「社会派」カテゴリーアーカイブ

映画『海辺の生と死』本編冒頭映像が公開


映画情報どっとこむ ralph 『夏の終り』(13)以来、4年ぶりの満島ひかり単独主演となる映画『海辺の生と死』が、いよいよ7月29日(土)テアトル新宿ほかにて全国公開となります!

傑作「死の棘」を世に放った小説家・島尾敏雄と、その妻、島尾ミホ。後年、互いに小説家であるふたりがそれぞれ執筆した戦時下での鮮烈な出会いと恋の物語を原作に、奄美大島、加計呂麻島でのロケーションを敢行し、完全映画化を果たした『海辺の生と死』。 

そして、この度、満島ひかり演じるヒロイン・トエと、永山絢斗演じる特攻艇隊の隊長・朔中尉が初めて出会う場面を含む本編冒頭映像が公開となりました!



鳥や虫の声が鳴り響く森の中を、いつものように子供たちと遊びながら歩いているトエ。「神鳥よ、神鳥よ/女ならば 布を織ってみせろ/男ならば 水にもぐってみせろ」と島唄を元気に歌うトエたちの目の前に現れた、軍服姿の男性。「明日から、この通り道を通ってはいけない。いいね」という。驚くトエ。この男性こそ、のちに互いに好意をいただくことになる朔中尉だった・・・。 自然豊かな島の日常にも忍び寄る戦争の影、そんな状況下で出会い、切なく燃え上がるヒロイン・トエと朔中尉の恋の物語へとつながる重要な冒頭映像をぜひお見逃しなく。


映画情報どっとこむ ralph 『海辺の生と死』公開初日(7/29)にテアトル新宿にて初日舞台挨拶開催が決定!

10:45の回(上映後)、14:20の回(上映前)の2回、満島ひかりさん、永山絢斗さん、井之脇海さん、川瀬陽太さん 津嘉山正種さん、越川道夫監督が登壇予定です。チケット販売は22日(土)より劇場窓口、オンラインチケット予約にて開始いたします(全席指定制)。

詳細は劇場サイトまで 

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
昭和19年(1944年)12月、奄美 カゲロウ島(加計呂麻島がモデル)。国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長 朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲は激しくなり、沖縄は陥落、広島に新型爆弾が落とされる。そして、ついに朔が出撃する日がやってきた。母の遺品の喪服を着て、短刀を胸に抱いたトエは家を飛び出し、いつもの浜辺へと無我夢中で駆けるのだった・・・

公式HP 

***********************************

出演:満島ひかり 永山絢斗 
井之脇海 川瀬陽太 津嘉山正種
脚本・監督:越川道夫/原作:島尾ミホ「海辺の生と死」(第15回田村俊子賞受賞・中公文庫刊)島尾敏雄「島の果て」ほかより/
脚本監修:梯 久美子/参考文献:『狂うひと―「死の棘」の妻・島尾ミホ』(新潮社刊)/歌唱指導:朝崎郁恵/企画・製作:畠中鈴子/製作:株式会社ユマニテ/制作:スローラーナー
配給:フルモテルモ、スターサンズ 
2017年/日本/155分/DCP/5.1ch/16:9/カラー  
(C)2017島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ


『ローサは密告された』スラム街混沌に各界から絶賛の声!


映画情報どっとこむ ralph 第 69 回カンヌ国際映画祭でフィリピン映画界に三大映画祭で初めての主演女優賞をもたらした『ローサは密告された』が7月29日(土)より、シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開致します。

本作は、第69回カンヌ国際映画祭で、クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、イザベル・ユペールらを抑えて、ローサを演じるジャクリン・ホセに東南アジア初の主演女優賞をもたらした。

監督は、45 歳のデビュー作「マニラ・デイドリーム」で 2005年ロカルノ映画祭ビデオ・コンペ部門金豹賞を受賞し、「第3黄金期」と呼ばれるフィリピン映画界を牽引しているブリランテ・メンドーサ。

世界三大映画祭のコンペ常連であり、カンヌ国際映画祭監督賞のほか、世界中で50を超える賞を獲得し、タランティーノやキルステン・ダンストがその才能を絶賛するなど各国の映画人から高い評価を得ている。

マニラのスラム街で暮らすローサとその家族。家計のため、少量の麻薬を扱っていた彼女たちは密告され、ローサ夫婦は逮捕されてしまう。釈放されるために彼らがした決断とは。

貧困が深刻なフィリピン。人の結びつきが強いスラムで、麻薬密売がローサ家族を危機に導く。
臨場感たっぷりに伝わってくる、警察の汚職と麻薬がはびこる社会に驚愕!各界からの熱い絶賛のコメントが到着!!(順不同・敬称略)

映画情報どっとこむ ralph ◎カンヌも納得の演技!世界中の映画人が絶賛!
世界で活躍する映画人がジャクリン・ホセの演技と本作の力強さを絶賛!!東南アジアに初の主演女優賞!受賞スピーチにはドランが泣いた!

ドナルド・サザーランド(俳優)
超一流の演技だ!

クエンティン・タランティーノ(映画監督)
なんて大胆な映画だ!―

キルステン・ダンスト(俳優)
ラストシーンに感動して涙がこぼれた。

マッツ・ミケルセン(俳優)
絶対的に美しい主演女優によるパフォーマンス!

アルノー・デプレシャン(映画監督)
誰もが納得の演技!素晴らしく、強く心を動かされた。 

映画情報どっとこむ ralph ◎あの“人気ご意見番”もオドロキ!世界の暗部を垣間見る…!
「ひるおび!」「サンジャポ」でおなじみのコメンテーターも知られざる真実に驚愕!麻薬汚染、警察の腐敗。ここに光は見えるのか――?

デーブ・スペクター(放送プロデューサー)
市民も警察もどちらも貧しく、モラルの線が見えない。
そのジレンマがどう解決されるか
最後まで目が離せなかった。
タイムリーな題材でいて普遍的な「家族」がテーマのディープな映画。
『ローサは密告された』を観るように友達に密告しました!

室井佑月(作家)
貧困に、腐敗した権力に、嫌な気持ちになった。
しかし、絶望の中にも光はある。
家族の絆という、ほんの些細なものだけど。


◎現地を知るジャーナリストも納得のリアリティ。
人気旅番組「クレイジージャーニー」でおなじみの危険地帯ジャーナリストなど、現地を知る著名人も絶賛!

丸山ゴンザレス(ジャーナリスト)
一気に見逃し料の話をする警察の雑さ、商店街のタバコ屋などで
覚せい剤を扱っている感覚など、思わず「アレ知ってる!」と反応したくなる
異様なリアリティがある。

石井光太(作家)
社会の底辺の人は、時として罪を背負わなければ生きていけない。
法がそれを罰するものであれば、芸術はそんな人間を愛しむものであるべきだ。
本映画は、芸術の役割を残酷に、かつ見事なまでに果たしている名作だ。

石川直樹(写真家)
助け、助けられる。チクり、チクられる。
蜘蛛の巣のように張り巡らされた濃密な人間関係のなかで国や行政のルールではなく、
自らの信念と欲望に忠実に生きる善良で邪悪な人々。
混沌を混沌のまま描いた傑作としか言いようがない。

映画情報どっとこむ ralph ◎日本映画にはない、この迫力!
『バンコクナイツ』の脚本家、『ゆきゆきて、神軍』などの作り手もこぞって絶賛!

相澤虎之助(空族/『バンコクナイツ』『サウダーヂ』脚本)
この映画を観ている最中に鳴っていた曲はレゲエの「ポリスとコソ泥」だ。ローサたちの汗と涙はことごとく紙幣に変わり、そのことに想いを馳せる者は誰もいない。

原一男(映画監督)
フィリピン社会の持つ矛盾と腐敗、絶対的貧困。そして警察権力の賄賂の横行。そんな唾棄すべき世界の中で、そこでしか生きられない民衆に注ぐ映画人の優しい眼差し。この作品の最大の見所は、庶民を見つめる作り手の優しい眼差し、そのものである。

小野正嗣(作家)
信じられるのは家族だけ?
降りしきる雨とともに画面を曇らせるのは、フィリピン現代社会の闇、生きようともがく家族の汗、そして彼らの奮闘(ルビ:ストラグル)を見つめる私たちの吐息。

樋口毅宏(作家)
麻薬、腐敗、暴力、極貧……
這い上がることなど不可能な、天使が死んだ街。フィリピンの「ストレイト・アウタ・コンプトン」。タランティーノがぬるま湯に見える。

映画情報どっとこむ ralph ローサは密告された

7月 29 日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー!

ローサはマニラのスラム街で小さな雑貨店を家族で経営している。家計のため、少量の麻薬を扱っていたが、ある夜、密 告からローサ 夫婦は逮捕される。麻薬売人の密告要求、高額の保釈金……警察の要求は恐喝まがいだ。この危機をどう 脱するのか? ローサ たち家族は、彼らなりのやり方で横暴な警察に立ち向かう。

www.bitters.co.jp/rosa
Twitter: @ma_rosa2017
Facebook:fb.com/marosa2017

***********************************

監督:ブリランテ・メンドーサ
出演:ジャクリン・ホセ、フリオ・ディアス
2016/フィリピン/110 分
提供:ビターズ・エンド、サードストリート
配給:ビターズ・エンド
id rosa pass bitters ©Sari-Sari Store 2016
  


本日7/20はハンバーガーの日!特別映像を公開!『ファウンダー』


映画情報どっとこむ ralph 『ウォルト・ディズニーの約束』『しあわせの隠れ場所』のジョン・リー・ハンコック監督が『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー賞®主演男優賞にノミネートマイケル・キートンを主演に迎えた最新作、『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が7月29日(土)より全国公開 となります。

本日7/20はハンバーガーの日!
本作に登場します、30秒で最高のバーガーを提供した、カルフォルニア、マクドナルド1号店の特別映像を公開です。

マイケル・キートン演じるレイ・クロックが惚れ込んだ、<スピード・サービス・システム>が一目でわかる特別映像です。



ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

原題『The Founder』

物語・・・
1954 年アメリカ。52 歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな 店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店<マクドナルド>があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。

次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいく。


公式サイト:
http://thefounder.jp/

***********************************

監督:ジョン・リー・ハンコック
脚本:ロバート・シーゲル(『レスラー』)
出演:マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン
2016 年/アメリカ/英語/カラー/115 分/

© 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
提供:KADOKAWA、テレビ東京、BS ジャパン、テレビ大阪
配給:KADOKAWA


『ゆきゆきて、神軍』公開30年記念トークイベント付上映


映画情報どっとこむ ralph 「知らぬ存ぜぬは許しません」天皇の戦争責任に迫る過激なアナーキスト・奥崎謙三を追った衝撃のドキュメンタリー『ゆきゆきて、神軍』。
2017年8月12日(土)~8月18日(金)アップリンク渋谷にて上映となりますが・・・。
公開30年を記念し、茂木健一郎などゲストを迎えてのトークイベント付上映も計画されています。

1987年8月1日、渋谷のユーロスペースで『ゆきゆきて、神軍』が封切られました。

この年の8月から翌年3月まで26週間の記録的な大ロングランとなり、5万3000人を動員しました。同劇場の興行成績ナンバーワンで、今もなおその記録は破られていません。

己れをたった一人の“神軍平等兵”と名乗る奥崎謙三の奇矯さと、その奥崎を執拗に迫る原一男の過激さが相まって、作品の評判が広がり、単館公開から全国50カ所で公開され、現在では当たり前になった「映画館でドキュメンタリー映画を観る」というパイオニア的な作品となりました。

映画情報どっとこむ ralph ベルリン国際映画祭カリガリ映画賞や日本映画監督協会新人賞など、その年の映画賞を独占し、『ボウリング・フォー・コロンバイン』で知られるマイケル・ムーア監督など、世界中の映画人に影響を与えました。しかし、その内容ゆえに、テレビ放映などが厳しいと言われている作品でもあります。
今回は、公開から30年を記念して、世間の目も気にせず、我が道を貫いた奥崎謙三が問い続けた戦争責任、権力やタブーに抗って生きていくことを改めて考える上映イベントを開催致します。茂原監督からオファーしたゲスト、そして皆さんからのリクエストで決まったゲストの方を交えて、とことん語りつくします。

映画情報どっとこむ ralph 原一男監督からのメッセージ
今年5月、毎日新聞で「『ゆきゆきて、神軍』いま上映できるか 公開30年、原一男監督に聞く」という記事を書いて頂き、これは挑戦状だと受け止めた私(たち)は、なんとかこの夏、上映できないものか?とその可能性を探ってきました。最大の課題は、上映する劇場が見つかるかどうかでした。

それが見つかったのだ。「ウチでやりますよ」と名乗り上げて頂いた。東京・渋谷のアップリンク!ありがたい!
「神軍」ファン、奥崎謙三ファンは元より、平成という時代の今、戦後民主主義の破壊が迫っていることに危機感を抱いている人たちに呼びかけたいのです。
「神軍」をダシにして、その危機感について、深く考えてみませんか?「神軍」の初上映から30年が経ちます。「神軍」は昭和に発表された作品ですが、昭和から平成へと時代が移ったことで何が変わったのか? 何を失おうとしているか? 私は、作品を発表した時よりも今の方が、奥崎謙三さんが込めたメッセージについて、より深く、色々と考えています。
上映だけでなく、考えるきっかけとしてゲストを招きたいと考えています。60分ほど、じっくりお話して頂きたいのです。
上映期間を1週間頂きましたので、毎日、お一人をお招きします。
実は、この企画を実現したいと考えたときに、ツイートで茂木健一郎さんに、ゲストとしてお出で頂くことに、既にOKを頂いています。
上映まで1ヶ月、ゲストを急いで決めなければなりません。即、出演交渉を始めます。そこで皆さんに提案があります。ゲストの候補をあげてくれませんか?
皆さんの推薦の多い人から交渉をしてみますので。その交渉の模様は、ネットでお知らせしますから。

上映の時間などの情報は追ってお知らせいたします。

映画情報どっとこむ ralph 【トークゲスト募集】

『ゆきゆきて、神軍』上映後トークイベントのゲストをリクエストを募集します。すでに出演交渉をしている方もいらっしゃいますが、今回はリクエストを募って、ゲスト交渉をしていきます。「この人に語って欲しい!」「あの人は奥崎謙三の生まれ変わりだ!」など、皆さんが話を聞いてみたいゲスト候補を教えて下さい。自薦・他薦は問いません。

<応募方法>

<Twitterの場合>
ハッシュタグ「#ゆきゆきてゲスト」と希望ゲスト名を入れてツイート

Facebookの場合
new「CINEMA塾」2014講座のゲスト募集の告知投稿にコメント欄に希望ゲスト名を記入してください。

原一男監督の座右の銘「もっと過激に!もっと自由を!」をモットーに、もっと暑い夏にしましょう!!

映画情報どっとこむ ralph ゆきゆきて、神軍

2017年8月12日(土)~8月18日(金)アップリンク渋谷にて上映
87年の日本映画界を震撼させた驚愕の作品。天皇の戦争責任に迫る過激なアナーキスト・奥崎謙三を追った衝撃のドキュメンタリー。
神戸市で妻とバッテリー商を営む奥崎謙三は、たったひとりの「神軍平等兵」として、”神軍”の旗たなびく車に乗り、今日も日本列島を疾駆する。生き残った元兵士たちの口から戦後36年目にしてはじめて、驚くべき事件の真実と戦争の実態が明かされる・・・。平和ニッポンを鮮やかに過激に撃ち抜いた原一男渾身の大ヒット・ドキュメンタリー。

***********************************

監督・撮影:原一男
製作:小林佐智子
録音:栗林豊彦
編集・構成:鍋島惇
1987年/122分/DCP
    


伊藤沙莉、須賀健太ら登壇『獣道』初日舞台挨拶 MC矢部にクレーム(笑)


映画情報どっとこむ ralph 伊藤沙莉、須賀健太W主演の青春ブラックコメディ『獣道』が、7月15日(土)に、シネマート新宿にて初日を迎え舞台挨拶が行われ、W主演の伊藤沙莉さん、須賀健太さんをはじめ、本作が映画デビューとなるお笑い芸人・アントニーさん、注目の新鋭俳優・吉村界人さん、鈴木清順監督や是枝裕和監督など、名立たる映画監督に起用されてきた韓英恵さん、俳優としても味のある演技で定評のあるお笑い芸人・矢部太郎さん、そして内田英治監督、英国人プロデューサー、トレル・アダムの登壇しました。

日付:7月15日(土)
会場:シネマート新宿
登壇:伊藤沙莉、須賀健太、アントニー、吉村界人、韓英恵、 矢部太郎、内田英治監督、アダム・トレルプロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 族車のホーンが流れる中、MCの矢部さんが改造ミニ自転車で登場!!映画当時のパンチパーマにしてきたそう!

そして呼び込まれたキャストは特攻服姿で登壇!

女性の声であちこちから「沙莉ちゃん可愛い!」の声が飛ぶ会場
伊藤さん:ありがと!!本日はこんなに集まっていただき嬉しいです!

耳に手を当て・・・催促!でかっこいい!!を引きだし満面の笑みの須賀さん
須賀さん:本当に沢山来ていただいて嬉しいです!

内田監督:5年前から脚本を書き始めて、ようやくスクリーンで皆さんに観ていただけます。ヤンキー映画ですが、本当に弱そうな人たちばかりですが・・・スクリーンの中ではヤンキーになってると思います。
アダムさん:特攻服着たかった!

映画情報どっとこむ ralph カミカミで聞き取れない矢部さんのMCに「ちゃんとして!(笑)」と笑顔でたしなめる伊藤さん。自分が演じた役を上映前に話すため探り探り・・・

伊藤さん:演じているのは7歳で宗教団体に預けられて・・・その後に愛を求めて居場所が変わっていくのを表現するのが難しかったですね。
須賀さん目線で語られていく本作
須賀さん:僕が意識したのは、お客さんに一番近いところにいたいなと。共演者の皆さんが個性的で、個性的な役を演じているので
(アントニー:今俺見ただろ!)一番普通に見えるように心がけました!

アントニーさん:僕は、映画のオファーがあったときにドッキリだと。だって台本に北川健太ってあって。監督とお会いした時に少し演じてみたら監督頭抱えたんですよ!僕にとってこの映画で演じることが獣道でした!でも、イタリア・ウディネで高評価で。JAPANESE NO1 ACTORって言っておきました!

エピソードを含めて語り

吉村さん:凄い寂しがり屋のヤンキー役だったんですけど。この作品では本物の地元のヤンキーさんたちが出ているので、その方々に、本当の自分・・根暗で読書好きで、オラッみたいのが嫌いなのが、ばれないようにと思ってました!

韓さん: 私のシーンは沙莉ちゃんと健太くんと一緒が少なくて・・アントニーと男くさい人ばかりに囲まれてました。あとダイビングしまして、まさかのアントニーが泳げないことが発覚しました!

盛り上がりも気にせず、カンペと助手に促される、とても荒い進行を進めるMC矢部さん!

この後、やんちゃなエピソードを其々あかし・・・その中で、吉村界人さんは寝ないということが判明。

さらに、幹さんが子役あるあるで、遊びたかったよね!と同じ子役出身の伊藤さんと須賀さんに同意を求める場面も。
特に修学旅行や運動会に出れなかったことや道を外れられないことなどを明かし・・・

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

須賀さん:今日から公開で、僕らのものだけでなく皆さんの物にもなります。是非是非『獣道』の感想をSNSでつぶやいてください!エゴサーチします!
伊藤さん:あらすじ聞くとダークで重い作品だと思われがちですが、笑えるところやシュールなところが沢山あって笑っていただけると思います。そして、皆の人生がしっかり描かれた群像劇です!一人一人を観ていただければと思います。

と舞台挨拶を締めました!

宗教団体、ネグレクト、少年犯罪、性産業など大人に翻弄される地方都市の若者たちを、実話をベースに描いたブラックコメディ

『獣道』

が、7月15日(土)よりシネマート新宿ほか全国公開ほか全国公開です。

http://www.kemono-michi.com



***********************************

伊藤沙莉 須賀健太 アントニー 吉村界人 韓英恵 冨手麻妙 松本花奈 川上奈々美 毎熊克哉 マシュー・チョジック 矢部太郎 でんでん 広田レオナ 近藤芳正

監督・脚本:内田英治(『下衆の愛』)
撮影:伊藤麻樹(『リアル鬼ごっこ』)
プロデューサー:アダム・トレル
製作:Third Window Films / Libertas / MOVE
制作:NAC
宣伝:フリーストーン 〈2017年/日本、イギリス/カラー/94分〉
©third window films