映画情報どっとこむ ralph 深川麻衣を主演に迎えたオリジナル作品『おもいで写眞』の熊澤尚人監督が“映画を語る”配信番組「活弁シネマ倶楽部」に初登場。
活弁シネマ倶楽部『おもいで写眞』熊澤尚人監督
テンカラット25周年企画の作品として製作された本作の企画の成り立ちや、深川をはじめとする俳優陣との魅力的な現場について、熊澤監督は大いに語っている。
映画情報どっとこむ ralph 本作は、『ニライカナイからの手紙』『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』などの熊澤監督によるオリジナル作品だ。唯一の家族であった祖母を亡くし、夢にも破れ、東京から富山へと帰ってきた結子が、祖母の遺影がピンボケだったことに悔しい思いをしたことからはじまる物語。町役場で働く幼なじみの一郎から、“お年寄りの遺影写真を撮る仕事”を依頼された彼女が、地域の人々と交流する中で成長していくさまが描かれている。主演の結子役に深川麻衣、一郎役に高良健吾。さらに、香里奈、井浦新、古谷一行、吉行和子らが脇を固め、心温まる物語に彩りと強度を与えている。
活弁シネマ倶楽部『おもいで写眞』熊澤尚人監督
「いまの環境下だからこそ、すごく胸に迫るものがありました。そして、そっと背中を押してくれる作品だと思いました」と本作の感想を述べる折田。そんなオリジナル作品だが、監督が最初に脚本にしたのは9年前のことらしい。「『面白いね』と言ってくださる方は結構いたのですが、やはりオリジナル映画となると、そう上手くはいきません。それから他の作品と関わりながら、時間をかけてこの物語の推敲を重ねました。そして、いざ企画が動き始めたときに、『この物語の主演に深川さんはいかがでしょうか?』とテンカラットさんに持ち込んだんです」と熊澤監督。テンカラット25周年企画の作品だが、これはたまたまなのだという。誰もの心を温かくするであろう物語は、周年行事としてもピッタリだ。監督は、オリジナル映画を手がけることの困難と、物事が好転するときは一気に動き出すことについても述べている。
おもいで写眞
そんな“決め打ち”で主演を務めた深川の魅力についても熊澤監督は語っている。「なぜ深川さん主演で撮りたかったのですか?」と折田が尋ねると、「深川さんとは演技ワークショップで知り合ったのですが、彼女からはすごく芯の強さを感じていました。この物語の主人公の結子は、自分の中に確固たるものがあって、それは絶対に譲れないというキャラクターです。これを深川さんなら表現してくれるだろうなと思っていました」と熊澤監督は語り、現場でのやり取りの様子も振り返っている。
活弁シネマ倶楽部『おもいで写眞』熊澤尚人監督
そして、結子の相手役を務めた高良とは、念願叶っての映画作りになったのだという。「『ハリヨの夏』で彼を知ってから、一緒に映画を作りたいとずっと思っていました。そこで今回、まず深川さんの出演が決まった際に、『相手役はぜひ高良くんで』と畳み掛けるようにお願いしました(笑)」と語る監督。「トガッた役を高良くんは多く演じている印象がありますが、ソフトな役にもハマりますよね。この現場でも、ハマりまくってました」と続けている。

さらに熊澤監督は、オール富山ロケとなった理由や、富山の魅力、また小説版『おもいで写眞』についても語っている。

映画情報どっとこむ ralph

活弁シネマ倶楽部

YouTube配信URL:

活弁シネマ倶楽部 公式HP:
https://katsuben-cinema.com/
活弁シネマ倶楽部 公式ツイッター:
@katsuben_cinema

映画情報どっとこむ ralph

『おもいで写眞』

公式HP:
http://omoide-movie.com

《STORY》
一枚の写真で人生が眩しく輝きだす。遺影写真は終わりのためでなく、残りの人生を楽しむために撮るもの。
東京でメイクアップアーティストを志す音更結子(深川麻衣)は、メイクの仕事をしながら美容部員として働いていたが、嘘が嫌いで頑固な 性格が災いし、仕事をクビになってしま う。そんな結子に追い打ちをかけるように、大切な祖母が亡くなったと知らせが――。 幼いころ、自分を捨てた母の代わりに自分を育ててくれた祖母を、ひとり寂しく死なせてしまっ た後悔に苛まれる結子。夢も大切な人も 失った結子は、故郷へ戻ることを決める。 ある日結子は、幼なじみで役所に勤める星野一郎(高良健吾)から、お年寄り向けに「遺影」撮影 の仕事をしてみないかと誘われる。写真館を営んでいた祖母の遺影がピンボケ写真だったことを悔やんでいた結子は、その仕事を引き受ける。 最初は、縁起が悪いと敬遠され、なか なかお年寄りたちに受け入れられない結子だが、一人暮らしのお年寄り・山岸和子(吉行和子)との出会いを きっかけに、「遺影」撮影ではなく、それぞれの思い出溢れる場所で写真を 撮る「おもいで写真」を撮り始める。結子はお年寄り達とふれあう中 で、次第に赦しの意味を知り、人生の意味を見いだしていく。

***********************************

出演:深川麻衣 高良健吾 香里奈 井浦新 古谷一行/吉行和子
監督・脚本:熊澤尚人
脚本:まなべゆきこ
音楽:安川午朗
原作:熊澤尚人「おもいで写眞」(幻冬舎文庫)
主題歌:安田レイ「amber」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
製作:テンカラット ソニー・ミュージックエンタテインメント イオンエンターテイメント 関西テレビ放送 スタジオブルー
製作プロダクション:スタジオブルー
配給:イオンエンターテイメント
©「おもいで写眞」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ