「波瑠」タグアーカイブ

『アゲイン 28年目の甲子園』中井貴一、波瑠ら登場のメイキング特別映像が解禁



大森寿美男監督が全国の元高校球児が世代を超えて出身校別にチームを作り、再び甲子園を目指して戦う実在する大会「マスターズ甲子園」を舞台に、かつて忘れようとした夢に再び挑戦する不器用な大人たちの姿を描いた

アゲイン 28年目の甲子園』。

今年11年目となるマスターズ甲子園のプログラム”甲子園キャッチボール”に、主演の中井貴一、波瑠、工藤阿須加、柳葉敏郎が特別参加し大会を盛り上げた際のメイキング特別映像が解禁となりました。

アゲイン 28年目の甲子園
今回解禁された映像は、2014年11月16日に阪神甲子園球場で行われた、マスターズ甲子園本大会での映像。

この日行われた記者会見に出席した、マスターズ甲子園の応援団長であり原作者・重松清が
「僕も泣きました・・・アゲインが、もう一度があっていいんじゃないか」

と話すところから始まります。

また、12月5日(金)には、2006年から大会の応援団長を務める重松清によるマスターズ甲子園のルポルタージュであり、この映画の原点になった「夢・続投!マスターズ甲子園」(2007年刊)の文庫版が発売となりました。

映画『アゲイン 28年目の甲子園』

は2015年1月17日(土)より全国ロードショー!

公式HP: http://www.again-movie.jp

********************************************************************

物語・・・
かつて熱血高校球児だった坂町だが、今や仕事にも張りはなく、野球とも無縁の生活を送っていた。そんな坂町のもとに、ある日突然、元チームメイトの娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。<マスターズ甲子園>のスタッフとして働く美枝から大会への参加を持ちかけられるが、「今さら」と断る坂町。28年前の高校3年生の夏に起こった事件により甲子園への夢を断たれた坂町は、自らの思いにフタをしたつもりでいた。だが、父親の思い出を追い求める美枝と接するうちに、坂町は離婚した妻が亡くなって以来、絶縁状態の娘・沙奈美とちゃんと向き合うことをせず、ずっと逃げてきたことに気づく。「あの夏」に決着をつけなければ前へは進めない。坂町はマスターズ甲子園への参加を決意し、事件のことを知りながらずっと姿を消していた元マネージャー・立原裕子に、一通の手紙を送る。現れた裕子の口から語られたのは、彼が全く知らない真実だった…。

原作:重松清「アゲイン」(集英社「小説すばる」連載)より   
監督・脚本:大森寿美男  
主題歌:浜田省吾「夢のつづき」(SMEレコーズ)
出演:中井貴一、波瑠、和久井映見、柳葉敏郎、門脇麦、太賀、工藤阿須加、西岡德馬 ほか  
製作/「アゲイン」製作委員会
配給:東映 
©重松清/集英社 ©2015「アゲイン」製作委員会
  


映画『アゲイン 28年目の甲子園』 × 田中裕二の野球部コラボイベント


元高校球児が再び甲子園を目指す実在の大会<マスターズ甲子園>を舞台に描かれた映画

『アゲイン 28年目の甲子園』

が来年1月17日(土)より全国公開となります。

本作は、全国の元高校球児が世代を超えて出身校別にチームを作り、再び甲子園を目指す実在する大会「マスターズ甲子園」を舞台に、かつて忘れようとした夢に再び挑戦する不器用な大人たちの姿を描いたもの。

出演者に中井貴一さん、波瑠さん、和久井映見さん、柳葉敏郎さん、門脇麦さんほか豪華。そして、主題歌を浜田省吾さんの「夢のつづき」(SMEレコーズ)とするなど話題となっています!

野球好きの芸人、業界人、一般人が集まってプロ野球や高校野球の予想や振り返りなどをトークする田中裕二さんの野球部に、映画『アゲイン 28年目の甲子園』の監督・脚本を務める大森寿美男監督が過去3回ゲスト出演していることから、今回、本作とのコラボイベントが実現した。

again3
11月24日(月祝)、新宿バルト9にて開催された、田中裕二さんの野球部「アゲイン 28年目の甲子園」編には爆笑問題の田中裕二さんを筆頭に、Wコロンのねづっちさん・木曽さんちゅうほか、大森寿美男監督が登壇し、熱い野球トークを繰り広げました。

映画『アゲイン 28年目の甲子園』×田中裕二の野球部 コラボイベント

日程:11月24日(月祝)21:10~22:10
場所:新宿バルト9 シアター3 (東京都新宿区新宿3丁目1-26 新宿三丁目イーストビル)
登壇ゲスト:田中裕二(爆笑問題)、ねづっち(Wコロン)、木曽さんちゅう(Wコロン)、大森寿美男監督ほか

本編上映後のイベントだったことから、最初にゲストたちが『アゲイン 28年目の甲子園』の感想を述べ、Wコロンのねづっちが「腹ペコのときにボリュームのある食事を出されたような気分です。大盛り(大森)に感謝です!」と得意の謎かけを披露し、映画の感動に浸っていたはずの会場を一気に笑いの渦に引き込みました。

田中裕二さんは「中井さん(演じる坂町)の娘役の門脇麦ちゃんが素晴らしかった!」と、門脇麦の演技を大絶賛。大森監督も「何度もオーディションをやったんですが、今の父娘の微妙な距離感を演じられる子がなかなかいなくて、最後に麦ちゃんに会って、こちらから何も言わずともすぐに出来ていたんです。彼女には、父親への反発の仕方を愛想よくやってほしいと言いました」と、田中の意見に同意。

again1
主演の中井貴一さんが野球の経験者でないことに言及されると、

大森監督は「中井さんはテニス経験者だったので、投げたり打ったりすることはなんとかなる、と。ただバッターボックスまで歩いたり、バットを持つしぐさなどはこいつ素人だなとバレるのでは?と怖がっていました。『そういうところを撮らないと約束してくれるならやります』と言われましたね(笑)。でも台本に出てくる野球シーンは一生懸命練習して臨んでくれました」と意外なエピソードを暴露した。野球を見る目は玄人な他のゲストの面々は「映画を観ても、中井さんが経験者じゃないって信じられませんでしたよ」と賞賛の嵐。

また、この日はゲスト皆、映画で実際に使われた主人公たちの学校のユニフォームを着ていたが、「中井さんが野球のユニフォーム姿が似合いすぎる」と田中さん。他のゲストたちが大きく頷き同調すると、「ユニフォームの下のふくらはぎなんて、原辰徳そっくり!」と超マニアックな発言も飛び出し、会場を沸かせた。大森監督も「役者さんて細い方が多いけれど、中井さんは胸板が厚いから似合うんでしょうね」と付け加えました。

「甲子園での試合は実際に真剣勝負をしてもらったんです。それを台本に合わせてつないだので、役者たちの素のリアクションが出ているんです」と甲子園球場での撮影エピソードを語った大森監督は、最後に「この映画を観て幸せを感じていただけたのであれば、その幸せを誰かの胸に投げてください」と本作をアピールし、イベントを締めくくりました。

『アゲイン 28年目の甲子園』

2015年、1月17日(土)より全国ロードショー
公式サイト:www.again-movie.jp

********************************************************************


『アゲイン 28年目の甲子園』

原作:重松清「アゲイン」(集英社「小説すばる」連載)より
監督・脚本:大森寿美男
主題歌:浜田省吾「夢のつづき」(SMEレコーズ)
出演:中井貴一、波瑠、和久井映見、柳葉敏郎、門脇麦、太賀、工藤阿須加、西岡德馬 ほか
配給:東映
©重松清/集英社 ©2015「アゲイン」製作委員会


『アゲイン 28年目の甲子園』キャッチボールイベント報告!


映画『アゲイン 28年目の甲子園』が来年1月17日より全国公開となります。

この映画のモチーフでもある「マスターズ甲子園」。
試合終了後に行われる、試合に出場した選手がそれぞれの<大切な人>とキャッチボールを行う【甲子園キャッチボール】に、今年は映画の主要キャストが参加しました。

1116アゲイン
また、甲子園キャッチボールイベント時に、本作の主題歌である浜田省吾さんの「夢のつづき」が全曲初お披露目となりました。

映画『アゲイン 28年目の甲子園』×「マスターズ甲子園」イベント 詳細
日 程:11月16日(日)
場 所:(兵庫県西宮市甲子園町1-82)
登 壇:中井貴一、波瑠、柳葉敏郎、工藤阿須加、重松清(映画原作者・囲み取材のみ)

大会の開催を祝うかのような快晴に恵まれ、本年で10回目をむかえたマスターズ甲子園。前日から続く激闘の後、毎年恒例の「甲子園キャッチボール」に、『アゲイン 28年目の甲子園』のキャストである中井貴一、波瑠、柳葉敏郎、工藤阿須加の4名が登場しました。

いくつかにグループ分けされた最終ブロックに登場した4人は、すべての高校球児たちの憧れの地である阪神甲子園球場の土の上で、一般の参加者らとともに約7分間心地よい汗を流しました。

4人がキャッチボールをしている間のBGMとして、作品の主題歌である浜田省吾さんの新曲「夢のつづき」が、全曲解禁となりました。この新曲のCDジャケットに写っているキャッチャーミットを、実際に中井さんが使用していました。

1116アゲインキャッチボールシーン
キャッチボール終了後、グラウンドの上で4人のインタビューが行われ、司会者からキャッチボールの感想を聞かれると、キャストは以下のように答えました。

中井さん:学生時代自分はずっとテニスをやっていたので、甲子園球場自体に思い入れは無かったんです。しかし昨年、この作品の撮影で実際に甲子園球場のグラウンドに立つと、共演役者陣が全員感動で涙を流していたのを見て、甲子園の偉大さが分かりました。自分はこの「マスターズ甲子園」という大会を知らなかったのですが、本当に素晴らしい大会なので今後この作品を通じて広まってくれると良いなと持っています。

波瑠さん:私も昨年甲子園を訪れ、大会ボランティアスタッフの皆さんの頑張る姿がとても印象に残っています。

工藤さん:実は生まれてから今まで野球をしたことがありませんでしたが、今回、この作品に出演し大好きになりました。興奮しながら芝居をすることが出来ました。

柳葉さん:(フルテンションで観客に向かって)こんにちは!!聖地・甲子園球場最高です!
この場所は日本人にとって特別な場所。日本の文化ともいえると思う。今回甲子園キャッチボールを経験させてもらって、改めて映画を通じてマスターズ甲子園のよさを皆さんに知って頂ければと思います。

その後、閉会式が行われ、4人は本日の出場校全選手らとともに「栄光は君に輝く」を斉唱しました。

最後に場所を室内練習場に移し、囲み取材。そこには、なんと今大会の公式応援団長であり、映画の原作者でもある重松清さんが登場。

作品について聞かれた

重松さん:必死に毎日生きている人たちが、もう一度何かに夢中になって頑張っている姿を見て欲しい。そんな思いで本を書きました。実際に私も作品を見て泣きました。おじさんおばさん世代、反発することもある若者世代、双方が分かり合える時間はあると思っている。私たちの世代で中井さん、柳葉さんは大スター。オヤジの手本を見せてくれて嬉しい。

同じ質問にキャスト陣は

中井さん:甲子園を生で見て、一番感動したのは必死に応援するブラスバンド部の姿。マスターズ甲子園は野球の大会ではなく、“想い”の大会であると思う。それを観客に伝えられるよう、一生懸命演じました。

波瑠さん:正直、最初は不安で一杯だった。中井さんや柳葉さんのお相手が私で務まるのだろうか?と。皆さんに必死でついてゆくだけでした。今では大変価値のある時間を過ごせたと思っています。

工藤さん:野球をやったことが無いんじゃないかと思われるのがイヤだったので、多いときで一日500回~1000回素振りの練習をしました。私たちのような世代にもきっと共感してもらえると思うので、作品の家族愛の部分を見て欲しいです。

柳葉さん:私がこの作品を引き受けた理由は2つあって、1つは野球ができるから。もう1つは、中井貴一と一緒に仕事ができるから。この2つだけで達成感のある仕事ができるかなと思った。実際、今は達成感で満ち溢れています。これから一歩を踏み出す人の参考になると思っています。

最後に、中井さん、柳葉さん、工藤さん全員がテニス経験者であることに因み、前日行われた錦織圭選手の試合について聞かれると中井さんが「錦織選手は絶対勝てると思っていたので残念です。でも、本当に頑張っていました」と答えると、柳葉さんも工藤さんもウンウンとうなずく場面もありました。

『アゲイン 28年目の甲子園』
2015年1月17日(土)全国ロードショー!
公式サイト:www.again-movie.jp
********************************************************************

物語・・・・
元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。あの白球を追った日々は遠い昔。

もはや仕事に張りはなく、離婚した妻が亡くなって以来、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は別居していた父親の遺品の中に、坂町や元ピッチャーの高橋(柳葉敏郎)ら、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年書きながらも出さずにいたのか、知りたいと願っていた。

元高校球児が再び甲子園を目指す<マスターズ甲子園>のスタッフとして働く美枝は、坂町に大会への参加を勧める。予測がつかないことは敬遠する、いわゆるサビついたオヤジである坂町は「今さら」と断ったが、本当の理由はまた別にあった。

坂町達が甲子園に行けなかった原因は美枝の父にあったのだ。28年前のある事件。それは美枝にだけは話したくなかった。

あの日、夢を断たれた坂町は、自らの思いにフタをしたつもりでいた。高橋もまた同じ気持ちだった。

そして彼は甲子園に出てさえいればプロになっていたかも知れない、と自分の冴えない現状をあの夏のせいにしていた。

父親の思い出を追い求める美枝と接するうちに、坂町は娘・沙奈美とちゃんと向き合うことをせず、
ずっと逃げてきたことに気付く。そして現実と折り合いをつけ、思い出を上手に諦めることで、
自分自身を騙し続けてきたことにも。「あの夏」に決着をつけなければ前へは進めない。坂町はマスターズ甲子園への参加を決意し、再び人生のグラウンドに走り出す。

坂町は、事件のことを知りながらずっと姿を消していた元マネージャー・立原裕子(和久井映見)に、一通の手紙を送る。現れた裕子の口から語られたのは、彼らが全く知らない真実だった。

原作:重松清「アゲイン」(集英社「小説すばる」連載)より
監督・脚本:大森寿美男
主題歌:浜田省吾「夢のつづき」(SMEレコーズ)
出演:中井貴一、波瑠、和久井映見、柳葉敏郎、門脇麦、太賀、工藤阿須加、西岡德馬 ほか
配給:東映
(C)重松清/集英社 (C)2015「アゲイン」製作委員会


新山詩織ライブ付き『絶叫学級』試写レポ


『絶叫学級』実写映画化は、いよいよ6月14日(金)より全国公開されますが

本日、本作品の一般試写会にて主題歌を担当している、現役高校生シンガーソングライターとして注目されている新山詩織さんが登場し、アコースティックライブ付き試写会が行われました。

映画『絶叫学級』新山詩織アコースティックライブ付き一般試写会
日程:6月2日(日)13:00イベント開始
場所:お台場シネマメディアージュ スクリーン2
登壇ゲスト:新山詩織(17)

アコースティックライブ 楽曲リスト:
♯1 主題歌「Don’t Cry」 7/10リリース(2ndシングル)
♯2 劇中歌「ゆれるユレル」 4/17リリース(1stシングル)

主題歌「Don’t Cry」を披露した新山は、観客の皆さまの前で初めての映画主題歌書き下ろしとなったこの曲の制作エピソードを語りました。

「この映画の主題歌のお話を頂いたとき、とても嬉しかったです。映画の中だけじゃなく、普通に過ごしていてもその時の”たった一言”で何かが大きく変わってしまうんじゃないか、というのが映像を見させて頂いたときに一番に出てきて、凄く自分自身とリンクする部分があったので、この言葉をキーワードにして書きました。1つ1つの言動で人の心は簡単に動いてしまう。この世で何よりも怖いのは”人”なんだなと感じました。」

ギターのピックを握ると凛とした表情となり、心の葛藤や感情のゆらぎをメロディにのせ、主題歌「Don’t Cry」 7/10リリース(2ndシングル)と劇中歌「ゆれるユレル」 4/17リリース(1stシングル)の2曲を披露し、会場からは拍手が沸き起こりました。


そして囲み取材!

■先ほどのライブはとても緊張していたようですがいかがでしたか?

新山:ライブハウスとか全く空気が違ったので、はじめての体験で緊張しました。
映画館で歌うのは始めてなので、緊張しましたが、歌う事が好きなので、自分らしく歌えたと思います。


■4月にデビューされてしばらくたちましたが、まわりの反応は?

新山:みんな静かに応援してくれています。


■今回、ホラー映画の主題歌ですが、ホラー映画は好きですか?

新山:ホラー映画はあまり見ません(笑)。
コメディとか明るい感じの作品より、
和やかな、素朴な感じの映画が好きです。

■最近観た映画は?

新山:この前、やっと『桐島、部活やめるってよ』を観ました。
あの作品も学校生活を描いていますが、1人1人すごいキャラが濃いなと思いました。
話の流れは難しかったんですが、「ここ私にも経験がある」と思うこともたくさんありました。

■映画の主題歌は初めてでしたが、いかがでしたか?

新山:書き下ろしだったんですが、歌詞を作る時は思った事をそのまま書くようにしているので、
もちろん映画に寄り添って書いた部分はありますが、
自分自身が本当に思っていることなので、あまり、映画の主題歌の為に書くという面での違いはなかったです。

■ギターを持つと表情がかわりますね。

新山:ギターを持つと安心します。

■『絶叫学級』というタイトルですが、普段絶叫することはありますか?最近絶叫した体験は?

新山:表にだして叫ぶ事はないですけど、自分の中では叫んでいることは多いです。

■最近叫びたくなったことは?

新山:自分がいつも好きで見に行っていたROCK IN JAPAN FESに自分が出演できることになったことです。
実際に叫んではいませんが、かなり嬉しかったです。

■アーティストとしての目標は?

新山:チバユウスケさん(The Birthday)のような、ステージに立っているだけで「かっこいい」ひと、
存在だけでかっこいいと思われるようなアーティストになりたいと思います。

川口春奈さん主演の『絶叫学級』は6月14日(金)より
TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開です。

********************************************************************


【絶叫学級とは・・・】
2008年 りぼん10月号より連載開始。現在まで、コミックス13巻まで刊行。シリーズ累計130万部(※みらい文庫・リミックス含む)の大ヒットホラー。これまで、「おはスタ」での2度のアニメ化や、AKB48メンバー出演によるVOMICなど、各種メディア化もされている。人間の心の中に潜む“ちょっとした悪”をあぶり出し、読者にまざまざと提示するストーリーは、ホラーというジャンルにとどまらず、高い評価を受けている。

【あらすじ】
加奈は中高一貫教育の私立女子校に通う女の子。小学校では明るい性格でクラスのアイドルだったが、今では成績も運動神経も家柄も平均的。良くも悪くも目立たない普通の子というのが定位置になっていた。ある日、親友の絵莉花から学校に伝わる都市伝説を聞く。『12年前の事故で亡くなった女の子が黄泉となって旧校舎に出るらしい・・・。黄泉に願い事をすると何でも夢が叶うという。ただそれと引き換えに大事なものも失ってしまう』。 それを聞いた加奈は、「じゃあ、誰よりも可愛くなりたい!」と、憧れの学校の人気者リオに思いをはせるのだった。
ある日、軽い気持ちで受けた読者モデルとしての写真が雑誌に取り上げられ、クラスで話題になった。これをきっかけに、リオたちに目をつけられることになってしまった。加奈は〈最低ランク〉へと転落してしまうのだ。なんとか今の状況を変えるため、加奈は立入禁止となっている旧校舎で、黄泉に禁断の願い事をしてしまうことに・・・。 欲望にとりつかれた人間の怖さをリアルに描き、学園ホラー史に新たな「絶叫」が刻み込まれる。


タイトル:『絶叫学級』
原作:いしかわえみ「絶叫学級」 (集英社「りぼん」連載)
キャスト:川口春奈、広瀬アリス、松岡茉優、栗原類・波瑠・山本美月
主題歌:「Don’t Cry」新山詩織(Being)
公開表記:2013年6月14日(金)公開
上映時間:77分
監督:佐藤徹也
脚本:三浦有為子(「明日の記憶」日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞)
撮影:芦澤明子(「贖罪」「わが母の記」)
プロデューサー:長澤佳也
配給:東宝映像事業部
©2013 いしかわえみ/集英社・「絶叫学級」製作委員会
公式HP:www.zekkyo-movie.com


『絶叫学級』 6月14日に公開決定!


リアルとファンタジーが交錯する「最後は人間が一番怖い物語」

シリーズ累計発行部数120万部!
少女まんが雑誌「りぼん」連載中 大ヒットネ申ホラーコミック

『絶 叫 学 級』

主演の川口春奈を筆頭に今年大注目の“絶叫級”美少女キャストと、モデルや、バラエティ番組でも大活躍の栗原類らによる実写映画の公開日が2013年6月14日に決定いたしました。

キャストは川口春奈、広瀬アリス、松岡茉優、栗原類、波瑠、山本美月。
監督は佐藤徹也、脚本は「明日の記憶」で日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞した三浦有為子。

豪華です!。

公式YouTubeチャンネル:http://youtu.be/_ovByYIqoXM
も解禁です。

そして、3月23日より、全国の劇場で“絶叫”必須の本予告の上映をスタートします。

劇場の大画面で。。。絶叫の。。。。。予告を。是非。

絶叫学級:川口春奈・松岡茉優
絶叫学級 川口春奈、松岡茉優
©2013 いしかわえみ/集英社「絶叫学級」製作委員会
********************************************************************


【絶叫学級とは・・・】 
2008年りぼん10月号より連載開始。現在まで、コミックス13巻まで刊行。
シリーズ累計120万部(※みらい文庫・リミックス含む)の大ヒットホラー。
これまで、「おはスタ」(テレビ東京系列 毎週(月)~(金) あさ6:45~)での2度のアニメ化や、AKB48メンバー出演によるVOMICなど、各種メディア化もされている。

人間の心の中に潜む“ちょっとした悪”をあぶり出し、読者にまざまざと提示するストーリーは、ホラーというジャンルにとどまらず、高い評価を受けている。

【あらすじ】
加奈は中高一貫教育の私立女子校に通う女の子。小学校では明るい性格でクラスのアイドルだったが、今では成績も運動神経も家柄も平均的。良くも悪くも目立たない普通の子というのが定位置になっていた。

ある日、親友の絵莉花から学校に伝わる都市伝説を聞く。

『12年前の事故で亡くなった女の子が黄泉となって旧校舎に出るらしい・・・。黄泉に願い事をすると何でも夢が叶うという。ただそれと引き換えに大事なものも失ってしまう』。
それを聞いた加奈は、「じゃあ、誰よりも可愛くなりたい!」と、憧れの学校の人気者リオに思いをはせるのだった。

ある日、軽い気持ちで受けた読者モデルとしての写真が雑誌に取り上げられ、クラスで話題になった。これをきっかけに、リオたちに目をつけられることになってしまった。加奈は〈最低ランク〉へと転落してしまうのだ。なんとか今の状況を変えるため、加奈は立入禁止となっている旧校舎で、黄泉に禁断の願い事をしてしまうことに・・・。

欲望にとりつかれた人間の怖さをリアルに描き、学園ホラー史に新たな「絶叫」が刻み込まれる。。


『絶叫学級』
原作:いしかわえみ「絶叫学級」 (集英社「りぼん」連載)
キャスト:川口春奈、広瀬アリス、松岡茉優、栗原類・波瑠・山本美月
公開表記:2013年6月14日(金)公開 / 上映時間:77分
監督:佐藤徹也
脚本:三浦有為子(「明日の記憶」日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞)
撮影:芦澤明子(「贖罪」「わが母の記」)
プロデューサー:長澤佳也

製作:リバプール、集英社、東宝
制作:リアルプロダクツ
配給:東宝映像事業部 
©2013いしかわえみ/集英社「絶叫学級」製作委員会 
公式サイト:http://mitewaikenai.com/zekkyo-gakkyu/