『蝶々夫人』英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマ5月26日~順次公開


映画情報どっとこむ ralph バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17

と題し、TOHOシネマズ系列を中心とした全国の映画館で今年も順次上映します。
この度、 5月26日(金)より全国公開が始まる本シーズン9作目は

アントニオ・パッパーノ指揮で贈る、プッチーニの代表作の一つ『蝶々夫人』。

「ある晴れた日に」の歌で知られる、日本を舞台にしたあまりにも有名な悲劇のオペラ。

舞台は日本の長崎。
アメリカ人士官ピンカートンと結婚した蝶々は、任務を終え帰国した彼の帰りを、幼い息子とともに待ち続けていた。しかし、夫はアメリカ人の妻を連れて戻ってくる。

『蝶々夫人』は、夫に裏切られながらも一途に愛を貫く日本人女性、蝶々の悲劇的な愛をプッチーニの魅惑的な音楽で描いたオペラ。ロイヤル・オペラの音楽監督アントニオ・パッパーノが、明るく興奮に満ちた少女から、愛によって自己を犠牲にする女性へと変化する蝶々のドラマチックな心の旅を指揮する。

オペラを見たことがない人でも聞いたことがあるほど有名なアリア「ある晴れた日に」で知っている方も多いかと。

またミュージカル好きなら、ご存知な方も多いはずですが『ミス・サイゴン』は舞台をベトナムに置き換えた作品なんです!

映画情報どっとこむ ralph <ロイヤル・オペラ『蝶々夫人』作品情報>
【作曲】ジャコモ・プッチーニ
【演出】モーシュ・ライザー/パトリス・コーリエ 
【指揮】アントニオ・パッパーノ
【出演】エルモネラ・ヤオ(蝶々夫人〉、マルセロ・プエンテ(ピンカートン)、
スコット・ヘンドリックス(シャープレス領事)、ゴロー(カルロ・ボッシ)
映画情報どっとこむ ralph すべての席が、あなたのためのスペシャルシート<特等席>

5月26日(金)よりTOHOシネマズ系列全国順次公開です!
※中洲大洋映画劇場、札幌シネマフロンティア、MOVIX仙台でも、公開いたしますが、公開日が異なります。
(札幌シネマフロンティア、MOVIX仙台は同日公開)。詳しくは公式サイトをご確認ください。

公式サイト

物語・・・
舞台は日本の長崎。若く美しい蝶々は、アメリカ人士官ピンカートンと結婚し輝いていた。
しかし、彼女の幸せな日は長くは続かず、結婚して間もなく夫は日本での任務を終えて母国アメリカに戻らなくてはならなくなる。

蝶々はそれでも、夫が帰ってくる日を待ち続けていた。

3年がたち、蝶々と彼女の幼い息子はピンカートンの乗った船を波止場で待っていた。

彼の帰りを喜ぶ蝶々。しかし、ピンカートンはアメリカで結婚した妻ケイトを連れていた。
二人が日本にやって来た目的は、蝶々とピンカートンとの息子をアメリカに連れて帰って育てることだった――。

配給:東宝東和
(C) ROH.PHOTO BILL COOPER

***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ