映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・佐木隆三氏の小説「身分帳」を原案とした、『ディア・ドクター』『永い言い訳』の西川美和監督最新作『すばらしき世界』が2021年2月11日(木・祝)より全国ロードショーとなります。
すばらしき世界
中学生のときに西川監督の『ゆれる』を観て衝撃を受けて以来、憧れの人だったという仲野太賀さんが初タッグとなった本作。
お二人揃ってトークイベントに登壇しました。
西川美和監督、仲野太賀トークイベントat代官山蔦屋書店
『すばらしき世界』公開記念トーク イベント
日時:2月5日(金)
会場:代官山蔦屋書店 3号館2階 音楽フロア内session
登壇:仲野太賀、西川美和監督
MC:代官山蔦屋書店 映画コンシェルジュ吉川
映画情報どっとこむ ralph

仲野太賀、 憧れの 西川 美和 監督 へ100 M 先から ラブコール!
「監督 、 僕はここにいます!!!」

今まで手掛けてきた作品を″我が子“に例え、「5人を育てあげた後に、最初はあたらな恋人ができた感じでしたが、『すばらしき世界』は6作目。前作の発表から5年が経ちましたが、ようやく巣立ってくれる、子供が成人していく感覚です。」
西川美和監督、仲野太賀トークイベントat代官山蔦屋書店
仲野が演じるテレビディレクター津乃田役のキャスティングは、役所広司演じる主人公・三上との年齢的なアンバランスさ、バディ的な側面を考えて行われたという。中学生のときに西川監督の『ゆれる』に衝撃を受けて以来、西川監督は数少ない憧れの人だった仲野は語る。「その時はオーディションじゃないですけど、一回会いましょうということで、西川さんの事務所に行くことになったんです、その時は信じられない気持ちでいっぱいでした。」と述懐。

そして西川監督のオフィスには、仲野はひとりでふらっと訪れたという。そんな彼の姿に西川監督は「これは作戦なの?こいつ、分かってるなと(笑)。ひとりできてくれたその感じで、距離が縮まったように思ったんです。そこから脚本を読んでどう感じたのか、そういうことを質問して、太賀くんから出た言葉をヒントに改訂していきました。演じる役の性格とその俳優の性格がリンクしている方が良い時とそうじゃない時がある。津乃田役は近い方が良いと思いましたし、太賀くんには、(この役に必要な)観察者の目をもっている気がしたので、実際に会って確かめたいと思いました。」
西川美和監督at代官山蔦屋書店
本作の撮影は、石井聰亙(現:岳龍)、阪本順治、豊田利晃ら数々の名監督と組んできた笠松則通が担当。仲野も「それこそ僕も笠松さんのファンだし、笠松さんに撮ってもらえるんだという喜びがありました。でも優れた撮影の方ってみんなそうなんですけど、いざカメラの前に立つと受け入れてくれるんです。ドシッと構えているけど、とてもやりやすい環境でした」と感じたという。一方、西川監督は「笠松さんも、普段は絶対に俳優部にこう動いて欲しいとか、言わないんですけど、太賀くんにだけは言っていたよね。」

大勢のスタッフに親しまれ、現場随一の愛され俳優、仲野のことを西川監督は「妖怪・人たらし」と愛情を込めて呼ぶ。本作の発案から公開直前まで、約5年の思いを綴るエッセイを中心にまとめた近著「スクリーンが待っている」の一編「妖怪」の章がそれにあたるのだが「(太賀くんは)スタッフと俳優の狭間にいるような人。現場にいつ来たか分からない。照明部がひとり増えたのかなと思ったら太賀くんだったということもあって。どんなに親しみやすい俳優さんでも、現場に入ってきた瞬間に空気が変わるんですよ。緊張感があって、俳優が帰るとグッと力が抜けるような感じ。太賀くんにはそれがないんですよね」という西川監督に、仲野も笑ってみせた。

本作ではやり手のTVプロデューサー吉澤役として長澤まさみが出演。
長澤まさみ_映画『すばらしき世界』
これまで数々の映画、CMなどで共演してきた長澤のことを「僕としては強い縁を感じるし、信頼も置いていただいているなという自覚もあって。僕も信頼していますし、長澤さんだったら姉弟もできますし、上司も部下もできる。信頼関係があるので、長澤さんとの関係は楽しいですね。役者も、『はじめまして』で芝居をすることはありますけど、信頼関係があるとより大胆にならざるを得ないというか。スッと入っていける感じがあります」と感じているという。その言葉を聞いた西川監督は「キムラ緑子さんは、役所さんとの共演が一番多いとおっしゃっていたんですよ。それで(劇中で見せる)あのお芝居じゃないですか。二人のシーンはとてもいいシーンなんです。長澤さんと太賀くんもそうなるかもね」と語ると、仲野も「波長も合うし、信頼関係や化学反応もあるので、いろんな組み合わせでやれたらいいなと思います」と振り返った。
仲野太賀トークイベントat代官山蔦屋書店
長澤は役所との共演にものすごく緊張していたそうで、その姿を間近で見ていた仲野は「西川組だからというのもあると思います。長澤さんのソワソワした感じもなかなか見ることができない(笑)。普段は、どっしりという感じではないけど、(主演という)軸が長澤さんにある現場でご一緒するところが多かったんです。でも今回は役所さんという軸があって、素直に憧れや尊敬もあるし、こっちが勝手に感じてしまっているだけなんですけど(役所さんに)どこかで試されているような気になってしまう。長澤さんは、一個一個の作品に誠実に向き合っている人なんだと改めて感じました。」と振り返る。
西川美和監督、仲野太賀トークイベントat代官山蔦屋書店
イベントも終盤に差し掛かると、2月7日に28歳の誕生日を控える仲野へ、西川監督からサプライズでプレゼントが!
上田義彦、ソール・ライターという2人の写真家の本を手渡された仲野は「ありがとうございます。うわぁ、うれしい~!!」と感激した様子でコメント。
仲野太賀トークイベントat代官山蔦屋書店

映画情報どっとこむ ralph

『すばらしき世界』

subarashikisekai movie.jp
ストーリー
下町の片隅で暮らす短気ですぐカッとなる三上(役所広司)は、強面の見た目に反して、優しくて真っ直ぐすぎて困っている人を放っておけない男。しかし彼は、人生の大半を刑務所で暮らした元殺人犯だった。一度社会のレールを外れるも何とか再生しようと悪戦苦闘する三上に、若手テレビマンの津乃田(仲野太賀)と吉澤(長澤まさみ)がすり寄りネタにしようと目論むが…。三上の過去と今を追ううちに、逆に思いもよらないものを目撃していく――。
『すばらしき世界』新ビジュアル①

***********************************

出演:
役所広司 仲野太賀 橋爪功 梶芽衣子 六角精児 北村有起哉 白竜 キムラ緑子 長澤まさみ 安田成美
脚本・監督:西川美和
原案:佐木隆三著「身分帳」(講談社文庫刊)
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 佐木隆三 /2021 「すばらしき世界」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ