映画情報どっとこむ ralph

奇跡のような映画と絶賛!白石晃士監督&村山章『ヒッチャー ニューマスター版』トークショー


ルトガー・ハウアー出演のサイコ・スリラー『ヒッチャー ニューマスター版』が1月8日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開となりました。そして、本日1月17日(日)に白石晃士(映画監督)、村山章(映画ライター)によるトークショーが行われました。

映画『ヒッチャー ニューマスター版』トークショー
日時:1月17日(日)
場所:シネマート新宿
登壇:白石晃士(映画監督)、村山章(映画ライター)

映画情報どっとこむ ralph 本日、『ヒッチャー ニューマスター版』の公開を記念したトークショーが、シネマート新宿で行われ、『不能犯』(18)、『貞子vs伽椰子』(16)の白石晃士監督、映画ライターの村山章さんが登壇。今回のトークショーは、新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、有効な客席を半数に絞っての開催となったが、万全な対策の中多くの方が来場し、盛り上がりをみせた。

本作は、殺人ヒッチハイカーを乗せたばかりに、その後逃げても逃げてもひたすら狙われ続ける青年の恐怖と絶望を描き、アメリカ全土に”恐怖のヒッチハイカー“というトラウマを植え付けたサイコ・スリラー。シンプルなストーリーながら、全編に異様な緊張感を持続させることに成功、と同時にド派手なアクションの連続で、観る者に恐怖と興奮を与える傑作として、今もなお多くの映画ファンに愛されている。

冒頭の挨拶で、白石監督はジョン・ライダー、村山さんはジム・ハルジーに似ている格好であると話題になり、たった今観賞を終えた観客たちを盛り上げてトークショーがスタート。本作を公開時に劇場で観賞し、以降何度も見ていると語る白石監督。自身の監督作である『不能犯』(18)の撮影時にも、主演の松坂桃李さんに超然とした存在感の参考として『ヒッチャー』を見てもらったといい、「必要のない情報は入れない作品作りの教科書的な映画になっている」と明かし、過去を描かずに、今の行動や表情でキャラクターを表現する描き方に無意識的に影響を受けていると語った。村山さんは「何かが欠けたらここまでの映画になっていない。奇跡のような映画だ」と語り、白石監督も「人ならざる者が介在している奇跡的な映画」と同調した。

また、第88回アカデミー賞では作品賞ほか10部門でノミネートをされた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)などの撮影も担当し、本作の撮影をしたジョン・シールについても触れ、「テレビで見ていたら気づかなかったが、今回劇場でニューマスター版を改めて観ると、死ぬほど美しい光の使い方をしている」と絶賛。また、ジョン・ライダーを演じたルトガー・ハウアーの演技を「この映画で一番の功績」だと話し、スクリーンで見ると、少しの表情や動きで役の感情を表している彼の演技をより感じることが出来る、と劇場で見ることの意義を熱く語った。

最後に、「見せ方が非常に上品で、芸術的な映画だ」と本作の魅力を語り、大盛況の中イベントを終えました。

映画情報どっとこむ ralph 『ヒッチャー ニューマスター版』

シネマート新宿ほか全国順次公開中!

【STORY】
シカゴからサンディエゴへの砂漠地帯。陸送の仕事をしていたジム・ハルジーは、ある嵐の夜に1人のヒッチハイカーを車に乗せる。しかし、ジョン・ライダーと名乗るその男はハンドルを握るジムの喉にナイフを突きつけ「俺を止めてみろ」と脅しだす。ジョンは恐ろしい殺人鬼だったのだ。一瞬の隙を見て、何とかジョンを車から突き落としたジムだったが、それは恐怖の始まりに過ぎなかった。何度でも執拗に襲いくる恐怖の殺人鬼。警察や協力者でウェイトレスのナッシュを巻き込んで事態は悪化していく。

***********************************

出演:C・トーマス・ハウエル、ルトガー・ハウアー、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジェフリー・デマン
監督:ロバート・ハーモン
脚本:エリック・レッド
撮影:ジョン・シール
音楽:マーク・アイシャム
1986年/アメリカ/音声:英語5.1chサラウンド/日本語字幕:落合寿和(2019年新訳版)/シネスコサイズ/DCP/97分
提供:是空、TCエンタテインメント
配給・宣伝:アンプラグド 
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ