映画情報どっとこむ ralph 長編デビュー作『ゴッズ・オウン・カントリー』でその繊細な手腕を高く評価されたフランシス・リー監督の最新作、『AMMONITE(原題)』が邦題『アンモナイトの目覚め』として、4月9日(金)TOHOシネマズシャンテ他にて全国順次公開されることが決定しました。

ケイト・ウィンスレット×シアーシャ・ローナン『アンモナイトの目覚め』ポスター&予告編解禁

2020年、開催を見送られた第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクションに選ばれ、第45回トロント国際映画祭で「ようやく観ることができる!」と観客の熱気が最高潮に高まり、アカデミー賞最有力の賞賛を集める話題作。

映画情報どっとこむ ralph 注目のキャストには、四半世紀にわたって世界の映画界の中心的存在と称えられるアカデミー賞女優ケイト・ウィンスレットと、26歳にしてその鮮烈な演技でアカデミー賞4度のノミネートを誇るシアーシャ・ローナンが初共演。世に忘れられた古生物学者メアリーと、裕福な化石収集家の妻シャーロットという、真逆でありながら、ともに孤独を抱えた女性を演じた2人は、アカデミー賞大本命との呼び声も高く、映画ファンなら見逃せない演技合戦が、観客を圧倒します。

女性の生きやすい世の中を創り出そうとする時流に乗って、歴史に埋もれながらも自分を貫いた実在の古生物学者メアリーにスポットライトを当て物語を紡いだのは、長編デビュー作『ゴッズ・オウン・カントリー』でその繊細な手腕を高く評価されたフランシス・リー監督。本作は彼の長編2作目だが、ケイト・ウィンスレット、シアーシャ・ローナンという最高峰のキャスティング(すべて監督の第一希望)や、プロデューサーに『英国王のスピーチ』『SHAME-シェイム-』『LION/ライオン~25年目のただいま~』のイアン・カニングが付いていることからも、映画界での監督への映画界の注目度の高さがうかがえる。

日本公開決定と合わせ、本作のポスターと予告編も解禁!
ポスターでは、それぞれ違う境遇で孤独を抱えて生きてきたメアリーとシャーロットの姿が描かれ、キャッチコピーの【見つけて、泥の中の私を。】という言葉が2人の切実な想いを想起させる。
ケイト・ウィンスレット×シアーシャ・ローナン『アンモナイトの目覚め』

また予告編では、大英博物館に自身が掘り出した化石が飾られながらも日が当たらない生活をおくるメアリーと、体が弱く夫に邪険にされるシャーロットの出会い、正反対な2人が化石を通じて惹かれ合い変わっていく姿が美しい映像と叙情的な音楽にのせて語られる。

メアリーとシャーロット、魂の奥に同じ匂いのする深い孤独と、誰かに自分の真価を見つけてほしいという切なる願いを持つ彼女たち。泥に埋もれた石を見つけ出し、丁寧に時間をかけて磨き上げ、ようやくアンモナイトの化石の本来の価値が輝きだすように、彼女たちが自らの本当の輝きを〈発掘〉していく姿は、新たな孤独に向き合いながら今を生きる人々の心に、静かに強く染みわたる。

2020年の話題作『燃ゆる女の肖像』に続き、現代を生きる女性たちの道しるべとなり得る必見の1本となっている。

映画情報どっとこむ ralph ケイト・ウィンスレット×シアーシャ・ローナン
フランシス・リー監督が描く新たな愛の物語

『アンモナイトの目覚め』

原題:AMMONITE

4月9日(金)TOHOシネマズシャンテ他全国順次ロードショー

STORY
時は1840年代、舞台はイギリス南西部の海沿いの町ライム・レジス。主人公は、人間嫌いで、世間とのつながりを絶ち暮らす古生物学者メアリー・アニング(ケイト・ウィンスレット)。かつて彼女の発掘した化石は大発見として一世を風靡し、大英博物館に展示されるに至ったが、女性であるメアリーの名はすぐに世の中から忘れ去られ、今は土産物用のアンモナイトを発掘しては細々と生計をたてている。そんな彼女は、ひょんなことから裕福な化石収集家の妻シャーロット(シアーシャ・ローナン)を数週間預かることとなる。
美しく可憐、何もかもが正反対のシャーロットに苛立ち、冷たく突き放すメアリー。だが、次第にメアリーは自分とはあまりにかけ離れたシャーロットに惹かれていき。

***********************************

監督:フランシス・リー『ゴッズ・オウン・カントリー』
出演:ケイト・ウィンスレット『愛を読むひと』、シアーシャ・ローナン『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
配給:ギャガR-15
©TheBritishFilmInstitute,TheBritishBroadcastingCorporation&FossilFilmsLimited2019

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ