映画情報どっとこむ ralph 世界中のアニメーション映画祭を熱狂させた、ラトビア人新進クリエイター、ギンツ・ジルバロディス(Gints Zilbalodis)が、3年半をかけて、たった一人で【製作・監督・編集・音楽】全てを作り上げた長編デビュー作、映画『Away』が12月11日(金)より絶賛公開中です。

本作は世界最高の権威と最大級の規模を誇るアニメーションの国際映画祭“アヌシー国際映画祭”において、2019年に新設された実験性・革新性のある長編作品を対象とする“コントルシャン”賞で、見事初代グランプリを受賞!これを皮切りに、世界中の国際映画祭を席巻し、2020年第92回アカデミー賞長編アニメーション部門の最終候補32作品に選ばれ、同年第47回アニー賞でも『アナと雪の女王2』(19)や『トイ・ストーリー4』(19)とともにベストミュージック部門にノミネートを果たしました。先日、ポーランドで行われた第13回ポズナン・アニメーター・フェスティバルでは、最優秀長編映画賞を受賞し、ついに世界の映画祭で【9冠】を達成!日本以外にもフランスやポルトガルでの公開も決定し、世界での評価が更に高まっています!

この度、公開を記念して、ラトビアにいるギンツ・ジルバロディス監督と繋ぎ、リモート舞台挨拶を実施しました!

今回、来日が叶わなかったラトビアにいるギンツ・ジルバロディス監督と少しでも日本の観客と触れてもらうべく、新宿武蔵野館を繋ぎ、リモート舞台挨拶を実施!公式SNSを介して事前にジルバロディス監督への質問を集めた「おしえてギンツ!」のコーナーでは、『Away』を作るに至ったルーツや制作秘話など貴重な話しを聞ける充実した時間となりました!

映画『Away』リモート舞台挨拶
日付:12月12日(土)
場所:
登壇:ギンツ・ジルバロディス監督

映画情報どっとこむ ralph 無事に公開を迎え、じわじわと絶賛の声が広がる中、公開を記念してラトビアにいるギンツ・ジルバロディス監督(以下、監督)と新宿武蔵野館をつなぎ、リモート舞台挨拶を開催。舞台挨拶では「おしえてギンツ!」なるQ&Aコーナーを実施し、事前に公式SNSで集めた質問を交えて、様々な質問が飛び交った。監督は、「日本の観客の皆さんに観てもらえて、とても嬉しいです。」と日本の観客を前にし、自身の作品に影響を与えたと明かしている日本の地で公開になったことを改めて喜んでいる様子だった。

自身のルーツについて語る中で、幼少期にテレビで放送していたジブリ作品が強いインパクトをもたらしたと告白。「ほかのアニメーション作品は先が読めてしまい、作品に入り込むことができずに終わってしまうこともありました。その点、ジブリ作品には先の読めない面白さがありました。自然や人間のコミュニケーションの表現などの文化的な描写が興味深いアイデアだと感じています。」と、ジブリ作品への特別な思いを語った。そして、「ジブリ作品で一番好きな作品は?」と聞かれると悩みながらも、「一つに絞るのは難しいですが、『もののけ姫』がとても好きです。」と明かしてくれた。また、監督が“ラトビアの新海誠監督”と称されている点に触れると、「新海監督の作品はたくさん見ました。彼の作品はとても好きです。作品の出来・キャラクター造形・色彩が素晴らしいですし、何より動きがとても速くて、とてもワクワクさせられます。」と、にこやかに語り、「“ヨーロッパの新海誠監督”と呼ばれることについては、監督のことを尊敬しているので非常にうれしく、そして謙虚な気持ちになります。『ほしのこえ』を一人で作り上げ、今では大きな作品を作り上げる新海監督のように、自分もそのようになりたいと憧れもあります。」と、新海監督に対するリスペクトを述べた。

一人で作品を作り上げたことのデメリットについて問われると、一人ですべてを行わないといけないので負担が大きかったと明かす一方、そのデメリットがメリットにもなったという。「自分だけで制作しているので、作品を完全なオリジナリティで自由に作れました。たくさんの制約があったからこそ、技術面や表現を工夫したことで結果的に良い作品を生み出せたと自負しています。」と自信をみせた。その工夫した点の一つとして、制作過程でiPhoneを使用したことを明かし、「揺れているようなカメラワークを生み出すために、iPhoneで撮影した手振れのようなテクスチャーを3DCGで撮影した映像と組み合わせました。3DCGの撮影では完璧できれいな映像になってしまうので、わざと完璧なものを崩しています。また、音楽の作曲もiPhoneのアプリで行いました。」と現代ならではの制作秘話も。そして、ドキュメンタリー的な作風だと評されていることに関して、「この作品は、“未完成”なものにしたかった。そのようなところが、ドキュメンタリーっぽいのだと思います。アニメーションでは、撮影後でも修正できるのが良いポイントだと思っています。撮影方法やキャラクターの位置など作った後で修正し、いろいろ失敗や試行錯誤を重ねながら、自然発生的に制作していきました。」と独特な制作過程についても語った。

また、登場する飛べない小鳥やネコなどの動物について、「小鳥は群れからはぐれてしまい、元居た場所を探しています。それは、少年にも言えることで、どちらも“孤独”なのです。トリやネコの群れについては対照的で、トリはそれぞれ個性があるのですがネコは無個性。繋がりすぎているから、個性が欠けているんです。」と、それぞれメタファーを込めていると語り、「そのようなメタファーを通して、この作品では“孤独と社会”、“居場所を探す”ということを描いています。」と作品に込められたテーマも明かしてくれた。

最後には、「作品をご覧いただき、ありがとうございます。来日して、この瞬間を皆さんと過ごせなかったこと、とても残念に思います。一人で、ノートパソコンで作った作品が、日本の多数の劇場で見られていることがいまだに信じられないですが、皆さんに届けることができたこと嬉しく思っています。」と、日本の観客へ感謝を伝えた。

映画情報どっとこむ ralph 革新的!独創的!言葉(セリフ)なき深淵な世界!
それは、全く新しいアニメーションへの挑戦。
美しい冒険の旅へ―絶望 不安 孤独 そして希望をめぐるたった一人のロードムービー

映画『Away』
原題:Away
12月11日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開中!!

【STORY】
飛行機事故でたった一人生きのびた少年は、森で地図を見つけ、オートバイで島を駆け抜ける。
黒い影から逃れて、小鳥とともに。

【受賞歴】
・アヌシー国際アニメーション映画祭 コントルシャン賞
・ストラスブール・ヨーロッパ・ファンタスティック映画祭 インターナショナル・アニメーション・コンペティション部門 作品賞
・アニメスト 作品賞
・新千歳空港国際アニメーション映画祭 審査員特別賞
・ラトビア国立映画祭 最優秀アニメ映画賞 国際映画批評家連盟賞
・アニマ・ムンディ国際アニメーション映画祭 最優秀子供向け作品
・ヴァルナ映画祭 スペシャル・メンション
・シネシナ映画祭 特別芸術貢献賞
・ポズナン・アニメーター・フェスティバル 最優秀長編映画賞

***********************************

2019年/ラトビア/カラー/シネマスコープ/81分/5.1ch ※本作にはセリフがありません
後援:駐日ラトビア共和国大使館
配給:キングレコード
配給協力:エスピーオー

公式HP:away-movie.jp 
公式Twitter:@away_movie(#映画Away)

©️2019 DREAM WELL STUDIO. All Rights Reserved.

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ