映画情報どっとこむ ralph

鈴鹿央士、飯豊まりえら初日舞台挨拶

少年と少女の忘れられないひと夏の思い出を描いた青春アニメーション映画『夏へのトンネル、さよならの出口』がついに9月9日公開!その初日舞台挨拶が行われ、鈴鹿央士(塔野カオル役)、飯豊まりえ(花城あんず役)、畠中祐(加賀翔平役)、小宮有紗(川崎小春役)、小林星蘭(塔野カレン役)、そして田口智久監督が登壇しました。
『夏へのトンネル、さよならの出口』初日舞台挨拶

映画『夏へのトンネル、さよならの出口』初日舞台挨拶

日付:9月9日(金)
会場:新宿バルト9
登壇:鈴鹿央士(塔野カオル役)、飯豊まりえ(花城あんず役)、畠中祐(加賀翔平役)、小宮有紗(川崎小春役)、小林星蘭(塔野カレン役)、田口智久監督

映画情報どっとこむ ralph

ブルーをワンポイントの衣装

全員が夏の青空をイメージしたブルーのカラーをワンポイント入れた艶やかファッションで登壇。
念願の公開初日に鈴鹿は「みなさん、いい目をしていますね」と上映後の観客の眼差しに手応えを感じながら「ドキドキしていましたが、皆さんの目を見ると『良かったんだなあ』というものを受け取れているので安心しています。何よりも映画が無事公開されたことが本当に幸せです」としみじみ。 鈴鹿央士『夏へのトンネル、さよならの出口』初日舞台挨拶

飯豊も「アニメ作品の舞台挨拶は慣れていないので緊張していますが、それを噛みしめつつ観客の皆さんの目が優しくて…。こうして映画館に足を運んでくださったお一人お一人に『どうでしたか?』と聞きたいくらいです」と封切りに気色満面だった。飯豊まりえ『夏へのトンネル、さよならの出口』初日舞台挨拶

一方、田口監督は本作の注目ポイントとして「それぞれのキャラクターの演技を正確な動きにしようと思って絵を描きだす前にアフレコをしました。背景の絵にもこだわり、空模様の色合いの調子を全部変えています。途方もない細かい調整を繰り返して作りました」とこだわりを明かした。 監督『夏へのトンネル、さよならの出口』初日舞台挨拶

カオルの友人である加賀翔平役の畠中は「とにかくカオルとあんずが羨ましい。二人の距離が近づく過程があり、僕のあこがれた青春がそこにありました。そんな二人が離れ離れになるのは胸が締め付けられて切なくなった。だからこそ感動が凄くて、自然に涙が流れました」と感涙報告。インパクトある登場をする川崎小春役の小宮は完成作に「絵がとても綺麗でまるで実写映像のよう。水の表現も素晴らしく、素敵な作品だと思いました」と感動していた。

小林は、カオルの妹でもあるカレンを演じて「お兄ちゃんの後押しをしなければいけない役で責任重大だと思ったけれど、監督から『もっとキャピキャピ、ギャルっぽく』と指示をいただいたことで、純粋に妹でいようと意識して演じることができました」と役作りの舞台裏を回想した。小林星蘭『夏へのトンネル、さよならの出口』初日舞台挨拶

映画情報どっとこむ ralph

夏の思い出

また夏を舞台にした本作の内容にちなんで、今年の夏の思い出を発表する企画を実施。
これに田口監督が「息子と海に行った」と答えると、小林も「私も一人で電車に乗って海を見に行きました。海に行くまでの電車の景色がヒマワリ畑で綺麗でした」と報告。すると子役時代から小林を知る飯豊は「一人で危ないよ!小さいころから見ているから心配。一人で大丈夫だったのかなと…」と親心で、小林は「大丈夫でした!迷子にもなりませんでした!」と返して笑わせた。

小宮は「こう見えて28歳なので、サプリを飲み始めました。30代に向けてアンチエイジングを始めたいと思って、ビタミンを摂取することを始めました。ビタミンCとかビタミンDとか。あとはピラティスもしていました。これもアンチエイジングのため」と照れ笑い。小宮有紗『夏へのトンネル、さよならの出口』初日舞台挨拶

畠中は「馬と走った」といい「これは声優VS馬という番組企画で、馬に乗って走ったのではなくて馬の横を走りました。事前に家からコンビニまで走る練習をしていたら、競走馬がやる気がなくて勝ってしまいました」とまさかの勝利を報告していた。畠中祐『夏へのトンネル、さよならの出口』初日舞台挨拶

飯豊は「今年の夏は友達と久々にプリクラを撮りました。今のプリクラの機能は凄くて、美人モードを選んだら顔がシュッとして目が大きくなって肌も真っ白でみんな同じ顔。みんな顔が整い過ぎたけれど、楽しくていい思い出になりました」とプリクラの進化にビックリ。一方、鈴鹿は「俳優の友人と(横浜の)赤レンガ倉庫までドライブして、夜景や観覧車や船を見ました。観覧車のライトアップが消えたときに『あ!なくなった!どこにいったのかな?』と二人で言い合った」とロマンチックな夏の思い出を口にするも、何故か「うわ…自分の思い出ショボいな」とガックリ。キャスト陣から励まされるも「海が見たかったわけでもないし、赤レンガもそんなに…。今年の夏はドラマの撮影とかがあってあまり夏の思い出がなくて…」と売れっ子ならではの多忙ぶりを伺わせていた。

最後に・・・

飯豊は「過去を取り戻すという勇気のいる選択をした二人の物語だけれど、孤独な気持ちが照らされるような思い出や人が、皆さんのそばにあったらいいなという風に私は思いました。何度もこの映画を楽しんでもらいたいです」と大ヒット祈願。鈴鹿も「直面する壁を乗り越えようとする二人の姿は素敵で、自分の歩んでいく中で向かい合う問題に真っ直ぐ進んでいける人は素敵だなと思いました。この作品がみなさんの胸のどこか片隅にでも残り続けて、夏の時期にまた思い出してもらえたら嬉しいです」と期待を込めていた。

映画情報どっとこむ ralph

『夏へのトンネル、さよならの出口』

公式サイト:
natsuton.com

公式twitter:
@natsuton_anime

欲しいものが手に入るという“ウラシマトンネル”。
心に秘めた想いを抱え、不思議なトンネルに足を踏み入れた少年少女のひと夏の物語を描いた本作。監督を務めるのは映像表現に定評のあるアニメーション監督・田口智久(『デジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION 絆』(20)、「アクダマドライブ」)、キャラクター原案・原作イラストを精緻でドラマティックなイラストレーションで知られるくっか(「D_CIDE TRAUMEREI」キャラクター原案)、制作を『映画大好きポンポさん』(21)などを手がける新進気鋭の制作会社CLAPが担当するなど、次世代アニメーション界を担う注目のスタッフが集結。

主人公・塔野カオルを鈴鹿央士、転校生・花城あんずを飯豊まりえが演じ、夏の終わりにふさわしい、エモーショナルで心に響く少年少女の成長物語が誕生しました。

STORY
ウラシマトンネル――そのトンネルに入ったら、欲しいものがなんでも手に入る。ただし、それと引き換えに…。掴みどころがない性格のように見えて過去の事故を心の傷として抱える塔野カオルと、芯の通った態度の裏で自身の持つ理想像との違いに悩む花城あんず。ふたりは不思議なトンネルを調査し欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶ。これは、とある片田舎で起こる郷愁と疾走の、忘れられないひと夏の物語―
『夏へのトンネル、さよならの出口』

***********************************

キャスト:鈴鹿央士 飯豊まりえ 畠中 祐 小宮有紗 照井春佳 小山力也 小林星蘭

原作:八目 迷「夏へのトンネル、さよならの出口」(小学館「ガガガ文庫」刊)/キャラクター原案・原作イラスト:くっか 監督・脚本:田口智久 キャラクターデザイン・総作画監督:矢吹智美/作画監督:立川聖治 矢吹智美 長谷川亨雄 加藤やすひさ プロップデザイン:稲留和美/演出:三宅寛治 色彩設計:合田沙織/美術設定:綱頭瑛子(草薙)/美術ボード:栗林大貴(草薙)/美術監督:畠山佑貴(草薙) 撮影監督:星名 工/CG監督:さいとうつかさ(チップチューン)/編集:三嶋章紀 音楽:富貴晴美/音響監督:飯田里樹 制作プロデューサー:松尾亮一郎/アニメーション制作:CLAP 主題歌・挿歌:「フィナーレ。」「プレロマンス」 eill
配給:ポニーキャニオン
製作:映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会
(c)2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ