「松坂桃李」タグアーカイブ

音尾琢真 映画『孤狼の血』全身刺青の極道の構成員場面写到着!


音尾琢真 映画『孤狼の血』全身刺青の極道の構成員場面写到着!

映画情報どっとこむ ralph この度、5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』より、音尾琢真さん演じる、加古村組構成員・吉田滋の新場面写真が解禁。

昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画『孤狼の血』。

物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法 成立直前の広島。
役所広司さん演じる大上章吾、松坂桃李さん演じる日岡秀一が所属する、呉原東署と対立する暴力団組織・加古村組。

組長の加古村 (嶋田久作)や若頭の野崎(竹野内豊)など、個性的な面々が揃う加古村組の中でも、強烈な存在感を放つ構成員の吉田滋を演じるのは、今 や” 白石組“に欠かせない、俳優・音尾琢真さん。

一之瀬(江口洋介)が若頭を務める尾谷組の”シマ”にある「クラブ梨子」のママ・リコ(真木よう子)に迫り、怪しげな笑みを浮かべる吉田だが、
先日解禁になった予告編では、全裸でベッドに縛られ、大上(役所広司)に刃物を突きつけられる衝撃的な姿も…。
キュッてなるメッチャ ヤバいシーンです。


「白石監督作品に参加できることは僕の生き甲斐になっているので、この上ない幸せです」

と語り、白石作品にはどんな役でも出演したいという音尾。

本作では全身に刺青を入れた姿も披露。

吉田の行動がきっかけで、燻っていた尾谷組と加古村組の抗争の火種が激化していく原因を作るなど、本作でも重要な役どころ を演じています。

映画情報どっとこむ ralph 2016年版国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

映画『孤狼の血

公式HP:www.korou.jp

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!
***********************************

キャスト:役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール 瀧 石橋蓮司 ・ 江口洋介

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊)

監督:白石和彌
脚本:池上純哉 音楽:安川午朗
撮影:灰原隆裕 照明:川井稔
録音:浦田和治 美術:今村力
企画協力:株式会社KADOKAWA
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映 上映時間:126分
©2018「孤狼の血」製作委員会
    


松坂桃李、娼夫役の映画『娼年』撮影裏話にA-Studio鶴瓶・新MC川栄も興味深々!?


映画情報どっとこむ ralph 2001年の直木賞候補となった石田衣良先生の恋愛小説「娼年」が、2016年の舞台と同じ松坂桃李さんx三浦大輔監督のコンビで映画化、4月6日(金)より全国公開となります。

明日4月6日放送のトーク番組「A-Studio」に映画『娼年』で主演を務める松坂桃李がゲスト出演します。

MCの笑福亭鶴瓶さんが自ら事前に徹底取材を行い、ゲストの素顔に迫るトーク・バラエティー番組「A-Studio」。

4月6日(金)より新サブMCを川栄李奈さんが務めることが発表され、その注目の初回放送のゲストに松坂桃李が出演いたします。

NHK朝ドラ「わろてんか」に出演、主演映画『不能犯』が大ヒットを記録と、ここ最近の活躍がひときわ目覚ましい俳優・松坂桃李。そんな自身の最新主演映画『娼年』では娼夫役を演じ、自らの演技の幅を広げていく。

その官能的な映画の撮影裏話に、本作を観た鶴瓶さんも川栄さんも興味深々!?赤裸々なトークが繰り広げられます。
そして今回、MCの鶴瓶さんと川栄さんは松坂さんの大親友俳優や、過去を知る人物たちを極秘取材。番組で初めて明かされるエピソードにも注目です!
映画情報どっとこむ ralph 映画『娼年

4月6日(金)、TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー

公式HP:
http://shonen-movie.com/
Twitter
@shonen_movie

主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を 送っている。ある日、リョウの中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は 御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」というリョウに静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける会員制ボーイズクラブ、 「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

***********************************


松坂桃李 真飛聖 冨手麻妙 猪塚健太 桜井ユキ 小柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督:三浦大輔

原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊)
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム レイティング: R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
     


三浦大輔 x 石田衣良 映画 『娼年』公開直前トークイベント 


映画情報どっとこむ ralph 石田衣良の恋愛小説「娼年」が、2016年の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化、4月6日(金)より全国公開となります。

この度、本作の監督をつとめた三浦大輔、「娼年」原作者である直木賞作家・石田衣良に加えて、本作を一足先に鑑賞し絶賛した著述家・湯山玲子をMCに招き、映画『娼年』について語りつくすトークイベントを実施いたしました。

映画 『娼年』公開直前トークイベント
日程: 4月2日(月) 
場所:ブロードメディアスタジオ試写室
登壇:三浦大輔(脚本・監督)、石田衣良(原作)  
MC:湯山玲子 (著述家)

映画情報どっとこむ ralph 退屈な日常を送る20歳の大学生・森中領は、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香に誘われ“娼夫”となる。リョウはさまざまな女性たちと身体を重ねながら、彼女たちの心の奥に隠された欲望や心の傷を優しく愛し、自らも少しずつ成長していく。原作の魅力をそのままに、美しくも鮮烈な愛のドラマが完成いたしました。

トークイベントは、MCの湯山玲子の映画『娼年』への感想から始まった。

湯山さん:女性のパンドラの箱を開けてしまったエンターテインメント。松坂桃李演じるリョウがいれば、ほかの男性はいなくても良いという、男性にとって不都合な真実が隠されているのでは?今は女性が性の欲望を認めはじめ、謳歌するまでの端境期です。映画は時代を変えていきます。この映画『娼年』が存在した以降、10年後はどうなるんでしょうか?ワクワクしました。

という称賛のコメントで会場を盛り上げ、脚本・監督の三浦大輔と原作の石田衣良を迎えた。

石田先生:大人向けの恋愛映画がやっとできたと思えました。こんな映画をずっと待っていました。

と映画を大絶賛。原作については

石田先生:子どものころから妄想していたことが初めて役に立った小説。(原作を)書いているときは楽しかったなあ。

と振り返る先生の子供の頃が気にかかる発言も。一方、先生の作品を舞台化・映画化した三浦監督は

三浦監督:撮影は本当に大変でした。舞台も映画もやりきらないといけないという義務感はありました。撮っているときは、役者も口を揃えて辛かったと言っていますが、楽しくはなかったです(笑)。でも、良い作品ができるとは思っていました。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph セックスシーンについて

湯山さん:(他の映画は)そんな表情をしないよとか、嘘がばれることがよくあります。でも、この作品には嘘が無かった。

と話を振ると、

石田さん:普通、セリフで心境の変化や成長を描くじゃないですか。それをセックスシーンだけで描くのは大変だったと思います。三浦監督がボリショイ・バレエのような細かい演出をしているんです。

と解説した。

湯山さん:この映画は、女性の欲望を喚起するシーンはあるのに、男性が好むチラリズム的な描写が全くない。

とが指摘すると、

石田先生:三浦さんは女性に対してファンタジーを持っていないんです。本当にリアルに描く方で、それがこの作品に合っていたんだと思います。

三浦監督:女性への優しい目線は、石田さんの原作を受け継ごうと思いました。

と説明した。

映画情報どっとこむ ralph 話は、主演の松坂桃李起用へと移る。

三浦監督:舞台の時から、小説を読み込み、役作りも相当していたし、覚悟が決まっていました。松坂くん以外は考えられません。

と力説。

石田先生:この役は散々セックスをするので、透明感がある俳優じゃないとどんどん汚れていってしまう。松坂くんの透明感はぴったりだと思いますよね。

と称賛。熱演した女優たちについても、

三浦監督:現場で松坂くんについていけば自然に感情が湧くようになっていました。

との松坂への賛辞がつづくのを聞いた石田先生は

石田先生:30代の松坂くんがやるようないい話を考えてみようかな・・・

と会場から嬉しい悲鳴が上がるコメントも。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

三浦監督:R18+作品ですが、いろんな人に観てもらわないと意味がないと思っています。普段映画館へ行かない人まで広まったら、面白いことになるんじゃないか、映画界が賑やかになるんじゃないかと思っています。ぜひ周りの人に勧めて欲しいです。

石田先生:女性同士で観るのも良いし、あとはカップルで観てほしいです。帰りに一杯飲みながら、本当はこんなことしたかったんだけど・・・と『娼年』をネタに盛り上がりラブホテルへ行ってください。

湯山さん:女性同士で行って、観た後は飲みに行くと盛り上がると思う。

と三人三様の楽しみ方を提案。大盛況のうちにトークイベントは終了した。


映画 『娼年

物語・・・
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がけるボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

***********************************

松坂桃李  真飛聖  冨手麻妙 猪塚健太 桜井ユキ 小柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督:三浦大輔
原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊)
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
レイティング: R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
  


あの”紳士すぎる”モフモフクマが帰ってきた!『パディントン2』ブルーレイ&DVD発売決定!


映画情報どっとこむ ralph ≪ あの“紳士すぎる”モフモフクマと、愛すべきブラウン一家が帰って来た! ≫

プレミアム・エディション(初回生産限定)と通常版ブルーレイ+DVDセットで7月4日発売決定!


★映画批評サイトRotten Tomatoesでは驚異の100%フレッシュの 歴代最高の記録的高評価を獲得!日本でもFilmarks初日満足度 ランキング1位を始め、各映画サイトで最高レベルの評価を獲得!!

前作に続きパディントンの声を演じるのは、人気俳優ベン・ウィショー。 ブラウン家とご近所の人々にも、「ダウントン・アビー」のヒュー・ボネヴィル、 アカデミー賞(R)を席巻した『シェイプ・オブ・ウォーター』のサリー・ホーキンス 、『アイリス』でアカデミー賞(R)に輝いたジム・ブロードベントなど、 前作の実力派俳優たちが再集結! さらにパワーアップを遂げたキャスティングにも注目!パディントンとまさか の友情物語を盛り上げる囚人ナックルズ役には『ハリー・ポッター』シリーズ で知られる名優ブレンダン・グリーソン。そして本作の敵役ブキャナンに扮 するのは、英国の大スター ヒュー・グラント! 嘘つきだけど憎めない元人気俳優茶目っ気たっぷりに演じている

映画情報どっとこむ ralph 【商品情報】
『パディントン2』
2018年7月4日発売

<プレミアム・エディション【初回生産限定・Blu-ray】>
価格:¥6,500+税
音声:
1. 英語(オリジナル) Dolby TrueHD 5.1chサラウンドAdvanced 96k Upsampling
2. 英語(オリジナル)DTS-HD Master Audio DTS Headphone X
3. 日本語(吹替)Dolby TrueHD 5.1chサラウンド
4. 日本語(吹替)DTS-HD Master Audio DTS Headphone X
5. 英語(コメンタリー)Dolby Digital 2.0ステレオ
字幕:1. 日本語字幕 2. 吹替用日本語字幕 3. コメンタリー用日本語字幕
収録時間:本編104分+特典映像


特典映像:

〈本編DISC〉
■監督オーディオ・コメンタリー
■飛び出す絵本について  
■ブキャナンのミュージカルナンバー  
■プロデューサーインタビュー  
■完成披露舞台挨拶 
http://eigajoho.com/93828


■マーマレードタワー点灯式
http://eigajoho.com/90089



■吹替キャストリレーインタビュー  
■予告&TVスポット集


〈特典DISC〉
■ CG制作について  
■ワールドプレミアダイジェスト
■オフィシャルインタビュー
【ヒュー・ボネヴィル/ヒュー・グラント/サリー・ホーキンス/ブレンダン・グリーソン/ジュリー・ウォルターズ/ジム・ブロードベント/マデリン・ハリス/サミュエル・ジョスリン
ポール・キング(監督)/ゲイリー・ウィリアムソン(美術)/リンディ・ヘミング(美術)/サイモン・ファーナビー(共同脚本)】
■ジャパンプレミア舞台挨拶
http://eigajoho.com/96212


■公開記念舞台挨拶
http://eigajoho.com/96500


■吹替キャストインタビュー(松坂桃李/古田新太/三戸なつめ/斎藤工)


<ブルーレイ+DVD>
価格:¥4,500+税

【ブルーレイ】
音声:
1. 英語(オリジナル) Dolby TrueHD 5.1chサラウンドAdvanced 96k Upsampling
2. 英語(オリジナル)DTS-HD Master Audio DTS Headphone X
3. 日本語(吹替)Dolby TrueHD 5.1chサラウンド
4. 日本語(吹替)DTS-HD Master Audio DTS Headphone X
5. 英語(コメンタリー)Dolby Digital 2.0ステレオ
字幕:1. 日本語字幕 2. 吹替用日本語字幕 3. コメンタリー用日本語字幕
収録時間:本編104分+特典映像


【DVD】
音声:
1. 英語(オリジナル)ドルビーデジタル5.1chサラウンド
2. 日本語(吹替)ドルビーデジタル5.1chサラウンド
3.英語(コメンタリー)Dolby Digital 2.0ステレオ
字幕:1. 日本語字幕 2. 吹替用日本語字幕 3. コメンタリー用日本語字幕
収録時間:本編104分+特典映像

特典映像(※ブルーレイ、DVD共に収録):

■監督オーディオ・コメンタリー
■飛び出す絵本について
■ブキャナンのミュージカルナンバー  
■プロデューサーインタビュー
■完成披露舞台挨拶  
■マーマレードタワー点灯式
■吹替キャストリレーインタビュー  
■予告&TVスポット集

※ブルーレイ、DVDレンタル同時スタート
発売元:株式会社キノフィルムズ/木下グループ
販売元:ポニーキャニオン

映画情報どっとこむ ralph 《今度は、落ち目の俳優にはめられる?無実の罪でとらえられたパディントンを救え!》

今やすっかり“ロンドンっ子”となり、ブラウン一家の人々と幸せに暮らしているパディントン。育ての親のルーシーおばさんの100歳の 誕生日プレゼントを探していたパディントンは、アンティークショップでステキな飛び出す絵本を見つける。世界にひとつの絵本を買う お金を貯めるために、働き始めるパディントン。 ところがある日、絵本が盗まれ、現場に居合わせたパディントンが、容疑者として逮捕されてしまう。それは、絵本に隠された秘密を知 る、落ち目の俳優ブキャナンの仕業だった。有罪になったパディントンは、刑務所一恐ろしい囚人ナックルズと、まさかの友情を結ぶ。 果たして、パディントンはブラウン家の人々の助けを借りて、無実を証明することが出来るのか? 絵本の謎解きの先に待ち受けるブキャナンとの対決の行方は──

***********************************


【CAST】
パディントン(声) : ベン・ウィショー(松坂桃李) ブラウンさん : ヒュー・ボネヴィル(古田新太) ブラウン夫人 : サリー・ホーキンス(石塚理恵) フェニックス・ブキャナン : ヒュー・グラント(斎藤工) ナックルズ : ブレンダン・グリーソン(楠見尚己) バードさん : ジュリー・ウォルターズ(定岡小百合) カリーさん : ピーター・カパルディ(佐々木睦) グル―バーさん : ジム・ブロードベント(佐々木省三) ジュディ : マデリン・ハリス(三戸なつめ) ジョナサン : サミュエル・ジョスリン(西田光貴)

【STAFF】
監督・脚本 : ポール・キング
原作 : マイケル・ボンド
製作 : デヴィッド・ハイマン
発売元:株式会社キノフィルムズ/木下グループ
販売元:ポニーキャニオン
(C) 2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.



東映じゃけぇ 何をしてもええんじゃ!な『東映の血』○○団事務所に配布!?


映画情報どっとこむ ralph この度、5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』(配給:東映)より、衝撃のアナザービジュアルが解禁。

昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画『孤狼の血』。

物語の舞台は、昭和63年、 暴力団対策法成立直前の広島。役所広司演じるベテラン刑事の大上章吾、松坂桃李演じる新人刑事の日岡秀一が所属する、警 察署の面々と暴力団同士の抗争を描き、真木よう子、江口洋介、 竹野内豊、石橋蓮司など錚々たる豪華キャストが揃った 本作。そんな映画『孤狼の血』の豪華キャスト陣が勢ぞろいした衝撃のポスターが公開された。

「反社会勢力全国制覇!!」と大々的に掲げられ、まさに“暴力団撲滅ポスター”とは真逆のポスター…。


『仁義なき戦い』をは じめ、“警察・やくざ実録映画”の数々の名作を生み出してきた東映の、昨今コンプライアンスを過度に重視する日本の映像業界 と現代社会に対し、新たなる挑戦として映画『孤狼の血』を掲げ、”東映の血“を受け継いでいこうとする意思が感じられるポスターである。そしてなんとこのポスターを掲出してくれる事務所を大募集!


実はこの「東映の血」ポスターは4月1日エイプリルフール限定の”ネタ“ポスターでした。

映画情報どっとこむ ralph ここから本当!

映画『孤狼の血』として、先日公開された本ポスター

そのアナザービジュアルが新たに解禁。
先日公開になった大人の色気たっぷりの本ポスターとは打っ て変わって、各キャラクターの荒々しさが際立った匂い立つビジュアル。こちらのポスターは随時様々な場所で掲出されていきます。

5月12日(土) ROADSHOW
公式HP:www.korou.jp

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失 踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

***********************************

キャスト:
役所広司 松坂桃李 真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール瀧 石橋蓮司 ・ 江口洋介

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊)
監督:白石和彌 脚本:池上純哉 音楽:安川午朗
撮影:灰原隆裕 照明:川井稔
録音:浦田和治 美術:今村力
企画協力:株式会社KADOKAWA
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映 上映時間:126分
©2018「孤狼の血」製作委員会