いよいよ21日発表!!アジア版アカデミー賞は誰の手に!?


映画情報どっとこむ ralph アジア版アカデミー賞「第11回アジア・フィルム・アワード」の授賞式がいよいよ、来週3月21日(火)に、香港を代表する文化芸術ホールである、香港カルチャーセンター 「グランド・シアター」にて開催されます。授賞式にはアジア各国・地域より多数のゲストが参加し、各賞の受賞発表・表彰が行われます。

日本からは、浅野忠信さんや、前田敦子さん、深田晃司監督ほか、多くのゲストが参加します。

またアジア各国からもツイ・ハーク監督、女優のファン・ビンビンさん、ムン・ソリさん、マイケル・ホイさんほか、多数の豪華映画人が参加予定です。

アジア版アカデミー賞は誰の手に!?

映画情報どっとこむ ralph 「第11回アジア・フィルム・アワード」授賞式
開催日: 2017年3月21日(火)
場所: 香港カルチャーセンター「グランド・シアター」

現地入り予定の主な邦画ノミネート・ゲスト一覧

・ 最優秀作品賞ノミネート: 『淵に立つ』
・ 最優秀監督賞ノミネート: 深田晃司監督(『淵に立つ』)
・ 最優秀主演男優賞ノミネート: 浅野忠信(『淵に立つ』)
・ 最優秀助演女優賞ノミネート: 前田敦子『モヒカン故郷に帰る』)
・ 最優秀新人賞ノミネート: 佐久本宝(『怒り』)
・ 最優秀編集賞ノミネート: 今井剛(『怒り』)
・ 最優秀撮影賞ノミネート: 山崎裕(『海よりもまだ深く』)
・ 最優秀美術賞ノミネート: 部谷京子(『リップヴァンウィンクルの花嫁』)
・ 最優秀視覚効果賞ノミネート: 大屋哲男(『シン・ゴジラ』)

海外からの主な参加予定ゲスト(順不同・敬称略)

ジャ・ジャンクー/監督(審査委員長)、ツイ・ハーク/監督(特別功労賞受賞)、サミー・チェン
/女優(Excellence in Asian Cinema賞受賞)、ジェリー・リン/女優(Rising Star of Asia賞受賞)
マイケル・ホイ/俳優(主演男優賞ノミネート/『ゴッドスピード』)、ファン・ウェイ(主演男
優賞ノミネート/『Mr. No Problem』)、ファン・ビンビン/女優(主演女優賞ノミネート/『I Am Not
Madame Bovary』)、ムン・ソリ/女優(助演女優賞ノミネート/『お嬢さん』

※当日アワードの様子は、中国の動画配信サービス:Mango TV (www.mgtv.com)で生中継される予定です。
※上記の参加ゲストは変更の可能性あり。



アジア・フィルム・アワード
(主催:アジア・フィルム・アワード・アカデミー)
2007 年よりはじまったアジア映画を対象とした映画賞。東京国際映画祭は 2013 年より、香港国際映画祭、釜山国 際映画祭と共にアジア・フィルム・アワード・アカデミーを創設。アジアの映画業界と連携し、その前年に活躍されたアジアの 映画/映画人を表彰し、アジア映画ファンの創出、世界へのアジア映画の振興、文化交流を図っています。

アジア・フィルム・アワード公式サイト(英語):http://www.asianfilmawards.asia/
アジア・フィルム・アワード Twitter アカウント(英語):@AFAA
アジア・フィルム・アワード Twitter ハッシュタグ(英語):#11AFA #AFA #AsianFilmAwards #亞洲電 影大奬


***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ