武正晴監督・李鳳宇・黒潮選手 登壇 カリコレ2017オープニング『リングサイド・ストーリー』


映画情報どっとこむ ralph 7月15日(土)、“新宿シネマカリテ”が贈る魅惑の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2017」(略して「カリコレ2017」)のオープニング作品として、佐藤江梨子×瑛太のW主演映画『リングサイド・ストーリー』(10月14日公開)の上映。

カリコレのオープニング上映を記念し、本作監督の武 正晴監督、企画・プロデュースを手掛けた李 鳳宇さん、そして、本作にてプロレスラー役で俳優デビューも果たした、「WRESTLE-1(レッスルワン)所属」人気レスラーの黒潮“イケメン”二郎さんを招き、舞台挨拶を行いました。
「カリコレ2017」オープニング作品『リングサイド・ストーリー』舞台挨拶
日程:7月15日(土)
場所:新宿シネマカリテ
登壇:武正晴監督、李鳳宇、黒潮“イケメン”二郎(WRESTLE-1(レッスルワン)所属)

映画情報どっとこむ ralph 武監督:皆さんが一番最初に観ていただくお客様です。楽しんでください。

李さん:暑いですね!映画を観たらスカッとすると思います。

黒潮さん:初めて演技してみました!プロレスラーです。
とのスタート。


武監督:去年の夏、撮影してちょうど一年。李プロデューサーから格闘技で何かって言われて、ゼロから立ち上げてここまで来ました。一番良かったのは実際のプロレスラー、K-1の選手たちとできたことですね。黒潮さんみたいにジャケット着てプロレスする人初めて見たんですよ。斬新。

黒潮さん:それこそジャケットは最初はしょっぱい体を隠すためだったんです。台本に鍛え上げられた肉体美って書いてあって大丈夫かな?と。
本作はオリジナル作品ですが、

李さん:日本映画オリジナル少ないですからね。オリジナルを目指してる。唐沢、瑛太君など体が動く人たちを使ってきて、武監督にお願いしたのアクション映画と人間ドラマを絶妙に入れ込むからです。良いアクション映画になっています。

監督;そもそも、百円の恋の時に脚本の足立さんと奥さんとの話しを聞いて、その話を李さんに話をしたら、しばらくしたら企画書になっていて。それがこの映画になりました。百円の恋売れてよかった・・奥さん良かったよね。

李さん:足立さんも出てますけどね。

売れない役者を瑛太さんが演じてますがそれが、足立さんです。
映画情報どっとこむ ralph 黒潮さんオファーを受けたときの感想は

黒潮さん:まさかーでしたよ。演技やったことないのに。

監督:でもリングで毎回演じてるから大丈夫でしょ。プロレスって選手が作り上げてるんだなと思いました。リング上で僕らが観たいものを作り上げていく。その点は俳優が見習わないと。

と、ほめる監督に

黒潮さん:僕はプロレス広げていきたいだけですから。

と、回答。

演技指導は

監督:リハはやりました。上手でしたよ。瑛太さんがレスラーに影響受けていましたね。

黒潮さん:瑛太さんたち、単純にカッコいいと思いました。(監督:素人みたい!)・・・いろいろへこむ部分はありましたけど。勉強になりました!

監督:黒潮さん、カッコいいです。最後のカットに入れたくて入れました。お客さんを盛り上げることを考えてくれていて、映画もお客さんが盛り上がってくれることが全て。イケメンさんみてて青春突っ走ってる感じでいいですね。

リングサイド・ストーリー

10月14日 新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国公開です。


公式サイト:
ringside.jp

公式Twitter:
@RingsidestoryJp

***********************************

監督:武 正晴  
出演:佐藤江梨子 瑛太
李鳳宇、黒潮“イケメン”二郎(WRESTLE-1(レッスルワン)所属)ほか
配給:彩プロ 
企画制作:マンシーズエンターテインメント
©2017 Ringside Partners
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ