映画情報どっとこむ ralph 三島由紀夫、谷崎潤一郎など、日本を代表する作家の作品が多くの海外映像クリエイターたちに影響を与えてきた中、ひと際異彩を放つ作品とし て村上龍の小説がハリウッドで映画化。

世界各国の映画祭を騒然とさせ、センセーションを巻き起こした『ピアッシング』(原題:Piercing)の6月28日(金)より新宿シネマカリテほか全国ロードショーとなります。

愛する者にアイスピックを向ける衝撃的なシーンで幕を開け、ラストの 1 秒まで緊迫感が持続する衝撃のサイコスリラー。

この度公開に先駆けてトークイベントが行なわれ、フリーアナ ウンサーの宇垣美里さんと、SHOWROOM 株式会社・代表取締役社長でイケメン起業家の前田裕二さん。危険な衝動とアブナイ願望を持つ男女が出会 ったことで理性が崩壊するサスペンス映画『ピアッシング』のように、正反対の二人が登壇することで起こる化学変化とは!?劇中で主人公が使うこと にこだわるアイスピックにちなみ、名付けて「アイスピック・トーク」が展開しました!

映画『ピアッシング』公開直前トークイベント概要
日程:6月26日(水)
場所:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI2Fイベントスペース
登壇:宇垣美里、前田裕二

映画情報どっとこむ ralph 文化都市・六本木にある日本初の書店&カフェ「TSUTAYATOKYOROPPONGI」。

ここに登壇したフリーアナウンサーの宇垣美里さんはマスコミのフラッシュに「目がチカチカする」とマスコミの多さに驚いていた。続いて、SHOWROOM 株式会社・代表取締役社長の前田裕二さんが登壇。まずは「本作を鑑賞され率直な感想は?」という質問に

宇垣さん:原作は読んでいたのですけど、海外っぽい世界観、スピード感が映画化にピッタリでとっても楽しみにしていました。サイコホラーではあるけど、とっても純粋なラブロマンスのような作品でアッという間に引き込まれましたね。

前田さん:僕は日常的に刺激を求めているので」と吐露し、「刺激的なシーンがたくさんあって、ドキドキ、ワクワクさせてくれる作品でよかったですね。狂気や闇について考えるのは、人間として必要なことだと思います。

と作品を満足げに語った。

「お二人は『ピアッシング』の映画の魅力として、サスペンス、ラブストーリー、コミカルな場面など、様々な側面の内、どこが一番心に刺さりましたか?」という質問に

宇垣さん:主人公が女性の部屋に行ってベッドの上で話しているシーンです。怪物同士の心理描写ですね。二人の会話がディスコミュニケーションで、アンジャッシュさんのコントのようになっているけど、その中でお互いに切実に相手を求めている二人がいて、一番胸に響いたシーンでした。

その隣で、前田さんの代名詞、早速メモを取りながら

前田さん:自分が思ってもない視点で観られていたのでやっぱり映画は面白いなって思ったので。それに…やっぱり映画は一人で観るものじゃないですね。

と笑いながら語った。

「映画を観ていて、ご自分と共通する部分、重なると思うところは?」の質問に対して、

前田さん:重なることはなかったですけど、抽象化して思ったことは、愛のコントラストを感じました。相手の仕事や趣味、いろんなものに対して分散した気持ちが、ふいに自分に愛として向けられたときの喜びが愛の本質なのかなと感じました。

と自分なりの愛の喜びを語った。

映画情報どっとこむ ralph 続いて作品の「殺人衝動」と「自殺願望」の出会いが生んだサスペンスにちなみ、フリップボードを使って二人の「衝動と願望」が明らかになった。

宇垣さん:旅に出たい衝動、記憶を失いたい願望。見たことがないものを見たいって気持ちがあって、休みの日は旅行に行くことが多いです。旅に出ることで、その場所で客観的になれて映画を観ているみたいな、読書しているみたいな感情になれる。記憶を失いたいのは、一度自分の全部を0から始めて、違う人になってみたいと思います。別の自分になれたらもっと楽しいことがあるのかなって考えますね。

とし、

前田さん:深夜に一人でバスケをしたくなる衝動、女子トークしたい願望。深夜1時くらいに急に運動したくなってしまい、不意にやりたくなってしまいます。朝から晩まで効率とか生産性を考えてずっと生活しているので、意識的に無意識や無我になる時間が必要かなと思って最近大事にしています。

そして、願望については

前田さん:女子トークって響きがいいですよね。それに僕は人間として生まれたのに経験できないことがあるってことが嫌なんです。人格をいっぱい作って追体験できたらと最近考えていて、Vtuberの前田裕子ちゃんに僕の女性性をすべて反映させて、YouTubeで女子トークなど挑戦しています。僕らが普段表に出している人格は100%ではないのに、それが100%と思われているのが現状で、SNSで映画アカ、読書アカ、など担当を作って分ければ、僕一人が見いだせる価値よりも広がっていくんじゃないかなって思って、そしたら、いろんな人生生きられて楽しいだろうなって思います。

映画情報どっとこむ ralph

最後に・・・

作品ついて語った

宇垣さん:狂気的ですけど普遍的で、滑稽ですけど切なくて、そんないろんな感情を楽しめる作品になっております。原作そのままのスピード感で、自分っていったい何なのだろうって改めて感じてもらえたらいいなって思います。

前田さん:日常生活で絶対考えないテーマや触れ合えない作品に出合えるのが映画の魅力で、狂気と愛という組み合わせのテーマに触れあって、改めて自分を見つめ直すきっかけや視野を広げるきっかけになっていただけたらと思います。

と熱く作品を語ってくれた。

この日『ピアッシング』の劇場公開記念キャンペーンの実施内容も発表された。

6月28日(金)からの公開を記念して、劇場鑑賞者に抽選で<超レア・原作者村上龍サイン入り原作本>他が当たるキャンペーンを実施。

『ピアッシング』の劇場半券を撮影・添付して、簡単なアンケートに答えると、抽選で豪華商品をプレゼント!原作本の他にも、非売品プレスシート、ポスターが賞品となっている。

詳しくは公式Facebookで。

『ピアッシング』
公式サイト:
piercing-movie.com

STORY
主人公は自分の幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動に駆られる男。彼はその衝動を抑えるため、SM嬢をホテルに呼び出して殺害する計画を立てる。しかし計画は滑稽なほど思い通りにはいかない。ホテルにやってきた女は、いきなり自分自身を傷つけて倒れこんでしまう。これはリアルな悪夢なのか、シュールな現実なのか?刃を外に向ける者と内に向ける者は、磁石のプラスとマイナスのように交わり、やがて共鳴していくのだろうか…。

***********************************

原作:村上龍「ピアッシング」(幻冬舎文庫)
脚本・監督:ニコラス・ペッシェ
撮影:ザッカリー・ギャラー
美術:アラン・ランパート
音楽スーパーバイザー:ラン
ドール・ポスター

出演:クリストファー・アボット、ミア・ワシコウスカ、ライア・コスタ

提供:カルチュア・パブリッシャーズ
宣伝:松竹ナビ
配給:パルコ

2018年/アメリカ映画/カラー/ビスタ/5.1ch/81分
©2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ