映画情報どっとこむ ralph 1999年放送のテレビシリーズからはじまり、八神太一とアグモンら“選ばれし子どもたち”と、パートナーデジモンたちの成長と絆を描き国内外で愛され続けてきた「デジモンアドベンチャー」シリーズ。
シリーズ20周年記念作品として製作され、2020年2月21日に劇場公開された最新作『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』は、日本全国48スクリーンでの公開規模ながら2週連続TOP10入り。

その後コロナ禍によって映画館が休業を余儀なくされましたが、世代を超えた人気を改めて証明しました。
そんな『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』(中国題:『数碼寶貝:最後的進化』)が、10月30日(金)から中国大陸全域でついに公開、大ヒットスタートを記録しました。

公開からの5日間では、中国全域で約32.5万回の上映が行われ、観客動員は245万人を記録。
興行収入は12億円を突破し、2020年に中国で公開された日本映画として、現時点で第1位の興行収入となっています!
すでに中国の映画館は新型コロナウィルスによる上映制限などもなくなっており、この週末で15億円の興行収入を見込み、最終的な興行収入は2億元(約30億円)にもせまる勢いで、これまで中国で公開された日本映画の興行収入ベスト5入りも十分に期待できることから、今後の動向が注目されます。

中国にて本作の劇場上映権を獲得したのは、Zhong Creation Film Culture Media Co., Limited(QC Media、以下衆合千澄社)。
衆合千澄社は、中国における『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』の配給や宣伝を全面的に統括しているだけでなく、
映画制作・投資、海外映画の輸入、映画宣伝・配給、映画タイアップ、映画上映とマーケティングなど、一連の映画事業を展開する産業チェーン映像サービス会社。

2015年に設立され、日本映画『祈りの幕が下りる時』、京都アニメーション制作の『リズと青い鳥』、『今夜、ロマンス劇場で』、『海獣の子供』、インド映画『Mom』、『きっと、またあえる』などを中国に輸入・宣伝している。

また、スペインのオリオル・パウロ監督の『インビジブル・ゲスト 悪魔の証明』は、中国国内の宣伝配給だけでなく、中国リメイクの権利も獲得し、今年末から撮影に入る予定。

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆
(中国題:『数碼寶貝:最後的進化』)

中国配給・宣伝:衆合千澄社( Zhong Creation Film Culture Media Co., Limited)
衆合千澄

公式サイト:
http://www.zhonghemovie.com/

zhonghemovie – 北京众合千澄影视文化传媒有限公司_数码影音
务综合性、功能多样化的影视传媒机构。公司主要致力于电影引进、投资、制作、宣传、发行、版权交易。 公司以全国最专业的发行团队为根基,以经验丰富的发行专员为羽翼,以用户体验为基础,以产品营销为手段,以娱乐产出为主导,以影视制作为核心,将全面整合原有模式化的影视传媒机构 …

***********************************

Ⓒ本郷あきよし・東映アニメーション

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ