市出身とはいえ、会議が終わってしまったら札幌に帰るので、(自分が)よそ者のような気分がして。これではいけないと思い、赤平に住居を構えて住民票も移したんです」と”赤平愛”を明かし、会場を驚かせた。さらに「財政破綻に陥った時、町(赤平)は悲惨な雰囲気なのかと思ったら地元の人たちはとてもポジティブで。元気づけようと思って赤平に行ったのに、逆に元気をもらいましたね」とコメントしつつ、「東京で仕事をしていたら悩むこともあるけれど、赤平の町に行くと活性化されて元気になれて、リフレッシュ出来るんです。そういう力がローカル(地方)にはある」と力強く語った。対する市長も「鈴井監督が持つその”本気さ”や、地元の人の『やるぞ!』という気持ちが、こういう形に繋がっているんだと思います」と語り、ふたりの”北海道愛”が伝わるトークイベントとなった。

***********************************