映画情報どっとこむ ralph めまぐるしく変化をみせる街・池袋を舞台にしたオリジナル長編アニメ映画『君は彼方』が本日11月27日(金)にTOHOシネマズ池袋ほかにて公開初日を迎えました。

この度、公開初日舞台挨拶が実施され、松本穂香、瀬戸利樹、瀬名快伸監督が登壇しました。

映画『君は彼方』初日舞台挨拶
日時:11/27(金)  
場所:TOHOシネマズ 池袋
登壇:松本穂香、瀬戸利樹、瀬名快伸監督
映画情報どっとこむ ralph 昨年6月のアフレコから遂に迎えた公開初日、改めて今の想いを聞かれた松本は「このご時世で、これだけたくさんの方に集まって頂けることが先ず、すごく嬉しいです。この時代だからこそ響くものがある映画なのではないかと思いますので、とにかく沢山の方に観て頂きたいなと思っております」と話し、瀬戸は「ジャパンプレミアの時にいよいよだなと思っていたんですが、今日初日を迎えて、改めて“来たっ!”という感じです。とにかく嬉しい気持ちが強いです」と笑顔でコメント。監督は「公開できるのが本当に感慨深くて、胸がいっぱいな気持ちです」と涙目で公開を迎えた想いを語りました。

松本と瀬戸に対してMCから“公開初日を迎えてお互いにこれだけは伝えておきたいこと”をという質問をされると、2人はお互いを見合って思わず照れ笑いを見せました。松本は瀬戸に対して「お話する中ですごく純粋な方だなと感じていまして。監督も食事会で5分話しただけで瀬戸さんの真っすぐさを感じたと仰られていましたし、今回の新という役もその真っすぐさが表現されているキャラクターだったので、新が素敵だったのは瀬戸さんだったからなんだろうなと感じております。厳しい世の中ですが、是非その真っすぐさと純粋さを失わないでいて欲しいなと思います(笑)」と語りました。一方、瀬戸は松本に対して「声がめちゃくちゃいい!」力強くコメント。それを聞いた松本は「ありがとうございます・・・!」とまた照れ笑い。瀬戸はその姿を見ながら「澪の声も素敵なんですが、声質がめちゃくちゃ良くて耳が幸せでした」」と更に絶賛しました。

“是非ここを観て欲しい!本作のアピールポイントを教えて”という質問には、松本は「私が演じた澪は基本的に消極的で、“自分なんてダメだ!”と思って色んなことを諦めちゃってる女の子です。私も高校の時は特にそういう気持ちが強かったので、そういう人の感覚は分かるところがあります。そんな人が沢山いると思うので、“そうじゃないんだよ。ダメじゃないんだよ”と少しでもこの映画を通して伝えられたらなと思っています」とコメント。瀬戸も「澪に共感する方はたくさんいらっしゃると思います。一歩を踏み出す勇気が持てない方に、この映画を通して勇気を与えられたらなと思います」と松本のコメントに続き、監督も「今、閉塞感のある世の中なんですが、映画のストーリーの中でもそうした部分があります。その中で登場人物が必死に前を向いて抜け出そうとしている姿を観て頂きたいです」と語りました。

2020年も残すところ1か月ということで、“2021年はここが変わりたい!”というお題にフリップで回答した登壇者。松本が“アウトドア”、瀬戸が“優柔不断”、監督が“睡眠”とそれぞれ披露。松本は「元々の気質もあるんですけど、今年はお家にいることが多かったので自然の中に行きたいです」とコメントし、瀬戸は「ご飯のメニューとか選べないんですよ(笑)家族で食事に行く時は迷ったものを両方選んで選ばなかった方を両親に食べてもらったりとか(笑)そういうのを無くしたいです」と答えて会場の笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph そして、ここで公開初日を祝って映画をイメージした青いくす玉がステージに登場!3人がくす玉の紐を引くと、【祝公開!映画『君は彼方』】の垂れ幕が降り、会場に集まったお客さんからもは大きな拍手が巻き起こりました!

最後に監督は「一人の女子高生が人生を変えるために一生懸命自分と向き合う映画になっております。沢山の人の心に届いたらいいなと思っておりますので、よろしくお願いいたします‼」と挨拶。瀬戸は「この映画には沢山の人の想いが詰まっていますので、皆さんの力で多くの人の元へ羽ばたかせて頂きたいです」と語り、松本は「この映画を観にこれだけの方が劇場に集まって下さったことが奇跡だと思っております。この映画を観て少しでも響くものがあればいいなと思いますし、純粋に映画を観て楽しんでくれたら、それだけですごく嬉しいです」と集まったお客さんに語り、イベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 『君は彼方』

TOHOシネマズ 池袋ほか全国公開中!

監督・脚本・原作を務めるのは長編劇場アニメーション作品が本作で初となる瀬名快伸。
主人公・澪(みお)を演じるのは、アニメーション初の主役となる注目女優の松本穂香。そして、主人公の幼馴染の新(あらた)にはブレイク若手俳優の登竜門「仮面ライダーエグゼイド」で仮面ライダーブレイブ役を演じ、人気を集めた瀬戸利樹を抜擢。その他、不思議な世界に迷い込む澪を助ける謎の少女・菊ちゃん役に早見沙織、澪の友人・円佳役を小倉唯、さらに声優界のレジェンド山寺宏一と大谷育江がヘンテコなガイド・ギーモン役でキャリア初となる2人1役で出演。そして、澪を支える優しい駄菓子屋の森おばあちゃん役に夏木マリ。さらに、<世の境>の番人・殯(もがり)役を竹中直人、怪しい占い師・織夏役に土屋アンナ、澪の母親・宮益沙智役に仙道敦子、忘れ物口の係員役をTKOの木本武宏が担当。劇中には西武百貨店にPARCO、ビックカメラ、そして東京さくらトラム(都電荒川線)も登場し、マンガとアニメーションの地・豊島区、池袋が全面バックアップで描く青春ファンタジー。

<あらすじ>
澪は幼馴染の新の事が気になっているが、気持ちを伝えられず微妙な関係を続けていた。ある日、些細な友人の言葉をきっかけに2人はケンカをしてしまう。澪は何とか仲直りをしようと雨の中を新の元へ向かう途中、交通事故に遭ってしまう。意識を取り戻した澪が目を開けると、そこには不思議な世界が広がっていた。そこで出会ったヘンテコなガイド・ギーモンと謎の女の子・菊ちゃんと共に、澪は新の元に帰るための唯一の手段、思い出の中の“大切な忘れ物”を辿ることとなる。

***********************************

出演:松本穂香 瀬戸利樹 
土屋アンナ 早見沙織 /山寺宏一 大谷育江 /木本武宏(TKO) 瀬名快伸 /小倉唯  仙道敦子
竹中直人 夏木マリ  
主題歌:『瞬間ドラマチック』
saji(キングレコード)
監督・脚本・原作:瀬名快伸
制作:デジタルネットワークアニメーション
企画:CUCURI
配給:エレファントハウス、ラビットハウス
©「君は彼方」製作委員会 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ