『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』スクリーンアベレージ1位!


映画情報どっとこむ ralph 1979 年 TV 放送された、日本ロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』。

安彦良和が手掛けたコミックス『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』。
ジオン公国が地球連邦軍に対し宣戦布告した独立戦争に、ついに突入します。
その一年戦争の始まり、ルウム宙域での開戦「ルウム戦役」を全2話で描いていく『ルウム編』 ――その人類史上初となる宇宙での人型兵器を投入した未曾有の戦争を描いていきます。 「激突 ルウム会戦」を 2017 年9月2 日(土)に、「誕生 赤い彗星」を2018 年5月5日(土) にイベント上映します。
映画情報どっとこむ ralph この度、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』が9月2日(土)より全国35館にて上映が開始され、大ヒットスタート。 9月2日(土)、9月3日(日)の二日間で、劇場1スクリーンあたりの館アベレージが2,575,481円/という 夏の大作がひしめくなか圧倒的な数字を叩き出しました!
同週末の上映作品の中でスクリーンアベレージは堂々の第 1 位。また、全国35館のみの上映規模にも関わらず 興行収入は92,717,300円/動員は49,398人で週末興行収入ランキング第7位にランクインし、 同週公開作品の中では、ダントツの第 1 位となりました!

初日舞台挨拶は全国35館へライブビューイングが行われ、「ファーストガンダム」からのレジェンドメンバー(池田 秀一、古谷徹、銀河万丈、古川登志夫、安彦良和総監督)が集結したイベント(その模様はこちら)ということもあり、ガンダムファンをはじめ年齢を問わず、様々の世代が来場しました。


映画情報どっとこむ ralph また、豪華特典仕様の初回限定版 Blu-ray が劇場で販売されるなど、上映を 待ちわびた全国のガンダムファンが劇場に殺到し、これまでの「THE ORIGIN」とは違う異様な賑わいをみせました。 さらに、9月7日(木)新宿ピカデリー18時上映回にて、安彦総監督&島津亜矢登壇舞台挨拶開催も決定していて、主題歌の 「I CAN’T DO ANYTHING-宇宙(そら)よ―」を初披露するそうです。

激突 ルウム会戦

あらすじ
宇宙世紀 0079 年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。

世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦・コロニー落としを実行 し突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻 弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い 影が訪れようとしていた。

そして、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルの「赤い彗星」としての伝説が誕生する。

公式サイト:
http://gundam-the-origin.net

***********************************

キャスト
シャア・アズナブル 池田 秀一、セイラ・マス 潘 めぐみ、デギン・ソド・ザビ 浦山 迅、ギレン・ザビ 銀河 万丈、ドズル・ザビ 三宅 健太、 ガルマ・ザビ 柿原 徹也、ランバ・ラル 喜山 茂雄、クラウレ・ハモン 沢城 みゆき、タチ・オハラ 北沢 力、ガイア 一条 和矢、 オルテガ 松田 健一郎、マッシュ 土屋 トシヒデ、ヨハン・イブラヒム・レビル 中 博史、アムロ・レイ 古谷 徹、カイ・シデン 古川登志夫、 ハヤト・コバヤシ 中西秀樹、ユウキ 小野賢章、ファン・リー 瀬戸麻沙美、ナレーション 大塚 明夫

スタッフ
原作:矢立 肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より)
漫画原作:安彦 良和(KADOKAWA「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」より)
キャラクターデザイン:安彦 良和、ことぶきつかさ
オリジナルメカニカルデザイン:大河原 邦男
メカニカルデザイン:カトキ ハジメ、山根 公利、明貴 美加、アストレイズ
総監督:安彦 良和
企画・製作:サンライズ

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ