「サイコ」カテゴリーアーカイブ

悪は、悪で、倒す!!『ドラキュラZERO』ドラキュラの戦TVスポット解禁


悪は、悪で、倒す!!
ドラキュラZERO_ビジュアル今まで描かれることのなかった、驚愕の英雄伝説が隠されていた

『ドラキュラZERO』

が10月31日(金)より公開となります。


悪は、悪で、倒す!!
ドラキュラの戦いに期待高まるTVスポット解禁です。

今回解禁されるたのは、「アクション編」と「ストーリー編」、そして「30秒編」の3パターン。

迫りくるオスマン帝国から愛する妻と息子、そして国の民を守るため、悪に魂をささげる“英雄”ヴラド・ドラキュラ。契約によって、強大なパワーと、獣を操る力を手に入れたヴラドですが、それと引き換えに耐えがたい代償を払うことに。

映像ご覧いただけるのは、オスマン帝国との壮絶な戦いと、たった一人戦い続けるヴラドの苦悩や葛藤。「悪は、悪で、倒す」という言葉の通り、自らを犠牲に、“悪”となった“英雄”の姿が、新たなダークヒーローの誕生を予感させます。

TVスポット 30秒


TVスポット アクション編


TVスポット ストーリー編


膨大な数の世にあふれるドラキュラ物語のモデルとなった実在の男、ヴラド・ドラキュラ。

歴史に名を刻む〈英雄〉であり、15世紀半ばにトランシルヴァニア地方を治め、人々から敬愛された君主だった彼は、いったいなぜ21世紀の今日に至るまで、恐怖と共に語られる存在となったのか? 実在のモデルをベースに描かれるこの物語では、これまでのドラキュラのイメージを一新。VFXを駆使した今まで見たことのないスタイリッシュさを放つ、アクション・エンターテインメント。

ドラキュラZERO
『ドラキュラZERO』(原題:Dracula Untold)

公式サイト:http://dracula-zero.jp/

10月31日(金) 全国ロードショ―です。

********************************************************************

監督:ゲイリー・ショア
出演:ルーク・エヴァンス『ワイルド・スピード EURO MISSION』『タイタンの戦い』
   サラ・ガドン『コズモポリス』『危険なメソッド』
   ドミニク・クーパー『リンカーン/秘密の書』『マンマ・ミーア!』
提供:ユニバーサル・ピクチャーズ/レジェンダリー・ピクチャーズ
配給:東宝東和
(C)Universal Pictures


楽園追放- Expelled from Paradise-関連書籍が続々発売決定!


11/15より劇場上映の監督 水島精二× 脚本 虚淵玄(ニトロプラス)による完全オリジナル作品

『楽園追放-Expelled from Paradise-』。

これまで謎のベールに包まれていた内容に迫るノベライズ本や虚淵玄監修によるアンソロジーなど関連書籍が続々決定しています!

楽園追放_場面写メイン
1.「楽園追放-Expelled from Paradise-」
ノベライズ 著:八杉将司 イラスト:齋藤将嗣
10月17日発売(早川書房 ハヤカワ文庫)
虚淵玄(ニトロプラス)×水島精二 注目のSFアニメ『楽園追放』(11月15日公開)を完全ノベライズ。

電脳世界の捜査官アンジェラは、謎のクラッキングを調査するため地上に降り立つ。


2.「楽園追放 mission.0」
cov_FIX 著:手代木正太郎 イラスト:齋藤将嗣
10月17日発売(小学館 ガガガ文庫) 

劇場アニメ『楽園追放』の公式前日譚。第7回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作『王子降臨』の手代木正太郎がオリジナルストーリーにてノベライズ!


3.「楽園追放rewired サイバーパンクSF傑作選」
rewired 虚淵玄(ニトロプラス)・大森望編 
10月17日発売(早川書房 ハヤカワ文庫)
『楽園追放』の脚本を手がけた虚淵玄氏が影響を受けた作品を中心に、サイバーパンク初期の名作群から現代までの傑作選。


4.「楽園追放」齋藤将嗣デザインワークス

11月14日発売(一迅社)
劇場アニメ『楽園追放』のキャラクターデザイン&メカデザインを務める齋藤将嗣によるデザインワークス!

*こちらはまだ表紙が発表になってません!



書籍はアマゾンで詳細はご確認ください!



********************************************************************


原作 : ニトロプラス/東映アニメーション
脚本 : 虚淵玄(ニトロプラス)
監督 : 水島精二 演出 : 京田知己
アンジェラ・バルザック : 釘宮理恵  
ディンゴ(ザリク・カジワラ) : 三木眞一郎  
フロンティアセッター : 神谷浩史

キャラクターデザイン : 齋藤将嗣
プロダクションデザイン : 上津康義
メカニックデザイン : 石垣純哉
スカルプチャーデザイン : 浅井真紀
グラフィックデザイン : 草野剛
設定考証・コンセプトデザイン : 小倉信也
CG監督 : 阿尾直樹
モーション監督:柏倉晴樹 造形ディレクター : 横川和政
美術監督 : 野村正信(美峰) 撮影監督 : 林コージロー
音響監督 : 三間雅文 (テクノサウンド)
音響効果 : 倉橋静男(サウンドボックス) 音楽 NARASAKI
アニメーション制作 : グラフィニカ 企画・製作 : 東映アニメーション
© 東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ


映画『ストレイヤーズ・クロニクル』碧役に黒島結菜が決定!


気鋭のベストセラー作家・本多孝好氏が手がけた新感覚アクション巨編小説「ストレイヤーズ・クロニクル」を『アントキノイノチ』の瀬々敬久監督が描き出す

映画『ストレイヤーズ・クロニクル』。

鮮烈な映像表現と超実力派俳優たちが高次元の融合を果たし、完全実写映画化され、2015年全国公開となります。

碧役=黒島結菜が解禁となりました。

黒島結菜一ストレイヤーズ・クロニクル
碧役の黒島結菜さんからコメントが届いてます!

原作者の本多孝好さんの作品は短い期間に2回目で、前回の家族の絆を描いている作品とは全く違う話だったので楽しみにしていました。私の演じる役(碧)は、皆の希望であり複雑な想いを抱えている子で、感情を台詞ではなく表情で演じるのがすごく難しいので大丈夫かなって不安でした。でも撮影が始まってみると、瀬々監督からのアドバイスが具体的だったので演じやすかったです。共演者の方々は、ほとんど皆さん年上で、優しく気遣っていただいて、クランクアップは名残惜しさで一杯になりました。私を選んでいただいたことに感謝して、監督が描いているものに応えられるように精一杯頑張っています。


瀬々敬久監督の黒島さんについてのコメント
黒島さんはオーディションに参加してくれたのが、最初の出会いです。何より後でその記録映像を見た瞬間にこの子だと思いました。映像での映りが群を抜き出ていたのです。
まだまだ成長過程の女優さんだと思いますが、撮影現場でもアップになると、ある独特のオーラを発します。その強さは相当なものです。

黒島さんは良い意味で、久しぶりの映画発信からのアイドルとなるのではないかと密かに期待しています。

物語は
1990年代の始め、バブル経済に踊る日本で秘密裏にある実験が行われていた。

・・ヒトは自らの意志で進化することが可能なのだろうか・・。

実験には二つの方法が選択された。
一つは両親に強いストレスをかけ生まれた子供に突然変異を促し、極限まで人間の能力を発達させる方法。
もう一つは遺伝子操作によって動物や昆虫の能力を持つ子供を生み出す方法。

この忌まわしき実験により生まれた二組の若者たちが、20歳になろうとしていた・・・。

視力・聴力・筋力などを異常発達させられた昴(スバル:岡田将生)ら若者たちは、その力の代償として「破綻」と呼ばれる精神崩壊の危険を抱えていた。

その「破綻」解消のカギを握る衆議院議員・外務副大臣の渡瀬(伊原剛志)からの裏の仕事を、その異能力を活かして渋々解決していた。

そんな時、渡瀬を狙う殺戮集団“アゲハ”が現れる。
アゲハもまた異能力者たちだった。
同じ宿命を抱えながら闘いあうことになる二組の若者たち。

戦いの過程で彼らの出生の秘密が、人類進化の鍵であることをつかむ。
しかし、それは同時に人類滅亡につながる危機も内包していることが判明する。

彼らを利用しようとするもの、排除しようとするもの。
あらゆる世代、思惑が絡み合いながら、
異能力を持った若者たちは戦い傷つけあう。
彼らの未来は、そして人類に残された道とはいったい・・・。

2015年全国公開・・・

********************************************************************


『ストレイヤーズ・クロニクル』
監督:瀬々敬久(『ヘヴンズストーリー』、『アントキノイノチ』など)
原作:本多孝好「ストレイヤーズ・クロニクル」集英社刊

キャスト:岡田将生 染谷将太 成海璃子
白石隼也 清水尋也 栁俊太郎 鈴木伸之 瀬戸利樹 / 黒島結菜
豊原功補 石橋蓮司 伊原剛志 
脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』“第37回日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞”)、瀬々敬久

撮影:近藤龍人(『私の男』『桐島、部活やめるってよ』ほか)
アクション監督:下村勇二(『GANTZ』、『プラチナデータ』、『図書館戦争』)
配給:ワーナー・ブラザース映画 
(C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会


少女まんが的視点で観る『トム・アット・ザ・ファーム』トークイベント開催!



美しい青年トムと、彼の亡き恋人の兄・フランシス。

危うい愛を描き出した映画『トム・アット・ザ・ファーム』について、

少女まんがに詳しい岡田育さんと福田里香さんに熱く語る上映&トークイベントが渋谷アップリンクで行われます!

トム・アット・ザ・ファームmain
映画レビューアプリFilmarksとの連動企画として、Filmarksユーザー限定の割引価格を設定!

FilmarksFilmarksに登録して『トム・アット・ザ・ファーム』をClip(観たい映画に追加)することでお得に映画をご覧いただけます。

割引適応のお客様は当日、受付にてマイページ画面を提示して頂きます。
事前にアプリをインストールし、ご登録完了の上、アップリンクへでお得になります!。

少女まんが的視点で観る『トム・アット・ザ・ファーム』上映&トーク

【日時】:2014/10/29(水) 18:30開場 / 19:00開映 / 20:45トークスタート
【会場】:渋谷アップリンク(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階)
【ゲスト】:岡田育(編集者・文筆家)、福田里香(お菓子研究家)
【料金】:1,500円、Filmarksユーザー割引価格:1,300円

※Filmarksユーザー割引は、当日カウンターにてスマホのマイページ画面を提示頂きます。
※オンライン券は前売り券をご利用いただけません
※他の割引との併用はできません

出演者・プロフィールをご紹介しておきます!

岡田育(おかだ いく)
編集者・文筆家。1980年東京都生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。出版社勤務を経て、ウェブ媒体を中心に執筆活動を始める。著書に『ハジの多い人生』『嫁へ行くつもりじゃなかった』。連載に「天国飯と地獄耳」「女の節目」「メガネに会いたくて」など。同人サークル「久谷女子」メンバーとして活動するほか、CX系情報番組『とくダネ!』コメンテーターとして出演中。
http://okadaic.net/

福田里香(ふくだ りか)
お菓子研究家として雑誌や書籍を中心に幅広く活躍。オリジナリティ溢れるレシピ本や、映画や漫画などの物語を「食」の視点から読み解く「フード理論」を展開するエッセイ本など著書多数。代表作は『まんがキッチンおかわり』『ゴロツキはいつも食卓を襲う』(太田出版)など。最新刊にやまだないと、藤本由香里との共著『大島弓子にあこがれて』(ブックマン)がある。
http://www.poco2.jp/novel/okawari/

僕たちは、愛し方を学ぶ前に、
嘘のつき方を覚えた。

『トム・アット・ザ・ファーム』
2014年10月25日(土)より
新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンク、キネカ大森、テアトル梅田ほか、全国順次公開です。

公式サイト:http://www.uplink.co.jp/tom/
公式Twitter:https://twitter.com/tomatthefarm_JP
公式Facebook:https://www.facebook.com/tomatthefarm.jp

********************************************************************


『トム・アット・ザ・ファーム』-ポスター恋人のギョームを亡くし悲しみの中にいるトムは、葬儀に出席するために彼の故郷へ向かうが…。隠された過去、罪悪感と暴力、危ういバランスで保たれる関係、だれも訪れることのない閉塞的な土地で静かに狂っていく日常。10年に渡るメロドラマ『わたしはロランス』とは打って変わった本作は、カナダ・ケベック州在住の劇作家ミシェル・マルク・ブシャールの同名戯曲の映画化で、ケベックの雄大な田園地帯を舞台に一瞬たりとも目を離すことのできないテンションで描き切る、息の詰まるような愛のサイコ・サスペンス 。

監督、脚本、編集、衣装:グザヴィエ・ドラン
原作・脚本:ミシェル・マルク・ブシャール
出演:グザヴィエ・ドラン、ピエール=イヴ・カルディナル、リズ・ロワ、エヴリーヌ・ブロシュ
配給、宣伝:アップリンク
(2013年/カナダ・フランス/102分/フランス語/カラー/1:1.85/DCP)

© 2013 – 8290849 Canada INC. (une filiale de MIFILIFIMS Inc.) MK2 FILMS / ARTE France Cinéma ©Clara Palardy






美少女の涙。中条あやみ号泣『劇場版 零~ゼロ~』舞台挨拶


『劇場版 零~ゼロ~』の公開を記念して、都内劇場にて舞台挨拶が行われ、主演の中条あやみ、森川葵をはじめ、その他キャスト、中越典子、美保純等豪華キャスト登壇の舞台挨拶が行われました。

安里監督から中条さんへ卒業証書授与のサプライズが行われ、中条さんの眼からは思わず涙がこぼれるなど、涙あり、笑いありの舞台挨拶となりました。

『劇場版-零~ゼロ~』舞台挨拶
『劇場版 零~ゼロ~』舞台挨拶 概要

日時:9月27日(土)
場所:TOHOシネマズ 渋谷
登壇者:中条あやみ、森川葵、小島藤子、美山加恋、山谷花純、浅香航大、中越典子、美保純、安里麻里監督、JAMOSA(主題歌アーティスト)

豪華キャストが登壇すると、鑑賞したばかりのお客さまから盛大な拍手が!

MC:初日の感想から

中条あやみさん:映画どうでしたか?(大拍手)ありがとうございます。たくさんの方に観ていただけて本当に光栄と思います。
中条あやみ『零』公開記念舞台挨拶
森川葵さん:今年の冬に撮っていたんですけど、夏を超えて時間が過ぎるのは速いなと思います。こうして公開を迎えることができて本当に嬉しいです。ありがとうございます。
森川葵『零』公開記念舞台挨拶
小島藤子さん:今日は劇場にお越しいただきありがとうございます。みんなで頑張って作った作品です。楽しんで観ていただけたなら良かったなと思います。
小島藤子『零』公開記念舞台挨拶
美山加恋さん:自分初のホラー作品が、このような素敵な作品にかかわることができてうれしいです。皆さんたくさん宣伝お願いします!
美山加恋『零』公開記念舞台挨拶
山谷花純さん:実は昨日、この劇場のL-16番の席でお客さんとして鑑賞しました。今日ステージ。皆さんの前で立っているのが不思議です。
山谷花純『零』公開記念舞台挨拶
浅香航大さん:男は一人ですが、会場は男性が多いようで嬉しくなりました。
浅香航大『零』公開記念舞台挨拶
中越典子さん:本日はありがとうございます。
中越典子『零』公開記念舞台挨拶
美保純さん:(学園長)初位の高い役をやらせていただきました。ありがとうございます。
美保純『零』公開記念舞台挨拶
安里麻里監督さん:本日はお越しいただきありがとうございます。この作品は寒い時期に撮影で、川に流されてみたり、溺れてみたり。撮影的には苦しいことも多かったのですが素敵なスタッフ、キャストに支えられてこうして無事完成してお届けできたこと嬉しく思っています。感動してます。
安里麻里監督『零』公開記念舞台挨拶
JAMOSAさん:金髪で・・どこに出てたかと・・最後に流れていた主題歌を担当させていただきました。
JAMOSA『零』公開記念舞台挨拶
MC:撮影を振り返って思い出など
中条あやみ『零』公開記念舞台挨拶2
中条さん:INしたのが雪が積もっていて、夜、薄いパジャマで雨降る山の中を葵ちゃんと2人で歩いて、すごく寒かったんですよ。大丈夫かなこの映画っていう出だしで始まったんです。

MC:寒くてセリフ噛みそうでは?

中条さん:私は呪いを解いて 位しか言うことなかったので・・

森川さん: 私は喋るシーンが多かったので、ろれつが回らなくて大変でした。寒かったね。。。他に想い出のシーンは、あやと2人が多くて、衣装のパジャマのままインドカレー食べに行きました。思い出のシーンではないですけどね。

小島さん:私は水回りの撮影が少なくて、寒かったちゃ~寒かったんですけど。みんなは水につけられたり、ひきづられたり。なので、あまり寒いとか弱音は吐けなかったです。それから生徒の中では一番お姉さんだったのでみんなを引っ張らなきゃと思ったんですけど・・引っ張ってもらいました。結局。

中条さん:初めて会ったときは私より年下だと思いました。でも現場に入ったら頼もしいお姉さんでした。

劇場版-零~ゼロ~3美山さん:私、一番水回り多い役で。池にはまったり、すっごいゆっくり川に流れたり、山の中で本当にキンキンでびっくりしました。痛かったです。(リアル)

山谷さん:私も緑生い茂る川の中でのシーンがあって。依然、安里監督とご一緒した「リアル鬼ごっこ3」でも死ぬんじゃないかと思うほど寒くて。でも今回は水に顔をつけられ、寒すぎてあっさりその上を行きました。心臓止まりそうでした。

監督:すみません。毎度毎度寒い思いさせてしまって。でも次もうんと寒い役をね。

MC:中越さんと美保さんは独特の役どころでコスプレでしたが。

中越さん:私は甘ロリで、私の趣味とは違うんですが。恥ずかしくて。でもすべてつけたら。スイッチはいちゃって。美少女たちと一緒が幸せでした。

監督:完全にキャラに入って女優になってました。

美保さん:だんだん年も取ってきて丹波哲郎さんみたいな、ちょっと出てくる。みたいなポジションになってきたんだなと。コスプレ?尼さん(シスター)もいいなと。私何でも似合いますから。

美保さん:これだけ美少女が、レベルがたいので日本の映画良いなと思いました。だから寒い寒いいいながらもやって欲しいなと思います。私、若い時映画でパンツ一丁で道路走らされたことありますから・・それはやらなくてもいいですけど。

MC:両手に花状態ですが

浅香さん:現場では緊張しすぎて、話せなかったんですよね。振り返ってみれば凄くいい現場だったのにと。。今日はこれを機に仲良くなりたいなと。

森川さん:一人で役に入っていたのかと思って声かけられなかった。
中条さん:私もそう思った!

浅香さん:そう役づくり・・・

MC:怖いだけではなく、映像美と昼間のホラーと何かでおっしゃっていましたが。

安里監督:女子高校生ホラーですけど、独特な世界観のものをやりたくて。夜にぼんやり幽霊が出てくるではなく。大人になる前の女の子、昼間に白昼夢を見ているような、綺麗なのに怖いを目指しました。フィルムで撮るとかこだわりました。

MC:女子高生時代の1番の思い出は?

中条さん:そうですね。。体育祭とか文化祭とか、みんなと仲良くなれるのものですね。

森川さん:毎日すごい量食べてました。なので、太ってました。やっぱ食べると太るんだなあと。今は気を付けてます。

中越さん:女子高時代。絵ばかり描いていたのと、恋に夢中でしたね。すぐ憧れちゃうんです。最近ないな。。

美保さん:髪を染めすぎて全校生徒の前で吊し上げられた思い出が。

MC:生徒のみなさんを代表して中条さんに監督から卒業証書が渡されます。

中条さんと監督が前に。

監督:劇場版 零 卒業証書。
あや役、中条あやみ殿。
中条あやみ涙の卒業式『零』公開記念舞台挨拶0 撮影前の合唱練習の時には、大勢の中でソロを歌うことに戸惑って声も出なかったあやみちゃん。とても恥ずかしがり屋でおとなしめのあやみちゃんが、主演のプレッシャーに押しつぶされてしまうのではと最初心配でした。

撮影が始まると顔つきが変わって本当に強くなったと思います。水中での過酷なシーンでも『大丈夫です!水は得意なんです』と冗談で返した根性に驚かせれました。

そんな負けん気の強いあやみちゃんがクランプアップの時、ぽろぽろ涙したのを見て、本当は普通の17歳の女の子だったんだなと。けなげに頑張っていたんだなと胸打たれました。

中条あやみ涙の卒業式『零』公開記念舞台挨拶
この先も素敵な女優さんになってほしいです。ちょっと寂しいけれども劇場版零あや役を卒業とさせていただきます。本当にお疲れ様でした。

と監督からの温かい言葉が贈られると、中条さんの眼からは思わず涙が。

そのあと、学園長の美保さんから花束の贈呈があり。
『劇場版-零~ゼロ~』舞台挨拶_花束b 泣き顔も美しすぎる中条あやみ『劇場版-零~ゼロ~』舞台挨拶 中条あやみ涙『零』公開記念舞台挨拶中条さん
今日は皆もいるし。
クランクアップの日にいっぱい泣いたから。

笑顔で終わらせようと思ったのに・・・案の定泣かされました。

監督に良く頑張ったねって声をかけていただいて泣いてしまいましたし、こんな新人の私を・・・・

素敵なキャストとスタッフに支えていただいて凄くいい思い出ができました。

ありがとうございました。

『劇場版-零~ゼロ~』舞台挨拶射影機贈呈続いて劇中にも登場した射影機が1名にプレゼントする企画。

涙の中条さんが抽選!
当ったおにいさんに、贈呈されました。

最後に

安里麻里監督『零』公開記念舞台挨拶2安里監督:ワンカットワンカットこだわって、みんなで頑張った作品です。

ちょっと変わったホラーかもしれませんが、ホラーファンもそうでない方もいろいろな人に観てほしいと思っています。

今日、観終わったらご家族や友人の方にどしどし宣伝お願します。

本日はありがとうございます。

とメッセージが送られました。

********************************************************************


『劇場版 零~ゼロ~』
公式HP:www.zero-movie.jp
公式twitter:https://twitter.com/zero_movieJP
公式facebook:https://www.facebook.com/zero.movieJP

絶賛公開中!

あらすじ
劇場版 零~ゼロ~閉塞感漂う山間の町にある学園寮。そこで暮らすアヤ(中条あやみ)が部屋にこもってしばらくが経ったある日、学園内で事件が起こった。生徒たちが、ひとり、またひとり、忽然と姿を消したのだ。後日、生徒たちは水死体となって発見された。失踪した少女たちは皆、一枚の写真を見て以来、アヤの幻に悩まされるようになっていた。幻は耳元で囁く―「お願い、私の呪いを解いて…」。写真にはアヤにそっくりな少女が写っていた…。クラスメイトのミチ(森川葵)はアヤが事件に関係しているのではないかと疑い、部屋を訪ねる。しかし扉は堅く閉ざされたままだった。
学園内で囁かれる噂―この学園に伝わる女の子だけがかかる呪い、午前零時の呪い、アヤが皆に呪いをかけている―。そしてミチもまた幻に悩まされるようになっていたある日、ついに本物のアヤが
ミチの前に姿を現した…!!深夜零時の呪い、女の子だけにかかる呪いとは何なのか?写真に写るアヤにそっくりな少女は一体?学園に起こる “神隠し”の謎に二人は迫ろうとしていた…。

キャスト:中条あやみ 森川葵
小島藤子 美山加恋 山谷花純 萩原みのり/中村ゆり/浅香航大/中越典子/美保純

原案:「零 ~zero~」(コーエーテクモゲームス)
原作:大塚英志「零 ~ゼロ~ 女の子だけがかかる呪い」(角川ホラー文庫刊)
監督・脚本:安里麻里
配給:KADOKAWA
(C)2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会