映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝き、本年度アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』が、いよいよ4月28日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ他にて全国順次公開されます。

この度、主人公のクリスティアンを翻弄する、アメリカ人記者アン役を演じたエリザベス・モスのインタビュー映像が公開されました。

彼女は冒頭、権威ある美術館「X-ロイヤル」のキュレーターである、クリスティアンにインタビューを試みます。その後、彼らはパーティーで再会し、勢いで一夜を共にしてしまいます。クリスティアンにとってアンは割り切った遊びの関係であり、彼は当然彼女も〝共犯関係〟として、それを了解していると勝手に思い込ます。しかし、彼女の本心はクリスティアンとの思い込みとはかけ離れていたのです…。

男性にとっては「理解できない謎の女」、しかし、女性にとっては「あるある」と共感できるかもしれないキャラクターを見事に演じたエリザベス・モスは、ゴールデングローブ賞、エミー賞を受賞し、高い評価を得ているHuluのドラマシリーズ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」の主演を演じる他、「ピアノ・レッスン」のジェーン・カンピオン監督が手掛けた「トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~」ではゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞!ドラマに映画に大活躍のモスについて、リューベン・オストルンド監督も「これまで仕事をした中でも最も知的な人」と絶賛!

映画情報どっとこむ ralph 今回公開されたインタビュー映像でモスは、オストルンド監督について「彼は人々の生活を少し違った目線でとらえて、表現しようとするからとても気に入ったわ」と述べる。アンのキャラクターについては「彼女は謎めいているけど人生を楽しんでる。賢い人だと思うわ。クリスティアンを辟易させ、問い詰めて怒らせる。答えたくないことを聞き落ち着かない状態にして、楽しんでいるように見えるわ」と説明。また、テイク数の多さで知られるオストルンド監督との撮影については「平均70テイクで1日1場面の撮影よ。確かに疲れて大変だけど、挑戦的でもあり、テイクが多いことに問題はないわ」とコメント。才能だけではなく、絶えず努力を惜しまぬ姿勢が「最もハリウッドでホットな女優」と言われる所以なのでしょう。

映画情報どっとこむ ralph ザ・スクエア 思いやりの聖域

原題:THE SQUARE

ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ他4/28(土)全国順次公開!

監督を務めたのは、『フレンチアルプスで起きたこと』で世界を沸かせ、本作で43歳にして巨匠として確固たる地位を築いた北欧の若き鬼才、リューベン・オストルンド。

物語・・・
クリスティアンは現代美術館のキュレーター。洗練されたファッションに身を包み、バツイチだが2人の愛すべき娘を持ち、そのキャリアは順風満帆のように見えた。彼は次の展覧会で「ザ・スクエア」という地面に正方形を描いた作品を展示とすると発表する。その中では「すべての人が公平に扱われる」という「思いやりの聖域」をテーマにした参加型アートで、現代社会に蔓延るエゴイズムや貧富の格差に一石を投じる狙いがあった。だが、ある日、携帯と財布を盗まれたことに対して彼がとった行動は、同僚や友人、果ては子供たちをも裏切るものだった―。

***********************************

監督・脚本:リューベン・オストルンド『フレンチアルプスで起きたこと』
出演:クレス・バング、エリザベス・モス、ドミニク・ウェスト、テリー・ノタリー他

2017年 / スウェーデン、ドイツ、フランス、デンマーク合作 / 英語、スウェーデン語 / 151分 / DCP / カラー / ビスタ / 5.1ch /

日本語字幕:石田泰子
後援:スウェーデン大使館、デンマーク大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

© 2017 Plattform Produktion AB / Société Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ