映画情報どっとこむ ralph 世界中のアニメーション映画祭を熱狂させた、ラトビア人新進クリエイター、ギンツ・ジルバロディス(Gints Zilbalodis)が、3年半をかけて、たった一人で【製作・監督・編集・音楽】全てを作り上げた長編デビュー作、映画『Away』が12月11日(金)より公開となります。

アニメーションの国際映画祭“アヌシー国際映画祭”において、実験性・革新性のある長編作品を対象とする“コントルシャン”賞で、見事初代グランプリを受賞!

これを皮切りに、世界中の国際映画祭を席巻!
先日、ポーランドで行われた第13回ポズナン・アニメーター・フェスティバルでは、最優秀長編映画賞を受賞し、ついに世界の映画祭で【9冠】を達成!

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の【9冠】達成を記念して、美しい冒険の旅へ誘う場面写真が到着しました!

本作は飛行機事故で島に不時着した少年が、様々な土地をオートバイで駆け抜けるロードムービー。
今回到着したのは、その美しい冒険の旅を切り取った場面写真の数々です。
オートバイに乗った少年と、飛べない小鳥、ネコ、ゾウなど、彼の旅路で出会う動物たちの姿、そして、事故からパラシュートで生き延びた少年の前に現れる“黒い影”の姿も収めています。

本作を手掛けたのは、アニメーション制作へ新風を巻き起こしたラトビアの新進クリエイター“ギンツ・ジルバロディス”。

独創的な世界観について、
「私が体験した映画やビデオゲーム、旅行から、直接インスピレーションを受けました。アイスランドや(カナリア諸島に位置する)スペインのランサローテ島への旅は『Away』の美しい風景にもインスピレーションを与えています。」
と自身の体験に基づいていることを語っています。

また、様々な作品からも影響を受けているそうで、「オートバイのシーンは、『モーターサイクル・ダイアリーズ』(04)などの映画にダイレクトな影響を受けました。
『栄光のライダー』(71)はオートバイに関する優れたドキュメンタリーなのですが、複雑なショットが収録されていてインスパイアされました。」と、オートバイで駆け抜ける美しいアイディアの秘話も明かしています。

365日休むことなく3年半をかけた渾身の長編デビュー作に、ぜひご注目ください!

映画情報どっとこむ ralph 【『Away』 特典付き前売鑑賞券¥1,400(税込)発売中!】
劇場窓口ほかメイジャ―でお買い求めの方に、“『Away』特製ステッカー”を3種の絵柄から1枚をランダムでプレゼントします。
ステッカーの裏面にあるQRコードを読み込むと、同じデザインのスマートフォン用壁紙もプレゼント!

メイジャー:こちら
上映劇場:こちら
※ステッカーのデザインはお選びいただけません 
※数量限定となります

映画情報どっとこむ ralph 革新的!独創的!言葉(セリフ)なき深淵な世界!
それは、全く新しいアニメーションへの挑戦。
美しい冒険の旅へ―絶望 不安 孤独 そして希望をめぐるたった一人のロードムービー

映画『Away』

【STORY】
飛行機事故でたった一人生きのびた少年は、森で地図を見つけ、オートバイで島を駆け抜ける。
黒い影から逃れて、小鳥とともに。

公式HP:
away-movie.jp 
公式Twitter:
@away_movie 

【受賞歴】

・アヌシー国際アニメーション映画祭 コントルシャン賞
・ストラスブール・ヨーロッパ・ファンタスティック映画祭 
 インターナショナル・アニメーション・コンペティション部門 作品賞
・アニメスト 作品賞
・新千歳空港国際アニメーション映画祭 審査員特別賞
・ラトビア国立映画祭 最優秀アニメ映画賞 国際映画批評家連盟賞
・アニマ・ムンディ国際アニメーション映画祭 最優秀子供向け作品
・ヴァルナ映画祭 スペシャル・メンション
・シネシナ映画祭 特別芸術貢献賞
・ポズナン・アニメーター・フェスティバル 最優秀長編映画賞

***********************************

2019年/ラトビア/カラー
原題:Away/シネマスコープ/81分/5.1ch ※本作にはセリフがありません
後援:駐日ラトビア共和国大使館
配給:キングレコード
配給協力:エスピーオー
©️2019 DREAM WELL STUDIO. All Rights Reserved.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ