「meg」タグアーカイブ

逃げ惑う海水浴客!戦慄のビーチ動画解禁!!成す術無し!『MEG ザ・モンスター』


映画情報どっとこむ ralph MEG ザ・モンスター』が9月7日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開いたします。

この度、MEGがビーチを襲う本編映像を解禁!


カラフルな浮き輪でプカプカとビーチを楽しむ皆さん。

そこに突然、女性の悲鳴が!!「シャーーク!(サメだ!)」その声を合図にビーチは人々が逃げ惑う地獄絵図に変貌。

一斉に浜辺に向かって我先にと逃げ出し、子供は母親の名前を呼ぶ。
そんな中、なかなか姿を見せないMEGに沈黙の間が。実はサメなんて来ていないのか…??
人々がそう思い始めた瞬間、突如、人間5人は丸飲みできる巨大な口をガバッと広げて襲いかかるMEG!
その勢いにボートの上にいた人々は一気に吹き飛ばされ、悲鳴を上げ逃げ惑う人間を無情にもその口でドンドンと襲い、ビーチを恐怖のどん底に突き落とした!!

海最恐のモンスターの前では人間は無力だった。“悲鳴ごと、飲み込まれる”MEGにジェイソン・ステイサムは、立ち向かう術はあるのか?
果たして、その結果やいかに…!?公開が待ち遠しい映像になっている!


『 MEG ザ・モンスター 』

原題:THE MEG
公式サイト:www.megthemonster.jp
#MEGザモンスター

物語・・・
人類未踏の地とされる「マリアナ海溝」を超える深海が発見された。
沖合に海洋研究所を構えた探査チームが最新の潜水艇で深海へと繰り出す。
生物がほとんど存在しない冷たい深海の海域を超えると、そこには温かな海域が存在し、幻想的な未知の生物世界が広がっていた。
世紀の発見に心を躍らす研究チームだったが、巨大な“何か”に襲われ、身動きがとれなくなってしまう。
深海レスキューのプロである、ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)を救助に向かわせるが、彼の目に飛び込んできたのは200万年前に絶滅したと思われていた実在する巨大ザメ“メガロドン”だった!!


***********************************

監督:ジョン・タートルトーブ『ナショナル・トレジャー』
原作:スティーヴ・オルテン「THE MEG」
出演:ジェイソン・ステイサム、リー・ビンビン、レイン・ウィルソン、ルビー・ローズ、マシ・オカ ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
宣伝:スキップ2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/113分
映倫:G指定
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.


FUJIWARA原西・藤本、鈴木奈々『MEG ザ・モンスター』イベントでビビりまくり!


映画情報どっとこむ ralph この度、200万年前に実在した超巨大ザメ メガロドン通称<MEG(メグ)>が現代に甦る海洋パニック・エンターテイメント超大作『MEG ザ・モンスター』が9月7日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開となります。

MEG(A)ヒットを祈願して公開前イベントを開催しました!

当日はビビり芸人としておなじみのFUJIWARA 原西さん、藤本さんのお二人と鈴木奈々さんが登壇し、MEGの恐怖に慄いたお三方にご覧いただいた感想をお聞きし「恐怖の箱の中身をなんだろな」ゲームに挑戦。

また、トーク中や感想を話している最中、<恐怖(ドッキリ)>が3人を襲い続けました!突如降ってくる魚、突然の爆音などなど…最後まで耐えることはできるのか⁉
日時: 8月27日(月)
場所:ワーナーブラザース内幸町試写室
登壇:FUJIWARA原西・藤本、鈴木奈々

映画情報どっとこむ ralph 9月7日の日本公開に先駆け、超巨大ザメMEGが現代に蘇り、人々を襲う恐怖を描く本作にちなんで、ビビり芸人としてお馴染みのFUJIWIRAの原西孝幸さんと藤本敏史さん、鈴木奈々さんが登壇!

挨拶をしようと藤本さんが話し始めると、突如悲鳴が会場に鳴り響き3人がビビりまくり!

今回のイベントは、随所にビビり要素を入れて実施するとMCに説明されると、全員「怖い!」とビビりまくり、藤本さんに至っては、イベントの遅れてきたマスコミに対しても疑いの目を向ける始末。

仕切り直して・・・・

藤原さん:この『MEG ザ・モンスター』はお勧めです。最高なので皆さんご覧ください!

原西さん:吉本初のインド人原西です!

とボケて見せ、

鈴木さん:よろしくおねがいします!!!!!

と挨拶してイベントはスタート。本作の感想を

藤本さん:このMEGすごいですね!でかすぎて3Dや4Dで観ていないんですが、スクリーンから出てくるかと思った!絶叫マシーンに乗っているような感覚になったので大きなスクリーンで観て欲しいです。劇場で是非!

とコメント。

原西さん:終わるなと思ったところから恐怖が始まるので3、4本観た感じになって疲れました。映画で疲れるんだなと思いました!

と、本作では恐怖が終始続くことを明かし、

藤本さん:疲れて顔が小さくなったと思います!

と笑いを誘いながら原西さんに共感。

鈴木さん:久しぶりにこんなに迫力のある映画を観ました!最初から最後までハラハラで、観終わってから、映画を観て本当に良かったなと思いました!家族や友達、旦那に自慢しました!本当にマジで見て欲しい!1度ではなく何度でも見て欲しいですし、4Dでも観てみたいです!

と、本作を大絶賛!

映画情報どっとこむ ralph 本作では実在した超巨大ザメMEGが現代に蘇り、海水浴客に迫る恐怖を描くが、本作で一番驚いたシーンについて

藤本さん:MEGが一匹捉えられて記念撮影をしているシーン。あれはずるい!ホッとしたところにくるからやめて!

と見どころを語っているうちに恐怖が再燃したようでビビりだし、MCから「家族が襲われ誰か1人だけ助けるとしたら?」と問われると、

藤本さん:娘ですかね、嫁さんなら自分で戦えるんじゃないかな。自分も戦います!

とコメントし、サメの弱点が鼻の先であることも付け加えた。

原西さん:趣味で釣りをするんです。ルアーフィッシングで魚の形をしたものを使うんですが、この作品では人間がルアーになってサメを釣るんです!ルアー目線で見ちゃいました!

と、釣り好きならではのポイントからの見どころを教えてくれた。


実際に埼玉、宮城など日本でメガロドンの歯の化石が発見されて専門家からはまだ生きている可能性もゼロではないと言われており、会場にMEGの歯の実物が用意されると、「大きい!」と歯の大きさに3人は大興奮!

鈴木さん:でかすぎて怖い!この映画を観た後に海に行ったんですが、本当に現れたらどうしようと思って怖かったです。海に行くのも怖い・・・。

と、本作を観て、MEGが海にいると思うと海へ行くのが怖くなったことを吐露した。

本作では、国際色豊かなキャストが活躍していますが、主役のジェイソン・ステイサムについて、

藤本さん:うちの嫁さんが好きなんです。あの活躍を観たら男の俺でも惚れてしまう!ジェイソン・ステイサムみたいな髪形にしようと思う。

原西さん:メガロドン出てきたら失神します。男として(ステイサムに)惚れます!

鈴木さん:全女性の方が好きになると思う!私も惚れました!!

と、ステイサムのカッコよさに3人全員がメロメロの様子だった。

映画情報どっとこむ ralph また、一緒に映画館で本作を見るなら

藤本さん:嫁さんと行きたいです。子供が生まれてからあまり行けていないですが、恐怖映画でデートムービーとしてお勧めです!

原西さん:奥さんともいいですが、宮迫さん、宮川さん、チームゴリラで行こうと思います(笑)。

鈴木さん:大好きな旦那さん!この映画は、吊り橋効果があるのでデートにお勧め!好きな人との初デートやマンネリ気味の夫婦やカップルにいいと思います!ビックリするシーンでキャーってできるので、10年(旦那と)いるので吊り橋効果でもう一度、きゃーっていちゃいちゃドキドキしたい(笑)!

と、それぞれ思い思いに一緒に観たい相手について述べた。


最後に・・・・
これから本作を観る人に向けて、

鈴木さん:家族や友達と観ても楽しめます。観て後悔しない映画です!また、この映画は恋愛もあるんです!それがすごく楽しくて女性が見ても楽しめる映画です。

原西さん:日常生活でハラハラドキドキすることがないですが、この映画でハラハラドキドキできます。

藤本さん:嫁さん、子供とも観れる作品です!絶叫アトラクションが好きなんですが、ジェットコースターから落ちる感覚になる映画です。

と、アピールした。


イベントでは、いきなり3人に後ろから風が吹きかけられたり、魚の人形が降ってくるといったビビり要素が盛り込まれ、3人は終始絶叫しビビりが炸裂!

更に、得体のしれない恐怖を感じるMEGにちなんで箱の中身当てゲームをして、中に入っているフカヒレに鈴木がビビりまくったり、
マスコミ向けのフォトセッションでは藤本に渡された風船が割られるなど恐怖に見舞われながら行われ、イベントは大盛り上がりの中幕を閉じた。

MEG ザ・モンスター

公式サイト:
www.megthemonster.jp 

#MEGザモンスター
物語・・・
人類未踏の地とされる「マリアナ海溝」を超える深海が発見された。沖合に海洋研究所を構えた探査チームが最新の潜水艇で深海へと繰り出す。生物がほとんど存在しない冷たい深海の海域を超えると、そこには温かな海域が存在し、幻想的な未知の生物世界が広がっていた。世紀の発見に心を躍らす研究チームだったが、巨大な“何か”に襲われ、身動きがとれなくなってしまう。深海レスキューのプロである、ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)を救助に向かわせるが、彼の目に飛び込んできたのは200万年前に絶滅したと思われていた実在する巨大ザメ“メガロドン”だった―!!
***********************************

監督:ジョン・タートルトーブ『ナショナル・トレジャー』 
原作:スティーヴ・オルテン
出演:ジェイソン・ステイサム、リー・ビンビン、レイン・ウィルソン、ルビー・ローズ、マシ・オカ ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画 
宣伝:スキップ 
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.
   


『JAWS』をも超える全世界大ヒット!巨大鮫がヤバい!『MEG ザ・モンスター』


映画情報どっとこむ ralph 全世界で絶賛の声続々!
映画史の金字塔『JAWS』をも超える全世界大ヒット!
全世界初登場1位で大ヒットスタート「ミッション:インポッシブル」の3週連続1位を阻止し首位へ

<この夏はMEGがもらった!今、『MEG ザ・モンスター』がアツい!!>

9月7日の日本公開に先駆け、8月10日に全米で4,118のスクリーンで公開した『MEG ザ・モンスター』が、週末(8月10日~12日)で興行収入約4,450万ドルを上げ、全米初登場1位で断トツの首位を獲得した。

2位の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の興行収入三週連続首位を阻止し、見事、文字通りミッションをフォールアウト!

『レディ・プレイヤー1』『オーシャンズ8』を超えて2018年公開のワーナー映画で週末ランキング圧倒的NO.1でトップの成績を叩きだした!

ジェイソン・ステイサム主演作の中でも最大のヒット作品ともなった。
また、全世界42か国でも同日公開され、中国、メキシコ、ロシア、イギリス、スぺイン、マレーシア、インドネシア、ブラジル、イタリア、アラブ首長国連邦 他、全世界28か国でも首位を獲得!
中でも、中国は12,650スクリーンで公開され、約5,030万ドルを記録と、全米の週末3日間の興行成績を上回る空前の大ヒットを記録している。

今後は、韓国(8月15日)、オーストラリア(8月16日)、フランス(8月22日)とメジャーな市場での公開が控えています。
映画情報どっとこむ ralph MEG ザ・モンスター
原題:THE MEG

9 月 7 日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか IMAX3D 4D 全国公開

公式サイト:
www.megthemonster.jp
#MEGザモンスター


物語・・・
人類未踏の地とされる「マリアナ海溝」を超える深海が発見された。沖合に海洋研究所を構えた探査チームが最新の潜水艇で深海へ と繰り出す。生物がほとんど存在しない冷たい深海の海域を超えると、そこには温かな海域が存在し、幻想的な未知の生物世界が広がっていた。 世紀の発見に心を躍らす研究チームだったが、巨大な“何か”に襲われ、身動きがとれなくなってしまう。深海レスキューのプロである、ジョ ナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)を救助に向かわせるが、彼の目に飛び込んできたのは 200 万年前に絶滅したと思われていた実在す る巨大ザメ“メガロドン”だった!!

***********************************


監督:ジョン・タートルトーブ『ナショナル・トレジャー』
原作:スティーヴ・オルテン
出演:ジェイソン・ステイサム、リー・ビンビン、レイン・ウィルソン、ルビー・ローズ、マシ・オカ ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
宣伝:スキップ
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.
2018 年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/113 分/映倫:G 指定


筋肉兄貴スタローンが駆け付けた! ジェイソン・ステイサム『MEG ザ・モンスター』熱狂の LA プレミア映像到着!!


映画情報どっとこむ ralph この度、200 万年前に実在した超巨大ザメ メガロドン通称 <MEG メグ >が現代に甦る海洋パニック・エンターテイメント超大作『MEG ザ・モンスター』が 9月 7 日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開いたします。
主演の深海レスキューダイバー、ジョナス・テイラーを『ワイルド・スピード』シリーズのジェイソン・ステ イサムが務め、監督には『ナショナル・トレジャー』のジョン・タート ルトーブ。

撮影を『アメリカン・スナイパー』を筆頭にクリント・イーストウッド作品を担当し続けているトム・スターン、美術をアカデミー賞受賞『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のグラント・メイジャーが 担当するなど超豪華結集!

映画情報どっとこむ ralph そして!
8 月10日(現地時間)に本国公開を迎える『MEG ザ・モンスター』のプレミアが開催されました!
真夏の熱い太陽の下負けず盛り上がったハリウッド TCL チャイニーズシアターで行われた LA プレミア!

会場には 迫力満点のメグに見立てた車がお出迎え!

ほとんどが水上・水中シーンの本作らしく会場床は海柄! その上には劇中では見ることにできないビシっと決まったスーツ姿のジェイソン姿が!

そして、そこに現れた のは「エクスペンダブルズ」で共演をしている大物アクションスター、シルべスター・スタローン!
エクスペ ンダブルファミリー、ジェイソンと肩を組む、アクションファンにはたまらない、共演!


サウンドバイツで

ジェイソン:これは典型的なモンスター映画だ!メガロドン<MEG>ほどのサイズだったらモンスターて言ってもいいよな?いつもはこういう映画には出ないんだよ。いつもとは違っ た方向の作品ってことだ!

といつもとは違う巨大ザメとの水中戦を興奮気味に語りました!

また、 本作の出演に関して

ジェイソン:俺はスキューバを何年も続けていて、海が最高に好きなんだ。だからこの役 は絶対にやりたかったんだ!

と語りました。

MEG ザ・モンスター
原題:THE MEG

9 月 7 日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか IMAX3D 4D 全国公開

公式サイト:www.megthemonster.jp
#MEGザモンスター

物語・・・
人類未踏の地とされる「マリアナ海溝」を超える深海が発見された。沖合に海洋研究所を構えた探査チームが最新の潜水艇で深海へ と繰り出す。生物がほとんど存在しない冷たい深海の海域を超えると、そこには温かな海域が存在し、幻想的な未知の生物世界が広がっていた。 世紀の発見に心を躍らす研究チームだったが、巨大な“何か”に襲われ、身動きがとれなくなってしまう。深海レスキューのプロである、ジョ ナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)を救助に向かわせるが、彼の目に飛び込んできたのは 200 万年前に絶滅したと思われていた実在す る巨大ザメ“メガロドン”だった!!

***********************************

監督:ジョン・タートルトーブ『ナショナル・トレジャー』
原作:スティーヴ・オルテン
出演:ジェイソン・ステイサム、リー・ビンビン、レイン・ウィルソン、ルビー・ローズ、マシ・オカ ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
宣伝:スキップ
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.
2018 年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/113 分/映倫:G 指定


主演初日に瀧内公美「女優を選んだことは間違いじゃない」


映画情報どっとこむ ralph 『さよなら歌舞伎町』、『ヴァイブレータ』など、自分の居場所を探し求める大人たちの衝突や愛を、時に鋭く時に温かく描いてきた廣木隆一監督。

どうしても描きたかったという自身の処女小説の映画化であり、文芸作品の映像化に定評がある廣木監督の真骨頂ともいえる新作映画『彼女の人生は間違いじゃない』が、7月15日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館他にて全国順次公開となりました。

週末になると高速バスで渋谷に向かい、円山町でデリヘルのアルバイトをする主人公みゆき。週末が終わって彼女が戻る先は、父と二人で暮らす福島の仮設住宅だ。ふたつの都市を行き来する日々に、彼女が求めたものとは─?

初日舞台挨拶が舞台の一つの渋谷で行われ、主演の瀧内公美さんをはじめ、光石研さん、高良健吾さん、廣木隆一監督、そして主題歌を歌うジャスシンガーmegさんが登壇しました。

映画『彼女の人生は間違いじゃない』初日舞台挨拶
日付:7月15日(土) 
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:瀧内公美、光石研、高良健吾、廣木隆一監督、meg

映画情報どっとこむ ralph 満席の劇場に

瀧内さん:暑い中、ありがとうございます。宜しくお願いいたします。

光石さん:今日は本当にお暑い中ありがとうございます。何かを見て感じて、どうぞ宣伝してください!

高良さん:この映画が原作として生まれる時から話を聞いていたので、映画の公開まで立ち会えて嬉しいです。

そして

廣木監督:今ここに居れることが嬉しく、興奮しています。

とようやく公開初日を迎え、笑顔を見せました。

映画情報どっとこむ ralph 本作の撮影を振り返り、

瀧内さん:経験したことのない感覚だけど、実際に起きたことでもあるから、(そういった感情を)表現しないといけないことは難しかったけれど、廣木監督とスタッフの皆さんに助けてもらいました。

主人公のみゆきに共感する部分を問われて、

瀧内さん:みゆきは前に進む力がある、自分の失った居場所を探す力があって、すごく強い人だなと思いました。

と振り返った。

オーディションで瀧内さんを抜擢した事について

廣木監督:最初にあった時に、この人しかいないと思った。瀧内の抱えている悩みが、主人公に通じるなと。でも現場ではなかなか手強かったね(笑)

と現場での様子を語った。

瀧内さん:廣木さんは怖い部分もあるけれど、ちゃんと現場で、(みゆきの)感情が出てくるまで待ってくれる優しい人。温かく見守ってくれる監督には、今まで出会ったことがなかったです。

と監督との出会いに感謝。

光石さん:70年代に映画の世界に入った時の匂いを残している現場。映画の現場という感じ。瀧内さんが全身全霊でぶつかっている姿を見て、一生懸命やらないといけないと思わされましたね。

と振り返った。

廣木監督作品に数多く出演している高良さんは

高良さん:今まで大切にしてきたものを現場で出し切った。普段、ご飯はよく食べに行くけど、仕事の現場は久しぶりだったので、今の自分はこれですいう感じを全て出しました。

と語ると、

廣木監督:とても成長したなと思った。とても助けられましたね。」と高良を讃えた。高良は「出会って12~3年経ってるんで、成長していないとね(笑)

と笑顔を見せました。

福島を舞台にしていることについて尋ねられた

廣木監督:福島のというより日本のどこかにある風景だと思って撮った。原作ものの映画もよく撮っているが、原作と映画はそれぞれのものと思ってやってきた。映画で感じたことをそのままやれれば良いと考えている。

と話した。

映画情報どっとこむ ralph 映画のタイトルにちなみ、各々の「私の○○は間違いじゃない」を発表。

瀧内さん:この仕事を選んだことは間違いじゃない。
作品を通して、お世話になった人たちに自分の成長を見せられるのはこの仕事ならではと思うんです。実は今日、両親が来ているんです!

と話すと、会場から大きな拍手が起こり、客席の両親に手を振った。

光石さん:もう梅雨明けは間違いない。

と断言。

高良さん:“こうら”は間違いじゃない。

と、自身の苗字のイントネーションが「こうら(語尾上げ)」でも「こうら(語尾下げ)」でも気にならなくなったと告白。

そして、

廣木監督:ボクの女好きは間違いじゃない。

とぶっちゃけ、さもあらん会場からは笑いが起こった。

高良さん10代の頃からずっと知っているけど、ご飯に行く度に毎回連れてくる女の人が違うんですよ。

と暴露。


また、本作の主題歌を担当したmegさんが花束プレゼンターとして登場。
主演の瀧内からは「作品すべてを包むような主題歌で、とても助けられました。」と主題歌への思いを語り、

megさん:廣木監督のふるさとへの思いを強く感じ、出演者のお芝居に心掴まれました。登場人物に少しでも寄り添えるようにと思って歌いました。

と語った。

11月に開催されるフランス最大の日本映画祭「KINOTAYO(キノタヨ)現代日本映画祭」のコンペティション部門に出品されることが発表されると、瀧内さんや廣木監督らは「嬉しいです、行きたい!」と喜んだ。

最後に、

瀧内さん:ここにいるキャストと廣木監督とみんなで真摯に、思いを込めて作った作品。どうやって伝わるかは分からないし、否定されるかもしれないけど、すべてを肯定してくれる映画だと思います。

と思いの丈を語り、

光石さん:しっかりと見ていただき、宣伝してやってください。
高良さん:映画の表現で福島の今、残された人や残った人々を優しい眼差しで描いている作品だと思います。ぜひ多くの方に観てもらいたい。

と本作への思いを語った。そして

廣木監督:現地のスタッフがたくさん協力してくれた映画。皆さんに応援してもらえると嬉しいです。

と締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 週末になると高速バスで、福島から東京へと向かう。

円山町のアルバイト先のデリヘルに向かうために。

人は与えられた運命から逃げ出したくなることがある。そんな時みゆきは、仮設住宅で父と二人で暮らす福島から高速バスに乗り、渋谷へ向かう。円山町のアルバイト先のデリヘルに向かうために。

2つの都市を行き来する日々に、みゆきが見たものとは?
戻る場所もなく進む未来も見えない者たちは、もがきぶつかり合いながらも光を探し求める――。


***********************************

監督:廣木隆一『さよなら歌舞伎町』『ヴァイブレータ』
原作:廣木隆一「彼女の人生は間違いじゃない」(河出書房新社)

出演:瀧内公美 光石研 高良健吾 柄本時生 篠原篤 蓮佛美沙子 他

主題歌:meg「時の雨」(Gambit Records)

提供:ギャンビット、ギャガ 
配給:ギャガ 
(C)2017『彼女の人生は間違いじゃない』製作委員会
R-15