映画情報どっとこむ ralph ジャルジャル後藤淳平“初”の映画単独主演を飾り、作家で俳優の木下半太の自伝的小説を原作者自らがメガホンをとり映画化された『ロックンロール・ストリップ』が、全国にて順次公開中です。

本作は、大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る劇団座長が売れない劇団員とともに、奇跡のパフォーマンスを繰り広げる痛快エンターテインメント。監督は、自伝的小説「ロックンロール・ストリップ」(小学館文庫・刊)の原作者・木下半太。本作にて長編映画監督デビューし、20年越しの夢を叶えております。

この程、東京・テアトル新宿にて主演・後藤淳平×ヒロイン・徳永えり×監督・木下半太が登壇するトークイベント付き舞台挨拶が開催されましたす。

映画『ロックンロール・ストリップ』トークイベント付き舞台挨拶
日時:8月26日(水)
場所:東京・テアトル新宿
登壇:後藤淳平(ジャルジャル)、徳永えり、監督:木下半太

映画情報どっとこむ ralph 本作は、木下監督の自伝的同名小説を実写映画化したもので、大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る劇団座長・木村勇太(後藤)が、売れない劇団員とともに奇跡のパフォーマンスを繰り広げる姿を描いた痛快エンターテインメント。

 25年越しの夢であった映画監督デビューを果たした木下監督は、初日舞台挨拶に引き続き「監督になったぞー!」と絶叫して会場から温かい拍手を浴び、「まさか自分の自伝を最初に映画化して、監督するとは思ってもいませんでしたが、8割くらいは本当の話です」とコメントして、鑑賞直後の観客を驚かせた。

 そんな監督と一緒に仕事をしての感想を聞かれた後藤は「ずっとキラキラされていて、ハッピーオーラがすごかったですね。それがストリップ劇場全体を包み込んで、みんな幸せに仕事をさせていただきました」と笑顔で語り、徳永も「ずっと楽しそうで、それが1番嬉しかったですね。わたし自身はモニター前に監督がいて、監督が楽しそうにモニターを見つめてくれていれば、それだけで大丈夫だと思えるので、最後まで楽しそうに見ていらっしゃったのが印象的です」と声を弾ませた。

 また、撮影初日は、後藤演じる木村と、徳永演じる木村の恋人・栗山千春の別れのシーンの撮影が行われたそうで、木下監督は「何も撮っていないのにいきなりケンカして、いきなり徳永さんが泣いてるから、“女優ってすごいなあ!”って…」と徳永の泣きの演技に舌を巻くと、後藤から「監督も泣いてました」と暴露される一幕も。これに会場から笑いが起こると、木下監督は「あまりにも感動して(笑)。周りのスタッフから『早い、早い!』って言われて…(笑)」と苦笑していた。

 さらに、後藤と徳永は初共演だったそうで、お互いの印象を尋ねられると、後藤は「初共演なんですけど、地元が一緒なんですよ!安心感があるなと思ったら地元が一緒で、通っていたスイミングスクールも一緒だったんです」と打ち明け、「“同じ釜の飯を食う”って言いますけど、同じプールで泳いでいたんです」とニッコリ。2人のとなり町に住んでいたという監督は、自然な関西弁を求め、関西出身者のキャスティングをお願いしたことも告白した。

 本作の内容にちなみ、もしストリップ劇場で前座をしてほしいとの依頼があったら、どんなパフォーマンスをするか質問されると、後藤は「(相方の)福徳(秀介)を連れて行っていいですよね?さすがに単体は…」とお願いし、「ちょうどストリップのネタが1本だけあるんです。福徳が脱ぎそうになって、お客さんの僕が『脱ぎそう・脱ぎそう…脱がなーい。おっ、おっ、おっ、おっ…おうん』ってだけのネタがあるんです。それをやります」と返答。これに観客からは笑い声が漏れ、徳永もお腹を抱えて膝から崩れ落ちた。

 さらに、本作の内容にちなみ、自身にとっての“青春”とは?と聞かれると、後藤は「芸人始めたてのオーディションに全然受からなかった時期は、いま考えたら青春だと思いますね」と吐露し、「月に1回しかオーディションを受けられなくて、何年も上がれないという中で、お互いに試行錯誤しながら、福徳がいきなり坊主にしたり、福徳の坊主が伸びきったあとに僕が坊主にしたり、ヒゲを生やそうと思ったらお互いに産毛しか生えなかったり、1人入れてトリオにしてみよう思ったり。そういう時期は、いま考えたら青春でしたね」としみじみ。

 同じ質問に、徳永は「10代の頃から(芸能の)お仕事をさせてもらっていたんですけど、高校生のときにスポ根ものが流行っていて、チアダンスとか、吹奏楽とか、ピアノとか、いろんなものが一気にきていて、スケジュールを見ると今日はピアノのレッスン、今日はダンスのレッスンって、仕事なのか習い事なのかわからないくらいレッスンが多かった時期があったんです」と回顧し、「それは学校に行けていなかった分、青春だったなって思いますね」と懐かしんだ。さらに、木下監督は「今ですね。だって、やっと夢が叶って映画監督になったので」と目を輝かせ、「勢いあまってこの映画の前売りチケットを1000枚購入して、それを手売りしています。先週は岡山まで売りに行きました。僕が映画監督になって、その映画に僕の劇団員が出られるように頑張らないとなと思っています」と言葉に力を込めた。

映画情報どっとこむ ralph ロックンロール・ストリップ

全国順次公開中

【ストーリー】
木下半太監督の半生を描いた自伝的物語
売れない劇団の座長・木村勇太(後藤淳平)の夢は、映画監督になること。
しかしその実態は、観客がまばらな劇場で演劇を続けたあげく、劇団員たちに愛想をつかされ解散。長年付き合っている恋人・栗山千春(徳永えり)との結婚に踏み切ることもできず、人気ロックバンド「マチルダ」でボーカルをつとめている妹の木村朋美(三戸なつめ)とは大違いで、散々な日々を過ごしていた。経営している大阪のバーの常連にも「夢は諦めるのが早いほうがいい」と言われる始末。
ある夜の閉店間際、勇太はバーにやってきた謎の美女・冬音(智順)から、赤星(ぎい子)、ビーバー藤森(坂口涼太郎)、火野(町田悠字)と共に旗揚げした劇団「チームKGB」にストリップ劇場で上演してほしいとお願いをされる。冬音は「チームKGB」のファンで、なんと人気ストリッパー旭川ローズだった。劇場を満員にしたい旭川ローズの想いを叶えるべく、場末の劇場を舞台に、勇太たち劇団員4人が町中を巻き込んでの珍騒動が始まる。

***********************************

後藤淳平(ジャルジャル)
徳永えり 智順
三戸なつめ 坂口涼太郎 ぎぃ子 町田悠宇
品川祐(品川庄司)  村田秀亮(とろサーモン)  堤下敦(インパルス)  佐田正樹(バッドボーイズ) 宇野祥平  深沢敦
乃緑 綾部リサ 大川成美 後藤拓斗 内藤光佑 立山誉 西郷豊
保土田充 黒岩よし ふーみん 田中慎也 あだち理絵子
伊舞なおみ  Calmera
やべきょうすけ / 木下ほうか

製作:「ロックンロール・ストリップ」製作委員会
原作:木下半太「ロックンロール・ストリップ」(小学館文庫刊)
エグゼクティブプロデューサー:石田誠

プロデューサー:皆川拓也 三好保洋
音楽:Calmera 撮影:曽根剛 照明:本間光平 美術:秋元博
録音:山本タカアキ 装飾:寺尾淳 衣装:鈴木まさあき ヘアメイク:田鍋知佳
キャステイング:森川祐介 出版プロデュース:新里健太郎(小学館)
監督・脚本:木下半太
配給:ベストブレーン
企画:株式会社タッチアップエンターテインメント
©木下半太・小学館/タッチアップエンターテインメント

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ