「サイコ」カテゴリーアーカイブ

新山詩織ライブ付き『絶叫学級』試写レポ


『絶叫学級』実写映画化は、いよいよ6月14日(金)より全国公開されますが

本日、本作品の一般試写会にて主題歌を担当している、現役高校生シンガーソングライターとして注目されている新山詩織さんが登場し、アコースティックライブ付き試写会が行われました。

映画『絶叫学級』新山詩織アコースティックライブ付き一般試写会
日程:6月2日(日)13:00イベント開始
場所:お台場シネマメディアージュ スクリーン2
登壇ゲスト:新山詩織(17)

アコースティックライブ 楽曲リスト:
♯1 主題歌「Don’t Cry」 7/10リリース(2ndシングル)
♯2 劇中歌「ゆれるユレル」 4/17リリース(1stシングル)

主題歌「Don’t Cry」を披露した新山は、観客の皆さまの前で初めての映画主題歌書き下ろしとなったこの曲の制作エピソードを語りました。

「この映画の主題歌のお話を頂いたとき、とても嬉しかったです。映画の中だけじゃなく、普通に過ごしていてもその時の”たった一言”で何かが大きく変わってしまうんじゃないか、というのが映像を見させて頂いたときに一番に出てきて、凄く自分自身とリンクする部分があったので、この言葉をキーワードにして書きました。1つ1つの言動で人の心は簡単に動いてしまう。この世で何よりも怖いのは”人”なんだなと感じました。」

ギターのピックを握ると凛とした表情となり、心の葛藤や感情のゆらぎをメロディにのせ、主題歌「Don’t Cry」 7/10リリース(2ndシングル)と劇中歌「ゆれるユレル」 4/17リリース(1stシングル)の2曲を披露し、会場からは拍手が沸き起こりました。


そして囲み取材!

■先ほどのライブはとても緊張していたようですがいかがでしたか?

新山:ライブハウスとか全く空気が違ったので、はじめての体験で緊張しました。
映画館で歌うのは始めてなので、緊張しましたが、歌う事が好きなので、自分らしく歌えたと思います。


■4月にデビューされてしばらくたちましたが、まわりの反応は?

新山:みんな静かに応援してくれています。


■今回、ホラー映画の主題歌ですが、ホラー映画は好きですか?

新山:ホラー映画はあまり見ません(笑)。
コメディとか明るい感じの作品より、
和やかな、素朴な感じの映画が好きです。

■最近観た映画は?

新山:この前、やっと『桐島、部活やめるってよ』を観ました。
あの作品も学校生活を描いていますが、1人1人すごいキャラが濃いなと思いました。
話の流れは難しかったんですが、「ここ私にも経験がある」と思うこともたくさんありました。

■映画の主題歌は初めてでしたが、いかがでしたか?

新山:書き下ろしだったんですが、歌詞を作る時は思った事をそのまま書くようにしているので、
もちろん映画に寄り添って書いた部分はありますが、
自分自身が本当に思っていることなので、あまり、映画の主題歌の為に書くという面での違いはなかったです。

■ギターを持つと表情がかわりますね。

新山:ギターを持つと安心します。

■『絶叫学級』というタイトルですが、普段絶叫することはありますか?最近絶叫した体験は?

新山:表にだして叫ぶ事はないですけど、自分の中では叫んでいることは多いです。

■最近叫びたくなったことは?

新山:自分がいつも好きで見に行っていたROCK IN JAPAN FESに自分が出演できることになったことです。
実際に叫んではいませんが、かなり嬉しかったです。

■アーティストとしての目標は?

新山:チバユウスケさん(The Birthday)のような、ステージに立っているだけで「かっこいい」ひと、
存在だけでかっこいいと思われるようなアーティストになりたいと思います。

川口春奈さん主演の『絶叫学級』は6月14日(金)より
TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開です。

********************************************************************


【絶叫学級とは・・・】
2008年 りぼん10月号より連載開始。現在まで、コミックス13巻まで刊行。シリーズ累計130万部(※みらい文庫・リミックス含む)の大ヒットホラー。これまで、「おはスタ」での2度のアニメ化や、AKB48メンバー出演によるVOMICなど、各種メディア化もされている。人間の心の中に潜む“ちょっとした悪”をあぶり出し、読者にまざまざと提示するストーリーは、ホラーというジャンルにとどまらず、高い評価を受けている。

【あらすじ】
加奈は中高一貫教育の私立女子校に通う女の子。小学校では明るい性格でクラスのアイドルだったが、今では成績も運動神経も家柄も平均的。良くも悪くも目立たない普通の子というのが定位置になっていた。ある日、親友の絵莉花から学校に伝わる都市伝説を聞く。『12年前の事故で亡くなった女の子が黄泉となって旧校舎に出るらしい・・・。黄泉に願い事をすると何でも夢が叶うという。ただそれと引き換えに大事なものも失ってしまう』。 それを聞いた加奈は、「じゃあ、誰よりも可愛くなりたい!」と、憧れの学校の人気者リオに思いをはせるのだった。
ある日、軽い気持ちで受けた読者モデルとしての写真が雑誌に取り上げられ、クラスで話題になった。これをきっかけに、リオたちに目をつけられることになってしまった。加奈は〈最低ランク〉へと転落してしまうのだ。なんとか今の状況を変えるため、加奈は立入禁止となっている旧校舎で、黄泉に禁断の願い事をしてしまうことに・・・。 欲望にとりつかれた人間の怖さをリアルに描き、学園ホラー史に新たな「絶叫」が刻み込まれる。


タイトル:『絶叫学級』
原作:いしかわえみ「絶叫学級」 (集英社「りぼん」連載)
キャスト:川口春奈、広瀬アリス、松岡茉優、栗原類・波瑠・山本美月
主題歌:「Don’t Cry」新山詩織(Being)
公開表記:2013年6月14日(金)公開
上映時間:77分
監督:佐藤徹也
脚本:三浦有為子(「明日の記憶」日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞)
撮影:芦澤明子(「贖罪」「わが母の記」)
プロデューサー:長澤佳也
配給:東宝映像事業部
©2013 いしかわえみ/集英社・「絶叫学級」製作委員会
公式HP:www.zekkyo-movie.com


『ヒプノティストー催眠ー』のDVDリリース決定


『ヒプノティストー催眠ー』のDVDリリースが決定致しました。
7/26(金) セル&レンタルリリース (レンタルはTSUTAYAだけ!)

『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』、『サイダー・ハウス・ルール』など人々の心の機微を描く名手ラッセ・ハルストレム監督が『やかまし村の春・夏・秋・冬』以来、25年ぶりに故郷に戻って作り上げた、初挑戦となる衝撃のサスペンスミステリー

セルの特典には、原作者や、本作に出演している妻でもあるレナ・オリンが、ラッセが本作を監督した経緯を語った映像も収録されています。

先月東京のヒューマントラストシネマ渋谷で封切られ、満員御礼で幕を閉じた本上映。大阪のシネ・リーブル梅田でも6月より上映が始まります。

監督本人も「僕が今まで手掛けたことのないジャンル」と語る通り、ハリウッドでは決して観る事の出来ないラッセ監督の新境地を観ることが出来る作品です。

原作は2009年に発表され、スウェーデンで100万部を売り上げた大ベストセラー『催眠』(ハヤカワ文庫)。発表時、原作者のプロフィールが名前以外まったく不明であったため、ヘニング・マンケルなど有名作家の覆面作家説や、2004年に急逝したスティーグ・ラーソン(「ミレニアム」原作者)の生存説などもあがった。『催眠』は刊行前から翻訳権が各国で争奪戦となり、刊行後は爆発的なヒットとなった。本作はヨーナ・リンナ警部を主人公にシリーズ化され、既に8作まで構想があるという。2作目となる『契約』も既に出版済、映画化も決定しています。

7/26(金) DVDセル&レンタルリリース  レンタルはTSUTAYAだけ!

発売・レンタル販売元:カルチュア・パブリッシャーズ/ セル販売元:TCエンタテインメント

【原作】 全世界で話題騒然、第二のスティーグ・ラーソンと話題になった匿名作家、衝撃のデビュー作!

催眠〈上・下巻〉ラーシュ・ケプレル著(ヘレンハルメ美穂訳/ハヤカワ文庫刊)

ISBN:〔上〕978-4-15-178851-2 〔下〕978-415-178852-9 刊行:2010年7月 早川書房


********************************************************************


【ストーリー】

ある日、ストックホルム郊外で一家全員がメッタ刺しされる陰惨な殺人事件が起こる。

一命を取りとめたのは長男である15才の少年ヨセフと、独立して家にいなかった姉のエヴェリンだけだった。捜査を担当する国家警察のヨーナ・リンナ警部は、かつて催眠療法の第一人者といわれていたエリック・マリア・バルクに、昏睡状態のヨセフから犯人の手掛かりを聞き出すため“催眠”を依頼する。ある理由から催眠は二度とやらないと誓っていたエリックだったが、姉のエヴェリンの命が危ないと訴えに負け、ついに催眠療法を解禁する…。

原作:ラーシュ・ケプレル著「催眠」(ヘレンハルメ美穂訳/ハヤカワ文庫刊)
監督:ラッセ・ハルストレム(『サイダーハウス・ルール』)
キャスト:
ミカエル・パーシュブラント(「未来を生きる君たちへ」)
レナ・オリン(『ショコラ』)
2012年/スウェーデン/117分/PG-12
© 2012 AB Svensk Filmindustri, Sonet Film AB, Filmpool Nord AB. All rights reserved.


『アンチヴァイラル』コラボネクタイ発売決定!


5月25日(土)よりシネマライズほかにて公開が決定しております、ブランドン・クローネンバーグ監督作『アンチヴァイラル』と「ABAHOUSE LASTWORD」のタイアップが決定しました!

【キャンペーン詳細】
☆キャンペーン期間:5/13(月)〜25(土)

キャンペーン期間中にて、ABAHOUSE LASTWORDの商品を原宿店、またはON-LINE SHOP“AT-SCELTA”て\21,000以上ご購入のお客様対象にペア鑑賞券orプレスをプレゼント!(※数量限定)
そして、公開記念に、ABAHOUSE LASTWORDとのコラボ商品、ネクタイが発売決定!

主演ケイレブ・ランドリー・ジョーンズが劇中着用していたネクタイをイメージして制作された本商品。
商品詳細、販売方法は、公式HPHP:http://antiviral.jpにてご確認ください。

その他、公開記念として映画『アンチヴァイラル』をイメージした「ABAHOUSE LASTWORD」のスーツ一式、また監督とケイレブのサイン入りレアグッズも当たるキャンペーンも予定中だそうです!

(※期間、内容は変更となる場合がございますので、ご了承ください。 )

********************************************************************


監督:ブランドン・クローネンバーグ
出演:ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』
サラ・ガドン『コズモポリス』、マルコム・マグダウェル『時計じかけのオレンジ』
2012年/カナダ・アメリカ/108分/カラー/ドルビー・デジタル/原題:Antiviral
提供:カルチュア・パブリッシャーズ
配給:カルチュア・パブリッシャーズ、東京テアトル
© 2012 Rhombus Media(Antiviral)Inc.
HP:http://antiviral.jp


5/25より、シネマライズほか全国ロードショー


絶叫学級 松岡茉優のニコ動「一放入魂」配信!



少女まんが雑誌「りぼん」で連載中のネ申ホラーコミック『絶叫学級』。
主演の川口春奈を筆頭に今年大注目の“絶叫級”美少女キャストと、モデルや、バラエティ番組でも大活躍の栗原類らによる実写映画が6月14日に公開されます。

そして今回、本作品で主人公・加奈(川口春奈)の親友・絵莉花を演じる松岡茉優さんによるニコニコ動画オンデマンドの番組「一放入魂」が本日より配信開始となりました。(拍手)

番組タイトルの『一放入魂』とは「一回一回の放送に魂を込める」と言う意味の松岡さん発案の造語。「一」「放」「入」「魂」の全4回にわたるトークプログラムです。

この度、その記念すべき1回目の配信に『絶叫学級』より佐藤徹也監督がゲスト出演、
二人の衝撃的な出会いのエピソードをはじめ、『絶叫学級』の裏話、松岡出演の映画『桐島、部活やめるってよ』の撮影秘話など楽しいぶっちゃけトークが満載!

●下記のURLにアクセスしてご覧いただけます。
http://www.nicovideo.jp/watch/1367223931

ぜひぜひご覧下さい!

絶叫学級2013年6月14日 公開です!


【絶叫学級とは・・・】
2008年 りぼん10月号より連載開始。現在まで、コミックス13巻まで刊行。シリーズ累計130万部(※みらい文庫・リミックス含む)の大ヒットホラー。これまで、「おはスタ」での2度のアニメ化や、AKB48メンバー出演によるVOMICなど、各種メディア化もされている。人間の心の中に潜む“ちょっとした悪”をあぶり出し、読者にまざまざと提示するストーリーは、ホラーというジャンルにとどまらず、高い評価を受けている。



【あらすじ】
加奈は中高一貫教育の私立女子校に通う女の子。小学校では明るい性格でクラスのアイドルだったが、今では成績も運動神経も家柄も平均的。良くも悪くも目立たない普通の子というのが定位置になっていた。ある日、親友の絵莉花から学校に伝わる都市伝説を聞く。『12年前の事故で亡くなった女の子が黄泉となって旧校舎に出るらしい・・・。黄泉に願い事をすると何でも夢が叶うという。ただそれと引き換えに大事なものも失ってしまう』。 それを聞いた加奈は、「じゃあ、誰よりも可愛くなりたい!」と、憧れの学校の人気者リオに思いをはせるのだった。
ある日、軽い気持ちで受けた読者モデルとしての写真が雑誌に取り上げられ、クラスで話題になった。これをきっかけに、リオたちに目をつけられることになってしまった。加奈は〈最低ランク〉へと転落してしまうのだ。なんとか今の状況を変えるため、加奈は立入禁止となっている旧校舎で、黄泉に禁断の願い事をしてしまうことに・・・。 欲望にとりつかれた人間の怖さをリアルに描き、学園ホラー史に新たな「絶叫」が刻み込まれる。

『絶叫学級』
原作:いしかわえみ「絶叫学級」 (集英社「りぼん」連載)
キャスト:川口春奈、広瀬アリス、松岡茉優、栗原類・波瑠・山本美月
主題歌:「Don’t Cry」新山詩織(ビーイング)
公開表記:2013年6月14日(金)公開
上映時間:77分
監督:佐藤徹也
脚本:三浦有為子(「明日の記憶」日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞)
撮影:芦澤明子(「贖罪」「わが母の記」)
プロデューサー:長澤佳也
配給:東宝映像事業部 
©2013いしかわえみ/集英社「絶叫学級」製作委員会
公式HP:www.zekkyo-movie.com
※予告映像につきましては、のリンクをお願いいたします。


西島大介先生のコメント&イラストが到着!



5月25日(土)よりシネマライズほかにて公開が決定してます、ブランドン・クローネンバーグ監督作『アンチヴァイラル』へ、漫画家・イラストレーターの西島大介先生からコメント&イラストが到着いたしました!

『アンチヴァイラル』 西島大介先生コメント
クローネンバーグの息子、まじクローネンバーグ。そんな印象の作品でした。ほとんどCG使ってなさそうなところも好印象。irohaやTENGAが20世紀に置き忘れてきたグチョグチョドロドロこそが、クローネンバーグ的なデザインだと思います。一見清潔な印象もある『アンチヴァイラル』は、しかしそのままでは終わらない作品。主人公がどんどん具合悪くなっていく流れ、クローネンバーグ王道で最高です。ゴホゴホッ。ゴホッ・・・。

■西島大介(にしじま・だいすけ)
漫画家。2004年に“ハヤカワSFシリーズJコレクション”から『凹村戦争』でデビュー。ほか代表作は『世界の終わりの魔法使い』『ディエンビエンフー』など。「DJまほうつかい」名義で音楽活動も行い、これまでに三枚のアルバムをリリース。

西島大介先生は上記のイラストとコメントに加え、5/2(木)より全国の公開劇場および関連劇場にて配布されるクローネンバーグナビゲートフライヤー用に、『アンチヴァイラル』の監督ブランドンの父親であるデイヴィッド・クローネンバーグ監督の過去作にも言及、西島先生の解釈による『ビデオドローム』『ザ・フライ』『裸のランチ』『イグジステンス』のイラストと各作品へのコメントをご提供してくださっています。

********************************************************************



『アンチヴァイラル』

監督:ブランドン・クローネンバーグ
出演:ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』
サラ・ガドン『コズモポリス』、マルコム・マグダウェル『時計じかけのオレンジ』
2012年/カナダ・アメリカ/108分/カラー/ドルビー・デジタル/原題:Antiviral
提供:カルチュア・パブリッシャーズ
配給:カルチュア・パブリッシャーズ、東京テアトル
© 2012 Rhombus Media(Antiviral)Inc.
HP:http://antiviral.jp

5月25日(土)シネマライズほか全国ロードショー