ヴィン、ドウェイン ら『ワイルド・スピード IB』NYプレミア


映画情報どっとこむ ralph シリーズ累計3800億円を記録する『ワイルド・スピード』シリーズ最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』は日本公開(4月28日)を控え、現地時間4月8日に今作でシリーズ初上陸となった米国ニューヨークにてワールドプレミアが開催されました!!


『ワイルド・スピード ICE BREAK』NYプレミア
日付:4月8日(土)現地時間 18:30~  
   / 4月9日(日)早朝日本時間
場所:ラジオシティミュージックホール(NY)
出席:ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、シャーリーズ・セロン、スコット・イーストウッド、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲス、カート・ラッセル、F・ゲイリー・グレイ監督 ほか

映画情報どっとこむ ralph 会場となったのは毎年トニー賞の授賞式が行われる格式高いラジオシティミュージックホール。

世界中から集結した約300人のファンまずは、People誌が発表した「2016年最もセクシーな男」であり、今やハリウッドで押すに押されぬスターとなったドウェイン・ジョンソンが登場すると会場からは割れんばかりの歓声が!

ドウェイン・ジョンソン(ホブス役)コメント
たくさんの人がたくさん努力をして完成した作品だ。だから、今日、作品を楽しんでもうらことができて、最高の気分だよ。完成した作品を、観客に楽しんでもらうことがすべてだからね。エクゾチックな映画の舞台に、カッコイイ車、美しい女性たち、クールなセリフをを言うクールでタフな男たち。とにかく、とても楽しい作品だよ。だから俺はワクワクしてる。本シリーズには様々な要素があるけど、何よりも観客に楽しんでもらいたい。

その後、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソンらおなじみのキャストが続々とレッドカーペット集結・・・

特に注目が集まったのは、ジェイソン・ステイサムと最近では『映画マッドマックス 怒りのデス・ロード』にも出演するなど女優としても活躍する人気モデルのロージー・ハンティントン=ホワイトリーとの2ショット。

先日、第1子の妊娠を発表し話題となったふたりですが、ロージーの身体をいたわるようにそっと寄り添うステイサムの姿もみられ、幸せオーラをふりまいた。

映画情報どっとこむ ralph そして、さらに多くの注目を浴びたのが、シリーズ史上最強・最凶の敵サイファーを演じるシャーリーズ・セロン。2001年に始まった本シリーズにアカデミー賞女優の彼女が出演すると誰が予想したのだろうか…

この日、黒を基調にしつつも妖艶なシースルーのChristian Diorのドレスを身に纏ったシャーリーズは“ファミリー”加入の心境を語ってくれました。

シャーリーズ・セロン(サイファー役)コメント
(本作に参加して)とても楽しかった。すごくいい機会だと思ったわ。オファーされてうれしかった。
すごくスケールが大きくて、あらゆる限界を試した作品よ。アクションシーンもすごいけど、物語もすばらしいわ。私が演じた新しい悪役を、観客が気に入ってくれたらうれしいわ。彼女は超イカれてるの。

続いて登場したのは、今作でメガホンをとった監督F・ゲイリー・グレイ。
『ミニミニ大作戦』、『ストレイト・アウタ・コンプトン』を作った彼にとって、車・音楽と切っても切れない映画である『ワイルド・スピード』はまさに適役!監督は世界中で最新作を楽しみにしているファンに向けてメッセージを!!

F・ゲイリー・グレイ(監督)コメント
公開となって、夢のような気分だ。ありふれたコメントだが、我々は作品のために世界を旅してたくさん努力した。ニューヨークやアイスランドなどでね。ハリウッドのシリーズ作品は数多くあるが、本作のキャストは、その中でもとても豪華だ。もちろん物語自体も最高だよ。エンターテイメントの様々な要素が取り入れられている作品だ。私にとって最も重要なのは、“ファミリー”がテーマであるということだ。世界の現状が大変だからこそ、よりよい世界を目指すことが大切だよ。世界中の誰もが、皆と仲よくしたいと感じていると思う。本シリーズが、そういう気持ちの象徴であることを願うよ。そこが最も大切だし、本シリーズが成功した要因でもある。そんな本作を実際に見て、最後の3部作がどうなるか、判断してほしい。期待を上回る作品になったと思う。アクションのレベルがすごく高いし、映画を見たら、きっと驚くだろう。アクションだけでなく、演技もすばらしいものになったよ。物語自体も、ユーモア感もだ。今までとは違う感じにね。本作で、いつもとはひと味違う部分を加えることができたが、皆さんが期待して愛している方向性は変わらないままだよ。子供の頃に戻り玩具店にいるような気分だったね。車のおもちゃやレゴで遊んだ頃を思い出した。(子供が遊ぶ時に思い浮かべるような)色鮮やかで、はちゃめちゃな世界観。とにかく、そういう子供の頃の楽しさを、映画にすることができた。本作で、やっとやりたかったことができたよ。たくさん努力して楽しみながら撮った作品だよ。

映画情報どっとこむ ralph 最後に登場したのは、本シリーズの主役ドミニク・トレットを演じるだけでなく、プロデューサーも務める“シリーズの顔”ヴィン・ディーゼルが登場。最も大切にしてきた“ファミリー”を彼自身が裏切るという展開で全世界に衝撃を与えた本作だが、ドミニクを信じるファン達の声援は熱く、以前と変わらぬ人気ぶりを見せた。

ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット役)コメント
汗が出るほど興奮してるよ。本シリーズのファンは最高だ。間違いない。世界のいろんな場所で撮影ができて、俺は恵まれていると思うよ。世界のいろんな場所をシリーズに取り入れることができて本当にうれしく思う。”

2001年にロサンゼルスの街角から始まった物語は、マイアミ、ブラジル、アブダビ、日本と世界中を駆け巡り、多くのファンに愛される映画シリーズになったことがこのワールドプレミアで証明されました。

ワールドプレミアで高まった『ワイルド・スピード』ファンの熱気は太平洋を飛び越え日本に上陸し、4月28日の公開に向けて『ワイルド・スピード ICE BREAK』のアクセルは加速していく!!

公式サイト:
http://wildspeed-official.jp/

公式twitter:
@wildspeed_jp

***********************************

監督: F・ゲイリー・グレイ「交渉人」、「ミニミニ大作戦」、「ストレイト・アウタ・コンプトン」
脚本: クリス・モーガン「ウォンテッド」、「ワイルド・スピード」シリーズ(※3作目以降全てを担当)
製作: ニール・H・モリッツ「アイ・アム・レジェンド」、「ワイルド・スピード」シリーズ(※シリーズ全作)、
ヴィン・ディーゼル、マイケル・フォレスト
出演: ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲス、
      タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ヘレン・ミレン、ナタリー・エマニュエル、
      エルサ・パタキー、スコット・イーストウッド、カート・ラッセル and シャーリーズ・セロン
邦題: ワイルド・スピード ICE BREAK 
※「ワイルド・スピード」と「ICE」の間、「ICE」と「BREAK」の間は半角アケとなります
※カタカナ表記の際は「ワイルド・スピード/アイスブレイク」となります
(C)Universal Pictures

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ