映画情報どっとこむ ralph ジャニー喜多川氏が企画・構成・総合演出を務め、2006年の『滝沢演舞城』から、多くのお客様に愛され続けてきた『滝沢歌舞伎』。

昨年『滝沢歌舞伎ZERO』として演出・滝沢秀明、主演・Snow Manで新たなステップを登った舞台が今年、滝沢秀明初監督の下、『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』となり12/4(金)、全国の映画館で公開初日を迎えました。

公開3週間となった12月25日(金)、遂に 観客動員50万人、興行収入15億円を突破。
(興行収入:1,500,095,100円/上映館数 200館 12/24時点)

映画情報どっとこむ ralph SNSには「さっき見たばかりなのにもう『滝沢歌舞伎ロス』、「滝沢歌舞伎浴びてくる!」、「映画館に行けばいつでもSnow Manに会える」という声がおどり、多くのリピーターを産んでいるほか、最近では親子2代での鑑賞も増え、20代、10代を中心とした客層から50代、60代以上の女性の来場など、客層の広がりをみせております。

映画館来場者アンケート(松竹調べ/12月4日~12月10日)での満足度調査では、大変満足83.1%、満足14.1%と満足度計は97.2%。また、滝沢秀明監督が作った本編先付け週替わりオリジナル映画鑑賞マナー映像については、「観たい気持ちを高めた」と87%の人が回答するなど、鑑賞動機の一つの要因となっております。(現在、オリジナル映画鑑賞マナー映像は、公式HPでも公開中) また、来年2021年には新橋演舞場、御園座で舞台公演「滝沢歌舞伎ZERO 2021」が発表されておりますが、舞台鑑賞意向についても、是非観たい91%、観たい6%と、観たいと答えた方の鑑賞意向計97%となり、高い数値となりました。

主演を務めたSnow Manの圧倒的人気と注目度、そして脅威の満足度と相まって、日本全国で今まで観たくても観られなかった舞台「滝沢歌舞伎ZERO」の人気の高さが、本作の公開によって更に急上昇してる状況です。

***********************************

Eternal producer:ジャニー喜多川/監督:滝沢秀明/振付:五関晃一(A.B.C-Z)

出演:Snow Man(岩本照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、向井康二、阿部亮平、目黒蓮、宮舘涼太、佐久間大介)
ジャニーズJr. 佐藤新、影山拓也、鈴木大河、基俊介、椿泰我、横原悠毅、松井奏(IMPACTors)/小田将聖(少年忍者)
企画・配給:松竹   
©2020「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ