映画情報どっとこむ ralph 期待の新星Little Black Dress が主題歌「妖精の詩」を カバーしたイメージソングを歌唱。本人コメントも到着!!

主演を含む、現在3本もの出演映画が公開中、幅広い映画やドラマでその演技が評価され、まさに 飛ぶ鳥落とす勢いの 女優・篠原ゆき子が主演を務め、親友役の倉科カナは長かった髪の毛をばっさり切って役を作りこみ撮影に挑んだ本作品。女優たちの名演技によって、 悩みの袋小路に追い込まれた人たちのとんでもない感情の爆発がリアルに伝わってくる 、まさに「女たちの記録」となっています 。

映画情報どっとこむ ralph この度、新進気鋭のシンガーソングライター・Little Black Dress が 本作品の主題歌をカバーしたイメージソングを制作 することが決定しました。

本作品の主題歌となったのは、荒木一郎氏が歌う「妖精の詩」。歌詞の内容がストーリーとも絶妙にマッチしたこの楽曲は、劇中にて倉科カナが演じる「香織」の父親が過去に好きでよく聞いていた曲という設定で、香織が印象的なシーンで口ずさむ など、重要なエッセンスとなっています。

2019年にインディーズデビュー をした Little Black Dress は、デビュー 後に数々の歌謡曲をカバー 、独自の「歌謡ロック」を確立し話題 に。オリジナル曲も 120 曲以上制作 するなど勢力的に活動しています。

先月11月3日の自身の22歳の誕生日にBillboard Live横浜にて開催したライブはチケット完売 今月12月 24日に丸ビルで開催予定の「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」でのステージや、 12 月 27 日には Billboard Live 東京での初ライブも決定するなど これからまだまだ目が離せない 実力派・ 注目アーティストが 映画を彩る「女たち」の 1 人に加わります。彼女の 魅せる昭和歌謡の名曲の新たな一面に 、ぜひ ご注目下さい。

<Little Black Dress さんの コメント>
この度、映画「女たち」のテーマ曲 となっている、荒木一郎さんの妖精の詩 をカバーさせていただきました。まるで一つの小説を読んでいるかのような荒木さんの素敵な楽曲達は、以前から愛聴していたのですが、この「妖精の詩」とは、カバーのお話を通じて、初めて出会いました。
”さみしくないとは云えないけど大人になるとつい飲み込んでしまうような本心に寄り添ってくれるこのフレーズが大好きです。
映画「女たち」も、一足先に観させていただき、どれだけ哀しくて苦しくても、実は希望って小さいものからでも自分で作り出せるのだと気付かされるとても素晴らしい作品でした。
人間の、本当の姿が描かれているように思います。
まさに、“生きていく”ことを改めて考えさせられた2020年を映し出しているようなこの作品と、生きてゆく中での、悲しみ、憎しみ、虚しさを儚くも美しく魅せてくれるこの楽曲は、我々の日常へ寄り添い、希望を導いてくれる妖精のような存在です。今だからこそ、たくさんの方に見て欲しいです。
Little Black Dress

映画情報どっとこむ ralph 『女たち』

2021年 春公開

【ストーリー】
主人公の美咲は、母の介護をしながら地域の学童保育所で働いている。東京の大学を卒業したものの、就職氷河期世代で希望する仕事に就くことができず、恋愛も結婚も、なにもかもがうまくいかず、 40 歳を目前にした独身女性である。娘を否定しつづける毒母、そんな母に反発しながらも自分を認めてもらいたいと心の奥底で願う娘。そこに「介護」という現実がのしかかってくる。お互いに逃げ出したくても逃げ出せない。あるとき、美咲が唯一心のよりどころとしている親友・香織が突然命を絶ち、いなくなってしまう。美咲にとって、養蜂家として自立する香織は憧れだった。美咲の心もポキリと折れ、崩壊へと向かっていく。

***********************************

監督:内田伸輝
出演:篠原ゆき 倉科カナ
©映画「女たち」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ