熊切和嘉監督『武曲 MUKOKU』に小松菜奈、阪本監督、川上洋平 ら続々コメント!


映画情報どっとこむ ralph 破滅か、救いか―

『私の男』の熊切和嘉監督最新作、『そこのみにて光輝く』の綾野剛主演の『武曲 MUKOKU』が、6月3日(土)より全国ロードショーとなります。
闘うことでしか生きられない二人の男を捉えた、激しくかつエモーショナルな本作をいち早く鑑賞した各界の著名人達から、絶賛コメントが続々到着しました!

映画情報どっとこむ ralph 『武曲 MUKOKU』に寄せられた絶賛コメント (順不同)

Mummy-D[ライムスター](ラッパー)
この映画はとてつもなくリアルだ。
ラップも剣道も呑んだくれも全てやった俺が言うんだから間違いない。

小松菜奈(モデル/女優)
昔の映画みたいな画はとても独特で、2人の獣のような鋭さ・臨場感・静まる緊張感。
自分の息をのんでしまうほど画面に吸い込まれる。
そこに生きる葛藤や弱さ・ブレだったり、ぶつかったり、逃げたり・・・それも人間なんだと思った。
綾野剛さんや村上虹郎さんの表情1つ1つが魅力的でなんかずっとみていたいと感じました。

阪本順治(映画監督)
類をみない世界観を描くのが熊切映画の真骨頂。観逃せば、あなたの人生において“世界を一つ”損じるも同然。孤立無援の渾身作!

阿部嘉昭(評論家・北海道大学准教授)
綾野剛の酔態が凄い舞踏に思える。何という身体能力。それが村上虹郎にエモーションのすべてを架ける。この映画はすべてだ。

Hilcrhyme(アーティスト)
人間として、日本人としての大切な部分が剣道を通じて描かれていました。

長崎尚志(漫画原作者・小説家)
熊切監督がまた壮絶で残酷で耽美――
そして、とびきり面白い世界を創りあげた。これは時代を超えた剣豪時代劇だ!!

Alexandros 川上洋平(ミュージシャン)
斬っても、斬っても断ち切れない感情があり、決して切れない関係がある。それでも男達は斬る。いや~カッコいい。最後唸りました。

山下敦弘(映画監督)
真正面から対象に向き合う熊さんの演出と、それに応える俳優たち。
そして、熱量のあるスタッフの才能が混ざり合い、ドロドロになって滲み出るのは、ただただ弱い人間たちの姿だった。熊さんはいつも力強い筆で弱い人間たちを描き切る。『武曲』は熊さんにしか作れない美しい映画だと思った。

呉美保(映画監督)
この映画と心中してもいい、きっとそんな思いで臨んだのではないだろうか。刹那、業、魂の叫び、めくるめく綾野剛は、身悶えするほど美しい。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった。

武曲 MUKOKU

URL:mukoku.com
公式Twitter:@MUKOKU_movie
公式Fafebook:@MUKOKU.movie

***********************************

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛 村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明

監督:熊切和嘉
脚本:高田亮
音楽:池永正二
配給:キノフィルムズ
©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ