ALS治療薬開発の資金に『ギフト 僕がきみに残せるもの』前売り券1枚につき100円

投稿日2017/06/15

映画情報どっとこむ ralph 8月19日より公開される、ALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘う元NFLのスター選手スティーヴ・グリーソンが愛する息子のために記録したビデオダイアリーから生まれた傑作ドキュメンタリー映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』が、このたび大人気漫画『宇宙兄弟』から生まれた「宇宙兄弟ALSチャリティプロジェクト-せりか基金」とチャリティコラボレーションが決定しました!

6/10(土)より全国劇場で販売される映画の前売券(特別鑑賞券)1500円(税込)1枚につき100円を「せりか基金」に寄付します。
前売券は『宇宙兄弟』の作家・小山宙哉さんの応援コメント入り。

「何回も泣きましたねこれは。簡単には感想を言えなそうです。」

さらに上映劇場(ヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷ほか都内テアトル系映画館)窓口とプレイガイド・メイジャーのオンラインサイトでご購入の方に、【『ギフト 僕がきみに残せるもの』ALSプロジェクト ×「せりか基金」】コラボステッカーをプレゼントします。

コラボステッカーは、映画の主人公グリーソンの拳をかかげたシルエットに『宇宙兄弟』の登場人物で、作中、宇宙でALSの治療薬の研究に挑んだ宇宙飛行士せりかのイラストが使用された、今回のコラボステッカーだけの特別なデザインです。

映画情報どっとこむ ralph せりか基金-宇宙兄弟ALSプロジェクト:漫画家・小山宙哉の作品「宇宙兄弟」による難病ALSへの啓発活動・治療薬開発のための資金を集めることを目的としたチャリティプロジェクト。2017年5月22日より始動している。

公式サイト

コラボステッカー取り扱い場所情報は映画公式サイト

映画情報どっとこむ ralph 『ギフト 僕がきみに残せるもの』

難病ALSを宣告された元アメリカン・フットボールのスター選手が、やがて生まれてくる息子に贈るために撮影しはじめたビデオダイアリーが世界中を感動させるドキュメンタリー映画になった。
アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。

自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。『ギフト 僕がきみに残せるもの』は、グリーソンとその家族や友人が撮影した4年間、1500時間におよぶビデオダイアリーから生まれた傑作ドキュメンタリー。グリーソンを支援するミュージシャン、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)が音楽を提供するだけでなく出演もしているのも見逃せない。

ワールドプレミアとなった昨年1月のサンダンス映画祭には、グリーソンと家族も登壇。観客から嵐のような拍手を浴びた。以来、全米で30近い賞を受賞&ノミネート、全米映画批評No.1サイト「ロッテントマト」で驚異的な97%というハイスコアを記録している。


ギフト 僕がきみに残せるもの
原題:GLEASON
8月19日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷ほか全国順次公開!
公式サイト

***********************************

STAFF&CAST
監督:クレイ・トゥイール
出演:スティーヴ・グリーソン、ミシェル・ヴァリスコ、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、スコット・フジタほか  
2016|アメリカ|111分|DCP|カラー|ビスタ|5.1ch

配給:トランスフォーマー 
宣伝:ムヴィオラ 
©2016 Dear Rivers, LLC
   
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。