映画情報どっとこむ ralph

#6500万年前の地球から脱出せよ

アダム・ドライバー主演、『クワイエット・プレイス』の脚本家による脚本・監督、サム・ライミ製作で贈るSFサバイバル・スリラーが、邦題を『65/シックスティ・ファイブ』(読み:シックスティ ファイブ)として、5月26日(金)に全国の映画館で公開されることが決定した。合わせて、日本版予告&日本版ポスターも解禁となりました。

辿り着いたのは、6500万年前の地球
地球(ここ)にいたら、命はない。

宇宙船の墜落事故。
生き残ったのは二人だけ。
生存率ゼロの隕石衝突まで、あとわずか――。
ミルズ(アダム・ドライバー)は、宇宙船に乗り込み、宇宙を探査する長いミッションに出ていた。航行中、突如、小惑星帯と衝突して宇宙船は墜落。乗組員の生存はゼロ。船体はバラバラとなり航行不能。どこかに切り離されたであろう脱出船を探すため、未知の惑星を捜索するミルズは、一人の少女・コアが生存しているのを発見する。

二人が不時着したのは、6500万年前の地球――。
そして…恐竜を絶滅させたという巨大隕石が、あとわずかで地球に衝突しようとしていた――。

◆6500万年前、恐竜を絶滅させた巨大隕石

今から6500万年前――現在のメキシコ・ユカタン半島付近に激突した秒速20km、直径10kmの巨大隕石。それにより地球上の生物の80%が死滅。放出された大量の硫黄や二酸化炭素が太陽光を遮り地球が寒冷化、氷河期に突入したことで、わずかに生き残った恐竜も絶滅へと追いやった<史実>。

◆『クワイエット・プレイス』脚本家 × 『ドント・ブリーズ』製作サム・ライミ × 主演アダム・ドライバー

監督・脚本を務めるのは、“音を立てたら即死”の世界的大ヒットのサバイバル・ホラー『クワイエット・プレイス』の脚本・原案を手掛けたスコット・ベック&ブライアン・ウッズ。製作は、“この家から脱出したければ、息をするな”の世界的大ヒットのショッキング・スリラー『ドント・ブリーズ』では製作を務め、ホラー映画の金字塔『死霊のはらわた』や『スパイダーマン』シリーズ、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の監督も務めるサム・ライミ。主演には、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』をはじめ様々なジャンルの出演作が続く実力派俳優アダム・ドライバー。脱出か、絶滅か――。超プロフェッショナルたちが作り上げる本作にご注目下さい。

映画情報どっとこむ ralph

『65/シックスティ・ファイブ』

原題: 65

オフィシャルサイト&SNS 

作品公式サイト:
https://www.65-movie.jp

作品公式Twitter:
@65movieJP

ハッシュタグ:
#6500万年前の地球から脱出せよ

5月26日(金)全国の映画館で公開!
『65/シックスティ・ファイブ』

***********************************

監督・脚本:スコット・ベック&ブライアン・ウッズ(ともに『クワイエット・プレイス』脚本・原案)
製作:サム・ライミ(『ドント・ブリーズ』製作/『死霊のはらわた』、『スパイダーマン』シリーズ、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』監督)
出演:アダム・ドライバー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)、アリアナ・グリーンブラット(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』)

関連記事: