映画情報どっとこむ ralph 1967年の「第一次羽田闘争」において18歳で死んだ山﨑博昭を取り巻く人々を中心に、あの時代の“青春と悔い”を描いたドキュメンタリー映画『きみが死んだあとで』、2021年4月から長く公開が続いており、この度ユーロスペースにて11月20日㊏より1週間限定でアンコール上映が決定しました。
きみが死んだあとで
死んだ山﨑博昭やあの時代について14人の語りで紡ぎ「あの時代とは何だったのか」問いかけるオーラルヒストリーは、公開後は団塊の世代でもある彼らの同世代だけでなく、これからどう生きるか煩悶する現代の若者たちにも響き、静かな反響を呼んでいます。きみが死んだあとで
映画情報どっとこむ ralph 満を持してのアンコール上映では連日、代島治彦監督と豪華ゲストによるトークイベントがあります。

11/20(土):加藤 孝信
(本作撮影・キャメラマン)
11/21(日):大友 良英
(本作音楽・ミュージシャン)
11/22(月):北井 一夫
(本作写真・写真家)
11/23(火):山根 貞男
(映画評論家)
11/24(水):森 達也
(映画監督・作家)
11/25(木):鴻上 尚史
(劇作家・演出家)
11/26(金):加藤 登紀子
(シンガーソングライター)

貴重な機会、是非ご覧下さい。

映画情報どっとこむ ralph

『きみが死んだあとで』

2021年11月20日(土)~26日(金)ユーロスペースにてアンコール上映

近年、学生運動の時代を切り取ってきた代島治彦監督の『三里塚に生きる』『三里塚のイカロス』に続く3部作、3時間20分の意欲作になります。

青春だけが武器だった、あの“異常に発熱した時代”は何だったのか ―〈伝説の学生運動〉を3時間20分に圧縮した巨編ドキュメンタリー『きみが死んだあとで
きみが死んだあとで

***********************************

日本/2021年/200分(上巻:96分/下巻:104分)/DCP/5.1ch
製作・監督・編集:代島治彦
撮影:加藤孝信/音楽:大友良英/写真:金山敏昭、北井一夫、渡辺 眸/整音・音響効果:滝澤 修
/カラーコレクション:佐藤 健/字幕デザイン・宣伝美術:鈴木一誌、吉見友希.
制作:スコブル工房
配給:ノンデライコ
宣伝:テレザ
企画・製作:きみが死んだあとで製作委員会
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ