映画情報どっとこむ ralph

アンソニー・ホプキンス『ファーザー』邦題決定&5月日本公開決定

THE_FATHER_ファーザー‗アンソニーホプキンス
世界30カ国以上で上演された傑作舞台の映画化『The Father(原題)』が、『ファーザー』の邦題で、5月、TOHOシネマズ シャンテ他にて日本公開されることが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 先日12月31日に83歳を迎えた名優アンソニー・ホプキンスが自身と同名、同年齢、同誕生日の認知症の父親を演じ、本年度アカデミー賞主演男優賞が有力視されています。

2020年のサンダンス映画祭で初お披露目されるや、「圧倒的実力で早くも2021年の賞レースに躍り出た。彼を凌駕する俳優はいないだろう。」(THE GUARDIAN)と喝采を浴び、「ロッテントマト」では100%の満足度を記録。(1/12時点)

アカデミー賞前哨戦となる賞レースでは、早くもボストン映画批評家協会賞、フロリダ映画批評家協会賞でアンソニー・ホプキンスが主演男優賞を受賞している他、4つの受賞、41のノミネートを果たしている。

早くも多数のメディアがホプキンスをオスカー大本命として太鼓判を推し、これが実現すれば、過去5回のノミネートを誇るアカデミー賞で『羊たちの沈黙』(91)レクター博士役以来30年振りの受賞となります。

また、父を介護する娘を繊細に演じたアカデミー賞主演女優賞受賞『女王陛下のお気に入り』(18)のオリヴィア・コールマンの演技も高く評価され、彼女もアカデミー賞助演女優賞が有力視されています。

この物語を手がけたのは、ロンドンのタイムズ紙が「現代において最も心躍る劇作家」であると謳う、フランス人のフロリアン・ゼレール。

原作である舞台は、フランス演劇界最高位のモリエール賞で脚本賞を受賞し、パリ、ロンドン、ニューヨークなど世界30カ国以上で上演。日本では2019年に「Le Père 父」のタイトルで、橋爪功、若村麻由美出演で東京芸術劇場他にて上演されました。

映画情報どっとこむ ralph 名優による圧倒的な演技で、今年最も心揺さぶられる感動作になること間違いなしの傑作です。

『ファーザー』
原題:The Father

5月、TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー

公式サイト:thefather.jp

***********************************

監督:フロリアン・ゼレール (長編監督一作目)
脚本:クリストファー・ハンプトン(『危険な関係』アカデミー賞脚色賞受賞)
フロリアン・ゼレール
原作:フロリアン・ゼレール(『Le Père』)
出演:アンソニー・ホプキンス(『羊たちの沈黙』アカデミー賞主演男優賞受賞)
   オリヴィア・コールマン(『女王陛下のお気に入り』アカデミー賞主演女優賞受賞)
   マーク・ゲイティス(「SHERLOCK/シャーロック」シリーズ)
イモージェン・プーツ( 『グリーンルーム』)
   ルーファス・シーウェル( 『ジュディ 虹の彼方に』)
   オリヴィア・ウィリアムズ( 『シックス・センス』)

2020/イギリス・フランス/英語/97分/カラー/スコープ/5.1ch/原題:THE FATHER/字幕翻訳:松浦美奈/配給:ショウゲート
コピーライト:© NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINÉ-@ ORANGE STUDIO 2020

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ