映画情報どっとこむ ralph 本日2021年1月1日(金)よりTOHOシネマズ日比谷 他 にて、全国ロードショーとなる『新感染半島 ファイナル・ステージ』。

狂気の軍団が生み出したゾンビ娯楽!死のゲーム映像初解禁
この度解禁となったのはジョンソク(カン・ドンウォン)の義兄・チョルミンが半島を支配する631部隊のファン軍曹(キム・ミンジェ)たちに捕まり、命をかけたゲームに強制参加させられるシーンだ。身体に番号を書かれ、訳も分からず立ち尽くすチョルミン。一体これから何が起こるのか!?ゲームスタートの合図音が鳴ると暗闇の奥から現れたのは無数のゾンビとなってしまった感染者たち!積み重なってまるで一心同体かのような動きで登場!鏡餅のような風貌で勢いよくこちらへ迫ってくる!逃げ場を塞がれた地獄のようなリングに残されたチョルミンが生き残る方法はひとつ!ゾンビの追手からゲームが終了するまでひたすら逃げ回ること!捕まることは即感染=死を意味する…!さっきまで隣にいた人間たちが次々と感染者の餌食になっていく現実…。ファン軍曹たちはゾンビ娯楽を生み出し、健康体な人間を感染者たちと同じ空間に閉じ込め、追いかけっこさせる命がけのゲームを開催し楽しんでいたのだった…!武器もなく丸腰状態のチョルミンは果たして逃げ切ることができるのか!?そしてこの無法地帯と化した半島から無事脱出することは出来るのか!?

映画情報どっとこむ ralph 併せて解禁となった場面写真
半島へ戻るや否やチョルミンと離れ離れになり居所を聞きつけたジョンソクが助けに来るカット。さすが元軍人・ジョンソク!華麗な銃テクニックで次々と感染者を倒していく姿はまるで芸術!舞を踊るかのように360度あらゆるところからの攻撃にも素早く応戦する!
映画情報どっとこむ ralph 舞台は『新感染』の4年後の‘半島’。
人間を凶暴化させる謎のウィルスの感染爆発で荒廃した祖国に、ある任務を果たすため戻ってきた元軍人のジョンソクを、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督が初めて手がける韓国映画『ブローカー(仮)』への出演が決定しているカン・ドンウォンが演じ、前作『新感染』で監督を務め、韓国だけでなく世界で高い評価を受けたヨン・サンホ監督が引き続きメガホンをとります!前作よりもさらに壮大なスケールで描かれ、250人を超えるVFXスタッフにより作り上げられたビジュアルと20分に及ぶ刺激的なカーチェイスは圧巻。カンヌ映画祭オフィシャルセレクションにも選出され、本国では今年7月に2,338スクリーンで公開され、大ヒットを記録。コロナ禍にあえぐ韓国映画界において‘救世主’と讃えられ大きな話題を呼んだ本作が、ついに日本上陸です!

いよいよ新年を迎え、公開初日を迎えた本日はおめでたい⁉ゾンビ鏡餅映像を見て新たな1年の幕開けを感じてほしい!

『新感染半島 ファイナル・ステージ』

<STORY>
パンデミックが半島を襲ってから4年後。香港に逃げ延びていた元軍人のジョンソク(カン・ドンウォン)は、ある任務を遂行するために半島に戻ってくる。任務とは、チームを組み3日以内に大金が積まれたトラックを回収して半島を脱出すること。チームはウィルスにより凶暴化した人間たちから逃れ、順調にトラックを手に入れるも、突如とし631部隊と呼ばれる民兵集団に襲われてしまう。トラックも奪われ、危機一髪となったジョンソクを救ったのはミンジョン(イ・ジョンヒョン)母娘。そして、彼らはともに半島を脱出するために協力することになり。

***********************************

監督:ヨン・サンホ『新感染 ファイナル・エクスプレス』
出演:カン・ドンウォン、イ・ジョンヒョン、クォン・ヘヒョ、キム・ミンジェ、ク・ギョファン、キム・ドゥユン、
イ・レ、イ・イェオン
配給・宣伝:ギャガ パブリシティ:スキップ
英題:PENINSULA/ 2020年/韓国/カラー/116分/字幕翻訳:根本理恵/映倫:G
©2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ