映画情報どっとこむ ralph 第二次大戦終戦直後、GHQに占領された日本において、そのGHQと互角に渡り合った二人の男、吉田茂と白洲次郎。米国主導で早急に憲法改正を推し進めようとするGHQに抵抗し、一刻も早い日本の独立回復にこだわって熾烈な“戦い”に挑む二人。彼らの心にあったものは、一刻も早い日本の独立への思いだった。本音で激論を交わすことをいとわない、親子ほども年の違う二人の絆、そして日本の未来を見据えた熱い思いと覚悟を描く、人間ドラマが幕を開ける。

12月18日(金)に公開を迎えた『日本独立』。
公開に先立ち、今回4人の女性たちに伊藤監督との座談会に参加して頂きました。モデレーターには、LOVE TABIで活躍中のAngel Flag主催のYuuki(星野有紀)。

戦争の話を祖父・祖母から聞くことも減り、語れる方も少なくなってしまった近年。若い人たちに戦争という話は薄れてきている。そんな中で今回の伊藤監督との座談会はいい機会になり、学校や社会ではあまり習わない経験や体験をしない出来事を知り、改めて現代の日本について感じることを話して頂きました。
映画情報どっとこむ ralph
★映画を観て感じたこと
大学生(女子大3年生)
中学や高校の教科書だと憲法が作られたという事実だけが書かれているけど、映画は過程が描かれていたのでより詳しく、学ぶことが出来ました。

OL(27才)
プライベートであまり映画を観なく、事実に基づいた映画は観たのは初めてでした。なので当時のアメリカンな笑い方がオーバーリアクションだったり、言い合いが今の現代的な感じではなくインパクトがありました。役者さんの表情もすごいリアルでゾクッとしました。

OL(27才)
不安なこの時期だからこそ日本の歴史は知っとかないといけないけど、知るきっかけが無く、今まで小学校、中学校で文字ベースでは入りずらかった内容が映像で知ることが出来いいきっかけになりました。
★白洲次郎の魅力について
大学生
白洲次郎が自分の意志を曲げずに、いわゆる肉食系男子というか、今の時代だと人の意見に流されてしまいがちですが、この時代ならではの男性像だなと思いました。理想の男性だと思いました。理想の男性は意志の強い男性がいいなと思いました。今の時代は引っ張ってくれる男性は貴重で、絶滅危惧種ですね(笑)

OL
昔ながらの男で、今の若者にいないですけど本来だと男性はそうあるべき(白洲次郎みたいな)何だなというのを描いている様に感じました。浅野さんみたいな人がいいと思いました。

★今の憲法について感じること
本作で描かれている出来事が今の日本国憲法があり、その中で今を生きる不安など思うことをお伺いしました。
大学生は、自衛隊に関して「自衛隊がいないと災害など起こったときに助けて貰えないので、必要とは思いますが、(9条)2項削除するというのは軍隊を認めてしまう形になるので、戦争を放棄した国ということを考えると賛成か反対か決めるのは難しいです」という意見。
OLの意見は、今、年金を払い続けても将来ちゃんともらえるのかが不安など、今のままの憲法のままでいいのか疑問があるようにうかがえました。

映画情報どっとこむ ralph 日本独立

公式サイト:
https://nippon-dokuritsu.com

今回座談会を開催し、冒頭部分は難しい映画に感じましたと率直な意見がありましたが、それを浅野さん宮沢さんの夫婦の会話のシーンや柄本明さんや松重豊さんといった豪華な俳優陣がカバーし親しみやすさを感じて頂けました。是非若い人たちにも観て頂き、少しでも憲法について考えるきっかけになってくれればと思います。

***********************************

キャスト・スタッフ

出演:
浅野忠信
宮沢りえ
小林薫
Adam Templar Robert D Heath Jr. Benedikt Sebastian
柄本明 渡辺大 松重豊 伊武雅刀 佐野史郎 石橋蓮司
大鶴義丹 青木崇高 浅田美代子 梅宮万紗子 野間口徹 奥田瑛二
監督・脚本:伊藤俊也

配給:株式会社シネメディア
制作協力:東京シネマ倶楽部  
©2020「日本独立」製作委員会
2020年 / 日本 / カラー / 上映時間2時間7分 / 5.1ch /アメリカンビスタ
レイティング:G

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ