映画情報どっとこむ ralph このたび第74回カンヌ国際映画祭(7月6日~17日)クラシック部門(以下、カンヌクラシックス)にて『夜叉ヶ池 4Kデジタルリマスター版』(英題:Demon Pond)の上映が決定しました。

松竹は、昨年2020年に、映画製作を開始して100周年を迎えました。その記念プロジェクトの締めくくりとして、1979年に公開した篠田正浩監督・坂東玉三郎主演作品『夜叉ヶ池』を4Kデジタルリマスター版として42年ぶりに蘇らせました。

7月10日(土)にはユーロスペースでの特集上映 「篠田正浩監督生誕90年祭 『夜叉ヶ池』への道 モダニズム ポップアート そしてニッポン」 にてジャパンプレミア上映が決定。14日(水)にはブルーレイの発売も決定しています。

カンヌ国際映画祭での上映は、インターナショナルプレミア上映となる予定です。
2004年よりカンヌ国際映画祭の一部門として設立されたカンヌクラシックス。
yashagaike夜叉ヶ池_海外
文化遺産としての作品のショーケース、また過去の名作の再発見、修復された偉大な作品のお披露目などを目的としています。本年のカンヌクラシックスに選出された旧作は、日本の『月は上りぬ』(1955年、田中絹代)ほか、『黒いオルフェ』(1959年、マルセル・カミュ)、『神の道化師、フランチェスコ』 (1950年、ロベルト・ロッセリーニ)、『ふたりのベロニカ』(1991年、クシシュトフ・キェシロフスキ )、『オーソン・ウェルズのフェイク』(1973年、オーソン・ウェルズ)、 『マルホランド・ドライブ』(2001年、デイヴィッド・リンチ)など合計24本です。なお、本年はドキュメンタリー作品も6本上映されます。

また、6月11日(金)から開催された上海国際映画祭「TRIBUTE TO MASTERS」部門では、篠田監督の特集上映が行われ、『暗殺』『心中天網島』『はなれ瞽女おりん』『写楽』『乾いた湖』『鑓の権三』の
6作品を上映。「TRIBUTE TO MASTERS」では篠田監督のほか、作曲家・映画音楽家のエンニオ・モリコーネ特集(10作品)、フランスの名匠クリス・マルケル特集(8作品)、ハンガリーの映画巨匠
ヤンチョー・ミクローシュ特集(5作品)、中国の名優Sun Daolin特集(6作品)も開催され、世界の巨匠に並んで、篠田監督の作品が海外でも高く評価されています。

映画情報どっとこむ ralph

『夜叉ヶ池 4Kデジタルリマスター版』

夜叉ヶ池
≪劇場公開情報≫ 2021年7月10日(土)~30日(金) ユーロスペースにて篠田監督特集上映!
篠田正浩監督生誕90年祭 『夜叉ヶ池』への道
モダニズム ポップアート そしてニッポン
特集名
上映劇場
2021年7月10日(土)~30日(金)
上映作品
上映期間
ユーロスペース
『夜叉ヶ池 4Kデジタルリマスター版』
『私たちの結婚』
『涙を、獅子のたて髪に』
『乾いた花』
『暗殺』
『心中天網島』
『無頼漢』
『沈黙 SILENCE』
『化石の森』
『はなれ瞽女おりん』
※その後全国各地で順次公開予定
●ユーロスペース公式サイト:
http://www.eurospace.co.jp/

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ