フェリシー舞台挨拶で夏木マリ 自らの舞台に土屋太鳳へ熱烈オファー


映画情報どっとこむ ralph 『最強のふたり』の製作陣。
『マダガスカル』のアニメーター。
『パリ・オペラ座』の芸術監督。
が集結し、花の都パリを舞台にバレリーナになることを夢見る少女の物語を描いた『フェリシーと夢のトウシューズ』 が8 月12 日(土)より全国公開となります。
その日本語吹替版がついに、初お披露目!
ジャパンプレミア舞台挨拶が行われ、主人公フェリシーの声を演じた土屋太鳳さんとフェリシーのパリ・オペラ座で踊る夢に立ちはだかる最大のライバルカミーユの母親ル・オー夫人役の夏木マリさんが登壇しました!

日時:7月23日(日)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:土屋太鳳、夏木マリ

映画情報どっとこむ ralph 土屋太鳳さんが歌う主題歌にのって、客席を通って土屋さんと夏木さんが登場。

土屋さん:土屋太鳳です。すばらしい作品と出会えて幸せです。今日は愛をこめていきたいと思います。そして、本作でフェリシーとして生きられて大変光栄でした。

夏木さん:今日は大好きな太鳳さんとご一緒出来るということで、ちょっとスパイシーな感じでなりきってきました。

映画の感想を聞かれると・・・

土屋さん:フェリシーの動きもそうですが19世紀の風景がとても素敵です。フェリシーとは共感するところも多くて、でも、日本にはない文化の言葉を日本語に吹替は難しかったですね。

と、苦労もあったそう。

夏木さん:太鳳ちゃんぴったり。120%ナイスなキャスティング!

と褒め、
映画に関して

夏木さん:本当に良いお話で、アメリカのものが多い中、これからパリが出来ていく風景の中、すばらしいストーリー。。。泣きました。

Kバレエ団の熊川さんがフェリシーの指導をする役ですが土屋さんは

土屋さん:熊川さんは、多くの方に教えていらっしゃるので、指導の言葉がとっても伝わりやすくて、やりやすかったです。

夏木さん:一芸に秀でている方は凄いですね。アフレコもうまいんです。
と、熊川さんの声優ぶりに脱帽のご様子。

今回、主題歌とその作詞をしている土屋さん

土屋さん:緊張しましたが、本作は夢も挫折もちゃんと描かれていて、共感するところが多かったので、フェリシーの気持ちと自分とを表現して、聞いてくださる方に向けて書きました。フェリシーズのSは思春期の悩みも夢もある多くのフェリシーのように方たちに届けばとSにしました。
と、語ります。

いい歌だなと思ったら、太鳳ちゃんが歌ってて詩も書かれていたんでびっくりしました。

映画情報どっとこむ ralph 恋している、夢中になっているもの

土屋さん:夏に恋してます。なっというと部活の強化が祝のイメージで。これからはプライベートで夏を迎えたいなと。夏を愛してに夢中にしたいです。

夏木さん:太鳳さんのファンで。ダンスが出来て、来年25周年で公演をしますが、太鳳さんにプリンシパルとして立っていただきたいなと。オファーしているところです。じわじわ今日お会いして攻めています。太鳳ちゃんに夢中です。今日会えてうれしいです。
との、熱烈オファーに

土屋さん:是非ご一緒させてください

と即答!

映画情報どっとこむ ralph 好きな場面を聞くと上映前で言いにくそう・・・で、選んだのは・・

土屋さん:フェリシーが小さいころから知っている用務員のおじさんが出てきます。後半も出てきます。おじさんが凄く素敵なんです。用務員さんの目の角度も。じっくり見てください。

夏木さん:フェリシーが熊川さんに指導されて練習して上達していくところ。
そして、自分のシーンだと。一瞬にしてフェリシーを叩きのめすところ。

と、話されました。


夢を見ている人、夢を忘れてしまっている人へ

『フェリシーと夢のトウシューズ』
原題:BALLERINA

は8月12日(土)より全国公開です。

物語・・・
19世紀末のフランス、ブルターニュ地方の施設で暮らすフェリシーは、バレリーナになることを夢見る、踊ることが大好きな少女。ある日、偉大な発明家を志して いる親友のヴィクターに誘われ、エッフェ
ル塔が建設中の憧れの街パリを目指して施設を抜け出すことに…。やっとの想いで辿り着いたパリで、フェリシーはヴィクターとはぐれてしまう が、偶然にも夢にまでみたオペラ座を見つける。そ
こには、美しく踊るエトワールの姿があった…。元バレリーナで、今はオペラ座の掃除婦のオデットとの出逢い、お金持ちの一人娘カ ミーユや数々のライバルたちの熾烈な競争。まだ、バレエ
を習ったことさえないフェリシーは、情熱と勇気だけを胸に、夢の舞台に立つことができるのか!?

過去記事:
土屋太鳳 身振り手振りまでぴったり公開アフレコ風景はこちら


***********************************

声の出演:エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセンほか

日本語吹替え:土屋太鳳、黒木瞳、夏木マリ、熊川哲也ほか
監督:エリック・サマー、エリック・ワリン
脚本:キャロル・ノーブル、エリック・サマー、ローラン・ゼトゥンヌ
振付:オレリ―・デュポン、ジェレミー・ベランガール 2016/フランス・カナダ/シネスコ/89 分/5.1ch/英語
日本語字幕:稲田嵯裕里
配給:キノフィルムズ
© 2016 MITICO – GAUMONT – M6 FILMS – PCF BALLERINA LE FILM INC.

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ