映画情報どっとこむ ralph ジョージア映画界を代表する女性監督ラナ・ゴゴベリゼ監督が過去との和解をテーマに描いた『OKROS DZAPI(英題:THE GOLDEN THREAD)』が『金の糸』の邦題で2022年2月26日(土)より全国順次公開されることが決定しました。あわせてポスタービジュアルも解禁となります。

ジョージア映画界の伝説的女性監督ラナ・ゴゴベリゼ、27年ぶり、91歳にしての新作が公開!

過去との和解をテーマに、ジョージア激動の時代を生きた女性作家とその人生に関わった人々を、日本の“金継ぎ”に着想を得て描く。

『インタビュアー』(サンレモ国際映画祭グランプリ)、『転回』(東京国際映画祭最優秀監督賞)など高いクオリティの作品を数々発表し、テンギズ・アブラゼ監督、オタール・イオセリアーニ監督、ギオルギ・シェンゲラヤ監督たちとともにジョージア映画の発展を担ってきたラナ・ゴゴベリゼ監督。その27年ぶりの新作『OKROS DZAPI(英題:THE GOLDEN THREAD)』が、『金の糸』の邦題で2月26日(土)より岩波ホールほか全国順次公開される。

女性と社会を瑞々しく捉え続けてきたゴゴベリゼ監督が91歳にして描いたのは、過去との和解をテーマにした物語。トリビシの旧市街の片隅。作家のエレネは生まれた時からの古い家で娘夫婦と暮らしている。今日は彼女の79歳の誕生日だが、家族の誰もが忘れていた。娘は、姑のミランダにアルツハイマーの症状が出始めたので、この家に引っ越しさせるという。ミランダはソヴィエト時代、政府の高官だった。そこへかつての恋人アルチルから数十年ぶりに電話がかかってきて…と言うストーリーだ。

題名の“GOLDEN THREAD”には、日本の「金継ぎ」から着想を得て、“未来を見るために過去を金で修復する”という意味がこめられた。監督は「日本人が数世紀も前に壊れた器を継ぎ合わせる金継ぎの技のように、金の糸で過去を継ぎ合わせるならば、過去は、そのもっとも痛ましいものでさえ、重荷になるだけでなく、財産にもなることでしょう」と語っている。音楽は、2019年に亡くなった、ジョージアの世界的作曲家ギヤ・カンチェリ。主役のエレネは、『ロビンソナーダ』で知られるジョージア映画界の重鎮ナナ・ジョルジャゼ監督が演じている。

映画情報どっとこむ ralph 繊細な“金継ぎ”とジョージアの街並みが美しい!

日本版ポスタービジュアルが解禁。

このたび、解禁されたポスターは、ジョージアらしい古い家で椅子に腰掛けるエレネをメインに、ミランダ、アルチルの表情のほか、映画の鍵となる「野の花」「過去の写真」「小さな人形」などが配置され、恋人たちの姿と金継ぎがコラージュされている。
『金の糸』公開決定&ポスター
キャッチフレーズは、

「旧市街の片隅で 私たちは語る 信じて欲しい 壊れた過去も美しいと。」。

ゴゴベリゼ監督の母親は、サイレント時代に活躍したジョージア初の女性監督ヌツァ・ゴゴベリゼ(1902〜1966)。母ヌツァはソ連政府の「大粛清」により約10年を強制収容所で過ごしたという。そんな自身の記憶を重ねた本作『金の糸』は、人間の過去と国の歴史を重ねながら、想像の翼を羽ばたかせた見事な作品となっている。来年2月26日(土)からの公開にぜひご期待ください。

映画情報どっとこむ ralph

『金の糸』

2月26日(土)より、岩波ホールほか全国順次公開

公式サイト:
http://moviola.jp/kinnoito/

ストーリー

未来のために、過去を「金」で継ぎ合わせて。

旧市街の片隅で 私たちは語る 信じて欲しい 壊れた過去も美しいと。

トリビシの旧市街の片隅。作家のエレネは生まれた時からの古い家で娘夫婦と暮らしている。今日は彼女の79歳の誕生日だが、家族の誰もが忘れていた。娘は、姑のミランダにアルツハイマーの症状が出始めたので、この家に引っ越しさせるという。ミランダはソヴィエト時代、政府の高官だった。そこへかつての恋人アルチルから数十年ぶりに電話がかかってきて…

***********************************

監督・脚本:ラナ・ゴゴベリゼ
撮影:ゴガ・デヴダリアニ
音楽:ギヤ・カンチェリ
出演:ナナ・ジョルジャゼ、グランダ・ガブニア、ズラ・キプシゼ、ダト・クヴィルツハリア

原題:OKROS DZAPI
英語題:THE GOLDEN THREAD
2019年|ジョージア=フランス|91分

字幕:児島康宏
配給:ムヴィオラ

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ