映画情報どっとこむ ralph

ティザービジュアル到着

この度、シリーズ累計840万部突破ジャズ漫画「BLUE GIANT」のアニメーション映画作品『BLUE GIANT』のスタッフ情報、ティザービジュアルが解禁となります。

初の映像化に際しては、様々な選択肢がある中、「最大の音量、最高の音質で、主人公本人の奏でる音楽を届けたい」という制作陣の思いから実写でもなくシリーズでもなくアニメーション映画としての制作が決定。

今回解禁になったティザービジュアルでは、海を前に一人サックスを演奏する宮本大(ミヤモトダイ)の姿が描かれています。対岸には東京を彷彿とさせる夜景が広がっていて……映画で描かれる物語とは?
ジャズに魅せられた大をどんな未来が待ち受けているのか?大いに期待が膨らみます。
『BLUE GIANT』

実力派スタッフで贈る、音楽にすべてを懸けて挑む感動の青春ストーリー
監督を務めるのは、「モブサイコ100」シリーズや興行収入91.8億円突破という大ヒットを記録した劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』(18)でも知られる立川譲。
「毎日、全力で命を燃やすかのように音を出す主人公「大」と葛藤を抱えた仲間達が織りなす物語を、ぜひ一緒に体感してもらいたいです。「何かしたいけど、何をしたらいいか分からない」という問いに答えを出せる映画になるといいなと、思っています。」と意気込みを語ります。

そして脚本は『BLUE GIANT』連載開始時からの担当編集者であり、「BLUE GIANT SUPREME」以降、ストーリーディレクターとして石塚氏とまさに二人三脚で作品を世に送り出してきたNUMBER 8が担当します。映画化について「連載開始当初から、石塚さんとは「映像化は望むべくもない」と話していた本作品ですが、立川譲監督、制作陣、音楽班と最高のチームが集まって、最高の映画を作ってくれています。もう、絵コンテと音楽だけで号泣でした。」とコメント。

さらに、アニメーション制作には「幼女戦記」(17)などで注目を集めるスタジオ・NUTが参加。立川監督とはTVアニメ「デカダンス」(20)に続くタッグとなり、ジャズに魅せられた青年が世界一のジャズプレイヤーを志す物語を壮大なスケールで描きます!

映画情報どっとこむ ralph

『BLUE GIANT』

また、当初2022年公開を予定しておりましたが、『BLUE GIANT』の世界をより良い形で表現するべく制作期間を延長し、2023年2月17日(金)に公開の運びとなりました。

映画公式サイト:
bluegiant-movie.jp

ストーリー
ジャズに心を打たれサックスを始めた宮本大(ミヤモトダイ)は、高校卒業と同時に仙台から上京し、 同世代の仲間と出会い全身全霊をかけ演奏にうちこむ日々を送る。ジャズに魅せられた少年が、世界⼀のジャズプレーヤーを志す物語。『BLUE-GIANT』

***********************************

原作:石塚真一「BLUE GIANT」(小学館「ビッグコミック」連載)
監督:達川譲
脚本:NUMBER 8
アニメーション制作:NUT
配給:東宝映像事業部
©2023 映画「BLUE GIANT」製作委員会
©2013 石塚真一/小学館

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ