映画情報どっとこむ ralph hideの実弟が綴った物語

『TELL ME ~hideと見た景色~』

が、2022年夏に公開されることが決定しました。

X JAPANのギタリストとして、ソロアーティスト(hide with Spread Beaver/zilch)として、日本の音楽シーンに多大な影響を与え続けるhide。

この度、当時、hideのパーソナルマネージャーを務め、現在はhideオフィシャルマネジメント事務所の代表を務める実弟・松本裕士による物語が映画化!松本裕士著「兄弟 追憶のhide」(講談社文庫刊)をもとに、主人公である弟・ヒロシがhideの共同プロデューサー I.N.A.とともに、hideが遺した音楽を世に送り出すまでの軌跡が描かれる。

監督は、「ドラゴン桜」(05)、「時効警察」シリーズ(06-07/19)、「都市伝説の女」(12-13)ほか数多くの人気ドラマの演出を手がけ、『着信アリ2』(05)、『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(08)、『今日も嫌がらせ弁当』(19)、『僕と彼女とラリーと』(21)など映画でも活躍中の塚本連平。脚本も担当した塚本監督のアイデアで、hideの楽曲の中から、「TELL ME」が本作のタイトルに起用。タイトル起用の理由について、塚本監督は『「TELL ME」の「僕が僕で在り続けるため」という歌詞が、大切な人を突然失った家族や仲間の気持ちを象徴している様に感じた』とコメントしている。

映画情報どっとこむ ralph 明後日12月13日hideの誕生日に先立ち、この度、hideのイラストを使用したhideビジュアルを初解禁!

hideのイラストは、NYと東京を拠点に活動し、Instagramフォロワー27.8万人を誇る人気イラストレーター、目黒ケイが手がけた。
『TELL-ME-~hideと見た景色~』

映画情報どっとこむ ralph

監督:塚本連平コメント

この映画は、大切な人を突然失った家族や仲間が悲しみを乗り越えて行く、希望と絆の物語です。
タイトルをhideさんの名曲「TELL ME」から頂いたのは、残された人達の「もっと話したい事が、もっと聞きたい事があった」そんな気持ちを象徴している様に感じたからです。「僕が僕で在り続けるため」と言う歌詞の意味を噛み締めながら撮影に挑みたいと思います。

「兄弟 追憶のhide」(講談社文庫刊)著者

松本裕士コメント

この度は「兄弟」の映画化のお話をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
長い時間がたった今でも、hideが輝き続けているのは、世界を見ても稀な軌跡であり、それを支えて頂いたファンの皆様、そして関係者の皆様のおかげです。
実の兄弟でありながら、ビッグアーティストと駆け出しのマネージャーという異質な関係でもありました。近しい人が旅立ってしまった時、また孤独で悩んだ時、そのような思いをした方々へ、少しでもお力になれれば幸いです。
hideは伝説のアーティストではありますが、やはり私にとっては、かけがえのないお兄ちゃんなのです。

映画情報どっとこむ ralph

映画『TELL ME』

公式サイト:
https://movies.kadokawa.co.jp/tellme/ 

公式Twitter & Instagram:
@tellme_movie

12/11(土)『hide Birthday Party 2021』(無観客有料配信)開催!

<配信時間> OPEN 15:30 / START 16:00
アーカイヴ配信も有り。
詳細は特設サイトはこちら

hideプロファイル

日本のロック史上に伝説を打ち立てたバンドX JAPANのギタリスト“HIDE”、『ROCKET DIVE』『ピンク スパイダー』などの名曲を発信したソロアーティスト“hide”としてその個性的なファッションやメイクは、“ヴィジュアル系”という新たなカルチャーを創り上げ、 革新的で時代を先取りした音楽、おもちゃ箱をひっくり返したような奇想天外なライブパフォーマンスは日本の音楽シーンに多大なる影響を与えた。1998年に急逝するも、hideが残した「サウンド」と「メッセージ」は色褪せることなく語り継がれ、今もなお、世界中で絶大なる人気を誇るロックアーティストである。

hideオフィシャルウェブサイト
http://www.hide-city.com

監督:塚本連平プロファイル

1963年生まれ、岐阜県土岐市出身。日本大学芸術学部卒業後、テレビ界入り。「ドラゴン桜」、「時効警察」、「特命係長・只野仁」、「都市伝説の女」など数多くの人気ドラマを世に送り出す。映画は『ゴーストシャウト』(04)で監督デビューし、第2作『着信アリ2』(05)のヒット以降、脚本家・福田雄一とタッグを組んだ『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(08)、近年では『今日も嫌がらせ弁当』(19)、『僕と彼女とラリーと』(21)を手がける。企画プロデューサーとしてもドラマ、映画、更に情報バラエティの開発にも携わる。

「兄弟 追憶のhide」(講談社文庫刊)著者:松本裕士プロファイル

1968年3月20日、松本家の次男として生まれる。1995年、実の兄であり、X JAPANのギタリストであるhideのパーソナル・マネージャーとなる。2000年7月20日、総支配人としてhide生誕の地“横須賀”に「hide MUSEUM」設立。現在は株式会社ヘッドワックスオーガナイゼーション代表取締役。hideの遺品および著作権・著作物の管理、またイベントの開催や作品のリリースなど、積極的な活動を行っている。

***********************************

監督:塚本連平

原作:松本裕士「兄弟 追憶のhide」(講談社文庫刊)

原案協力:I.N.A.「君のいない世界~hideと過ごした2486日間の軌跡」(ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス刊)

配給:KADOKAWA
製作:映画「TELLME」製作委員会

©2022「TELLME」製作委員会

関連記事:

Facebook にシェア
LINEで送る
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加